用具探求とかそれらしい題名だが、娘と卓球で遊びながら、あれこれ試した感想にすぎない事をお詫びしたい。
 ミズノのGFT48を以前スウェーデンクラシックのフォア面に貼ったときは、マイルドな打球感で扱いやすいという感想しか持てなかった。 
 今回7枚合板のスワットに貼ってみると、予想通り印象が変わった。
 ラケット総重量が188gと増したことも原因かもしれないが、ぐっと掴んで重い球がでる。
 弾みも増して、ドライブを打ってもスマッシュを打っても結構な回転とスピードである。(私が初級者であることは忘れないでいただきたい)
 スワットはどのラバーを貼っても合わなかった記憶がないが、今までで一番感触が良い。
 強く打つと手にびりびりと振動が伝わるのが気持ちいい。
 久し振りのスワットはやはり良い。
 グリップも手に合っているのか握りやすく、軽いので重いラバーを両面に貼っても重量を気にすることはない。
 プラクソン525のほうはあまり試せなかったが、このラバーをバック面に貼ってることから解るように、まあ、遊びというか趣味の領域なのである。
 だいたい、ドライブの練習をしていると、娘から回転がかかっていないことを指摘されて、教えてくれと頼んでいるような、そんなレベルの話なのだ。