卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ:卓球日誌 > NetIn&EdgeBallClub練習報告

 記録的な台風とそれに続く強烈な雷雨をやり過ごし、無事練習会を開くことが出来た。
 つじまる師匠との練習は結構久し振りで、楽しみにしていたので良かった。
 列車の遅延で遅れてしまったが、何とか10:00前には体育館へ到着できた。
 例によって台がいっぱいだが、いつものことなので、色々近況報告。
 そのうち台が空いてようやく練習開始となる。

 最初はメインのUltimateOffensive2 Q5 マントラSで真面目に練習。
 2本目はフォーティノフォース Q3 ヘキサーパワーグリップSFX。
 Q3も良かったが、ヘキサーパワーグリップSFXの方が程よい感じで、私くらいのレベルだとスピードと回転を出しやすい。
 フォーティノフォースを使うなら、フォア面をヘキサーパワーグリップSFXにして、バック面をマントラSあたりにした方がよさそうである。
 ハイブリッドK1Jは、スワットに貼って最後のチャレンジ。
 軽く当てると上へ上へと飛ぶので、この辺りはゴールデンタンゴと似ている。
 硬い粘着ラバーだが打球感はテンションそのもので、打っていてあまり楽しくない。
 ハイブリッドK1Jは無し。
 つじまる師匠に買ってもらったキョウヒョウネオ2を火山岩7に貼ったのだが、これは何度も使った組み合わせなので間違いない。
 キョウヒョウネオ2はPF4と同様に粒が低くて密集しているのだが、シートが若干薄いのかPF4よりは反発力もあり、無理に力を入れるといったことも無く、打っていて楽しいラバーである。
 
 つじまる師匠のラケットもお借りした。
 ワルドナーウルトラカーボンに翔龍はとても良い組み合わせだった。
 翔龍は粘着っぽさをあまり感じないラバーだが、打点を落としても安心して持ち上げられるのは良い。
 基本的に直線的な弾道で、スピードもそこそこある。
 打球感が良くて、打ち続けていたいラケットだった。

 今回の目玉の一つである「つじまる特注コバルトブルースポンジ」は、1枚ラバーに市販のブルースポンジを貼り合わせたもので、手作りとは思えない綺麗な仕上がりだった。
 つじまる師匠は器用な方なのだ。
 スマッシュ気味に打つとホップするようにぶっ飛んでいくところは、柔らかいスポンジの変化系表に似ている。
 力を抜いてソフトに回転をかけるように心がけるとドライブも打てる。
 回転はそれなりであろうが、見た目は落差の激しい弧線で、他には無い独特な弾道である。
 これでドライブ練習をすれば、裏ソフトでも簡単にできる、かもしれない。

 そういえば先ほどのワルドナーウルトラカーボンはシェークのストレートグリップで、普段は中ペンのつじまる師匠にとっては慣れないグリップなのだが、普通に打ってたのは流石である。

 最後はフットワーク練習と、フォア前サーブからの4球目攻撃の練習をして、終了。
 後はお待ちかねのビールである。
 いつものファミレスでジョッキ片手にボーイズトーク。
 子供が小さいと自由な時間が少ないので大変なのだ。
 楽しい時間はあっという間に過ぎて、お開きの時間となる。
 
 いつものように電車の中で爆睡しながら帰路についたのであった。
 
  

 心の安らぎネットイン&エッジボールクラブ練習会。

 梅雨のさなかで生憎の雨模様だが、そんなことは気にしない。
 前回お疲れで元気の無かったつじまるさんが心配だったが、今日はいつものように元気そうでほっとする。お互い元気が一番。
 いつもやっている卓球教室が無かったため、すんなり台に着くことが出来た。
 毎回こうなら良いのに。
 まあ仕方が無いけど。
 
 色々ラケットを試して、後はメインラケットのカルテットLFCでサーブからの展開を練習。
 最近練習中の巻き込みサーブを試させてもらった。
 テンションだと上手く打てないこのサーブも、粘着だとかなりやりやすい。
 最初はラケットを立てるバージョンの巻き込み。
 この場合は短いサーブになる。
 当然簡単に返されるが、短い返球になって、3球目攻撃とはいかない。
 次にラケットを横向きにしての巻き込みサーブ。
 この方が深いサーブになる。
 フォア側を狙ってサーブを出し、回転がうまくかかっているとこちらのフォア側に返球されるので、待ち構えて相手の空いているバック側にドライブを打つ。
 回転がかかっていないと簡単にバック側に返されるので、詰まってしまう。やはり回転が大事。
 フォア側とバック側を振り分けるように練習をしよう。

