卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ:卓球個人事情 > 卓球雑記

 4月の初旬、緊急事態宣言の合間を縫って県境を越えた。
 目的地は花の都TOKYO、の電気タウンAKIHABARA。
 最初に秋葉原を一週して1TBのSSDを買った。
 10000円を切ったら買おうと決めてから随分長い時間が経った。
 税込み9000円なので迷わず買う。
 久し振りにじゃんがらラーメンにも行った。
 こぼんしゃん全部入りをチョイス。
 なかなか美味しい。
 IMG_20210403_123534665









 
 秋葉原は思ったより賑わっていたが、かつて溢れるほどいた異国の人はほとんどいない。
 その代わり女性や子供の姿が増えた。
 秋葉原のラーメン屋に若い女性が1人でいても違和感が無くなった。
 再開発の名の下に古いビルが取り壊され、なじみのパソコンショップも随分減って景色が変わってしまった。
 それでもメイド喫茶の呼び込みは健在で、ござる口調の忍者喫茶は個人的にツボだった(行ったわけでは無い)
 家電の町でもパソコンの町でもオタク文化の町でも爆買いの町でも無くなり、メイド喫茶に代表される秋葉原のイメージだけが残った。
 ジャンクショップをハシゴした後そのまま神保町まで歩く。
 子供の頃は遠く感じた古本街も実は目と鼻の先だ。
 交通博物館跡地を抜けスキー用品エリアをすぎるとそこは懐かしい神田古書店街。
 古本通りは小学生の頃からあまり変わらない。
 三省堂の周りがすっきりしたのと、書泉ブックマートをはじめとしたいくつかの店が閉店したくらいだ。
 SFの専門店と懐かしいマンガを置いてある店を覗き、神田古書センターの前を通って芳賀書店、は素通り。
 神保町を抜けるとすぐに九段下。
 ここから東西線にのって高田馬場を目指す。
 電気の秋葉原、古本の神保町と並んで東京3大聖地の一角を占める卓球の聖地、高田馬場に向かった。
 行き先はもちろん?ワールドラバーマーケット。
 緊急事態宣言が開けてようやく店舗も再開したらしい。
 数ヶ月間セールが無かったのでB品ラケットやラバーがあるに違いないというのが私の読み。
 狭い階段を昇って目に入るワールドラバーマーケットの看板が既に懐かしい。
 中から複数の人の気配がするので混んでいるのかと思ったらスタッフ3人と客が1人。
 見ると店長の高橋さんと単さん2人とも揃っていて、初売りセール並みの陣容だった。
 単さんが嬉しそうに声をかけてくれて、やっぱり来て良かったとちょっと感動。
 今回高橋さんと色々話せたのがこれまた嬉しかった。
 自分から名乗ったことは無いのだが、ライブドアでブログを書いている人だとは知っていたらしい。
 ブログのことやWRMの近況など、2時間くらい話し込んでしまった。
 そうそう、私の読みは当たっていてB品ラバーがしっかりと用意されていたのだ。
 かなりのお買い得価格だったので、つじまるさんの分も含めて3枚も買ってしまった。
IMG_20210414_073631100









 だいぶ長居してしまったことを詫びて店を出る。
 本当は国際卓球に寄るはずだったが疲労からくる眠気に襲われて行くのを忘れてしまった。
 無駄遣いをしなくて良かったということにしておく。
 一日のスケジュールとしては盛りだくさんだったが、今まで行きたくても行けなかった場所へようやく行けて満足だった。
 そしてこの日から数日後、またもや雲行きが怪しくなり、マンボウ法なる見慣れない言葉が紙面を賑わすのであった。
 
