卓球教室でバックラリーをしているときに教えてもらったことを記しておく。
 私はバックで打つとき腕を横に振っていると指摘された。打ち終わった後に胸が開いて右足に重心が残っているイメージだ。
 教わったのは腕は前に振り、前に出した左足にむかって重心を移していくこと。
 どうも文章で書くと伝わりにくいが、おそらく皆さんが普通にやっている打ち方であろう。
 これをやってみると確かに安定する上にスピードも出る。
 強く打つときは最終的にグリップエンドが自分の方を向くのが良いそうである。
 こんど試してみよう。