 次につじまる師匠にサーブを打ってもらう。
 同じ巻き込みサーブでも全然洗練度が違って、上なのか下なのかさっぱり分からないし、フォア側に来るのかバック側に来るのかも分からない。
 台での弾みで判断しようと、じっと見てから打っていたが、そのうち諦めて横ツッツキ?で返球した。

 次はロングサーブからの練習。
 とりあえず相手のバック側に出してみたら、前回のまっぽっぽさんやリンさんと同様、さくっと遠いフォア側に返球されてお手上げ。そういうものなのですね。
 
 他にも色々練習させてもらい、充実した時間となった。
 最後は初のラージボール。
 年配の人がやっているイメージから、簡単にラリーが続くようなイメージだったが、あっというまに覆される。
 とにかくネットを超えないので、体全体を使って振り抜くことが必要。
 そしてドライブ風に打つことによって安定する。
 思っていたよりハードだ。
 そしてラージはラージで、用具の工夫も必要に感じる。
 ラージの練習相手はつじまる師匠しかいないので、次の練習は当分先になりそうだ。

 3時間みっちり練習した後は、お決まりの和風ファミレスで乾杯。
 いつもは定食+ビールだが、今回は味噌串カツ、丸餃子、ポテトフライと酒のつまみ+ビール。
 昼から飲む酒のウマいことウマいこと。
 つじまる師匠の言葉だけど、

 東京。

 平日の昼間に。

 俺たちは生きている。


 ホント、そんな気分。
 用具の話やら卓log会の話やらで盛り上がり、食べ終わった後もお茶を飲みながら話し続け、名残を惜しみつつお別れとなる。
 雨の上がった曇り空の下、バスに1人乗り込んだ。

 
 


 用具パート
 
 この日に向けてラバーを貼りまくった結果、3本諦め計7本のラケットを持ち込んだ。
 前回の月曜昼間餃子会でサーブレシーブが上手く出来なかった影響が垣間見える組み合わせばかり。
 
 ①ノスタルジックオールラウンド x ヘキサーピップス+ x ヘキサーパワーグリップ 165g
 狙い: オールになるとドライブなど打てずにスマッシュばかりになるので、どうせなら表だ
 結果: フォアでヘキサーピップス+ を試したが、不安手極まりないという予想通りの結果
  ラケットが弾まないので軽打では想像より遅い
スマッシュはさすがに速くて気持ちが良い
  これに絞って練習を続ければ武器になりそうだが、いまさらそんな根性も無し
 判定: 無し
 
 ②カルテットLFC x 省狂3 x アポロ5超極薄 174g
 狙い: バック面のアポロ5超極薄が気に入ったのでフォア面を真剣に考えた
PF4は下回転を持ち上げにくかったが、かといって気分は粘着だった
キョウヒョウ2の流通量が減っているのでもしかして廃盤間近? キョウヒョウ3を試そう
 結果: 重さのバランスが良く連打が出来る
特殊素材+粘着にありがちな違和感なし
ドライブを打つと低くて回転量の多い球になる
擦って打つより当ててから振り抜いた方がよりスピードと回転が増す
練習中の巻き込みサーブがやりやすい
アポロ5超極薄は癖が強く、決してレシーブ万能ではないが、その分楽しい
 判定: 有り しばらくメインになるかも

 ③スウェーデンクラシック x キョウヒョウ8ブルスポ x メイスプロブルスポ48  183g
 狙い: 新品のまま長年放置されていた今はもう手に入らない8ブルスポを潔く使おう
もし良かったら次はキョウヒョウ8を使おう もう注文中
両面粘着も良さそう
 結果: ラケットの影響でマイルドな打球感
フォアもバックも安定感抜群で違和感なし
普通に良いのであまり試さず
 判定: 保留 

 ④ガシアンピュアカーボン x 北斗 x ニューアンチスピン 165g
 狙い: つじまるさんからもらった北斗を早く使いたい
ニューアンチスピンは絶対良いはず
 結果: フォアはあまり試さなかった そういえば
バックのニューアンチスピンの使い方が分かってきた
ラケットの相性が良いのかスピードも出るし回転もかかる おまけに影響は受けない
重量が軽すぎて打っていて不安になる ラケットの重さと威力の関係が気になる
フォアをもっと重いラバーにした方が良さそう
アポロ5の38度またはネオキョウヒョウ3が良いかも
 判定: フォアを替えれば有り

 ⑤エキスパートパワーオールラウンド x ゴールデンタンゴ x 木星2ブルー 189g
 狙い: 卓球王国の粘着テンション記事を読んでゴールデンタンゴに再挑戦
 結果: ゴールデンタンゴは被せて打っても上に上がる謎性能
軽く打ってもオーバー ブロックしてもオーバー
もはやどのように打って良いのか分からない
木星2ブルーをフォアで打ったら普通に安定して打てたので、ラバーの性格と断定できる
 判定: 無し

