スウェーデンクラシックのフォア面に貼ったターゲットアルティマ50が調子よく、いっそバック面もターゲットアルティマにしようかと購入。
 WRMのネット販売では品切れになっており、高田馬場店へ足を運んだ。
 求めていた厚はなく、在庫数もずいぶん少なくなっていて、仕方なく特厚を購入した。
 結局スウェーデンクラシックにはラザントグリップを貼って満足してしまい、宙に浮いてしまう。
 今になって思えばターゲットシリーズはWRMの販売ラインアップから消えてしまう商品で、そういえば先日WRM高田馬場店へ行ったときは在庫全く無しで場所も無くなっていた。
 どんなに良いラバーだったとしても、これから継続購入できないとわかると興味が半減である。
 
 最近になってダーカーのアルバを購入し、フォア面はテナジー25FXに決めていたのでターゲットアルティマ47.5をバック面に。 なにしろアルバはラケット形状によってラバーの使い回しが出来ないのだ。

・・・感想・・・
 バックに使うにはスポンジが硬いような気がする。
 弾くには良いが下回転を持ち上げるのが難しい。
 そのかわりサーブやツッツキは回転のかかった速い球が出せる。ひっかかりは良い。
 バックサーブや攻撃的なツッツキで攻めるなら良いラバーかも。
 どちらにしてももう販売していないので詳しく説明する気がおきぬ。

ターゲット4751