私は今シェークをメインに練習しているが、ペンへの憧れがあってペンの練習もかかさない。
 この辺にも私の卓球技術が上達しない原因があるのだがそれは置いておく。
 シェークよりペンの方が回転をかけやすいことは広く言われている。
 ペンの方が手首を使えるからというのが一般的な理由で、それはそうなのだがそれだけでは無い、と私は思う。例によって当たり前の事を言おうとしているのか、見当違いなのか、どちらにも可能性がある事はお断りしておく。

 ペンで回転をかけることを意識して基本的なフォアのラリーを続けた後、シェークに持ち替えると擦る感覚を体が覚えていて、しばらくの間は上達したかのような錯覚を覚える。

 それとは別の話でシェークで擦りやすい持ち方がある。 
 ぐっちぃ氏の動画で インパクトの瞬間に親指と人差し指に力を入れる、という持ち方である。
 確かにこのように打つと回転をかけやすい。

 さてペンで回転をかけやすい事と、シェークで親指と人差し指で挟むこと、この2つに共通していることは何であろうか。
 ペンとシェークを一度の練習で交互に使う人は希であると思われるのだが、両方を比較すると、シェークは手の甲が下向きになるので球を下から上に押す力が入りやすく、それに対してペンは手の甲が上向きになるので上から引っ張り上げる力が強い。
 押すのと比べれば引っ張り上げる方が擦りやすい。

 ではシェークで引っ張り上げるにはどうすれば良いのか。

 それは親指と人差し指でラケットを持つことである。極端な話を言えば他の3本の指は離しても良い。その方が感覚を捉えやすいので試して欲しいのだが、親指と人差し指で掴むと引っ張り上げる力の入れ方になり、他の3本の指だけでラケットを持つと下から押し上げる力の入れ方になる。
 このバランスをどうとるかで回転重視の打ち方か、スピード重視の打ち方か選べる。

 ドライブで回転をかける感覚が無い方は、2本の指で引っ張り上げる事を意識して打ってみて欲しい。
 もちろんインパクトの瞬間2本の指にぎゅっと力を入れることも忘れずに