卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ: 購入顛末

 増税前に買う物が決まった

1.729 VISNATURA 源力 
2019年夏に発売されたばかりのテンションラバー
スピード重視のPANDO 山林と対をなす回転重視ラバー
メーカーの説明によれば日本製のラバー
O1CN01SuQrbU1xM4SOwWDbE_!!1016386428















2.729 PANDO 山林
スピードを強化した軽量ラバー
こちらも日本製とのこと
恐らくバック面用
O1CN01XywhUe1xM4SN80jXq_!!1016386428
















3.LOKI X-3
初心者用ラバー貼りラケット
格好良いラケットケース付き 
O1CN011xM4Mi8tNmvGvXU_!!1016386428












 お馴染み华清惠友运动专营店で注文予定

 ・・・消費税?



 

 巷で話題のAXF。
 誕生日プレゼントに買ってもらおうかとも思ったが、 急に我に返ってやめた。
 紐に含まれている成分が皮膚を通して体に影響を与えるというところが引っかかる。
 単純に紐トレ効果に近いのであれば、100円均一の組紐でも良いだろうし、アクセサリーとしてならちょっとデザインが安っぽすぎる。
 それでも信じたい気持ちもあるのでたまに思い出していたのだが、本日訪れた河口湖畔の石ころ館にて良いものを見つけてしまった。 
 それがこちら。
R7138997









 なんとヘマタイトのブレスレットである。
 ヘマタイトなどつい1時間前までは知らなかったのだが、石ころ館の前に訪れた山梨宝石博物館 で勉強した上に物販コーナーで一目惚れしてヘマタイトの石をすでに買っていた。
R7139000









 黒光りしてずっしりと重い。
 
 ヘマタイトについて調べてみると、要するに鉄鉱石らしいのだが、血液に力を与えるとか運動能力を高めるとか、良いこと尽くめである。
 そしてこのブレスレットは磁力ブレスレットにもなっていて、 血行をよくしたり肩こりや疲労回復にも役立つ上に高血圧にも良いらしい。

 でもお高いんでしょう?
 いえいえ、全くそんなことはありません。
 このヘマタイト磁気ブレスレット、なんとお値段1000円!
 ずっしりと重くて黒光りしているのに1000円!
 高血圧にも効果があるのに1000円!
 これを身につければ憧れのちょいワルオヤジに一歩近づけそうなルックスなのに1000円!
 乱闘になったら拳に巻いて武器になりそうなごついブレスレットが1000円!
 AXFより遥かに安い。

 と言うわけで速攻買いました。
 明日の練習でその素晴らしい効果を実感してきます!

 
  

 前回注文したラケットが违禁品だったのは良いとして、同時に注文したカレンダーとラケットケースが一向に配達準備に入らないのは何故だろうか。
 日本と同じつもりで任せきりで安心していると何も進まないことは分かっている。
 中国語の会話は出来ないので、翻訳頼りに腰を据えて取り組むため休みの日にしかやりとりが出来ない。
 本日やっとオンラインチャットで聞いてみた。
 
 何度も何度も聞き返したあげく(おそらく)判明したことは、3個注文して1個キャンセルなのだが、開封して調べている間に残り2個を破損したか無くしてしまった可能性があるということ。
 それを探す事に同意しますか?
 と、何度も聞かれたが、翻訳が間違えているのかとまた聞き返してしまった。
 賛成しますと答えると3日くらいかかりますので待ってください、とのこと。
 これ以上交渉するのは能力的に無理なのでお願いしますで終わった。

 実は今回の注文で违禁品になったのは運が悪かったのだろうと、別の店からまた別のラケットを注文していたのだが、こちらも违禁品扱いになり中国の税関でとまってしまった。
 この店も何でラケットが駄目なんだと怒っている雰囲気。
 今までの経験上、中国にある何らかの場所で検査して、违禁品にしているのは日本の側なのだ。
 そう言ったわけで、中国の店や海外转运递四方に文句を言っても筋違いなのだ。

 2本目の注文の店は、なかなか納得してくれず、店の方から配達業者に確認するから待って欲しいと言われたが、多分駄目なのである。
 とりあえず気の済むまで調べてもらって、結局取り消しになるであろう。