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

20210407



    このエントリーをはてなブックマークに追加

その2・24時間卓球にひげさんが登場して卓log会の宣伝をしたこと

 この動画を見たら2018年当時の熱気を思い出してきた。
 Tリーグが始まる少し前の、何かが起きそうな騒然とした感じ。
 正直言ってTリーグは苦戦しそうだなと思っていたが、否定的な事を言ったら抹殺されそうな気がしていたことを告白する。
 そんな頃行われたこのイベントは、あの頃の雰囲気を良く映し出している。
 ネットではよく見る有名人が入れ替わり立ち替わり参加して盛り上げ、そればかりでは無くリアル卓球界(?)の名士も顔を出している。
 挙げ句の果てにいつもなら参加しそうもないWRMのメンバーまで登場し、まるで時代の変わり目に立ち会っているかのような、そんな気分にさえなっていた。
 
 


 この動画の2:50:30前後を見て欲しい。
 メンバーの卓球道さん(現ひげさん) が我々を代表して卓log会の宣伝をしている貴重な映像がある。
 我々もライブを見ながらグループチャットで固唾をのんで見守っていた。
 ひげさんが話し終えたときは拍手喝采で、そういえば卓log会もこの頃が盛り上がっていた気がする。
 
 蛇足ながら翌年行われた27時間卓球は、進行がとてもスマートになった代わりに訳の分からない熱気が減退し、誠に勝手ながら残念な気持ちになったものだ。
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 卓球を始めて何年か経つ。
 サークルにも所属せず、まともな教室にも通っていなかった私には、ネットで情報を得るしかなかった。
 WRMや卓球王国はもちろんのこと、検索してヒットする個人運営のブログも片っ端から見て参考にしていた。
 Twitterを始めたのだって少しでも卓球の情報を得るためであって、決してラーメンの写真を共有するためではない。
 こうしてネットを介して情報を集める中で遭遇した、思い出深い出来事をいくつか書き記しておこう。
 
 その1・ワイハさんブログ 深夜の不条理コメント事件

 2017年の事である。
 それはワイハさんのブログのコメント欄を舞台に突如起こった。
 まずはこちらをご覧いただきたい。


 相変わらずとても参考になる情報と、考え方の基準がスッキリとまとまっていて、それでいて読み物としても楽しいいつものワイハさん節。
 だが注目すべきは本文ではない。
 コメントである。
 いつもコメントが多いワイハさんの記事ではあるが、60件オーバーは破格だ。
 前半はよくある落ち着いた雰囲気。
 お馴染みのメンバーや新規の人がゆったりとコメントして、ワイハさんが丁寧に返信している。
 雲行きが怪しくなるのは№21 から。
 ここから延々中学生とワイハさんの噛み合わないやりとりが続く。
 自分だったらコメントを非表示にして黙殺してしまいそうだが、ワイハさんは紳士的に対応している。
 紳士的に対応しているが、段々ストレスが溜まってきている様子が見て取れて、いつワイハさんが爆発するのか読み続けるのが怖くなるほどだ。
 もちろんそんな事にはならず表面的には穏やかに終わる。
 自分の所にもこの手の質問が来たらブログ止めようかなと余計な心配したが、皆様の予想通り私の所にそんな質問など来るわけがなく、全くの取り越し苦労であった。
 






 この話には続きがあって、先の記事の後にちょっとしたワイハさんの心境が書いてあり、心配になった愛読者(私を含む)がお疲れ様のコメントを書いたのも、印象深い。
 この頃はWRMのぐっちいさん、卓球王国のゆうさん、そしてワイハさんくらいしか質問する相手がいなかったのだ。
 今では試打動画が溢れ、情報がいくらでも手に入るようになるが、その少し前の事件であった。
 
