こんな風景を見た。
ある有名卓球ショップでのことである。
久し振りに卓球を始めるらしい初老の男性に、若い店員がヤサカのマークVを勧めていた。
「最初はこれを買っておけば間違いないです 」という論調が少し気になる。
ラバーの性能の違いを詳しくも興味も無い人に説明するのは無理であろう。
定番で品質も安定していて価格も安いラバーならお勧めなのは間違いない。
もっと安いコントロール系を勧めないだけ良心的とも言える。
途中から聞いたので、もっと色々やりとりがあった上で、このラバーを勧めたのかもしれない。
ここでは初心者だからという理由でマークVを勧めたと解釈して話を進める。

卓球教室へ行くと、先生からマークVを勧められて使用している、という方がいるが、マークVやスレイバーなど少し前のラバーが本当に初心者にとって使い易いのか疑問だ。
現在マークVを使いこなしている中上級者は、 マークVが最先端ラバーの頃から使っていて、体の一部になっているから扱えるのであって、今から始める人にとってはむしろ扱いにくいのではなかろうか。
ちなみに自分もマークV スレイバー ともに扱いにくく感じた初心者である。

マークVが使い易いと言うことは、車で言えばマニュアル車が運転しやすいということに似ている。
オートマのように機械任せのギアチェンジより、慣れたマニュアル操作の方が効率が良いこともある。
自分の思うように操作している喜びもあるだろう。
オートマの方は操作は楽だが運転の楽しさは少ない。 
そう言える人はマニュアル車の操作に熟達した人か、レースなど特別な目的があって選んだ人だ。
一般の人が今から車を選ぶのなら、オートマの方が格段に運転しやすい。

もちろんスピードが出すぎて手に負えないスポーツカーや、やたらパワフルだが燃費の悪い車は若葉マークのマイカーにはお勧めしない。 

卓球の話に戻ると、初心者でも新しいラバーの方が扱いやすいのではないかということだ。
弾みすぎたり、価格が高すぎるのはもちろん論外である。
最初からテナジーを買っとけとか、そういう話ではない。
たとえばスティガのエアロックとか、アンドロのプラクソン350とか、ヨーラのリズムテック(使ったことはないが)、ザック(これも使ったことはない)とか、あの辺のラインだ。

メーカーも販売店も、現在の初心者向けラバーという打ち出しをきちんとして欲しいものだ。
いつまでもハモンドやマークVをお勧めラバーとしているのでは手抜きである。
使い方によっては優れたラバーであるが、今となっては万人に勧められるラバーとは言いがたい。

これはあくまでも個人的意見なので、もちろん初心者には絶対マークVが良いという意見があってもいいのである。