卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ:ラバー > 高弾性

 テナジー25に似たラバーを探していく過程で出会ったラバー。
 尊敬するぐっちいさんが、そんなブログを書いている。 
 正確に言えばそこで紹介されているのはカリスマスポンジでは無いので別物なのだが、まあ最新版だし良いだろうと購入した。
 
 名前にスピンと入っているのでスピン系かと思ったが、スポンジを見た感じだとスピード系。
 実際打ってみたら、やっぱり多分スピード系かな?
 一生懸命振ってもそれほど回転がかかる気配が無いので、打ち方が悪いのかもしれない。
 
 当時Liliでコーチをしていた石川はじめさんに打ってもらったが、やはり回転がかからないと言っていたので、多分間違いないと思われる。

 面白のがパッケージの裏面。
 何故かテストモニターのコメントがある。
  R7138909









 何だか楽しい気分に。

 このラバーには勝手な思い入れがあるので、また必ず使う日が来ます。
  大事に保管。

 先月買ったDONICのラケット J.O.ワルドナーOFFに合いそうなラバーとして購入。
 最初はラザントパワーグリップをフォア面に貼っていたが、少しでも速い球や回転がかかっている球が来るとコントロールが乱れ、そのグリップを味わうどころかまともに返すのさえ困難なことに気がつき、もっとおとなしいラバーを探していた。
  相手の回転の影響を受けず、自ら回転をかけるときはしっかりとかかり、軽く打つと弾まず、強く打つとある程度のスピードが出る。ツッツキをしても浮かず、ドライブをかければ弧線を描いて、スマッシュを打てばビシッと決まる。持つ感覚がありコントロールに優れ、擦ればしっかりとグリップする。
 そんな夢みたいなラバーがあるのだろうか。 
 一応候補に挙がったのが、エアロック エアロックアストロ ナノスピンⅡ-s レガリスブルー フライアットスピン ヴェガヨーロッパDF ザック ブルースT1 マークVHPS スレイバー エボリューションEL-P メイスプロブルースポンジ44度 などなど。
 このラケットは硬いスポンジとの組み合わせで失敗しているので、いつもなら候補に挙がらないような軟らかいラバーを考えていた。
 今回は以前購入を考えて見送ったマークVHPSのソフトに決定した。
 カット後重量38g。とっても軽い。
 
・・・感想・・・
使用ラケット J.O.ワルドナーOFF
フォア面で使用

 ラザントパワーグリップだと表面の板で弾き返す感覚が強く、コントロールができないラケットという感想であったが、 このラバーだとそのような印象は薄れ、扱いやすいラケットと感じた。
  軽く打つと本当に飛ばない。強くドライブを打ってもそれほどスピードはでない。
 ツッツキは浮くことも無く、サーブも切れる。
 薄く擦ると滑ることも無くチッと音がして回転がかかる。
 軟らかいスポンジの為か長短のコントロールがしやすく、自分の思ったとおりの球が打てる。
 想像通り相手の回転にあまり影響されない。
 はっきり言って強打の爽快感は無い。球質も軽い気がする。極端に回転がかかるわけでも無い。
 それでもオール形式で練習をすると他のどのラバーよりミスが少なく得点もしやすい。
 初級者にとって、性能が良いラバーはワンコースの練習の時には楽しいが、試合形式になると途端にしどろもどろになる。強打を出来る機会はほとんど無く、豪快なドライブよりツッツキの精度の高い方がよっぽど得点率が高い。
 初級者が試合で勝てるラバーはこのようなラバーなのではないかと思った。
 背伸びをせず、今まで敬遠していた軟らかいラバーを見直そうかと考えた。
 マークVHPSソフト

 

国際卓球で購入。
 弾みすぎず回転をかける練習に適したラバーとして紹介される。
 エアロックの弾みを落としたようなラバーとも説明を受けた。
 卓球を始めた頃気になっていたらラバーで、いつかは買おうと思っていたのだが、もっと早い段階で買っておけば良かったかも。
 カット後重量40g

・・・感想・・・
使用ラケット スワット
バック面で使用

 タキネスドライブより弾んで軟らかすぎることもない。
 タキネスドライブは高品質なコントロール系ラバーのような感じだが、ザルトはもう少ししっかりした打球感のラバーで、初心者のフォア面に良さそうである。
 ツッツキは軟らかいラバーに共通した少しポワンとした感じ。
 とにかくラリーが続くのでタキネスドライブともども初心者が使って楽しいラバーなのでは。
 相手の回転の影響もあまり受けないようでレシーブもやりやすい。
 重量も軽いので小学生女子でも扱える。
 スワットにタキネスドライブ ザルトを貼って165gって軽すぎでしょう。
 価格も安いし初心者にお勧め。
ザルト


  

 双の練習用に合うラバーを求めてイシザキスポーツで購入
 前回はマークVm2を貼って練習したのだが、思ったより硬度があって上手いこといかなかった。 
 マークVとスレイバーは並び称される事が多いメジャーなラバーなので、一度使ってみようとは思っていた。ただ、ペンで硬めのラバーがどうも駄目なようなので、一応少し柔らかめのELを購入。
 パッケージは旧タイプと新タイプ両方売っていたが、もちろん旧タイプを選択。新タイプはどれも同じようなデザインで購入意欲がわかない。

・・・感想・・・
 球突きをすると、裏面に貼ったMAZEより弾まない。 ひっかかりもそれほど有るようには思えない。
 弾みすぎず、扱いやすいラバーとして購入したので良いのだが、やはり最新のテンションラバーとは異なるので、一度テンションラバーを使用した人があえて購入するラバーではないのかも。
 シェークでさえ初級者なのに、ペンでは初心者レベルの感想にどれほど意味があるのか不明だが、初心者が必要とする基本技術は全て問題なくこなせると思う。強く打てばそれなりにスピードも出るし、サーブなど回転もしっかりかかる。
 ただ、打っても感覚としては楽しいラバーではない。心地よい打球音や、いつもより上手になったような気にさせてくれるアシスト感はない。
 その代わり、オールをすると良さが解る。
 弾みすぎないので相手の勢いを殺して短くネット際に落としたり、回転の影響をあまり受けないのでレシーブ時のコントロールが良かったり、緩急を付けやすいラバーのようだ。
 意外と使いこなせば本番に強いラバーなのかもしれない
 スレイバースレイバー2

 エバンホルツとNEOキョウヒョウ3の組み合わせがとても重いので(149g),190gを切る重量にするためにはバック面を30g台のラバーにしなけらばならない。その中で新しく評価の良さそうなRISEを選択。「たくつう」で30%引き+入会特典の500P使用で購入。
 カット後の重量 34g
 
・・・感想・・・
ラケット エバンホルツNCT V
バック面で使用

 球離れが早く初速が早い。 軽く被せて打つとネットしてしまう。強く打つとスピードがでて力のある球になるが、直線的であまりドライブには向かず、ミート打ちに向いているのではないだろうか。
 スポンジが軟らかいのでAIROCの様な安定感を期待していたが、今まで使ったラバーにはないスピード感。スピード系テンションってこういう感じ? むしろ表ソフトに近い。
 正直自分の打ち方には合わない。

P_20151204_010257 (1)

このページのトップヘ