双の裏面用に購入。変化系表というのはどのようなラバーなのだろうか。 
 このラバーも情報が少なかった

 ・・・感想・・・
 ラケット 双
 バック面で使用
 相手が打ちにくい球を繰り出して翻弄する妄想にとらわれ購入したが、相手が打ちにくい以前に自分が打ちにくいラバーであった。
 裏ソフトと同じスイングなのだから当たり前だ。しかもできもしないペンの裏面打法に使おうとしたのだから問題外であろう。ペンの裏面打法はフラットに打つのが難しいので、このラバーは向いていないのではないかと思う。当たり前のことかもしれないが、やってみないとわからない。
 ただ、このラバーでいくのだと腹を据えて技術の習得に励めば、使えるようになるのかもしれない。
 
 早々に剥がしてしまったが、今でも変化系 という言葉には魅力を感じてしまう。我ながら懲りないものだとあきれるがそういう性分なのだろう。
 このラバーもまた挑戦したい
31)