卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ: 用具探求

 最近使っているトリプルダブルエキストラ。
 バック面をマントラSのままでいくか、リズムテックにするか、決めるときが来た。
 ブラックバルサ5.0が2本あるので打ち比べをするのだ。
 フォアに何も貼らないわけにはいかないので、買ったばかりのL.D.T.T.のEA777を貼った。
 EA777は当ブログでは金力度と呼んでいる。
 メジャーなラバーでは無いが、全くのマイナーラバーでも無いやっぱりマイナーなラバーだ。 
  
 まずはマントラSとリズムテック、どちらにしようか。
 スピードというか弾いたときの速度感は断然マントラSである。
 パシッとはたいて決まると気持ちが良い。
 ドライブ練習をしていてもとっさに出るのはミート打ちなので、マントラSで良さそうではある。
 ツッツキはどちらも一応テンションがかかっているので直線的で長めになる。
 軽く振っても回転がかかるので楽は楽。
 まあどちらも似たようなものか。
 安定感はリズムテックかな。
 素直で大人しい球なので、返球しやすいと練習相手の妻から言われた。
 変に力を入れたりする必要が無いので、フォームが崩れず基本練習の習得にはリズムテックが良い。
 マントラSはついつい力が入ってしまう。
 
 フォアのトリプルダブルエキストラとEA777はどちらを使おうか。
 スピードは明らかにトリプルダブルエキストラに軍配が上がる。
 EA777も悪くはないがスポンジ硬度ミドルを選んだので、少しみっちりもっちり感がある。
 そしてトリプルダブルエキストラは上へ上へと飛ぶ。
 軟らかめのEA777の方がループドライブをやりやすい。
 これは打ち方や技術力次第だろうが、私はEA777くらいがやりやすい。
 下回転サーブも同様で、少し緊張した場面だとEA777くらいが一番安定して打てる。
 打ってて楽しいのはトリプルダブルエキストラ。
 安定感ではEA777。
 どちらも好きだ。
 ラバーとしての質感はEA777が上。
 トリプルダブルエキストラはすぐに汚れる。
 IMG_20210123_143954907
  




この写真を見れば、粘着ラバーを良く使う人ならイメージが湧くだろう。
 
 調子が良いときはトリプルダブルエキストラ
 そうでも無いときはEA777
 そういう事にしておこう 

 それにしてもブラックバルサ5.0が軽いので、普通なら重くて振れないラバーでもガンガン打てるのが良いなあ。 
 バルサ万歳バルサ万歳
 バルサラケットは体力の弱った中高年の味方だ

 初めて使ったDNA FUTURE M。
 結構衝撃的だった。
 ラバーそのものはヴェンタスベーシックのような硬くて重くて弾まないけど引っ掛かりはそこそこあるラバー。というかヴェンタスベーシックそっくり。
 なのでラバーそのものが衝撃的だった訳では無い。
 つける題名も迷ったんだけど

 1・衝撃体験! 今までの積み重ねが無になるラバー
 2・究極のオールラウンドラケット、できちゃいました
 3・ある意味実戦的な組み合わせってこれ?
 4・卓球はラリーが続くから楽しいのだ
 5・初心者に超オススメ! ラケットとラバーはこいつで決まり!

 どれが良い?