 今までと違って検査が厳しくなっているようである。
 中国から個人輸入でラケットを購入している同士の方、要注意である。
 
  

 急に中ペンが欲しくなった私は早速北京航天乒乓に注文を出した。
 あれこれ迷って決めたのがこいつ。

 劲极12
 パワー12
 


























 五枚2層特殊素材で約2500円。
 見た目も良いし、価格も安い。
 これくらいなら失敗しても良いかと。
 貼るラバーも決めていて、フォア面キョウヒョウ8ブルースポンジ バック面プラクソン400。

 ところが税関で引っかかったようで、久しぶりに 禁运品 の文字が。

 配達会社に聞いてみると、木材が駄目らしい。
 今まで何度も購入して、木材だから駄目というのは初めて・・・いや、あった。
 そういえば檜単板ラケットで、禁运品の時があった。
 あの時は重量オーバーとかインボイスの添付がないからだとか、あれこれ考えても分からなかったが、おそらくただ木材というそれだけの理由だったのだろう。
 ネットで調べてみると非常に細かい規定があるようで、詳しくは直接聞けとある。
 防腐剤など処理をしてあれば良いらしいが、木材そのものだと駄目らしい。
 同じラケット1度税関を通らず、返品して再度送ってもらったら大丈夫だったこともあるので、運の良し悪しもあるのかもしれない。

 OSPから最近個人輸入したばかりだが、運が良かったのか?

 とにかく一度禁运品になるとどうにもならないので、泣く泣く返品の手続きをする。
 同時に買ったカレンダーとラケットケースは大丈夫なのでこちらだけは送って貰えそう。

 逃した魚は大きいというか、残念。
 違う店で再注文してみるか。

 
 
  

 今年も福袋の季節がやってきた。
 何が入っているか分からない。
 使うかどうかも分からない。
 必要な色 厚さが来ないんじゃ使えないのでは。
 実際過去には未開封放置ラバーも・・
 
 実用性とかコストパフォーマンスとか考えちゃ駄目。
 見慣れないラバーのパッケージを見るだけでも楽しいでしょ。
  
 例えば今回入っていたのは下の3枚
 submarine729-5大師GT
  











 この中では大師GTが新作ラバーで、きっと一番高性能だと思うのだけれど、自分としては左端のSUBMARINEが一番嬉しい。
 前から欲しかったってのもあるけど、このレトロな潜水艦のイラストがグッとくる。
 比べて大師GTはあっさりしすぎてつまらない。バタフライかよ、ってツッコミたくなる。
  所有している全てのラバーをクリアファイルで保存して、ぱらぱらと眺めるのが楽しいという実用性皆無の趣味からすればSUBMARINEは当たりなのだ。
 WRM特注以外の極薄粘着ラバーは初めてなので、使うのが楽しみ。
 ペンの裏面に貼ろうかな。
 ペンの裏面なんて振れないけれど。 

 先日注文した商品が届いた。
 いつもよりずっしりと重いのは銀河のカタログをもらったのと、これから紹介する卓球雑誌が入っているからだ。


乒乓世界















 適当に注文したのは確かだけど、2015年のだったかなあ。
 価格が150円くらいだから薄っぺらいのを想像してたんだけど、全く違って150ページ以上。
 しかもオールカラー。
 卓球中国の底力を感じたよ。
 表紙裏はSTIGAの広告でさすがだなと思ったら、隣はREACTORの広告でお馴染みの火麒麟。
 お次は、おっとパリオのHK47シリーズの広告だ。
 写真を載せたいけど、重くなるからね。 
 TSPの松下モデルラケットの広告もあるぞ。
 中国メーカー
  


















 これなにげに嬉しいんじゃないかな、一部の方。
 メーカーの中国語表記一覧だ。
 KOKUTAKUって、こんな酷い字を当てる必要があったのかな?
 
