弾みすぎないラケットに高性能ラバーを貼ってバランスをとるという試みをしている
 以前カルテットに貼って扱えなかったandroのノーマルRASANTを貼ってみた
 フラットに強く打つと、以前は感じなかった金属音がして爽快感がある
 ラケットのせいなのか、打ち方のせいなのか解らないが気持ちがいい

 短い下回転サーブも良く切れて、ネットを越えて戻ってくる 
 最初はバック面での使用を考えていたが、フォア面でいいかも 

 フォア面は試しにNEO狂飈3を貼ってみた
 サーブ練習をしながらラザントと下回転を比較してみたのだが、自分の打ち方ではラザントの方が回転が強くかかる
 食い込ませて回転をかける打ち方になっているのだろうか
 フォアで打ってみてもラザントの方が回転がかかっている
 エバンホルツに貼ったときの方が感触が良かったのでラケットとの相性かもしれない

 次にオメガV ヨーロを貼る
 相変わらずどうもこのラバーの良さが解らない
 離れて打ち合う時に真価をはっきするのだろうか?