 弾まないラバーには弾みの控えめなラケットが合うだろうと、お気に入りのスウェーデンクラシックに両面DNA FUTURE Mを貼った。
 この組み合わせの怖いところは、適当に打っても入るところ。
 適当に打った方がむしろ入る、と言い直そうか?
 薄く捉えてドライブを打とうとか食い込ませようとか考えずに、とにかく前に振った方が良い。
 振りさえすればちゃんと台に収まる。
 基本的な体の使い方の練習に向いている。
 手首とか使っても意味ないし。
 バックはとくにそう。
 今まで練習を積み重ねて身につけた打ち方だとネットを越えない。
 バックドライブとか気張らずフラットに当てた方がよっぽどいい。
 高性能テンションラバーがキュインッッッ↑ ならDNA FUTUREはパフッッ↓って感じ。
 薄く捉えるとほとんどネットかネットイン。
 ツッツキは低くて安定していてとてもいい。
 ミスする気がしない。
 回転がかかっているかどうかはなんとも言えないが、普通にかかっている気がする。
 対下回転打ちドライブは、良いところとそうでも無いところがある。
 上方向への補正がほとんどないのでループで持ち上げようとするとしんどい。
 その代わり深く考えずに下から斜め上へ振れば失敗せずに返せる。
 強く打ちすぎると弾道が直線的なので低いままオーバーする。テナジーなら上手い具合に補正が効いて台に吸い込まれるところだが、このラバーだとそんな魔法のような効果は無い。
 ブロックはかなり楽ちん。
 スピードも回転もほとんど影響を受けないのでドライブ練習のお相手にピッタリ。
 
 
 以上がワンコース練習での感想。
 あまり良い印象を与えてないね。
 
 これがオール練習になると一変する。
 サーブは横ばかりだしたけど、強く打っても失敗しないので思いきってできる。
 強弱とかコントロールは思いのまま(他のラバーとの比較)
 そして何よりラリーが続く。
 なにしろ当てればいいのだ。
 当てて前に振りさえすれば台に収まるのである。
 練習相手である妻が強く回転をかけてくるタイプでは無いからというのもある。
 それにしてもラリーが続く。
 下手に強く打つと弧線を出しにくいので、ドライブを意識するよりとにかく当てる。
 フォアもバックも手を伸ばしてラケットを振るだけで良いのだ。
 とても楽しい。
 サーブ レシーブ はいミス の繰り返しとは違ってラリーが続くのでお互いギャーギャーいいながら球を追いかける。
 卓球の根源的な楽しさってこれだよなあしみじみ・・
 本当に楽しかったのだ。
 もちろん上手な人とやったらチャンスボールばかりプレゼントして瞬殺だろうが。
 
 そしてちょっと怖くなったのだ。
 なにしろ今までの練習は全く活かされない。
 フォアもバックもドライブに関する感覚や感覚を切り捨てなければならない。
 もしかしたらこのラバーで練習すればより上手なドライブを打てるようになるのかもしれないが、今のところそうは思えない。
 
 このラバーのパッケージにはっきりとビギナー用って書いてある。
 高弾性ラバーよりはテンションラバーに近いが、GTTのようなライトテンションとはやっぱり違う。
 卓球を始める人が最初に使うラバーとしてはオススメだが、高性能用具に疲れた人層が気分転換に使うのには向かない(そんな層あるのか?)
 
 たった一回使っただけでえらく語るなあ、私。
 でも語りたくなるラバー(とラケットの組み合わせ)だったのだ。
 卓球の楽しみ方は人それぞれだけど、卓球が持つ本来の楽しみを味わいたい層(そんな層あるのか?)には猛烈に押しておこう。
 で、私はどうかというと、オールの練習になったらこのラケットとラバーを使おうかな。
 上達もしないし強くもならなそうだね、私。

 
 
 
 
 
 
 
 
  

 フォアの25FXは良いとして、前回試したバックのマントラSは今ひとつであった。
 その前に貼っていたブルーストームz3も良かったがツッツキの感覚が気に入らず、替わりになるラバーを考えていた。
 ツッツキが浮かないという情報からリズムテック。
 バックドライブのやりやすさからヴェンタススピード。
 そういえばあいつはどうだっただろうのキョウヒョウ3-50。
 こうなりゃやけくそのテナジー05。
 またこれかのプラクソン450。
 赤を買えば良かったラクザXソフト。
 などなど手持ちのラバーをひっくり返しながら検討した結果、4年前に購入したターゲットプロGT M43を引っ張り出してきた。
 3年くらい前にカブリオレに貼って良く分からないまま剥がしてしまい、クローゼットに保管してあった。TSPの粘着シートで保護してあったのでシートもキレイ。縮んだり反ったりすることもなく、質の高さがうかがえる。
 それにしてもラケットとラバーの総額いくらなんだという最高値更新のセレブ御用達ラケットになってしまった。傍から見たらちょっとどうかと思う。
 実際はお買い得価格のラケットとAmazonで激安販売の25FXと福袋に入っていたM43なのでそれほどでもないのだが。

