卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ:卓球個人事情 > 初心者向け

 使うべき用具の条件は払った金額の価値をしっかり感じることができること。
 例えば5000円のラバーと10000円のラバーがあって、違いがはっきり分かった上で10000円のラバーが気に入れば継続するだろうし、違いが分からないなら5000円のラバーを継続すれば良い。
 定価6000円のラバーを買って、今まで使っていた定価4000円のラバーと差が無いなら、6000円のラバーはまだ必要ないのだ。
 価格=性能では無いし、性能=試合に勝てる、でも無いので難しいところだけど。

 3000円の粘着ラバーと3000円のテンションラバーと3000円の粒高とで迷っている人は、もっと別の話なのは言うまでも無い。

 そうしていくつか試していくと、落としどころというか、継続していくべきラバーは見つかるはず。 
 そこまでお金が払えないなら誰もがお勧めするラバーを買うとか、詳しい人に相談するしかないけど、多少なりとも興味があって調べればある程度は絞られると思うし、興味が無い人はそもそも何でも良いのだろうから、こんなブログは読んでいないでしょう。

 
 問題は、というかラバーは良いけどラケットは?ってなると思うけど、上記のような理屈から言えば、ラバー以上に価格と性能との関係がイコールでは無い気がする。
 かなりの数のラケットを使った上での感想だけど、4000円のラケットと20000円のラケット、どちらが良いかと言ったら本当に気持ちの問題というか、好みの問題だと思う。
 そこにある性能差(性質差)を感じ取るより、打球感の違いの方が分かりやすいので、普通は定価10000円以上のラケットを選択肢に入れる必要は無いのでは。
  4000円以下で買えるスワットと、12000円くらいしたUltimateOffensive2と、日本で買えば定価23000円くらいのガシアンピュアカーボンとで比較して、単純に性能(性質)から23000円の価値を感じることは私には難しい。
 あるとしても所有する喜びに近いので、それはまた別の話だ。

 
 もう少し自分の話に置きかえると、私にはテナジー05もヘキサーパワーグリップも大差ない。
 なのでテナジー05に7000円出す必要は無く、その上位ラバーのディグニクスも買っても違いが分からないだろう。
 最近買ったQ5は良いラバーだと思うが、Q3とQ5の違いが分かるほどでは無いし、Q5とヘキサーパワーグリップとフライアットスピンと金弓8を目隠しして打ったら差など分からない自信がある。
 
 その差を感じ取れるかどうか。
 そこが用具選びの大事なところであろう。

  

 何故初心者に特殊素材ラケットをお勧めしないのでしょう。
 というより何故初心者に弾みすぎる用具を勧めないのでしょう。
 あなたは疑問に思ったことはありませんか。
 大は小を兼ねるというか、軽く打っても弾むのならそれはそれでいいのではないかと思いますよね。
 その理由をネイティブ初心者の私がお教えしましょう。
 初心者の私やあなたはフォア打ち一つとっても打つ度にフォームがばらばらで、飛んでいく球もコースがまちまちですよね。特にちょっとでも遠くの球を打つとき、体の真ん中に来た球を打つとき、要するに無理な体勢で打球するときはいつも以上にそうなります。それでも台に収まっているのなら、それはラケットやラバーの用具の力です。軟らかいラバーが球の勢いを吸収して飛びすぎるのを防いでくれたり、自然と上回転がかかって弧を描いてネットを越えたり、シートやスポンジに食い込んで発射角度を調整してくれたり、本来なら入らないはずの球を上手いこと調整してくれます。100%正解では無くても60%くらい正しければ補正してくれます。
 ところが特殊素材ラケットのように弾む用具は判定が非常にシビアです。
 少しでも角度が狂ったり、打つタイミングが早かったり遅かったりすると、そのまま結果となって現れます。
 弾むから、スピードがあるから、適当に打ってもゴリ押しできる、ではなく、とても繊細な技術や感覚が要求されます。
 もし表ソフトを使ったことがあるのなら、想像しやすいかもしれません。
 表ソフトは回転の影響を受けないから打ちやすい、のではなく一つ角度が狂うとネットに直撃するため非常に神経を使います。表ソフトを使った後に裏ソフトを使うと、大雑把に打っても入ることに感動します。硬い裏ソフトも同様です。
 初心者には弾まない用具、軟らかめの用具を勧めるのには理由があるのです。
 それでもぶっ飛びカーボンラケットが欲しいあなた、上級者向けの高硬度スピンテンションラバーが欲しいあなた、ようこそ卓球迷宮へ。このブログにはそんな失敗が山盛り詰まっています。あなたとはいい友達になれそうですね。
 
