寝落ちしてしまった昨日の続き。
 
 擦って回転をかける場合、ボールが飛び出す前に回転をかけきればより回転がかかるので、引き攣れの少ない硬いラバーを使用し、前に出る力を極力抑えながら回転をかけるスイングが良い。
 ただしラバー自体の弾みが少なくなるので、スピードは遅くなる。

 もし、硬いシートで引き攣れが発生するほど強い力と、ボールが飛び出す前に回転をかけきる速いスピードがあれば、回転のかかった速い球がだせる。
 これが中国人選手のイメージか?
 ただし、擦ると言っても一瞬のことなので、スイングスピードとボールの飛び出す速度、ラバーの硬度の関係は実際どうなのかわからない。

 ショップなどで軟らかい粘着ラバーなので扱いやすい という説明を見る場合がある。
 この軟らかい粘着ラバーの意味とは何だろうか。
 
 シートの軟らかさとスポンジの軟らかさがあるが、通常スポンジが軟らかい場合が多い。
 スポンジが軟らかければ、角度が安定してコントロールは良くなる。
 シートが軟らかければ、引き攣れの力を利用して回転をかけられる可能性があるので、弱いスイングでも回転がかかるが、粘着の意味は少ない。
 強い下回転をドライブで返球する場合、相対的に摩擦が大きくなるので、引っかかりが重要になる。それほど速いスイングではなくとも粘着の機能を使うことが出来るかもしれない。
 軟らかい粘着ラバーは、常時強い回転をかけるプレーをするわけではないが、下回転を打ち返すときにはひっかかりを利用したい人、弾まない特性をいかしてボールコントロールをしたい人に向くラバーなのかもしれない。

 普通の裏ソフトではスリップしてしまうくらいスイングスピードが速い人が、さらに回転を求める場合の選択肢として粘着ラバーがある、と考えてよいのかもしれない。
 初級者が強い回転をかけたいのなら、素直に引き攣れの大きい軟らかいシートのラバーを使うか、こんなことを考えていないでさっさと練習しろ、ということか。

 可能性とか、かもしれないとか、曖昧な話ばかりなのは、自分の経験ではなく、どこかで読んだうろ覚えの知識を元にしているからなので、まあ、いつものことか。