表板にマホガニーを使用したドニックのバーンOFFは、かなりスピードの出るラケットで扱いやすいとは言いがたい。見た目も格好いいし音もいいのだが、中ペンの時もなかなか合うラバーが無かった。硬いラバーは合わないことが分かっていたので最初から両面エアロックでお試し。
 
 打つのが非常に楽。飛ばそうとか入れようとか回転をかけようとか抑えようとか、そういう色気を出さずにラケットを信じて軽く当てれば良い感じで台に収まる。回転もかけやすく下回転サーブも短く出せる。少なくともカルテットLFCよりかは扱いやすい組み合わせだ。
 エアロックは本当に素晴らしいラバーだ。高性能すぎるラケットを初級者でも扱えるようにしてくれる。
 もうこれでいいのかも。なによりリラックスしたフォームで打ち続けられるのが気持ちいい。
 粘着ラバーを使うと何が何でも回転をかけたくなるし、スピン系テンションを使うとできもしない中陣の引き合いをしたくなる。スピード系テンションを使うとブロックをしたくなるし、表ソフトを使うとスマッシュをしなくてはいけない気がしてくる。
 エアロックを使っているときは卓球に集中できる。これが初級者には大事。

 本日は自宅卓球台でポンコツ球出しロボ相手だったのではっきりとは言えないが、今度の練習時にもうちょっと使い込んでみて、ツッツキやブロック 下回転打ちなど試してみよう。