 ⑥ガシアンピュアカーボン x テナジー05 x ロゼナ
 狙い: 最近このラケットばかり使っていて良い感じ
他のラバーとの比較に丁度良い
 結果: フォアしか打たなかったがとにかく安定して入る
自分ではスピードも回転もあると思うが、弧線を描くせいか省狂3よりとりやすいと言われる
 判定: 有り 練習はこれで頑張ろう

 ⑦火山岩7 x 両面スペシャリストソフト ラージ用 151g
 狙い: 初のラージ用
カーボンなど弾きが強いラケットよりしなりで飛ばす方が良さそうなので
考えて見たら火山岩7も素材ラケットだった
 結果: ラケットが原因かラバーが原因か、とにかく飛ばない
つじまるさんのダーカー レガート+マグニファイの方が明らかに深くて速い
ラバーが柔らかすぎる気がする
 判定: 無し
    

 今回持っていけなかったラケット達
 ⑧エヴァンホルツ x バトル2 x アタック8
 狙い: 少々自棄になっていたのだろう

 ⑨オーディン x ライガンx アグリット
 狙い: 基本からやり直そうと、初心に返ったモデル

 ⑩カブリオレ x  両面ライズ
 狙い: どうせドライブを打たないなら前陣張り付きミート連打だ つまり自棄になっていて



 つじまる師匠にお願いして、硬めのアンチラバーを試させてもらった。
 フレンドシップの804防弧だが、硬いアンチは扱いが難しい。
 狙いは弾き打ちメインでバック使用だが、角度が難しい。
 うまく決まれば威力は出るが、安定性に欠けるので諦める。
 フォアの401はブロックがやりやすい。フォア打ちはゴールデンタンゴと同じように上へ飛ぶ。

  

 ついに梅雨入りしてしまいましたね。
 朝から雨で気が滅入ります。
  
 今日はひょんな事からつじまる師匠と練習することが出来ました。
 雨の日は家の近所だろうと外出する気が起きないものですが、卓球となれば別です。
 電車を乗り継ぎ高田馬場までいそいそと出かけてきました。

 さて、どんな用具を持って行ったでしょうか。
 最近ラケットや用具を買うのは控えていたつもりでしたが、手持ちのラバーの組み合わせを替えるだけでも色々な発見があります。
 今回はカルテットLFCにPF4 アポロ5超極薄。
 博にラクザX スペクトル。
 アルバにヴェガツアー ロゼナ。
 この新作3本とメインの2本を用意しました。

 いつもより早く登場したつじまる師匠。
 色々幸運が重なって、予想より30分くらい早いですね。
 2時間練習できれば、持ってきたラケットも試すことができるでしょう。

 最初はメイン候補のアルバ ヴェガツアー ロゼナから試しました。
 アルバは衝撃を吸収するようなラケットなので、弾みが強めなラバーでも安定して使えます。
 前回アウターカーボンのカブリオレに貼ったときは扱いにくかったヴェガツアー。
 アルバに貼ってようやく性質が分かってきました。 
 とにかく攻撃性能は申し分ないですね。
 回転もスピードも十分。
 ただすこしランダム要素が入った練習になると、途端に使用者の技術力が反映されます。
 分かりやすく言えばオーバーが増えます。
 チャンスと思って強打をすると、たいてい台を超えて遙か向こうへ。
 このあたりは慣れの問題もあるので、スイング位置を上に持ってくるとか、7割の力で打つとか、調整はできそうです。
 困ったのはレシーブですね。
 どうもツッツキが上手く出来ません。
 これも慣れの問題と技術力の問題なので、そのうちできるようになるでしょうが、今日に限って言えば安心してツッツキをすることはできませんでした。
 
 せっかく持ってきたのでカルテットLFCxPF4xアポロ5超極薄を試してみました。
 サーブから始めるオール形式での練習です。

 フォア面のPF4はもちろん新しい高性能ラバーでは無いのでスピードは遅く、浅い球になりがちです。
 その分ラケットがまあまあ弾むので、スピードを上げたスイングをすればそこは補えます。 
 なにより思いっきり打ってもオーバーすること無く台に収まるのが楽しいですね。
 これはPF4がどうとかいうより、弾まない粘着ラバーに共通する特性でしょうが、私の感覚にはあっているようです。
 そしてツッツキの安定感。
 PF4もアポロ5超極薄も、外す気がしません。
 簡単なフリックもできるし、ブロックでの強弱もつけやすいですね。
 アポロ5超極薄はスポンジが薄いので、攻撃時は不安定になりますが、そこは仕方が無いでしょう。
 強打を受けたとき、または自ら攻撃をする際に硬い板で打っている感覚となり、角度がシビアになります。
 バック面のアポロ5超極薄を、もう少しスポンジの厚い粘着ラバーにする選択肢もありそうですが、軽い重量とグリップ力の高さ、弾いたときのスピード、などを考えると粘着ラバーでの代替は難しいかもしれません。
  
