大島選手が後何点かとられれば負けが決まってしまうというその時、恐らく多くの人がもっと試合を見ていたいと願ったに違いない。
 1ゲームとれば2-2となり、もう1ゲーム見ることが出来る。
 大島選手が逆転勝利すれば、もう一度水谷選手の試合を見ることが出来る。
 勝って欲しいとか、優勝して欲しいとかいうより、このままずっと世界大会という宴を楽しみたい、そういう気持ち。
 サッカーのワールドカップで日本の敗退が決まって、「えっ これでもう終わりなの?」と感じたときと似たような感覚。
  試合が始まるのを楽しみに待つ日々は終わり。
 選手の皆様お疲れ様でした。そして銀メダルおめでとうございます。
 そして大島選手のリングネーム(?)を美しき野獣とかつけて盛り上げてくれたテレビ東京にもありがとうを言おう。