ペンよりシェークの方が楽だ。バックもフォアも打ちやすく、特にバックは打ちやすい。
 しかし、ペンの方に魅力を感じる。 
 バック側の処理で表面 裏面を使い分けたり、回転をかけやすいことであったり、ネット際の処理がやりやすいことであったり、一発強打の威力があることであったり、理由は色々だ。
 シェークにわずかながらも慣れてきた今、なぜペンの練習をするのか。
 逆だと思う。 
 基本はシェークもペンも同じだ。シェークで基本的な技術を身につけたのなら、以前出来なかったペンも使えるに違いない。

 ところが実際振ってみると、軽いフォアのラーリーもままならない。バックは尚更だ。裏面打法をやろうと思っているのに、普通にショートで返してしまう。三つ子の魂百までというが、高校生の時遊びでやったペンでの卓球練習で身についた癖がどうしても抜けない。よほどのチャンスボールでないと裏面では打てない。

 さて、マークVm2に続いてスレイバーELでの感想だ。
 まず双に合っているか否か。
 ちょっと弾まなすぎるかな、と思うが自分の力でコントロールしている実感は持てる。
 長短や速い遅いの自在性がある。
 用具に振り回されている感覚が無く、手のひらの延長のような感じで扱える。
 相手の強打はショートでしのぎ、チャンスボールがきたら一気に打ち込む。そんな試合運びに向いているような気がする。(個人の感想です)

 
 それにしても、裏面打法でのチキータができない。
 出来ないというか、球に当たらない。
 自分で落とした球でも空振りする。
 ペンで練習した後、シェークに持ち替えてバック打ちをすると使い易くて涙が出そうになる。
 ペンでの両ハンドドライブ攻撃は諦めた方が良いのかも。裏面は、粒高かアンチか変化系表でも貼ろうかな。