TSP主催の卓球教室に参加したとき、まだペンホルダー一筋でいくつもりだった私は、双にマークVを貼って参加した。
 相変わらず不安定な打ち方で、下から数えて何番目かの下手さ加減であった。

 休憩時間の時試打用に何本か用意してあり、試しに使ったのがカルテットLFCにVEGAヨーロッパが貼ってあったもの。
 ペンから急にシェークに持ち替えたので、しどろもどろなスイングであったが、台にきちんと収まる。また カンという硬い感触がとても気持ちよく、急速にペンからこのシェークラケットに心が傾きだした。
 側にいたショップのコーチの人に、この気持ちよく感じた感覚は、ラケットかラバー どちらによるものか質問したところ、おそらくラケットの方だろうと判断できた。

 その後自宅でネットを使いこのラケットの情報を集めたが、発売して間もないためか、人気が無いのかわからないが、全くレビューがない
 特殊素材のラケットに興味はあったので結局悩んだ末に、卓球屋の40%引きセールに合わせて購入した。

 ・・・感想・・・
 ラバー フォア面VEGAプロ バック面ΩVヨーロ

 特殊素材のラケットなので、木材と比べると弾く感覚が強く、球持ちは良くないのではないかと思う
 RASANT やMAZEproブルースポンジを貼ると良さを打ち消し合って、ラバーの性能が発揮されない
 同じラバーをSWATに貼ると、ぐっと持つ感じがして安定して強い球が打てる
 例えばRASANTを最初にカルテットに貼ったとき飛びすぎて上手く打てなく失敗したと思ったが
 SWATに貼ったら扱いやすくなった 
 もしかしたら強く打てないとラインカーボンの特性が現れないのかも
 
 今のところVEGAプロが一番相性が良く、強い球を気持ち良く打て、台にも収まる感じ
 強めの前進回転をかけると低くバウンドして相手が受けにくそうにしていた
 今度VEGAプロを他のラケットに貼って試してみよう
 ラバーが良いのかラケットが良いのかはっきりさせるために

 強く響くカーボンの感覚が私は好きなようで、このラケットに合うラバーを探す事にしようと考える
 VEGAプロにしておけば良いのだが、もっと合うラバーがあるかもしれないと思うと我慢できない
 現在キョウヒョウ3-50を貼って試している途中
 キョウヒョウとΩヨーロを貼って195gなので丁度良いかちょっと重い

 価格も高かったのでこのラケットをメインに使おうと思う

 DSCF1008