いつも通っていたユーウェルク卓球場が名称変更してラルサ卓球場になった。
 ユーウェルクも覚えにくかったがラルサも覚えにくい。
 ルクールとかラルサとか馴染みが無い名前はどうもイカン。
 その内慣れるんだろうけど。
IMG_20210214_115112018




















 今回はトリプルダブルエキストラで上手く打てないループドライブを、どのように打てば良いのか、最低限それだけは教わろうと決めていた。
 一応ダメだった場合に備えてキョウヒョウ3を貼ったラケットも持っていく。
 どっちも粘着だとツッコまれそうだけど。

 コーチの前で少し打ったがやはり上手く打てない。
 もらったアドバイスとしては
 ・曲げた右足を伸ばす力で打つ
 ・体を捻ると前方向の力が強くなるので弧線を作るには捻りを減らす
 ・最後まで振り切ると戻りが遅くなるので、沈めた体を伸ばす力(下半身の力)でクッと打つ
 これだけで上手く打てるようになった。
 腰を落とすのをサボると手打ちになってネットを越えない。
 つまり今まで失敗してたのは手打ちだったからだ。
 トリプルダブルエキストラの様に硬い粘着ラバーは誤魔化しがきかないというか、何故失敗したのか何故成功したのかが分かりやすい。
 対下回転打ちループドライブが簡単にできるラバーでは無いが、ちゃんと足の力をラケットに伝えることが出来ればミス無く打てる。
 スリップすることも無いし飛びすぎることもない。
 何のことは無い、技術の問題だったわけだ。そんなことだろうと思ったよ。
 しかしこの打ち方は疲れる。
 それでも最近のスクワット運動の成果が出ているのか足は疲れなかった。

 次はドライブの後のバック打ちを教わった。
 戻りを早くしてしっかり回転をかけて打つのが目標。
 いつも間に合わなくなってミート打ちばかりしているのを改善したいのだ。
 ポイントは
 ・左足を前に踏み込んで迎えに行っているので、真横か少し後ろに動かしてボールを呼び込む
 ・フォア打ちの後グリップをバックのグリップにする
 ・ループドライブの後少し下がる感じで体勢を立て直す
 ・ラケットを寝かせて球の上を捉える
 ・バックで待つならループドライブを相手のバック側に打つと良い
 私はすぐに焦って左足を前に出してしまうのでボールを当ててしまう。 
 この癖はなかなか手強く、すぐには修正できそうも無い。

 最後はフォアドライブの打ち方
 ・右足のつま先を真正面では無く外側に開いた位置から打ち始める
 ・対下回転打ちドライブと同じように下半身の力をつかう
 ・前に飛ばすので捻りも使う
 ・下半身の力を溜めて足を伸ばす一番力をラケットに伝えられるタイミングで捉える
 ・打ち終わりは左足に重心が移る
 ・飛び跳ねる癖があるのでぴょんぴょん跳びはねない

 これだけで見違えるようなドライブが打てるようになった。(あくまで個人の感想です)
 
 最初から最後まで下半身の力がポイント。
 これをサボると上手く打てない。
 つまり全身運動なのでめちゃくちゃ疲れる。
 体が無意識に疲れることを拒否して手打ちになってしまうのだろう。 
 特に粘着ラバーだとサボることが出来ない。
 スポーツ卓球としては粘着ラバー、オススメである。