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

またもや思いつきで書き綴った令和版卓球用語の基礎知識


「バルサラケットシンドローム」
 一度バルサラケットの軽さになれてしまうと標準重量のラケットでも重く感じてしまうこと

他のラケットに乗り換えようと思った時、重さがネックで結局バルサから離れられず苦悩する様


「元ラバ」

大好きだったあのラバー

何故か気に入らずに剥がしてしまったあのラバー

もう一度貼ろうと思ってもキレイに貼れない

キレイに貼れたと思っても

あの日のラバーとはどこか違う



「ラバ活」

自分に合ったラバーを求めて情報を読みまくり視まくり質問しまくり買いまくり試しまくり剥がしまくること

どこがゴールなのか、そもそもゴールがあるのかさえ不明な不毛な活動だが本人はそう思っていないところに現代の闇がある



「ドライブスマッシュ論争」

卓球に詳しくないテレビの実況者がドライブをスマッシュと説明して顰蹙を買うこと

卓球界隈ではスマッシュとドライブの間に明確な差があるようだが、日本人の9割はどっちでも良いと思っているので外部の人に力説するときには温度差に注意が必要

「テナジー教」
"テナジーSAIKOU" が教義で、何もかもがテナジー基準
テナジー=優れているのが大前提なので否定されるとムキになるが、エビデンスを示せと言われると「強い人が使っているから」とか曖昧なことを言い出す
「このラケット高えなあ、テナジー2枚分だよ」などと全てテナジー基準
使用例=どんなにライガンスピンの方が合っていると薦めても、テナジー教のあの人は聞く耳を持たない
類義語=マークV信仰

「アンチ魔道」
すんごい回転もすんごいスピードもアンチなら簡単に返球できると錯覚してハマっていく様
一度ハマると抜け出すのは困難
粒高魔道、表魔道、一枚魔道、高弾性魔道などが次々に行く手に現れる
強い人と試合をしてコテンパンに負けた後に陥りやすい
使用例=私は先の大会で県チャンピオンと試合をした後アンチ魔道に落ちました


「カットレディ」
カット主戦型の人を「カットマン」と言うが、女性のカット主戦型も「カットマン」では味気ないので「カットウーマン」という名称が検討されたが「キャットウーマン」と紛らわしいので「カットレディ」で落ち着きかけたが散髪屋っぽいのでやっぱり「カットガール」はどうかとかそもそもカットに拘るのが間違いで欧米では「チョッパー」って言うらしいから「チョッパー」でいいんじゃないかな何か可愛いし ψ(・ω´・,,ψ 

「ツッツキ主戦型」
主に女子中学1年生に見られる戦型で、チャンスであろうと無かろうとひたすらツッツキ
相手もツッツキ主戦型なので延々とツッツキ合戦が繰り広げられる
下手に動くと負けのぴりぴりとした雰囲気が特徴

「粒高で引き合い」
ほぼ不可能なことの例え
使用例=次のテストで学年一位を目指すなんて、粒高で引き合いをするようなものだぜ








 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

ニッタクで国狂ブルーがでるらしい。
スクリーンショット 2021-02-21 7.21.18





 価格も強気の¥15000+税で、さすがに一般層には需要が無いだろうと思う。
 と考えるのは浅はかで、あのキョウヒョウの「国用」の 「ブルースポンジ」の「選手仕様」ラバーともなれば¥10000や¥20000は惜しくないという強者はゴロゴロいる。
 同じキョウヒョウという名前のラバーは¥3000くらいで買えるのだ。
 ここに「国用」とか「選手仕様モデル」などのキャッチフレーズがつくと、途端に欲しくなる。
 それならマークV国用とかライガンスピン省チーム用とかスペクトル21水谷隼モデルとかにすればもっと売れそうなものだが、ほとんどのメーカーや販売店は謙虚な人が多いらしく、ことラバーに関してはネーミングや煽り文句で購買意欲を刺激するようなことはしない。
 卓球人気が盛り上がっている頃はそれでも良かったのだろうが、このコロナ不況の向かい風を乗り越える為にはきれい事ばかり言っていてはダメだ。
 そんな訳でラバーが売れて売れて仕方がなくなるような、そんな爆売れ間違い無しのフレーズを今でも人気のマークVを例にとって提案しよう。