 この組み合わせは自分より上手な人と試合をする際に役立ちそうです。
 勝てないまでも、一矢報いることはできそうです。

 逆に自分より弱い人との練習に使うと、お互いストレスになるでしょう。
 そういう時はアルバxヴェガツアーを使って、スマートな卓球をしましょう。

 話は前後しますが、ロゼナはスピードと回転の総合力が高いラバーで、幅広い技術をそつなくこなしそうな雰囲気があります。ただどちらかというと回転に数値を振っている気がしますね。
 バックドライブを身につけるのに向いていそうです。
 ツッツキ、ミート、ブロックを重視するならマントラSの方が良いでしょう。 
 なので私が選ぶのならマントラSですね。

 
 博にラクザXとスペクトルは、ほんの少しだけ試しました。
 スペクトルは何年か前に一度貼って、それ以来なので久し振りです。
 今回はほとんど出番が無かったので、あまり書くことがありません。
 ラクザXはつじまる師匠に打ってもらいました。
 スピードと回転の総合力が高く、高性能ラバーだとは思いますが、前陣で使うには少々オーバースペックのように感じました。これもまた慣れの問題かもしれません。
 スペクトルはさすがに弾むラバーとは言えませんが、スマッシュの時の気持ちよさは別格ですね。
 少しでも浮いた球を踏み込んで打ち込む。
 遊びだからこそできる楽しみです。とても試合では出来ないでしょう。
 

 久し振りに用具のことを長々と書きました。
 2時間みっちり打ちましたが、今回使ったアルバにヴェガツアーは好感触でした。
 それ以上にカルテットLFCにPF4を気に入ってしまいました。
 困ったものです。
 
 練習後は国際卓球に寄って待望のラージ用ラバーを購入しましたが、その話はまた後でしましょう。



 いい汗をかいてお腹をすかせた私たちは、ドンキホーテ地下の餃子屋さんへと吸い込まれていきました。
 来週の月曜昼間餃子会に向けての下見です。
 熱々餃子とビールを堪能しながら、どんな話をしたのでしょうね。夢中で話していたのであまり覚えていません。
 そうそう、とてもおもしろいお土産をもらいました。
 つじまる師匠が密かに輸入した緑色のラバーです。
 詳しいことはご自身のブログで書くでしょうから、ここでは写真だけそっと載せておきます。
 IMG_0266

















 前日深夜に突然決まった練習会でした。
 つじまる師匠、ありがとうございました。
  

 前編はこんな感じ

 台が空いたので意気揚々と台に向かう私たち。
 きれい好きなつじまる師匠がいつものように台を拭いてくれる。
 
 今回はつじまるさん持参のオレンジボールを使用。
 ごちゃごちゃ人がいて視認性が悪い場所でも、オレンジ色なら見やすい。
 色の与える影響か、打球感が柔らかく感じる。

 気がついたことをスパッと箇条書き。
 ・Q5を打った後にテナジー05を使うと柔らかく感じる 
 ・Q5はシートが硬い為か食い込ませるのが難しく感じて無意識に擦ろうとしてしまう
 ・結果回転はかかるがスピードが遅いドライブになる
 ・テナジーは強打の際に掴む感覚があるので、安心して振り抜ける
 ・Q5と弖哭璽05は適している打ち方が異なるように感じる

 ただ単に思いっきり打つだけならテナジー05の方が楽しいラバーだ。

 
 ・ナノスピン2カリスマは評価の難しいラバーだ。ラバーに適した打ち方があるのかもしれない
 ・太陽プロはとにかくツッツキがやりやすい。安定する上に回転量も豊富
 ・PF4は面白い。粒が低くてスポンジも硬くて重量もあるが、つい使いたくなる

 つじまる師匠のラケットも使わせてもらった。
 ・今回初登場のリーンフォースACは柔らかい打球感で扱いやすかった
 ・リーンフォースに貼ったキョウヒョウ8も記憶と違って硬すぎず扱いやすい
 ・キョウヒョウ8は粘着テンションとしてもっと評価されても良い気がする。

 そういえばこのラケットはシェークなのだが、つじまる師匠はシェークでもスイングが安定してきていて、そのうちシェークに転向するかも。
 
 練習というより試打会になるのはいつものこと。
 失敗を恐れず思い切り打てる場は貴重なのだ。

 始まりの時間が遅かったので、1時間45分ほど練習して、後は昼飯&ビールへ突入。
 お得なすき焼きセットポテトを頬張りながら、1時間ほど会話を楽しむ。
 直前までは漬けマグロ丼と決めていたのだが。
 
