卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ:卓球個人事情 > 卓球雑記

 「物語は風呂敷を広げているときが面白い」と言っていたのは夢枕獏だったか。
 怪しく魅力的な人物が次々と登場し、 胸躍る伏線が張り巡らされていき、様々な因縁が絡み合ってドラマが動き出す。結末を知っている書いている本人ですら、次はどうなるのかワクワクしながら書いているのが伝わってくる。
 ところが結末に向かって物語が収束し出すと、大きく広がった風呂敷を畳むことに精一杯で、途端にスケールダウンしていく。読者も肩すかしを食らってがっかりだが、多分作者も必死なだけで楽しんではいない。それでも最後まで書き切れれば良い方で、途中で投げ出されたまま放置のケースもある。
 ベクトルを保ったまま最後まで仕上げることが出来るのがプロの作家だということだろう。
 
 卓球の用具で言えば、とすぐに卓球の話にしてしまうのだが、与えられた用具から次のステップに移行する辺りが一番ワクワクしていた。
 メーカーのカタログを見れば魅力的な製品が並び、ネットで調べれば心躍る試打動画の数々。卓球王国の新製品紹介ページに胸ときめかせ、WRMの繰り出す蠱惑的な宣伝文句に心かき乱された日々。失敗しないように一生懸命下調べをして、国際卓球のセールでラバーを買った時の高揚感。
 そのうちカタログスペックだけで自分に合う合わないくらいは分かるようになってくると、当初のドキドキ感も薄れてきて、以前ほど熱心に新製品を追わなくなってくる。
 その状態になってからも探求をやめないのが用具マニアだろうか。

 用具だけでは無い。技術も同様で、最初はミスばかりだったラリーが続くようになり、ツッツキの感覚を手に入れ、ドライブが打てるようになると練習も楽しくなってくる。
 技術動画を見て研究し、個人レッスンに通って指導を仰ぎ、卓球教室で技を披露して得意げな顔をする。
 他の人と試合をするようになり、それっぽいサーブも出せるようになって、勝ったり負けたりしている段階が楽しい時期なのかもしれない。
 そこから上の段階、つまり試合に勝ってより上位の大会を目標とし、大会に参加するだけでは無く優勝を目指して練習を積み重ねるようになると、楽しいだけではやっていけなくなる。
 ギチギチと肉体と精神を締め上げて、試合当日に最高のコンディションになるように調整し、それでも敗北したときはメンタルがボロボロになり、そこからまた這い上がって次の大会に向けて練習を再開していく。
 それが競技者というものだろう。 

 いつまでも風呂敷を広げ続けるような、そんな卓球ライフを送りたい。
  

誰でも知っていること、当たり前のことを新発見のように語る人って鬱陶しいよね。
でもその人にとっては画期的なことなんだ。
実はその人って、私のことなんだけどね。
実際の所、卓球する度に新発見の連続だよ。
今日の気づきはこんなこと。
とりあえずバック打ちの話なんだけど、スポンジ硬度あるいはラバー硬度による違いね。
ワンコースの練習ではさ、45度以上場合によっては50度以上のテンションラバーでも問題ないじゃない。
軟らかいラバーだと逆に物足りないというか。
俺の実力はこんなもんじゃないはずだ、とか。
試合の時もさ、回転とかスピードのある球へのレシーブの場合は硬い方が上手くいく場合もあるよね。
それとは逆に軟らかいラバーの方が収まりやすかったり、扱いやすかったりするときもある。
だったらどっちにした方が良いのかはっきりしてよ、て思ったりするんだけど、自分なりに思うところがあって、今のところこんな風に感じているんだ。

①どんな球でもバックドライブで返したい、または練習したいなら軟らかめのラバー(42度くらいかな)
一見回転がかからないとか思っても、それは自分の腕だから心配しないで

②打点早めにパンパン弾き返すことにエクスタシーを感じるならチョイ硬め(とは言っても45度くらい)
硬い方がツッツキとかはやりやすいかな


つまりバックで硬いラバーの方が良いと思っている人は、上手な人か弾くのが好きな人なんじゃないかな。
上手じゃなくて弾くのが好きな人は、弾まない硬いラバーが好きとか言っていそう。中国粘着とか。

