切り替えの練習をした。
 フォアバックフォアバック。
 これは簡単にできる。
 次にランダム。
 途端に乱れる。
 以前教わったようにじっとラケットを見ても良く分からない。
 分かったとしても間に合わない。
 スイングをコンパクトにして戻りを早くしても振り遅れる。
 そのうち次のスイングが気になって足下が疎かになる。
 いわゆる手打ち。
 その内気がつく。
 少し下がってみよう。
 一歩下がると難易度がグッと下がる。
 特にフォアからバックへの切り替えに余裕が生まれる。
 下がれば良いのだと今まで何度も教わったが身につかない。
 なぜ常に台に張り付くのだろうか。
 無意識の行動にはどんな理由があるのだろう。
 必ず最初に行うフォア打ちが原因かもしれない。
 台から少し離れたくなるような、強制的に矯正する良い方法はないものか。