  

 ラケットも購入し教室にも入会できたあなた、最初はどんな練習をすれば良いのだろうか。
 WRM(ワールドラバーマーケット)で推奨しているように、感覚を鍛える練習をするのも良いが、ここは私が卓球にはまるきっかけになった練習をおすすめしたい。
 題を付けるなら、「フォームが合っていたら強く打っても台に収まることを知る」であろうか。それとも「まず強く打つ快感を覚えろ」か。

 教えてくれたのは卓球教室の先生。
 ①ボールの位置によって手首や肘を動かさない
   高い球が来ても低い球が来ても手首で調整しないで、体を動かしてベスト位置で打つ
 ②肘を腰の高さにして90度くらいに曲げて構え、打ち終わったら顔の正面か反対側の耳辺りにラケットが来るようにする
 ③最初はスタンスとか、下半身の使い方とか、腰を回すとか難しいことは言わない
 ④極端なことを言えば②のように前腕を動かすだけで打つ事が出来る
 ⑤以上が出来ていれば、力一杯打ち込んでも台に入るはず

 実際教わったとおりにラケットを動かし、思いっきり打ち込んでみたらバシバシと台に入る。そしてその打球感の気持ちの良いこと。ラバーがハモンドだったのが良かったのかもしれないが、耳に入るいい音と手に響くいい感覚が5感を刺激して、練習初日にして卓球が好きになった。
 軽く打っても弾んでネットを越えることを覚える、という練習もあるが、強く打っても角度が狂わなければ台に収まる、という練習方法の方が楽しいと思う。
 
 この基本にプラスして、打つ瞬間腰を前にだすとか、踏み込むようにして右足から左足に重心を移すとか、一撃必殺のスマッシュ練習が多かったのだが、緩いラリーを延々続けるより何倍も楽しい練習であった。まあ、5分も続けると息が上がって汗だくになるのだが。

 とにかくスイングは鋭くコンパクトに。

 この先生に教わったことが、その後の練習の中で何度も立ち返る原点になっている。
 
 
 

 ある日突然卓球をやりたくなったら必要なのがラケットだ。
 もし多少なりとも続ける気があるのなら、100円均一のラケットやおもちゃ屋さんで売っているラケットは買わない方が良いだろう。
 卓球教室に行くと、おもちゃのラケットを使っている方がいて、それは逆に初心者向けじゃないだろうと 思うのだが、他のラケットを使わない限り気がつかないんだろうなあ。
 
 総合スポーツショップに行けばラバーを貼ったラケットがセットで売っているのでそれを買うのもいいかもしれない。よく見るのはTSPのセクションにグランディというラバーのセットで、娘が最初に使っていた。
 このラバーで言えばグランディとかエクシズF1 21とか、ラケットで言えばセクションとかスタッシュなどは、セット販売がメインの用具なのかもしれない。
 そういえばちょっと前にHIMARAYAに行ったらミズノのセットがメインで売られていたが、卓球専門店ではないが故の現象かも。

 1年くらいたてば、新しいラケットが欲しくなるに違いないのだが、これから始めようとしている人にそのことを理解させるのは難しいであろう。ラバーもしかり。とりあえずきちんと名前のあるラケットとラバーのセットなら、貼り替えも出来るのでそれで良いのではなかろうか。