私も本来弾くのが好きなので、硬いラバーの方が良いのかもしれないけど、今はドライブの練習中なのだ。

何でこんなこと思ったのかというと、今日の練習でスワットにヴェガXを試してみたら、全然レシーブダメだったのね。
初心者の息子のサーブをレシーブすると、全部オーバーとかネットとか、とにかく全ダメ。
焦ってフォーティノフォースにヘキサーパワーグリップSFXで試したら、拍子抜けするくらい簡単に返球できたのよ。
単純な硬度の比較ではないんだろうけど、でも間違いでも無いと思う。
やっぱりバックはマントラSとかヘキサーパワーグリップSFXとかヴェガアジアDFとかアグリットとか奮発してラザンターV42とかその辺りになるんかな。






 

 新型コロナの影響で暇な息子が練習相手になってくれるのは助かる。
 狭い部屋の中でニッタクのコンキンメソッドテーブルという小型の台での練習だが、できないよりは100倍も良い。コンキンメソッドテーブルは、価格50000円くらいするが、セパレート、折りたたみ、軽量、省スペース収納、ニッタク製と、長く使えるのなら買う価値はある。

 靴はおろか靴下も履けないので、コロナ収束後に練習再開したとき裸足でないと動けないかも。
 台を置いているのはリビングと和室の間。
 引き戸を全開にして部屋をまたぐように置く。
 ソファーは引きずってどかし、座卓は壁際に寄せる。
 球が入りそうな隙間は座布団やクッションでふさぎ、音がもれないように戸締まり。
 天井が低いので蛍光灯が眩しいが、慣れれば大丈夫。
 リビングと和室、両方つけるか両方消すかしないと明るさのギャップで球が見えないから注意。
 ネットは安いおもちゃので十分。正式なサイズでは無いのでこういうタイプで無いとむしろダメ。
  zlz19-1008-1











 和室で動き回るとイグサが抜けて畳がボロボロになるのは注意。
 リビングのカーペットも急な動きをするとずれて危ない。
 つまりフットワーク練習には向いていない。
 一番必要なのは卓球に理解のある家族。これが難易度高いかも。
 
 本日の練習で息子にスマッシュの見本を見せていたところ、正面の障子に大きな穴が・・
 障子よりカーテンの方が良いであろう。
 
 卓球のスイングは想像しているより場所を必要とする。
 壁、窓、家具からできるだけ距離をとり、球が当たって倒れるような花瓶などは置かない方が良い。
 
 そして練習が終わったら全ての配置を元通り、にする前に使用した場所を掃除機でキレイにする。
 家の中で練習するとむしろ部屋がキレイになる。
 家族の平和のためには、こういう状況が大事であろう。
 
 
 
 
 



 練習もまともに出来ないのに、財布の紐は緩みっぱなしの皆様こんばんは。
 そもそも私の財布には紐など無いんですけどね。
 さすがに締めなきゃマズいとうすうす感じてはいるのです。
 何だかんだと理屈をつけて買っているわけですが、言い訳の部分を冷静に自己分析することによって、無駄遣いを減らそうという、あまり自分では触れたくなかった話です。

 ①基本的な技術を習得するために買うのだ
  ・ヘキサーパワーグリップSFX・ラウンデル・ライガンスピン・GTT・マークVXS・タキファイアドライブ・プラクソン・高弾性ラバー全般

 ②多分使わないけど安いしいいよね
・PF4・スレイバー・オーソドックスDX・山林・大師・388C1・キョウヒョウ2・中国輸入ラバー全般

 ③この新製品は画期的で今までのとは大違いなので買わなきゃダメだ
・ラザンターR47・ズィーガー・キョウヒョウターボオレンジ・アレス・キングブルー・太陽プロ極薄皮付きブルースポンジ・木星2ブルー・水星2ブルースポンジ・ターゲットブルー・Q3・Q5・ハイブリッドK1J・ゴールデンタンゴ・ゴールデンタンゴps

 ④高性能すぎるから扱えないかもしれないけどチャレンジも必要だよ
・テナジー25・テナジー25FX・テナジー05・ファスタークG1・DNA H・エボリューションMX-P・ラザントパワーグリップ・ヴェガプロ・オメガV・ヴェガツアー・ヴェガX・V15エキストラ・ラクザX