「米国航空宇宙局(NASA)で採用された技術を応用! 科学の力で勝利をもたらすラバー マークV」
ある一定年齢以上には最高の煽り文句
NASAをつけときゃ間違いない
良く分からないがとにかく凄そう
   

「マークV文部科学省推薦版」
子供はお金が無いので買うのは親
何を買って良いか分からない親の心理を巧みに突くべし

「東大卓球研究部厳選 賢くなるラバーマークV 隣の子はとっくに使っているよ」
そういえば最近となりの子が上達している
もしかしてこのラバーを使っているから?
不安になった親子が閉店間際の卓球ショップに駆け込む、そんなラバー

「顔見えラバーシリーズ  このマークVは私が作りました」
ラバー職人の朝は早い、から始まる職人の一日がパッケージに印刷されている
誰が作っているのか分かる安心感がヒットの決め手


「マークVプレミアムバージョン 樹齢5000年の幻のゴムの木から取れる天然ゴムのみ使用」

人とは違うラバーを使いたい
同じマークVでも普通のではイヤだ
そんなワガママシニアにピッタリのプレミアムマークV
パッケージも金粉を散らした豪華版
もちろんスポンジにはシリアルナンバーが刻印

「オカモトxヤサカ共同開発! 夢の極薄ラバー マークV0.01(ゼロワン)」
ターゲットプロGTがミシュランならこちらは世界のオカモトと共同開発
全体を均一の薄さに成型する技術と、徹底した品質管理の技術では群を抜くオカモト
ラケットが透けて見えるくらいの極薄ラバーだが決して破れることの無い強度を誇る



他にも
「警視庁のお墨付き?! マークV」
「芥川賞最終選考ラバー マークV」
「全米が泣いた この春最大のヒット作マークV」
「ジャングルの奥地で発見された幻の部族のみが知る太古の技術で蘇らせたマークV」
などなど色々用意してメーカー担当者からの連絡をお待ちしている


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

カタログを眺めたり、ネットの卓球ショップをぶらぶら見て回るのも楽しいものだ。
 どうしてこのようなデザインになったのか、どういうイメージを伝えたかったのか、単なるインパクト狙いなのか、それとも何も考えていないのか、あれこれ想像するのも楽しい。

 私の目に引っかかったラバーパッケージをさらっとご紹介

TB2R0ukq8USMeJjy1zjXXc0dXXa_!!3421920187











 多分これは星では無くヒトデ
 誰でもヒトデのような球を打てます
 ヒトデダブルス向け

TB2RduOmzuhSKJjSspjXXci8VXa_!!3421920187











 メガネ・髭・蝶ネクタイで決めた意識高い系のおっさん
 流行の物には興味の無いあなただけの特別なラバー

TB1cxU5qOCYBuNkSnaVXXcMsVXa_!!0-item_pic











 エノキかと思ったらバーコードだった

TB2mBUhok9WBuNjSspeXXaz5VXa_!!3421920187











 止めたけりゃラケットなど使わず手を使いな!
 簡単だろう?

O1CN01WoVZ4L1DFgfYPT4qu_!!3421920187











 新品なのにビンテージの趣
 コジャレた喫茶店に飾るのだ

TB25ClHqYsTMeJjSszgXXacpFXa_!!3421920187
 


 
 