 これから卓球を始める方で、 やってもいないのに用具に興味があるという奇特な方の為に初心者にお勧めの用具について書いた記事へのリンクを貼っておく。 
 ちなみに私が最初に買ったのはTSPのスワットで、フォア面にハモンド バック面にUQという組み合わせであった。
 同じ木材で出来ているのにそんなに差があるのかと思われるかもしれないが、何しろ相手は2.7gのピンポン球なのだ。ちょっとの差が大きな差となって現れるのも不思議ではなかろう。 
 ラバーもコントロール系 高弾性 テンション 粘着 表ソフトなど色々あって迷うかと思うが、あまり発売が古い物はやめておいた方がいいかもしれない。カタログに発売日が書いていないところが罠なのだが、パッケージデザインがサイケな物はたいてい古い。(と思ったらTSPはみんなサイケデリックだなあ)
 一応使用のあるなしに関わらず、これならいいのではなかろうかというリストをあげておこう。


 ザルト
 フライアットシリーズ

 ギャンビット
 ヴェンタスベーシック
 
 ヴェガイントロ

 エアロックS

 プラクソン350 400

 どこでも目にするのはこれくらいかな?まだ未発売のも混じっているが。
 
 マークVとかスレイバーとか、意外と初心者には扱いにくい可能性があるので注意。

 これから始める方向けの用具、他にもあれば教えて下さい。(手に入れやすい中で)
 
 
  

 子供なら問題ない。
 部活もあるし、初心者子供向け卓球教室は結構ある。
 問題なのは、大人になってから始める場合だ。
 まず、初心者歓迎のサークルは皆無である。特に男性には厳しい。(なぜか女性なら初心者可なのだ)
 テニス教室のようなイメージで探すと、卓球教室というのはあまりない。
 あっても初心者には敷居が高い。
 テニス教室も通っていたことがあるのでテニスと卓球の違いが分かるのだが、テニスは初心者同士が最初から打ち合ったり、レベルが違う人同士が練習することはあまりない。コーチが球出しをして、生徒が順番に打ち返す練習が基本なのだ。フォア バックのストロークからはじまりボレー、ロビングなどに進む。生徒同士で打ち合うようになるのはダブルスの練習をするようになってからだ。ダブルスもポジショニングの練習が基本で、これがきちんとできるようになってテニスっぽい動きを身につけたことになる。卓球はラリーを続けることが練習の一つになっているが、テニスにはそのような考え方はない(と思う)
 卓球教室と名乗っていても、初心者が対象とは限らないのだ。そういった卓球教室に間違って参加してしまうと、いきなり生徒同士で打ち合う羽目になって恐縮する羽目になる。

 ではどのようにして参加する教室を探すのかというと、県や市が発行している広報誌を隅々まで見るのだ。年に何回か健康とかスポーツの欄で募集しているはずだ。こういった教室は価格も安い。私が以前参加していたのは基本週1回半年間で¥5000だった。平日開催が多いので、私のように平日休みの人間には向いている。

  もし見つからなければ、大きなショッピングセンターに入っているカルチャークラブのようなところを探してもいいかもしれない。少し料金は高いが初心者向けのコースがある。
 それもなければ、気の合う仲間と手探りでやるしかない。私も高校生の時卓球部員でもないのに卓球をしていたとき、同じような仲間と卓球入門書を片手にあれこれ練習したものだ。いまならインターネット経由でいくらでも動画があるので、とりあえずラリーが続くくらいまでは何とか頑張って欲しい。

 こうした卓球教室を通して1年くらいたてば、フォアとバックのラリーは出来るようになっているはずだ。 卓球歴が長くとも、ラリーを続けることが楽しいというレベルの人も多いので、そういった人はそのまま卓球教室を続けても良いし、上のクラスがあるのなら進んでも良い。お金があれば個人教室を2,3回受けても良いかもしれない。(1回5000円くらいだ)

 練習時間の95%は一人でカーテンに向かって打ち込んでいる寂しい大人卓球初心者が編み出した、自室にいながら機械も相手も卓球台もいらない対下回転打ちの感覚を掴むためのたった3つの手順を紹介します。