 卓球王国と同様に、ニュースのページがあったり紅双喜特集があったり、名勝負特集があったり、見ているだけでも楽しいね。
 目を引いたのは技術解説のページ。
 今をときめく伊藤美誠選手 平野美宇選手のページがあるじゃない。
 DSC04613







 平野美宇選手はバックハンドの説明。

DSC04614







 伊藤美誠選手はブロックかカウンターの説明。


 長くなってきたので後は駆け足で。
 DSC04616






 これはラケットメンテナンス小道具の紹介。割れたラケットの補修やラバー貼りスポンジなど。

DSC04618







 北欧製ラケットの感覚はどこにあるのか、的な記事かと思っている。

DSC04615







 ラバーの高度計の記事も有り。

DSC04619 (1)




















 興味のある人も多いんじゃないかな?已打底の話。

 ざっと紹介したけど普通に面白いよね。中国語読めないけどさ。

 なんで今回変な文体なんだろね。前回のインタビュー風記事の人格が残っているのかな。
 話の分かるお兄さん風で人気出ちゃうかもね。

 
 

以前神龍木ラケットの問い合わせが、ライブドアメッセージ機能を利用して寄せられた。
仕事帰りで深夜に書いたので途中で眠くなり、寝落ちした様子がはっきりと分かる貴重な文章なので公開する。


全体の流れ

①神龍木体育用品乒乓球拍店は淘宝(タオバオ)というショッピングモール内に出店している店なのでそこに注文することになります
②淘宝は楽天やアマゾンのようなネットショッピングモールなので、私のように直に注文することも出来ますが、色々と敷居が高いのでただラケットが欲しいだけならお勧めしません
③ではどのように注文するかと言いますと、通常は淘宝の代行業者を使います。私の知人はこの方法であっさりと入手に成功しています。なので代行業者をおすすめいたします
④https://store.taobao.com/?shop_id=35447811 がアドレスです。
色々商品がありますね。私が購入したのはhttps://item.taobao.com/item.htm?spm=a1z10.5-c.w4002-3626474976.29.1d11e25eNwXLTE&id=17165071817 という種類で 颜色分类で日何とかは日ペン 中何とかは中ペン 横拍はシェイク
 双龍眼は品質良いのか価格が高く、単龍眼はお買い得。(私のはこれ)
この種類は左手が一種類載っているが、他の例えばhttps://world.taobao.com/item/13231699582.htm?fromSite=main&spm=a1z10.5-c.w4002-3626474976.35.1d11e25eNwXLTE
だと完璧に左手用がある。
⑤代行業者の使い方は、知人に聞いたときの内容をそのままコピーします。どうにも眠いので

 最近中国から卓球用品を取り寄せるとき、利用する店を絞りつつあって、品揃えと価格と対応の早さから「北京航天乒乓 鉄道乒乓」という店がそれにあたる。
 今回は自分で注文するつもりはあまりなく、つじまるさんに頼まれたテンキョクブルースポンジが138元のも498元のも同じブルースポンジなのかと質問しただけだった。
 すぐに返事が来て安い方のは品切れとのこと。
 ブルースポンジかどうかは結局わからず、「ラバーはあなたの打法、プライスライン、ラケットに合う物をみるといい」とか、よくわからない返事がきた。
 ここで店は代替商品をすすめてくる。 
 
 金力度 というラバーで、中国の省チーム 韓国のナショナルチームも使用している、キョウヒョウの替わりになるラバーらしい。
 260元の通常タイプと、350元のナショナルチーム用の2種類がある。
 そして、なんと、今回に限り、私だけに特別なご提案があるという。
 260元を170元に、350元を299元にしてくれるという。

 わお! 何てお得! 

 どんなラバーかよく分からないが、これは買うしか無かろう。
 299元はちょっと高いので、170元にする。
 教えてもらった購入方法は、
 ①普通に買い物カゴに入れる
 ②集計して合計金額が表示される画面まで行く
 ③この画面がでると、店は注文として受理し、買い手が決済するのを待つことになる
 ④注文を受理した段階で、店が合計金額を操作し、提示した金額で買えるようにする
 