 ⑤ 使ってみたら良かったので継続しよう
・ヘキサーグリップ・マントラS・ロゼナ・ヴェガアジアDF・ラザンターV42



 もう分かりましたね。
 ⑤のラバーが私に必要なラバーであり、そのほか①から④までのカテゴリーは全て無駄遣い。
 ①は物足りなく、③④はオーバースペック ②は・・・趣味だから

 ⑤だけ買ってりゃいいなんて、
 ああ、何て味気ない卓球ライフ。
  

 昔はパソコンショップが怖かった。
 見当違いの質問をしたらつまみ出されそうな雰囲気の店ばかりだった。
 今は卓球ショップが怖い。
 何が怖いって、何を聞いて良いのか分からないのが怖い。
 「何かお探しですか?」とか声をかけられたらその場から逃げたくなる。
 本当は質問したい。
 「このラバーってどんなの?」
 「このラケットってどんな感じ?」
 曖昧なのだ質問が。
 だって他に聞きようが無い。
 調べによると、店員がされても困るNGワードがあるらしいじゃないか。
 「 このラバーは弾みますか?」
 「このラケットとラバーの相性はどうですか?」
 「このラケットはスピード速いですか?」
 まさにこれを聞きたいのだ。
 でもそれを聞いてもどうにもならないらしい。
 つい口にしてしまいそうで怖い。
 口に出したら店員がため息をつきそうで怖い。

 現在使っている用具、自分の技術レベル、どういうことをしたいのか、今の用具に何が不足していてどういう性質を用具に求めているのか、きちんと説明しなくてはならないのだ。
 
 「手前、いたって不調法、あげますことは前後間違いましたらご免なお許しを蒙ります。手前、生国は武蔵野国は春日部でござんす。手前、縁もちまして親分と発しまするは辻丸一家二代目犬千代の若い者でござんす。姓名の儀声高に発しまするは失礼さんにござんす。姓は貴絽、名は良介と申す。しがないかけだしもんにござんす。今使っているラケットはスワットに両面マークVでござんす。もちろん厚、でござんす。いまだ試合で勝ったことは無いのでござんす。コーチからそろそろラバーをもう少し弾むのにした方が良いと言われてここを紹介されたので来たのでござんす。面体お見知りおきのうえ、向後万端よろしくおたのもうしやす 」

 こんなことほとんど面識も無い店員に流暢にぺらぺらと話せるか?
 

 新型コロナウィルスまっただ中だけど、皆さんお元気ですかね、って「新型コロナウィルス」が季語になりそうな勢いだな。
 毎週参加していた卓球教室が休講になり、たまに利用していた東京の卓球スクールもしばらく休業、餃子会の練習会も自粛ムードで行えず、何より楽しみにしているNetIn&EdgeBallClub練習会(つじまるさんとの練習)もダメ。
  練習できないとなると技術動画も見なくなるし、ネットショップを覗くことも減り、当然用具を買うことも(僅かに)減少。
 今のところ注文中なのはヘキサーグリップとヘキサーパワーグリップSFXという全く実用本位の2枚と、つじまる師匠にお願いしたPF4、エアロックM、木星と、これもお馴染みの奴らばかり。
 ラケットも1本注文中なのだがこちらは先方の都合次第なので、いつになるか分からん。

 卓球関連で今あるのは、全くラバーを貼ったことのない新品ラケットを撫で回したいという自分でもよく分からない欲求だけだ 。
 卓log会メンバーで集まってワイワイ練習したり、飲んで騒いでいたことが遠い昔の様な気がしてくる。
 
 そういえば酔った勢いで例の自作デザインTシャツをついに注文してしまった。
 自分で作っておいて何だけど、これは一体いつどこで誰が着るのだろうか。
 ネクタイ前赤jp


























 
 そうこうしているうちに各メーカーから興味深い新製品が次々に発売または発表されていて、ざっと思いつくだけでもラクザZ、ラザンターR48、なんとかPK50(これがどうしても覚えられない)、オメガ光、などなど。全て買うのは無理だけど、いつかは試してみたい。