 人間だったらモテそうなイケユキヒョウ
 
TB2nS17jYsTMeJjy1zcXXXAgXXa_!!3421920187











 子供が見たら泣くね
 モンスターラバーはもう古い
 時代はお化けラバー

TB2VIW6a9r85uJjSZPiXXbOBFXa_!!3421920187











 気合いを入れて叫んでるけど
 多分死んでる

TB2zRgLnO0TMKJjSZFNXXa_1FXa_!!3421920187











 スペースコブラのレディの足

TB2vSmMcXXXXXaKXXXXXXXXXXXX_!!64183779











 テナジーが25なら
 SAVIGAは27
 
 TB2sHQZmGigSKJjSsppXXabnpXa_!!3421920187











 2代目殺人鼠
 随分人を殺したが、子供に手をかけたことは無い

TB2Rl2LlcLJ8KJjy0FnXXcFDpXa_!!3421920187











 3代目殺人鼠
 ハト派の2代目を蹴落とし3代目を襲名したばかり
 チーズの味にはうるさい

O1CN01yMYC251H6lQdhGcbY_!!850500709











 完全に雰囲気重視のゴシックラバー
 ラバーは飾るためにあるのだ

 TB2HiR6f5MnBKNjSZFzXXc_qVXa_!!3421920187











 そういや死んだオヤジの髪型はこんなんだったなあホロリ



 どうだろう
 そろそろラバーの性能など取るに足らぬ事だと理解できたかな?
 ラバーはジャケ買いに限る
 そういうことで一つよろしく







 

  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近ブログを書いていないのは何故だろうかと思ったら、酒を飲む回数が減ったからだ。
 思い返してみたらブログの9割は酔っ払って書いている。
 飲めば飲むほど筆の滑りが良くなり、滑りすぎて困るほどだったが、ここのところ家に帰ったらすぐに寝てしまうので滑る時間が無いのだ。
 「ああ、もっと滑りてえ」とバブル後期のにわかスキーヤーのごとく呟いてみたが、迫り来る眠気には勝てぬ。
 卓球自体は細々と続けている。 
 週に1回か2回は妻統治、上手い! いや妻と打ち、月に一度は個人レッスンを受けて帳尻を合わせ、月に2本はラケットを買い、毎日ナルコさんの卓球漫談を見て最新の卓球界情報をチェックしている。
 当然試していないラケットやラバーが溜まっていて、そういえばアグリットスピードは貼っただけで一度も使っていないし、ラクザXソフトも同様。WRMの会員特典のNEXXUSも開封していないし昨年のMASAKI福袋も2枚未開封のまま。怪しい紅花梨ラケットは飾られたままで恨めしそうにこちらを見ている。

 そうそう、先日卓log会でオンライン会議を開いた。
 今後の卓log会について話し合う必要が出てきたので、私が無理矢理スケジュールを入れた。 
 卓log会というのは主にブログを活動の場としている卓球人の集まりだったが、今では実際書いている人は随分減 おや、誰か来たようだ 
 

 第一回オンライン卓log会
 
 
 
  













 
















 これが当日配布したスケジュールである。
 しろや会長が欠席したら全て台無しになる偏ったスケジュールだったので、しろや会長がモニター越しに現れたときには全卓log会員が涙を流しながらイイネボタンを押しまくったという。
 嘘である。
 実際はほとんど卓球とは無関係の話で終始した。
 失踪した卓log会員の話とか、生まれた子供に卓球の英才教育を施したいがドラムに夢中ですとか、大学院中退したと呟いていた準会員の心の闇とか、試合後にマウントを取るとはどういうこと? みたいな事をとりとめも無く話し合った。
 無料Zoomなので40分で終わるはずが無制限プレゼントだとかで2時間くらい話し込んだ。
 オンライン会議も良いがリアルで飲んで喋りてえなあ と思った。
 
 そういうわけで眠くなったのでオンラインブログは終わりである。

 
 
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の呟き

卓球相手補完計画の対象である大学生の息子が一言
「卓球は楽しいけど、ツッツキとか下回転打ちとか言われるとちょっと・・」
分かる
フォアとバックで思いっきり打ち合っているのが一番楽しいんだよな
とにかく楽しんでくれ
そして好きになってくれたまえ
楽しいからやるんだよ


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日の呟き

 妻と練習をした
 バックでのツッツキ練習をした後 妻からの一言
 「すごいキレてるけど、粘着ラバー?」
 いえ、普通にマントラSです

 腕だと言っても信じて貰えない悲しさよ 


illustrain09-spotu5 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