卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ:購入顛末 > OSP

 予想以上にかっこいいデザインと、オプションで入れてもらった文字の仕上がりの美しさ、思ったより早く手に入ったことに対して気持ちを伝えたく、メッセージを送った。

 I was able to receive the racket I ordered.I am satisfied with the wonderful finish.I am looking forward to using it.Thank you.

 私は注文したラケットを受け取ることができました。素晴らしい仕上がりに満足しています。私はそれを使用するのを楽しみにしています。ありがとうございます。

 と書いたつもり。 
 返事は来なくてもいいやと思っていたが、ちゃんときた。

 Hello, we wish you many winning points with it.
 
Best Regards,
 Laszlo Peli
 co founder
 marketing director

 こんにちは、それでたくさん勝ち点をとることを願っているよ。

  宜しくお願いします、
 ラズロペリ
 共同 - 創設者
 マーケティングディレクター





また買いたくもなろうというものだ。
 

 早速中を開けるとシンプルな段ボール箱にラケットが入っている。
 ラケット本体の他にデータシート 使用した木材の切れ端 OSPロゴのアイロンシートが入ってる。
 データシートを見ると重量88.8g 板厚5.69mmとのこと。

 そして肝心の本体だが、グリップが想像以上にかっこいい。そして触るとスベスベしていて気持ちが良い。使うのが勿体ないくらいである。飾っておいてもいいかも。
 メールでやりとりしたオプションの文字も注文通りで、まるで最初からそのようなデザインだったかのように馴染んでいる。
 
 ラケットは道具なので、使ってみて評価するべき物だとは分かっているが、海外のメーカーから直に購入したということもあって所有する喜びが大きい。
 使わないうちから何事かと言われそうだが、 他のラケットも欲しくなってきた。
 
 オプションで文字を入れられることもあり、卓球好きの人へのプレゼントに最適では無かろうか。
 ospシートosp全部ospコニックosp netinosp箱の中

 注文したOSPのラケットは12/25に成田へ到着し、12/26に税関を通り業者へ委託したとのこと。
 そして12/27つまり本日家へ届けられた。
 最終的にはゆうパックに委託したらしく、直接FedExからの受け取りでは無かったが、かえって良かったのではないか。
 12/16に注文して、オプションのやりとりをして、12/27に手元に届いたのだから予想よりかなり早い。
 かなりコンパクトな梱包で軽い。
 あまりにも軽くて中が入っていないのではないかと不安になるくらいだ。 
OSP袋 

 オプションのやりとりが終わってからは、ステータスが Payment accepted(支払い受け入れ)  から変わらず、これは1月くらいかかるなとゆったり構えていたら、配送を担当するFedExからメールが届き、集荷が完了し出荷しますとのこと。12/28には届くらしい。
 メーカーのページは相変わらず Payment accepted  なのでノンビリしているなあと思っていたら、Table Tennis Pingpong Equipment Shopからメールが届き、In Transit(輸送中)と書いてある。慌ててステータスを確認したらShippedに変わっていた。
 思ったより早く手に入りそうで嬉しい。
 
 さて何のラバーを貼ろうか。 

前回からの続き。
無事支払いは済んだのだが、ここで疑問がでてきた。
オプションの "Special engraving(特別彫刻)"はどのようにして決めるのだろうか。
注文の時必要事項を記入する段階で、欄があるかと思っていたが最後まで無かった。
注文履歴の詳細の中でメッセージを送れるのでそこにおそるおそる書いてみる。
もちろん英語だ。

I would like to add the following words in addition to the model name: the word Net In & Edge Ball Club.

Net In & Edge Ball Club という文字をラケットのモデル名に加えて書いて欲しい と書いたつもり。
グーグル翻訳だよりのつたない英文に対して早速返事が来る。

Hello, pls confirm the text:
„the word Net In & Edge Ball Club”

こんにちは、確認なんだけど、 the word Net In & Edge Ball Club って文字で良いのかい?

心配していたとおり、the wordまで含まれてしまっているので慌ててメッセージを送る 

It is a reply to e-mail.I would like to add the following words in addition to the model name.
"Net In & Edge Ball Club"

For Special engraving €6.Do I write in the wrong place?