 だいたい5月くらいになれば収束かなと楽観視していたが、それもどうやら怪しそうで、むしろ悪化している可能性すらある。
 このまま卓球が出来なかったら辛いなあ。
 卓球、飲み会、餃子、ラーメンと全て封じられてしまった今、楽しみと言えばもう一つの趣味のサイクリングくらいである。
 先日天気の良い日に息子と国営武蔵丘陵森林公園まで行ってきたんだけど、下調べせず成り行き任せのサイクリングだったので、適度に道に迷ったりしてかなり楽しかった。往復80kmくらいかな。
 2日後に今度は息子と娘をつれて川口グリーンセンターまで行って、川沿いが菜の花で黄色く染まっていてキレイで気分も楽しくなった。モンシロチョウが飛んでいて、蝶嫌いな娘は絶叫していたけど。
 
 これから寝坊している息子が起きるのを待って、リビングと和室の間に卓球台を置いて練習する予定。
 そろそろツッツキでも教えようかな。
 それではみなさんお元気で。
 

 
  

 私の利用しているlivedoor Blogには、アクセス解析という機能があって、直近で読まれている記事を表示することが出来る。
 暇なときに眺めていると、こんな記事書いていたっけ?なんて発見もあって楽しいのだが、何で今更こんな記事が上位にくるのか不思議に思うときがある。
 例えば現在の順位を見ると、当然ながら最新記事がトップにきていて、後は我がブログ随一の有用記事であるラバーの重量リストが複数ランクインしている。
 そして今回目に付いたのがコンキンメソッドテーブルに関する記事


 それとこちらも


 普段はほとんどアクセスが無いのだが何故か6位にランクイン。
スクリーンショット 2020-04-05 22.58.51
 グーグルでの「コンキンメソッドテーブル」検索においてもこの記事の表示回数が30%ほど増えている。

スクリーンショット 2020-04-05 22.59.19

























 考えて見れば不思議でも何でも無い。
 新型コロナウィルスの影響で、外で卓球をすることが出来なくなった人々が、家の中に置くことの出来る台を探しているのだろう。
 Twitterかなにかでコンキンメソッドテーブルの存在を知った人が、グーグルで検索しているのかもしれない。

 だからどうと言うことの無い、ただそれだけの話である
  

 私は設定マニアだ。
 設定するまでが楽しく、設定が終わると熱も冷める。
 これでピンとくる方はお仲間だ。
 分からない方にちょいと具体例を書いておく。
 読めば、ますます分からなくなるかもしれないけどね。

 例その1
 自作PCの調子が悪い。
 早速設定マニアの血が騒ぐ。
 PCの状態を調べるソフトをあれこれ入れて原因究明。
 どうやらCPUの温度が高すぎて、ある一定の温度に達したときにおちてしまう。
 今はネットで何でも調べられるからね。
 効率の良いCPUクーラー調べて付け替えて、CPUも変えて、バイオスの設定いじって。
 原因は設置場所が狭すぎて空気の流れが悪かった、とかね。
 安定して動くようになったけど、他にメインPCあるからあまり使わなかったり。
 

 例その2
 憧れのPC110を手に入れたぞ。
 こいつにはフルパッケージのPC-DOSが付いている。
 だけども何だかDOSって面倒くさい。(いつの時代だ)
 MacやWindowsに慣れてしまっているから尚更だ。
 さあ環境構築だ。
 まずは使い易いファイラーを探さないとね。
 やっぱFDでしょ。
 環境変数がとか、パスを通してとか。
 おや、PCカードを挿すとWindows3.0を動かせるらしいぞ。
 各種ドライバーはネットの海から探すのだ。
 起動したときは感動したね。
 起動しただけで満足して飾っておくだけだったけどね。

 例その3
 流行のPDAを買ったぞ。
 PalmPilotだ。
 英語版しかないからこいつで日本語を扱えるようにするのだ。
 山田さんの作ったJ-OSを入れるらしい。
 動いたけどメモリーが足りないぞ。
 増設メモリーが29800円、だったかな。
 これで日本語ばっちり。
 データベースソフトもあるのね。
 それならマックのFileMakerと連携させて、とコンジットは有料なのか。
 Palmは延々と設定することがあるから楽しみも尽きないな。
 その後も何台も何台も新機種を買ったけど、いつものようにソニーが撤退して終了。
 未練がましくスマートフォンにPalmエミュを入れているけどね。

