前回の練習時、バック面のラザントがスピードが速いというか球離れが思っているより速いというか、ちょっとバックで使うにはイメージと違ったので手持ちの中で良さそうなのを探す事にした。
 弾みすぎず、かといって弾まないのも困るのである程度の弾みがあって、硬すぎずそれでいてしっかり回転をかけることができる。
 ラケットが弾まないので選択肢は広い。
 バックは弾いたり水平に打って回転をかけたり、フォアよりやりやすいので、粘着ラバーも候補に入れる。久し振りに迅雷やLightningDSを手に取ったが、こいつらでは弾まなすぎかな。
 あれこれ考えてナルカスに貼って全く使っていなかったメイスプロブルースポンジに決めた。

 蛇足だが、スポンジによって接着膜を剥がしやすい物と剥がしにくい物があるのだが、このスポンジは剥がしにくい部類で、擦りすぎて親指が火膨れしてしまった。ラバーの切れ端を使っても上手く剥がせない。

 まずフォア面のターゲットアルティマ50から。
 ボールに対して垂直にミートするとパキンといういい音がして、もっとこの音を出したい欲求に駆られる。このラケットに使用した中では一番いい音である。
 いつもは弾いてしまう強めのドライブも、あまり回転の影響を受けないためか、特別意識せずとも返球できる。ドライブで伸びてくる球を上からひっぱたいて簡単に返せるので、自分が上手になった錯覚さえ覚える。このラバーはスピン系テンションらしいが、スピード系とどこが違うのか自分にはよく解らなかった。

 さて、貼り替えたバック面のメイスである。
 ラザントの感覚が残っていたのか、最初はネットを越すことが出ず、少し焦ってしまった。
 テンション系は当てれば弾むので力を入れずとも飛んでいくが、粘着テンションではそうはいかない。
 そういえば球突きをすると、全く弾まなかった粘着ラバーの999と同じレベルの弾みで、尚かつTSP粘着保護シートのおかげで粘着力が強まっており、ピンポン球が5秒くらい張り付いて落ちてこない。

 それでも感覚を掴むと普通に弾んで返せるようになるのが不思議だ。ちょっと軟らかすぎる気がしたが軟らかめで選んだのでこんなものであろう。
 肝心の使用感だが、ショートしかしていないので断言できないが、ほぼイメージ通りと言ってよいのではなかろうか。弾いたり擦ったり食い込ませてコントロールしたり、いい感じである。

 こっちはターゲットのような音はしないので、やはりあの音はラバーのだしている音なのか。

 スウェーデンクラシックとターゲットアルティマ 病みつきになりそうな組み合わせである。