メールに対する返信です。モデルネームに加えて掘って欲しいのは Net In & Edge Ball Club という言葉です。Special engravingオプションに対してここに書いていますが、ここに記入しているのは間違ってませんよね?

すぐにメールが来た。

Hello, we can put the text instead of model name or at the opposite side.
 
You selected the right option.
Special engraving is OK.

こんにちは。モデルネームの替わりに希望する文字を入れることも出来るし、モデルネームの反対側にいれることも出来るよ。
あなたがSpecial engravingに対してここに問い合わせしているのは合っているから大丈夫だよ。

 
I would like to put the text on the other side of the model name

モデルネームが書いていない方に希望した文字を書いて下さい

OK, confirmed

わかった、確認できた 

と返事がきて終了。 

グーグル翻訳によるいい加減な英語でも伝わっているようで、 ひと安心。
駄目だったら駄目できっと良い思い出になると思われる。

ここから先は時間がかかりそうなので、進展があったら報告することにする。
 
追記
ぐっちぃ氏のブログを見ていたら、もうすぐWRMでも発売しそうだ。 
いくらで販売するのだろうか。 

前回からの続き。
商品を選定し支払いの段階でまたもや躓く。
ショップページにクレジットカード会社のロゴがあったのでクレジット払いが出来るものかと思っていたが、実際は銀行経由の海外送金かpaypalしかなく、手数料と利便性を考えたらpaypalしか選択肢は無い。

paypalは出来たら使いたくないのだ。
以前使用していたときアカウントを乗っ取られて勝手に支払いを複数回され、お金を取り戻すのに苦労したのだ。乗っ取られてパスワードリセットをされ、再設定しようにもpaypal側から不正なログインとかでブロックされたり、苦情を言うページもすんなりと入れず、他にも色々あって不信感しか無い。
Vプリカを利用することも考えたが、VプリカはVプリカで色々あったようで、購入するのに電話認証とか必要になっていて面倒なことこの上ない。

結局paypalに再び登録をして決済をした。 
取引が完了したらカードの情報を削除するか、アカウントを消すかしようと考えている。

次回はオプションのSpecial engravingのやりとりをした話。 

前回の続き。
会員登録が済んだら購入する商品を選定する。
ショップページは工夫されていて選びやすい。
スピード(OFF+ ALLとか)  スタイル(攻撃的 オールラウンド 回転重視など) プレーヤーレベル 材質 などを選択すると候補が出てくる。
今回は迷ったがぐっちぃ氏の選んだVirtuoso+offensive の一つスピードが遅いモデルVirtuoso offensive-に決定。SPINNERカテゴリーに入っているので回転重視だろうか。
重さ スピード コントロール スピン 弧線 球持ち 硬さ 表面の硬さ 材質 合板構成 厚さ 重心が細かく数値で提供されているのが親切。
税込みで85€。思ったよりもだいぶ安い。
ヘッドサイズをS M Lから選択でき、ラバーを使い回しできそうなSを選ぶ。
グリップも選べるのだがここで少し躓く。
FLはFLだろうが、SQSTとRSTの違いがわからぬ。UTCanとはアナトミックだろうか。
しかしよく見たら親切なことにグリップの説明イラストがあり、SQSTは角張っているストレート RSTは丸い断面のストレートであった。

ここはあえてコニックを選択。なにしろめったにお目にかかれないグリップなのだ。
さらにオプションがある。
Special engraving €6
Customized handle €12

Special engrabvingはきっと好きな文字を入れられるに違いないと判断。

送料込みで110€。
うーん 安い。

悪戦苦闘の支払いの話に続く
osp-virtuoso-offensive-minus-blade 

WRMフリーマガジンTAKZINE46号で紹介されているOSPというメーカーのラケットが気になって仕方が無い。
デザインも格好いいし(どこかでみたことあるなあ)、WRMスタッフのコメントだけでも物欲を刺激する。
いつも見ているteruさんのブログでも取り上げられていた。
これからWRMで取り扱うというので楽しみにしているのだが、すぐにというわけでは無いらしく、販売する気配が無い。
一旦欲しいと思うと我慢が出来なくなり、直にメーカーのホームページから注文しようと考える。

まずは会員登録。
もちろん英語だが難しいことはないだろう。

無事登録が完了するとメールが送られてくる。

眠くなったので続きは次回。



 

このページのトップヘ