 ①なるべく強く擦った順回転で球突きをする
 ②まっすぐ上に球が上がるように調整する
 ③落ちてきた球に対してループドライブをしたり、スマッシュをする 

 注意事項
 壁に向かって打つと球が割れるのでカーテンに向かって打ちましょう。

 フォアの基礎打ちを教わったのでこちらも記しておこう。
 スイングをコンパクトにすることが主題である。
 まず肩から肘までの部分は使わず脇をあまり空けないことがポイントで、もちろん手首も使わない。
 肘から先でぱたぱたと振る。卓球のスイングなのでラケットは顔の高さくらいには上がる。もちろん小さくだが体重移動や上半身の回転は自然とやる。
 打ち終わった後に脇が空かないように一度垂直におろす。昔の三角打ちかと思われるかもしれないが、意図するところは楕円打ちで、動きを止めずに回転を続ける。
 高い球はバウンド直後を捉えたり、間に合わなければポイントを遅らせて自分の打ちやすい高さで打つ。(これが私には大事)
 最初は上手くいかなかったが慣れれば非常に安定する。
 世界卓球などで選手が試合前にフォアラリーの練習から始めるが、あのイメージである。
 この基本が身についたら強く打ったりドライブをかけたりすることも簡単にできそうだ。
 何度も同じような話を書いているので、なかなか身についていないことが解ってしまうなあ。

 今まで購入したラケットとラバーの中で、これから卓球を始める人にお勧めのラケットとラバーを書いておこう。あくまで自分が持っている用具の中から選んでいることをお忘れ無く。今回は真面目に書いてます。


 ラケット・・・ヤサカ スウェーデンクラシック 木材5枚 シェーク
        
 選択理由   ・変な癖がなく扱いやすい・価格が安い・見た目が上品・重すぎず軽すぎず・メジャーすぎない
        ・入門用の安物ではないので作りも良く上達したらラバーを変えていくことで対応できる
        ・ 打ったときの感触が良い
 
 ラバー・・・STIGA   AIROC S エアロックS  または    アンドロ プラクソン350

 選択理由  ・最新のラバーでスピードもあり回転もかけやすい・価格が安い・速いが飛びすぎない
       ・軽くて扱いやすいが軽すぎない・無理な体勢で打ってもなぜか台に入る安心感
       ・どちらがフォア面でどちらがバック面でも良いが、エアロックがフォア面かな?


 この組み合わせで総重量168gなので、相当軽い。
 とにかくラリーができないと卓球は楽しくないと思うので、気持ちよくラリーが出来る事を最優先に選んだ。安くても最新の用具で、尚かつオーバースペックにならない組み合わせだと思う。
 ちなみに価格だが、ネットショップの一般的な価格で¥10633。実店舗で¥12152。セールを利用すればもっと安い可能性もある。参考までに。

 自分もこの組み合わせにしようかな・・初級者なので。

 

 

こんな風景を見た。
ある有名卓球ショップでのことである。
久し振りに卓球を始めるらしい初老の男性に、若い店員がヤサカのマークVを勧めていた。
「最初はこれを買っておけば間違いないです 」という論調が少し気になる。
ラバーの性能の違いを詳しくも興味も無い人に説明するのは無理であろう。
定番で品質も安定していて価格も安いラバーならお勧めなのは間違いない。
もっと安いコントロール系を勧めないだけ良心的とも言える。
途中から聞いたので、もっと色々やりとりがあった上で、このラバーを勧めたのかもしれない。
ここでは初心者だからという理由でマークVを勧めたと解釈して話を進める。

卓球教室へ行くと、先生からマークVを勧められて使用している、という方がいるが、マークVやスレイバーなど少し前のラバーが本当に初心者にとって使い易いのか疑問だ。
現在マークVを使いこなしている中上級者は、 マークVが最先端ラバーの頃から使っていて、体の一部になっているから扱えるのであって、今から始める人にとってはむしろ扱いにくいのではなかろうか。
ちなみに自分もマークV スレイバー ともに扱いにくく感じた初心者である。