 例その4
 最近のスマートフォンは買ってそのまま使っても何の問題も無い。
 だからつまらない。
 設定させて欲しい。
 パソコンもそう。
 買ったらすぐに使えるくらい完成度が上がってくると、興味も失せる。
 単なる道具になる。
 特にiOSはそう。
 ジョブスの目指した世界はこれだったんだね。
 パソコンはブラックボックスにして中身なんかに興味を持たせない。
 提供されたまま使うのが正しい使い方。
 そりゃパソコン雑誌も無くなるわな。


 さてここで突然卓球の話。
 あれこれ用具を試す人は、私と同じ設定マニア、あるいは環境構築マニアかもしれない。
 ラケットもラバーも星のようにあるぞ。
 最高の組み合わせはどれなんだろう。
 山のように用具を買い込み、新製品が出たら買い、評判が良いと買い、その内海外にまで手を伸ばし、貼っては剥がし貼っては剥がし、打っては剥がし打つ前に剥がし、そして満足できる組み合わせを手にする。
 何という達成感。
 自分だけの最高の1本を手にしている満足感。
 そしてこう呟くのだ。

 これでやっと安心して、次の組み合わせを試せるぞ。
 
 
 
 
  

 卓log会という名を聞いた事があるだろか。
 ブログやTwitterで会員を名乗る人物がいたり、YouTubeで動画を投稿していたり、試合会場で卓log会のゼッケンをつけている選手を見かけることもあるかもしれない。
  公式ブログも存在しているがあまり更新されることも無く、立派な会員規約もあるが本当に機能しているか怪しい雰囲気もある。
 かくいう私も組織の末端に属しているが、果たして組織と言えるかどうか自信を持って言えない。
 決して秘密の組織では無いが故にむしろ誰も語らなかったし誰も知りたくも無かった卓log会の真実。
 そこに迫ってみることにしよう。
 卓球できなくて暇だし。 

・・・・・成り立ち・・・・
 発起人の「しろーと(現しろや)」が「つじまる」を練習に誘うが日程が合わず、「貴絽」と連絡を取って2人で練習をすることになった。同じ日にかねてより交流のあった「ナルコ」と「リン」が練習する事を知った「しろや」が連絡を取り、「しろや」「貴絽」「ナルコ」「リン」の4人で練習する事とに。
 4人の共通点は卓球ブログを書いていること。
 場所は高田馬場新宿スポーツセンターで、3時間みっちり練習をした後打ち上げなども無くそのまま解散となる。
 後日「しろや」「ナルコ」「リン」に加え「インデペ」「盈月」「つじまる」の6人で練習する事になり、練習後は飲み屋で盛り上がったらしい(貴絽は不参加のため各自のブログから)
 この練習会が成功したため、ブログを運営しているメンバーを集めて緩い組織として動き出すことになる。
 なおこの時点では組織名称は無かった。

・・・・名称決定・・・・
 当初はTwitterのグループメッセージを利用しての交流がメイン。
 2017年11月10日にグループ名がつけられる事を「リン」がメンバーに伝え、その日のうちに卓log会に決定。 
 討論に加わったのは「しろや」「ナルコ」「リン」「貴絽」「インデペ。」「つじまる」の6名のため、この6人を立ち上げメンバーとして規定しても良いかもしれない。特に意味は無いが。
 最終的な名付けの親は「リン」
 この辺の経緯は卓log会ブログに記載されている。
 

・・・・組織・・・・
 緩い同好会のような組織なので代表者や責任者、個々の役割が明確にされていない。
 ただし発起人である「しろや」が会長職をつとめていて、最終的な決定権は「しろや」にある、とされる。
 「しろや」が会長を降りたら組織として空中分解するくらいの存在。