 早速妻との練習で使ってみた。
 以下ターゲットプロGTM43の感想。
 
 想像していたような軟らかめの打球感では無く、45度くらいに感じる。
 M43は名前からしてスポンジ硬度43度前後のラバーだと思うが、今回使用のはカット後重量46gもある。 
 どうやら重めの個体だったらしい。
 若干硬いので気を遣う。
 しっかり振ればちゃんと台に入るので、回転をかけて弧線を作ることを意識すれば問題ない。
 対下回転バックドライブは、引っ掛かりが良いので軽く振れば簡単に持ち上がる。 
 気になっていたツッツキだがとてもやりやすい。
 強く切れば切った分だけ回転がかかり、低くて直線的な弾道になる。
 今まで使った中では一番好印象。
 フォアのテナジー25FXもツッツキがやりやすいので、フォアバック共にイメージ通りのツッツキができるようになった。

 ラケットもラバーも高性能ラバーなので、まるで最新式の電動アシスト自転車のごとく助けてくれる。
 このラケットを手にした私がばったばったと老獪なシニア達をなぎ倒す、
 そんな楽しい未来が待っているに違いない。


IMG_20201120_075753794 

 ビスカリアとかテナジーとか口にするのも恐れ多いのだが、せっかく買ったのに使わなきゃモッタイナイ。
 5枚合板のVirtuoso offensive-とライガンスピンからの飛躍が大きいが、なるほどこれでは上達しないだろうと我ながら納得。わざと上手にならないようにしている疑惑もあるとかないとかもちろん無いのだ。
 個人レッスンと息子とのお遊び卓球の計2回のみの使用だが、今のところ気に入っている。

 ビスカリアxテナジー25FXの良いところ
 ツッツキ・・・・・・・低くて直線的で切りやすい
 対下回転打ちドライブ・・・ループドライブがやりやすい。持ち上げやすい。
 
 この2つだけでも十分だ。
 そして弾くとスピードが出る。
 ライガンスピンに慣れた身からするととてつもなく速い。
 アルバに貼ったテナジー25FXは遅くて驚いたが、ビスカリアに貼ったテナジー25FXは速くて驚く。

 上手な人とゲーム練習でもしなければ楽しく遊べそうである
 
 打球感も好みだし、これでしばらく練習しよう、っと。
 
  IMG_20201026_171931534

 ライガンスピンは好みのラバーでは無かった。
 オリジナル?のライガンも好みでは無かった。
 スペックとか評判からすると自分向きのはずなのに、何故なのかと疑問に思っていた。
 ドイツ製ラバーっぽい黄色いラバーに良い思い出が無いので、それが原因かと勘ぐったほどだ。
 
 私は今更ながらフォアドライブの練習をしている。
 様々なきっかけがあって、スイングの見直しを始めたのだ。
 見直しを始める直前まで使っていたのはクリッパーウッドxファスタークG1。
 そこからインナーフォースレイヤーALC.Sxロゼナ。
 そして今回はVirtuoso offensive-(木材5枚)xライガンスピン。
 
 レッスン当日あれこれ試して一番しっくりきたのがこの組み合わせだった。
 球持ちが良いと言うのだろうか。
 狭い部屋で球突きや回転をかける遊びをした時、一番しっかり掴んでいる感触があった。
 