マークVが使い易いと言うことは、車で言えばマニュアル車が運転しやすいということに似ている。
オートマのように機械任せのギアチェンジより、慣れたマニュアル操作の方が効率が良いこともある。
自分の思うように操作している喜びもあるだろう。
オートマの方は操作は楽だが運転の楽しさは少ない。 
そう言える人はマニュアル車の操作に熟達した人か、レースなど特別な目的があって選んだ人だ。
一般の人が今から車を選ぶのなら、オートマの方が格段に運転しやすい。

もちろんスピードが出すぎて手に負えないスポーツカーや、やたらパワフルだが燃費の悪い車は若葉マークのマイカーにはお勧めしない。 

卓球の話に戻ると、初心者でも新しいラバーの方が扱いやすいのではないかということだ。
弾みすぎたり、価格が高すぎるのはもちろん論外である。
最初からテナジーを買っとけとか、そういう話ではない。
たとえばスティガのエアロックとか、アンドロのプラクソン350とか、ヨーラのリズムテック(使ったことはないが)、ザック(これも使ったことはない)とか、あの辺のラインだ。

メーカーも販売店も、現在の初心者向けラバーという打ち出しをきちんとして欲しいものだ。
いつまでもハモンドやマークVをお勧めラバーとしているのでは手抜きである。
使い方によっては優れたラバーであるが、今となっては万人に勧められるラバーとは言いがたい。

これはあくまでも個人的意見なので、もちろん初心者には絶対マークVが良いという意見があってもいいのである。

 

 本日は家の卓球台でマシンを使って練習。
 このマシンが食わせ物で、ワンコースしか出ないはずなのに勝手にバックに振ってきたり、
 ネットとオーバーを繰り返したりと機械とは思えない人間くさい動きをする。
 機械相手だと力が入ってホームラン競争のようになるのであまり練習にならないのかもしれない。
 その後短い下回転サーブの練習。相手側にバウンドした球が自分側に戻ってくるのが理想。
 最近使用しているバルサプラスディフェンシブ ターゲットアルティマ50という組み合わせ。
 これが非常に下回転がかかる。
  
 妻が帰ってきたので軽くラリーをする。フォアは続くがバックが全く駄目。
 バックに使用していたBreakProWRM特注42度 は自分の打ち方では相変わらず弾まない。

 やはり物足りないので公園の卓球場で1時間練習。
 肩甲骨打法と楕円打法を意識しながらフォアのラリー。自分では上手く打てたと思うがどうなのか。
 このときのラケットはカルテットLFCと両面AIROC 
 ところがこの組み合わせでは下回転サーブの回転がかからない。短く出すことは出来るのだが
 回転があまりかかっていない

 
 今までの経験と本日の練習から改めてラケットとラバーの組み合わせについて考えた。
 まず粘着ラバーをバックに使うのは難しい。弾まないラケットだと本当に飛ばないし、弾むラケットに
 粘着というのも合わない気がする。
 次に、弾むラケットと弾みすぎないラバーは良い組み合わせだと思っていたが、勢いを殺して回転をかける時にラケットの弾みが出てしまい上手く制御できない。

 では初級者にはどのような組み合わせが良いのか。
 現時点での考えでは、弾まないラケットにグリップ力も弾性もあるラバー(粘着以外)だ。
 弾まないラケットに弾まないラバーは一見良さそうだが、粘着ラバーで打ったときのことを思い出すとあまりお勧めできない。
 そして大人卓球初心者としては入門用の安いラインのラケットより、オールラウンドラケットでデザイン的に高級感のあるラケットを購入することをお勧めする。その方が大事に使うだろうし、腕が上がってきたらラバーのランクを上げて対応すれば良い。
 STIGAのオールラウンドエボリューションやオールラウンドクラシック YASAKAのスウェーデンエキストラなどはグリップもかっこよいので良さげである。
 しろのたつみさんもブログで書いていたスウェーデンエキストラのグリップは、本当に魅力的だ。

 ということでYASAKAのスウェーデンクラシック スウェーデンエキストラで迷ったあげくスウェーデンクラシックを注文してしまった・・・


  

このページのトップヘ