 言われたとおりに進めると、チャット画面で「修正したよー」的なメッセージが出て、再度注文画面を見ると合計金額が通常注文より大幅に下がっている。
 
 決済してメッセージを送り、注文自体は完了。

 次に私は前から試して見たかった事にチャレンジした。
 それは注文した商品と一緒に中国メーカーの用具カタログを送ってもらうこと。
 紅双喜かなんかのカタログ(中国語翻訳サイトでは目録と表示)を送ってくれー、と頼んだら「目録って何?」と返事。
 他に言葉も浮かばないので手持ちのSTIGAとandroのカタログを写真で送った。
 私 「ほらー、メーカーが作る商品が載っている冊子だよ。中国には無いの?」
 店 「ああ(笑) わかりました。紅双喜は最近作っていません。銀河ならあります。」
 私 「ありがとう」
 店 「どういたしまして」

 のようなやりとりがあり、多分銀河のカタログを同梱してくれるはず。

 これで終わりでは無く、つじまるさんに依頼されたあるラバーが品切れと判明。
 店 「不打底は品切れしてしまいました。打底と替えますか? 打底の方が料金高いけど追加料金はいりません。どうしますか。替えましょう」
 つじまるさんに確認の上、替えてもらうことに。
 私 「打底に替えて下さい」
 店 「替えました。不打底は152元 打底は178元 追加料金はもらいません (あなたは得しましたね、というニュアンス 多分)
 私 「ありがとう。それでお願いします」
 店 「どういたしまして」
 
 そしていつもの握手と乾杯のスタンプが表示されて終わり。

 品切れしたら、ごめんなさいねハイ終わり ではなく他の商品をお得プライスで提案したり、中国語の通じない変な外人客のトンチンカンな話にも一生懸命対応してくれる。
 これはこの店に限ったことでは無く、たいていどのショップもこんな感じ。
 この話は中国人の対応が素晴らしいということではなく、その丁寧な対応の背後にショップ間の熾烈な生存競争があることは明白で有り、どこも大変なんだなあという話なのだ。
 
 ついでにあの欲しかったペンギン柄のラケットケースはやっぱり買えないらしい。
 ラケットケースペンギン





























 規制で中国国外には販売できないようなのだが、どの辺りが駄目なのかさっぱりわからない。
 残念である。
 

 注文していたラケットケースが無事届いたので一応報告。
 ハードタイプで多分2本入る。
 中国ナショナルチームの記載が無ければ大丈夫らしい。
 変な臭いもしないし、多分本物。
ついでに頼んだ予備のキョウヒョウ8ブルースポンジも、相変わらずパッケージ無しのむき出しで入っていた。

 今回は怖いくらいに何事も無かった。
 拍子抜け?
 いやいやこれが本来のショッピングですよ。 



ケース蒼1ケース蒼2ケース蒼3

 今の俺は牙の抜けたオオカミになってしまった。いや、総入れ歯の老犬かもしれない。
 卓球屋のセールだというのに、 年に2回のお祭りだというのに、変に冷静になっている。
 これ以上ラケットを買っても置く場所が無いだとか、積んであるラバーがあるのにさらにラバーを買ってどうするとか、新製品だからといって買う必要は無いだろうとか、気に入った組み合わせがはっきりしているから劣化した時用に同じラバーを買っておこうとか、どうせ使いこなせないからチャレンジはしないとか、 表なんて買っても遊びでしょとか、代引きだからあまり買うと妻の目もあるし控えめにしておこうとか、今回は接着剤と保護フィルムと接着シートだけでいいやとか、それでいいのか本当に。
 
 それでいいのだ。


 いや、駄目だ。
 駄目だ駄目だ駄目だ駄目だダメダメだ。
 立ち止まったらそこで終わりだ。
 卓球を始めて1年立たないクリスマスにヴェンタススピンとラザントパワーグリップを買って全く扱えずに途方に暮れたあの日が無駄になってもいいのか。
 その3ヶ月後に急にペンに転向してさらに3ヶ月後にシェークに復帰して、いきなり特殊素材を買ってさらなる迷宮にさまよいだした俺はどこへ行ったのか。
 素晴らしき明日のために、安定した老後の趣味のために、よりよい組み合わせを見つける為に。
 
 懐が寂しいとか、ボーナスが雀の涙だったとか、iPadが欲しいだとか、去れ悪霊!

 というわけでそろそろ本気を出そうと思ったが、書いている内に冷静になってきた。

 うーん、接着剤2本と接着シートとTSP粘着保護フィルムと、あとは何にしよう?
 
 




 

このページのトップヘ