・・・・主な活動・・・・
 グループメッセージを利用していつでも好きな時に出来る卓球話と、月に1度くらいの割合で行われる練習&飲み会が主な活動。
 当時WRM(ワールドラバーマーケット)に所属していた「はじめちゃん」を講習会の講師として招いたり、卓球王国編集部の「ゆうさん」を練習会に招いたり、メーカー提供の新作ラバーの試打会を行ったり。
 メンバーも徐々に増え「立野B」「まっぽっぽ」「SHUN」「卓球道」「シーザー」「ゆきち」が加わる。
 「しろや」の提案でオンライングループサービスのBandに移行。
 卓log会ホームページの作成も検討され、当初はライブドアブログで運営。その後はてなブログに引っ越して今に至る。ブログのデザイン、投稿などは「貴絽」が主に携わる。
 グループメッセージで侃々諤々の議論の末、チーム用ゼッケン、ユニフォームも作られる。
 この2018年が全体としては活発な活動をしていた。
 その後「ガッキー」「椎茸」が加わり「東山」「ため」「かく」も参加。


・・・・現状と今後・・・・
 中心メンバーであった「しろや」「リン」の学生両君が卒業&就職となり、主なメンバーは全員社会人に。
 卓log会結成から年月を重ねる内に就職、結婚、出産、引っ越、転職、など個々人の環境も変わっており、以前ほど頻繁に集まる事ができないのが実情。
 新メンバーは随時募集しているが、加入したからといって特に何も無いのであまり積極的な勧誘はしていない。
 
 詳しくは下記を参照

 
 
  

 ナルコさんときっちり練習した後、ハチ公前でつじまる師匠と待ち合わせ。
 ところがいくら探してもつじまる師匠が見つからない。
 二手に分かれてハチ公の周りをぐるぐる見て回るが、それらしい人影が無い。
 メッセージを送ると、信号の側にいるとの返事。
 信号って、どの信号?

 
nyc_img_k20_01





大都会 渋谷のイメージ

 
 コロナ騒動で皆マスクしているから全然分からん。
 オヤジ狩りやチーマーがその辺の暗闇に潜んでそうで怖いんだよ。
 7c337410




 
オヤジを狩る直前 イメージ

f927298a






悪だくみ中のチーマー イメージ
 


 ナルコさんが無事つじまるさんを見つけ出したときは心底ホッとした。
 
 3人揃って渋卓を目指す。
 こういう都会でのナルコさんは実に頼りになる。
 すぐに迷子になりそうな私やつじまるさんを引き連れてグイグイ歩く。
 ナルコさんは都会の人らしく歩くのがめっぽう速い。
 ぼやぼやしていると置いてけぼりになりそうで、必死に付いていく私。
 手でもつないでもらえば良かったか。


 何年ぶりかの渋卓は、リニューアルしたのかすっかりおしゃれになっていた。
 どの台もうら若き女性で溢れていて、華やかで楽しそうである。
 もちろんちっとも羨ましくなんか無いし、俺たち仲良し3人組に女性の入る余地なんか無いし。
 
 IMG_20200219_203333936









 卓球台は立派だが、いかんせん狭い。
 ちょっと強く打って球が逸れると、お隣の楽しげな若いグループの邪魔をしてしまう。
 天井も低いし、通路も狭いので、油断していると料理を運んでいるスタッフの頭をスマッシュしてしまいそうだ。
 ここは大人しく備え付けのラバー貼りラケットで遊ぶとしよう。
 
 
 渋卓は単なる卓球場では無く、飲み食いしながら卓球で遊べるのが売りなので、飲食も充実している。
 流行のタブレット端末でポチポチ注文すると、スタッフが運んできてくれる。
 実に手軽だ。
 問題は飲み食いするスペース。
 ベンチのような物があるので座る場所はあるが、3人横並びでは話も出来ない。
 そもそも酒やつまみを置くスペースが小さい。
 IMG_20200219_203328914








 ビール瓶3本が精一杯の、オマケ程度の台を囲んで乾杯をする。
 飲んで、食べて、手が空けば卓球。
 これの繰り返し。
 これが結構楽しいのだ。
 もっとも酒が進むにつれて卓球はどうでも良くなり、本格的に腰を据えて飲みたくなってきたが・・

 1時間30分などあっという間にすぎる。
 30分1000円とお高いので長居は禁物だ。

 アルコールを摂取しながら運動をした結果、少ない酒で効率よく酔っ払った我々3人のほろ酔いダンディたちは、これまた若者でいっぱいのマクドナルドでハンバーガーをパクつき、しばしの余韻に浸るのであった。
 
 
 
 
  

このページのトップヘ