 個人レッスンをこのラケットで受けたのだが、少なくともフォアドライブに関しては素晴らしかった。
 というかフォアドライブしか練習していないのだが。
 パチンと弾くとどうかは分からないが、掴んでから離すまでの時間がしっかりとあって、回転をかけている感覚がしっかりと分かる。
 ミスして打点が遅くなって差し込まれても、柔らかくフォローしてくれるので安心して打てる。
 振れば振っただけ回転がかかるしスピードも出る。
 遅いだけのラバーと違ってそこはしっかり最新ラバーだ。
 
 それにしても打ち方によってこうも評価が変わるのか。
 今回えらく気に入ったが、フォームの不安定な私のことだ。次回はどう感じるのか分からない。
 なるほど。ライガンスピンに悪い感想を持ったら、それは今回練習したフォームからズレているということか。
 ライガンスピンの包容力に期待しよう。
  

 最近またテナジー25FXを使っている。
 アルバ テナジー25FXは今までで一番使っている組み合わせだ。

 この組み合わせの特徴

 1:対下回転打ちがとてもやりやすい。
私は対下回転打ちドライブに苦手意識があるのだが、この組み合わせだとループが安定する
しっかり引っかけている感覚があるので最後まで振り切れる
そして振り切るとある程度のスピードで打つことが出来る
他の組み合わせだと打つ前に離れてしまう

 2:ツッツキが浮かない
直線的な弾道で回転もかけやすい
垂直方向の弾みが抑えめなのか下回転サーブもかけやすい

 3:ブロックしやすい
勢いを殺せる
適度な弧線で台にいれやすい


 4:スピードが遅い
ミートのスピードは遅い
粘着ラバーのように遅い

 5:回転の影響はうけやすい
中途半端は禁物

 6:バックは打ちやすくは無い
グリップまたはブレード形状のためか力を入れ難い

 7:ロングサーブ(上系)のスピードが遅い


 ドライブに自信が無くて練習したいなら良い組み合わせ

 バックのブルーストームz3はまだ良く分かっていないが、自分のバックにはあまり向いていない気がする。

  

 新発売のズィーガーPK50を試してみた。
 粘着はピンポン球を持ち上げるくらいはあるし、軽打では弾まないけど中国製粘着のような特別な力を入れなくても普通に打てる。
 


 この普通に打てるところが結構重要。
 ツッツキやサーブはとてもやりやすい。
 回転をかける感覚もあるし実際かかる。
 フォアズィーガー、バックC1で交互に打つと良く分かる。あまりにも感覚が異なって頭の切り替えができないくらいだ。
 ブロックは回転影響をちょっと感じる。
 ドライブはC1と比べると軽打ではあまり回転がかからず、手元まで直線的で最後に台に収まる感じ。
 そこそこ強く打つと流石に回転がかかるが、それでもC1よりはかからない。その分相手もとりにくいので実戦的と言えるかも。

 ツッツキや下回転サーブのやりやすさと、違和感なく打てるフォア打ち。
 そしてほどほどの価格。
 今までありそうで無かったラバーかも。
 
  

 珍しく両面新品を貼った。 
 考えたらいつも使い回しばかりなのでラバーカット自体久し振りだった。
 UltimateOffensive2は91gと重いので、両面ドイツ製ラバーを貼ったら184gとギリギリの重さになってしまった。多分真面目に練習したら重くて連続して振れないと思われる。
 本日もころにゃんの影響で自宅卓球。
 ハンドソウを練習中の息子を相手に2時間くらい練習した。 
 今までスワットにヘキサーグリップとマントラSを貼って使っていたので、主にそちらとの比較になる。
 