 
 すっかりほろ酔い加減でふらふらとバス停へと向かう。
 名残惜しいがつじまる師匠は育児の真っ最中で忙しいのだ。

 1人電車の中で考える。
 つじまる師匠の育児が一段落する頃には、まさにラージ適齢期だ。
 やはりラージ、やるしかない。
 やるしかないのだ・・・・・・

 そんなことを考えながら、
 案の定電車で熟睡してしまった。
  

 待ちに待ったNetIn&EdgeBallClub練習会。
 新しく購入した用具も無いので、メインで使っている2本だけ持って行こう。 
 我ながら随分落ち着いたものよ。
 とか考えていたが、前日の深夜に思いついて2本追加。
 全然落ち着いていない。
 未試用のまま保管してあるラバーは、この先出番が無さそうなので思いきって使うことにしたのだ。
 一つは太陽プロ
 テナジー25に似ているとの噂があり、以前個人輸入したまま封印されていた。
 例によってタオバオから購入なのだが、プロなのかどか已打底かどうかも開封するまで分からなかった。
 結局未打底だったのだが、 スポンジにSUN Proと書いてあったので、プロ版らしい。
 硬度は37度。
 もう一つはナノスピン2カリスマ。 
 以前Liliに在籍していたはじめちゃんのレッスンで使ったきり。
 さすがに勿体ないからもう一度試してみたくなった。
 あとはUltimateOffensive2にQ5とマントラS、ピュアカーボンにテナジー05とロゼナ。
 用意万端と眠りにつく。

 当日10時前には会場入りしたが、あいにくの満台。
 想定内だが。
 
 つじまる師匠とノンビリ会話を楽しみ、小腹が空いたのでアンパンを食べたりしていたが、そろそろ打ちたいぞと中の様子を見に行く。
 そこではいつものようにラージボール教室を行っている。
 ラージボールも楽しそうだ。
 単純にスポーツとして楽しそうだし、新しく用具を研究する楽しみもある。
 すっかりやる気になった私たち。
 次回の練習会はラージボールかも。
 ラージボール、買わなきゃ。
 あとはラバー。
 いつもは眼中に無かったラージ用ラバーを思い起こす。
 アームストロングの、何だったかなあ。
 ラケットは弾むラケットが良さそうなので、いよいよビスカリア風中華ラケットの出番か。
 
 などと盛り上がったところで台が空く。
 
 後半へ続く
 
  

 先月発足した練習をして美味しく餃子とビールを楽しむ会だが、無事第2回目を開催することが出来た。
 メンバーは今のところ四人で、月曜日の朝から卓球とビールという猛者共を紹介しよう。
 
 ナルコさん 卓球漫談 
 つじまるさん つじまる備忘録。
 リンさん リンの卓球物語
 
 偶然にも卓球ブログを書いている人ばかりだなあ。

 前回同様9時の会場と共に入場して、再び3階までダッシュで駆け上る。
 同じような人が何人かいたが、ごぼう抜きして卓球場へと駆け込む。
 一番乗りだ。
 そして、私以外は一組しかいないかった。
 こういう時、空き台を気にせず悠々と来られる人が羨ましい。

 IMG_20190520_135407430









 
 
 台を確保して安心した私は、急に疲れが出て眠くなってきた。
 
 と思ったらリンさん登場。
 眠気もしゃきっと覚める。

 
 すぐにリンさんとフォア打ち。
 偶然にも今回は2人ともQ5。
 
 1時間ほど2人でわいわいやっているとナルコさんが登場。
 疲れた私は少し休憩を取ることにした。
 
 横でリンさんとナルコさんの打ち合いを見ていると、結構ラリーが続いていて、2人とも上手なものだ。
 
 程なくつじまるさんが登場。
 この時間に来られると言うことは、そうとう急いだのだと思われる。
 いつものようにあれこれラケットを替えながら、練習と言うより試打会に。

 今回初めてアポロ5超極薄を使ったのだが、スポンジが薄くて硬いので、木の板で打っているかのようで、頭のてっぺんまでガンガン響く。
 確かに弾まないが今までの極薄よりは弾むような気がする。
 受けるだけなら簡単だが、自分から攻撃しようと思うと途端に難しくなる。
 

 こうして4人で12時まで目一杯練習をして、さすがに空腹になったところで午前の部は終了。
  
 途中で国際卓球に寄った後、お目当ての中華料理屋へ。
 石庫門という駅前の店で、以前娘と寄ったときは辛いメニューを食べて下が麻痺して肝心の餃子の味が全く分からなかったのだ。
 
