暑さも少々和らいできた9月中旬、つじまる師匠と練習をしてきた。
 前回の反省から着替えのTシャツ3着、バンダナ2本、タオル2枚、汗ふきシートと用意万端。
 その上ラケット五本も詰め込んだものだからリュックサックも一杯夢一杯である。

 それでは恒例今回のラケット達をご紹介
 ①Virtuoso offensive- ライガンスピン ライガンスピン
 ②ビスカリア スーパーヴェンタス ブルーストームz3
 ③エキスパートパワーオールラウンド アポロ5 メイスプロブルースポンジ
 ④C17(11枚合板+カーボンの17層ラケット) EA777(金力度) オメガVIIアジア
 ⑤アルバ Q4 マントラS 

 ①のVirtuoso offensive-で真面目に練習して、後はお楽しみラケットだ。
 ここ最近愛用しているVirtuoso offensive-とライガンスピンは、スピードが遅くて食い込んでいる様子が見えるほどだが、色々練習には丁度良い性能のラバーだ。
 そしてブロックがやりやすい。
 回転の影響が少なく、スポンジが軟らかめでコントロールもしやすい。
 面白いようにブロックできるが、スピードが遅いので相手にとっては絶好球になる。
 何度も打ち返されるのでブロック練習に最適だ。
 気に入って使っているから文句も無いが、ちょっと遅すぎかなと不安になってきた。

 

 ②のビスカリアは素材ラケットだが反発力が強すぎることも無く、思っているよりは使い易い。
 バックのブルーストームz3はライガンスピンの後だとスピードがとても速く感じる。
 しっかり掴む前に飛んで行ってしまうので回転がかかっている気がしないが、実際はどうなのだろうか。つじまる師匠に聞いておけば良かった。
 スーパーヴェンタスは未だに良く分からない。
 対下回転打ちドライブはやりやすかったかな?
 私は素材ラケットだと下回転サーブやツッツキがいかんせんダメで、ラケットに当たって浮いてしまう。そこが克服できれば素材ラケットも選択肢に入るのだが。


 ③はバックのメイスプロブルースポンジが良かった。
 弾くのは難しそうだが、バックドライブは回転の強弱をつけやすく、慣れれば相手を翻弄できそうだ。
 これは両面メイスプロブルースポンジもありかも。
 早速帰宅後貼り替えてしまった。
 アポロ5はちょっと硬すぎである。


 ④のEA777はモチッとした粘着ラバーで、似た粘着ラバーが思いつかない。
 粘着力があり弾みもそこそこある。
 最近のドイツ製粘着ラバーとは打球感が異なり、中国製粘着ラバーの仲間であるのは間違いない。
 ラケットが今ひとつ良くなかったので、他のラケットに貼って試してみたい。

 ⑤はあまり使わず。

 
 フォアドライブをメインに練習して、最後の方に対下回転打ちドライブをやった。
 下回転サーブを出した後、戻るのが遅くて間に合わないと相談したところ、右足を前にサーブを出したらどうかとアドバイスをいただいた。
 慣れていないのでサーブ自体は不安定だが、打ち終わりが自然と前を向く姿勢になるので次の球を落ち着いて打つことが出来た。
 この足の位置でのサーブを練習していこう。

 
 3時間近くみっちり練習して、最後は久しぶりにファミリーレストランで打ち上げとなった。
 いつもならビール1杯で我慢するのだが、あまりに美味しく2杯目を追加。
 会話も弾むしビールも旨いし、最高の休日となった。
  IMG_20200914_121051396