今までエバンホルツにフォア面テナジー05 バック面迅雷を貼っていたが、色々考えて両面貼り替えた。硬質なラケットにはソフトな打球感のラバーが合うような気がしたからだ。何よりエバンホルツにテナジーを貼ると、返球のスピードも速くて反応が厳しいのだ。
 狂飈3-50は色々試したがどうにも打った感触が好きになれないでいた。
 中国製粘着ラバーに多い硬い打球感でもなく、テンションのような食い込んで弾む打球感でもない。
 実際球突きをしてもほとんど弾まない。バック面に貼ったプラクソン350とはまるで弾みが違う。
 レビューではテンションに近い弾みと書いてあるのになあ。
 試すのは今回が最後かもしれない。

 最初軽くうってみるとやっぱり好きになれない。粘着ラバーと言うがほとんど粘着は感じず、自分の打ち方では特別回転がかかる気配もない。粘着ラバーっていったい何だろう?と本当に考えてしまう。 
 しばらく使って強くミートしたり、ドライブを試してみたら感想が変わった。
 これって使い易いのではなかろうか。
 すごい速い球が出るわけでもなく、スゴい回転がかかるわけでもないが、しっかり弧を描いて台に収まる安定感がある。ラケットが弾むためか多少下がって打ってもしっかり飛距離が出てスピードもある。
 ツッツキは今までのテンションラバーとは感覚が違うので最初はやりにくかったが、慣れれば短く出したり深く出したり変化をつけやすい。
 迷走していたエバンホルツのフォア面はキョウヒョウ3-50で良さそうである。

 バック面に貼ったプラクソン350も正解で、コントロール スピード共に自分には申し分ない。回転はあまりかかっていないように思われるが、食い込ませてしっかり振るとそれりに威力がでる。
 バック面もこちらに決定しよう。

 こうして見ると、合っていると感じる組み合わせは威力ではなく、安定性で判断していることが解る。
 硬いラケットには柔らかめのラバー 軟らかいラケットには硬めのラバーが良いように感じる。
 硬いラケットに硬い中国製のラバーを貼ると、本当に扱いが難しい。
 軟らかいラケットに軟らかいラバーを貼ると、打っていて面白くない。
 
 これが今の自分のレベルなのだろう。
 
 スウェーデンエキストラにテナジー05 スワットにGFT48を貼ったので、今度こちらも試してみよう。