 居酒屋のような半個室に案内され、餃子とビールを楽しむ我々。
 卓球の話はもちろんのこと、ブログ書きならではの話や、なんやかんやであっという間に時間が。
 今回一番面白かったのは、ナルコさんが行った床屋さんの話かな。どんな話かは直に聞いてね。

 前回利用した餃子の安亭も、かなり美味しかったが、この石庫門の餃子もとても美味しい。
 ぱりぱりの皮としっかりとした味付けの餡がビールに合う。
 それでいて一皿220円とリーズナブル。
 IMG_20190520_124801343_HDR








 こうして思い出しているだけでまた食べたくなってきた。


 私とつじまるさんは生ビールをおかわりしてすっかり良い気分。
 
 そのままお開き、とはならず、再び新宿スポーツセンターに向かって午後の部スタート。
 つじまるさんは残念ながら参加できず、ナルコさんは別の方と練習予定があったので、午後からの2時間はリンさんとみっちり打ち合う事になった。

 アルコールが入っているが、もともとたいしたことない腕なので影響はほとんど無し。
 細かいこと言わずにひたすらフォアで打ち合うという楽しい練習だ。

 さすがに最後の30分くらいは疲れてお互いヘロヘロだった。

 汗 食欲 アルコール。
 この3題話は素晴らしい。

 また次回もやるよ。
  

 桜が最後の見頃を迎えていた4月の上旬、久方ぶりにつじまる師匠と練習会を行った。
 気温は若干低めだが冬の寒さは既に遠のき、春らしい爽やかな青空の下会場へと向かった。
 実は翌日に気温が10度を割り込む記録的な寒さになり、この日はピンポイントな卓球日和であったことが判明した。
 
 仕事の疲れと寝不足で足下もおぼつかないが、待ちに待った練習である。
 最初の方こそ少し打つだけでふらふらしたが、無理矢理フルスイングしているうちに調子が出てきた。

 今回の目的は回転のかかった力強いドライブを安定して出すこと。
 Liliのはじめコーチに教わったことをベースに前日見たWRMの動画を意識において、あとは日々の練習の中で気がついたことを取り入れて、なんとか形にしたいと考えていた。

 そのための用具がこちら。
 最近再評価しているスワットにライガン、アグリット。
 軟らかめのラバーの方がドライブ練習に向いている側面もあるとのことなので、このような組み合わせとなった。

 他にお試し用として
 ノスタルジックオールラウンド ヘキサーパワーグリップ マントラS
 他3本を持ち込む。


 つじまる師匠は実に打ちやすい球を出してくれるので、こちらがミスさえしなければ何本でもドライブが打てる。
 ここでの評価が高いラバーやラケットは他ではまるで扱えないことも多いのだが、それはそれで良いのだ。
 とっかえひっかえ用具を替えて、普段はできないような全力スイングを楽しめるNetIn&EdgeBallClub練習会。
 私にとっての卓球とはこれだ!と言い切れる。

 
 さて楽しんだ感想ばかりでもあれなので、一応試した用具の結果も書いておこう。

 スワット+ライガンは、軽打では安定していて好感触だったが、いくら力を入れてもある一定以上の回転やスピードを出すことが出来ない。
 下回転打ちはループドライブのように下からキュッと打つと持ち上がらず、多少の回転など無視して水平に強打した方が簡単に返球できる。
 私はループドライブっぽいのが無意識に出てしまうので、そういった意味ではライガン向きでは無いスイングなのかもしれない。
 スワットはやはり良いラケットだった。
 スイートスポットで打つとバネのようにたわんで弾き出し、打球感が後方に抜けていくような感覚がある。芯が詰まったラケットとはまた違った良さがある。
 スワットにはもう少し硬いラバーでも良いかもしれない。
 バック面のアグリットは文句ない。

 ノスタルジックオールラウンド+ヘキサーパワーグリップ+マントラSは、非常に良かった。
 ノスタルジックオールラウンドはあまり弾まないので、パワーグリップくらいの硬いラバーでも丁度良いくらいになる。
 下回転打ちもキュキュッと打てるし、バック面のマントラSは弾き出す力、引っ掛かり、球持ち感、どれもイメージどおり。
 グリップが細いのも何故か気に入って、つまり何もかもが良い感じなのだ。

 この組み合わせは殿堂入りかも。

 2時間半ほど気持ちの良い汗をかいた頃にはすっかりお腹がすいて、お開き&ビール&ランチにすることが満場一致で可決され、いつものファミリーレストランへ。
 育児家事親父とお忙しいつじまる師匠に1時間ほどお付き合い頂いて楽しい時間を過ごす。
 練習も良いけど、この時間はさらに良い。
 卓球の話から家族の話までほろ酔い加減で喋りまくり食べまくり飲みまくり。
 あっという間にお別れの時間へ。
 次の練習を約束して解散となった。
 
 また次回もよろしくお願いします(・_・)(._.)

