シンプルすぎて深読みされそうだが本当にツッツキの話。
 もちろん私を含めて初心者初級者向け。
 卓球を始めてフォアロング バックときたらたいてい次はツッツキの練習になる。
 私の通っている卓球教室も毎年この順番でやる。
 今日もツッツキの練習をやったんだけど、同じようにやっているつもりでも上手く出来るときと出来ないときがあって、何故なのか考えていた。
 自分側のポイントは

 ①フォロースルーの時肘をのばしきらない
 ②姿勢を低くして打点の高さに目線を合わせる
 ③バックは体の正面で
 ④軟らかめのラバーで切ろうとしすぎない
 ⑤ツッツキもやっぱり体で

 かな。ぱっと思い出せるのは。

 それよりも状況的に上手く出来ない理由があって
 ①相手のツッツキがキレていない
 ②自分または相手の下回転サーブが実はナックルまたは上回転
 これが盲点というか、回転に慣れていない段階だと原因が分からず自分のツッツキが下手だと思い込んでいる可能性もある。
 
 本日最初の相手は基本的に上手な方だが用具のせいなのかツッツキはほとんどキレていない。
 フォームを見るとキレているように見えるが実はナックルが多い。
 たまにキレているので意図的にやっている可能性もあるが、基本的に回転数が少ない。
 なので無理に回転をかけようとすると面が上向きになりすぎて浮いてしまう。
 回転を見切ってラケット角度を調節すれば良いのだろうが、こちらもそれほど上手では無い。

 二人目の相手はキレたツッツキをする方で、とてもやりやすい。
 この方とやると低くて回転のかかったツッツキのラリーになるので上手になった気がする。
 ところが問題があって、下回転に見えるサーブがナックルか上回転なのだ。
 なので最初のレシーブ時にはツッツキをするのが難しい。
 これが試合なら普通にドライブなりスマッシュなりすれば良いのだろうが、いかんせんツッツキの練習である。本格的な部活などとは違ってあくまで楽しくやる卓球教室なので、無情に打ち返すのは厳禁だ。
 これもラケット角度で調節するのだろう。
 私に出来る対応としてはこちらからなるべくサーブを出すことくらいか。

 結局回転をよく見て対応するって事なのだが、それが出来ないから初心者初級者なのだ。
 もしツッツキが上手く出来ないときは、相手のことを疑っても良いかもしれない。