 フォア面はほぼ違和感が無かった。
 スワットと比べると球離れが早いので、最初は戸惑ったがすぐに慣れた。
 ヘキサーグリップは万能タイプの扱いやすいラバーでおまけに価格も安い。フォア打ちは問題なく打てたと思う。
 バックをマントラSからヘキサーパワーグリップSFXに替えたのは、バックドライブ時に回転をかけるためだったが、期待とは違って回転よりミートに向いているラバーだった。
 ドライブを打とうと擦りすぎるとへにゃっとなってネットにかかってしまうのだ。
 ちょっと厚めにあてるとしっかり打てるが、それならマントラSのほうが軽いし安いし良かった気がする。
 なるほど軟らかめのラバーはこういう特徴があるのねと納得してしまった。 
 もっともオール形式になるとバックドライブなど打たないので、多分これで問題ない。
 
 真面目に練習するために組んだラケットなので、これで頑張ろうと思う。 

 マサキの福袋に入っていた国套IIIとA380をエバンホルツNCTVに貼って遊んでみた。
 国套IIIはスポンジ硬度44度(中国)と未だ経験したことの無い硬さ。当たり前のように52gと重い。
 バック面のA380は非粘着と記載されているが、明らかに粘着がある。そして中国製粘着ななのに43gと軽い。見てくれは以前使った激流に似ている気がする。パッケージにはドイツ製ラバーと書いてあるが多分違う。
 元々エバンホルツが重いので、総重量192gと使う前から諦めモード。
 
 フォア国套III バックA380と推奨通りの組み合わせで試してみた。 

 フォア打ち
 未経験者の息子でも球が浅いと分かるレベルの弾道。
 聞けばほとんど回転がかかっていないらしい。
 一生懸命回転をかけようとしなければあまり回転がかからないので返球しやすいようでラリーが続く。
 振り抜けば板の力でスピードも出るが、安定性に欠ける。
 フォアの国套IIIは厳しい。

 バック打ち
 バックのA380は国套III以上に期待していなかったが、良い感触だった。
 フォアの国套IIIと同様回転数が少ないので息子の返球が安定してラリーが続く。
 交互に使ったヘキサーパワーグリップSFXだと返球時のオーバーが多くなるが、A380だと軽打では回転数が少ないので返球もしやすいらしい。
 初心者、初級者の練習相手用としては良いのかもしれない。

 IMG_20200420_001008847
 
 

 本当に卓球する場所が無くなってきている。
 公民館から公園の卓球場、卓球教室まで全滅で、民間の卓球場のみ営業している状況だ。 
 幸い自宅に一回り以上小さいながら卓球台があるので、家族相手に細々と練習している。
 今回は息子に相手してもらった。
 ちなみに息子は卓球未経験者。ハンドソウ(ベイオネット)にターゲットプロGTM43とラザンターR37を貼っている。金額だけなら定価ベースで30000円近いが、その価値が伝わっているとは思えない。
 狭い室内で小さい卓球台。相手は未経験者という環境だが、慣れれば何とかなる。
 とにかく基本的なフォア打ちとバック打ちに絞って練習した。
 ほとんどの時間はインナーフォースレイヤーALC.S x ヘキサーパワーグリップ x ロゼナだったのだが、貼ったばっかりのスウェーデンクラシックxラウンデルも試してみた。
 柔らかくて弾まないラケットに柔らかくて扱いやすそうなラバーを貼ることにより、しっかり回転をかける感覚を身につけるのが目的だった。

 ラウンデルはヘキサーパワーグリップと同じように打つと、低くて直線的かつ浅い打球になる。
 ラバーによってこんなにも異なるんだと感心するくらい弧線とか回転が違う。
 スイングからイメージするより回転がかかっていないので、逆に相手からしたら返しにくいようだ。
 回転の影響も少ないようで、ブロックはやりやすい。
 試しに裏面に貼ったテナジー64FXで打ってみたが、こっちのほうがよほど弧線が高い。
 打球感や回転のかかり方が最近のテンションラバーと差が大きいので、スピン系テンションへのステップアップラバーとしては不向きな気がする。
 今回の目的にはそぐわなかったので、すぐに剥がしてしまうことだろう。

 
IMG_20200401_112830365
 
  

このページのトップヘ