IMG_20190409_123312307_HDR

 WRM高田馬場店緊急訪問の巻 へ続く
 
  

 3月に入って初の練習会。
 ホームグラウンドの武蔵野総合体育館が休みなので高田馬場LE COURS(ル・クール) にて行った。
 朝は忙しいつじまる師匠の事を考えると10:30くらいからスターとかなと考えていたが、かなり頑張って頂いて10:00きっかりに練習を始めることが出来た。

 いつもは3時間の所を今回は2時間。
 下手したら1時間30分くらいかも。
 ということで持ち込むラケットは減らすべきなのだが、遠足前の子供のように浮ついていた私はむしろいつもより多く持ち込んだのであった。

 ①ピュアカーボン テナジー05 ロゼナ
 ②UltimateOffensive2 ヘキサーグリップ アグリット
 ③Virtuoso offensive- キョウヒョウプロターボオレンジ 剛力快速
 ④ノスタルジックオールラウンド エアロックM マントラS
 ⑤王道04 テナジー25 ラザンターV47
 

 最初はエアロックMでウォーミングアップ。
 前回使ったときはあまりにも弾まなくてショックだったので、今回最終ジャッジを下す予定。
 思っていたよりは弾む。
 でもやっぱり弾まない。
 このラバーは弾むラケットに貼ってこそ真価を発揮するに違いない。
 一生懸命打っても打っても力が抜けていくような球になり、回転もあまりかかっていない様である。

 ヘキサーグリップは多少柔らかい感じで扱いやすい。
 ギュッと引っかかる感触は無いが、面を開いて打つと良い感じ。
 エアロックとは異なり、強く打てば打っただけのスピードと回転になる。
 UltimateOffensive2でのブロックはとてもやりやすい。
 押される感じがないので安定して返球できる。 
 いつもの練習相手より遥かに力強いつじまるさんのドライブもなんとか返せる。

 王道04は初使用。
 正月のセールでいただいたものなのだが、あまり期待していなかった。
 今回テナジー25を貼って使ったのだが、正直かなり気に入ってしまった。
 コンパクトなブレードとは言ってもミリ単位の話なのでそれほど影響はないだろうと思っていたが、明らかに違う。
 振り抜きやすいというか手のひら感覚で打つことが出来る。
 久し振りに使ったテナジー25は、サーブやツッツキを切りやすく、強打すればスピードも回転も出せる。 
 飛びすぎないので思いっきり打つことが出来るし、無理な体勢から打っても振り抜きさえすれば台に収まる。
 無理矢理打っても台に入ったことが何回もあった。
 バックのラザンターV47はちょいと弾みすぎなのでここを変えれば良い組み合わせになりそう。

 テナジー05はやはり威力がある。
 全力でドライブを打ったときのスピードと回転は今回の中でもピカイチである。
 ラリーが楽しいラバーだ。


 ラケットをとっかえひっかえ打って、最後はサーブ固定のオール練習。
 さっきまでバシバシ打ち合っていた我々だが、途端に静かになる。
 サーブを返せなかったり、チャンスボールほどミスしたり。
 それでもしばらくしたら続くようになって、そうなると本当に楽しい。
 卓球って楽しいなと、本当に思う。
 
 今回の収穫は台上のコツ。
 手に力が入るとツッツキでもフリックでも99%ミスをする。
 そこでグリップは小指のみ力を入れ、後は親指と人差し指でブレードを掴む。
 つまり中指と薬指には力を入れない。
 そうするとツッツキもフリックも安定かつ威力も出せる。
 次の練習まで覚えてたいよ。

 練習をして卓球場を出ると外はすっかり晴れ上がり、暖かな日差しが春の到来を予感させる。
 ビールビールと呪文を唱えながら駅近くの餃子屋さんへ急ぐ中年男性2人組。
 目星をつけていた餃子の安亭に入り、早速餃子定食とビールを注文。
 餃子12コにライス スープがついて790円とお得な上に、肝心の餃子がとても美味しい。
 時間があまりないので早口になりながら卓球TALKを楽しみながらビールをぐいぐい。
 前から気になっていた銀河の北斗をいただくというサプライズもあり、何だかとっても良い気分でついついビールもおかわりしてしまった。
 
 エンジョイ卓球派から見た鋭い業界分析とか中国ラバーの今後についてとかWRMのとるべき方向性とか、非常に深い話題で盛り上がり、あっという間に餃子も時間も無くなってお開きに。
 
 餃子は美味しかったし卓球場も綺麗だったし言うこと無いが、やはりホームグラウンドの武蔵野総合体育館ほどリラックスして打てなかったので、次回はぜひ三鷹でやりたいものだ。


 

 前回はビリヤード場内の狭い卓球台での練習で、練習と言うにはあまりにも中途半端な環境故に消化不良に終わった我々は、捲土重来を期すべく早々に練習会を企画した。
 家族のインフルエンザや突発的な事態に怯えながらも、2月とは思えない暖かい日差しの中で無事練習会を開催できたことは嬉しい限りだ。
  持ち込んだラケットは前回記事の宣言通りなのでそちらを参照されたし。
 
 今回はほぼ全ての練習を動画に収めたので、それを見た後このブログを書いている。
 見ながら気がついたのだが、つじまる師匠はやっぱりブロックが上手だ。
 それに比べて自分は何か変なことをしている。
 ブロックに専念することが出来ずに余計なことをして、つじまるさんに申し訳ないというか、なんで普通に出来ないんだろうと反省しきり。
 それと打つときに左足を上げて伸び上がって打つかっこ悪い癖があって、なるほど娘から犬のおしっこポーズだと笑われるわけだ。
 これは治したい。

 試した中ではファスタークG1が予想通り良かった。
 テナジーと比べて硬さを感じてしまうが、引っかかる感触があるので色々な技術がやりやすい。
 このへんは人によって感想が大きく異なりそうだ。
 割引額が大きいので価格もそれほど高くは無く、これからファスタークG1をメインにしようかなと真面目に検討中。使いこなせているとかいないとかその辺りはツッコまない方向で。
 木星3は打っていて違和感の無いラバーで、ラケットのExpertとの相性も良く感じた。
 水星2ブルースポンジの扱いやすさも印象的だが、それ以上にVirtuoso offensive-の打球感が良いことを再認識。
 KingProブルースポンジはあまり魅力を見いだせず、カブリオレに貼ったキョウヒョウ2は予想通りの弾み具合でちょっと難しいかな。その代わりバック面に貼った省狂3は弾みも回転も十分で、さすがに人気のあるラバーだと感心。
 火山岩7にマークVxsは打球感的に好みでは無かったのが残念。マークVは木材の方が合っていそうなので貼り替えを検討。マークVHPSはそこそこ弾むが強い印象の無いラバーだった。

 ここまで駆け足でざっとメモ書き。
 
 3時間の枠だが結構満足してしまい、それになによりビールが飲みたくなって2時間きっかりで練習は終了。
 久しぶりにいつものファミリーレストランでビール&昼食&トークを楽しむ。
 酒が入ると自分の話ばかりしてこれまた反省。
 つじまる師匠はこの後も予定がぎっしりなので名残惜しいがここで解散となる。
 
 また次回もよろしくお願いします
  

 2019年初の練習会だが、あいにくホーム体育館の武蔵野総合体育館が休みなので、久しぶりにバグースで練習することに。
 バグースはビリヤードやダーツの店だが、一応卓球台が2台ある。
 12:00オープンなので11:00に集合して最初にウマいものを食べようという計画だ。

 利用したのは前回に引き続きカヤシマというお店。
 評判の良いナポリタンとハンバーグを注文したのだが、これにコーヒーがついて980円。
 IMG_20190122_110932207_HDR







 
 美味しくいただきながらつじまる師匠と雑談。
 ビールも飲みたいところだが、さすがに飲んでしまうと練習に差し支えると断念した。


 12:00きっかりにバグースに向かい、早速練習開始。
 前後も左右も狭いので、本格的な練習には向かないし、天井のスポットもまぶしくて球を見失うことも。全体的に暗いが、本来お酒を飲みながら楽しむような場所なのでしかたがない。

 今回はモニターでもらったヴェガツアーの試打が主な目的だったのだが、なにぶんこの環境なので十分とは言えない。
 フォア打ちは普通のドイツ製テンションという感じで軽く打ってもスピードは出るし、引っ掛かりも申し分ない。
 フォア向きだとは思うが、バックでのツッツキやブロック、ミートは威力もあってやりやすく、いかにも硬度45前後のドイツ製テンションだなあ、という月並みな感想。

 この日のために貼ったタットルの2018は、なかなか良い粘着ラバーだがやはりこのスペースでは良く分からん。
 
 
 
 いつもは閑散としたイメージのバグースも、昨今の卓球人気の影響か、1時間30分の練習中に2組が横で遊んでいった。
 会社のグループ御一行様と、若い男女のカップル。
 楽しそうに打っていて良いことだ。

 いつもと比べれば軽く汗を流す程度の練習しか出来なかったが、 それでもビールは飲みたくなる。
 とにかく一杯のビールと美味しいシュウマイを食べるべく、急ぎ足で「いせや」に向かった我々だが、無情にも店休日の看板が・・・・。
 諦めてファストフードでペプシコーラを飲んで我慢した。
 次こそはいせやのシュウマイを! 

このページのトップヘ