卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ:卓球日誌 > ユーウェルク卓球場

 最初はほんの軽い気持ちでした。
 フォア打ちバック打ちの後、5分から10分くらいカット打ちの練習をして、その後は前回の続きにしますと伝えたくらいです。
 コーチがカットマンなので、せっかくだからカット打ちを体験したい、くらいのかーるい気持ち。
 ええ、結局1時間フルでカット打ちになりました。
 上手く打てないからってのもありますが、純粋に楽しかったんです。
 偶然ですが有名卓球ブロガーのN氏も個人レッスンでカット打ちの練習をした記事をアップしてました。

 


 あの方はカット打ちはできて当たり前で、もっと実戦的なカットマン対策の練習。
 私はどうやったらキレた下回転を持ち上げられるのでしょうか、というレベル。
 それでも1時間打ちまくって、コーチから適宜アドバイスをいただけるので、最後の最後には多少は打てるようになった、ようなそうでもないような。あまり自信が無いですね。
 
 カット打ちだろうと普通のドライブだろうと基本は同じなので、指摘されるポイントはいつもと似通った物になります。
 共通したところは省いて、カット打ちならではのアドバイスやら自分で気がついた所を書いておきます。
  
 ・普段より右足に体重をのせる

 ・短い球が来たら右足を寄せる

 ・ラケットの先端で引っかけるイメージで打つと良い感じ

 ・差し込まれたら右足を引いて空間を作る

 ・腰を回す(股関節を入れる)と打ちやすい 

 ・カット打ちの時足が止まってしまうことが多いので常に良いポジションで打つように意識する

 ・ツッツキはネットを越えるように持ち上げる

 こうして書き出してみると、普段のドライブと同じように見えますね。
 スイングの軌道が水平に近いか、垂直に近いか、の差だけなのでしょうがこれが難しい。ついつい変なところに力が入っておかしなフォームでスイングしてしまいます。
 自分でおかしいと分かるくらいですから傍から見たら相当おかしいのだと思います。
  
 試合にも出ず、練習相手にカットマンもいないのでどうかとも思いましたが、ドライブの練習と考えても色々と得るところがあったので、充実した1時間となりました。

 追記
 先日買ったクリッパーウッドCR WBRにファスタークC1を試してみました。
 感想でも書こうと思いましたが、書いている内に嘘っぽくなってきたのでやめておきます。ただフォアにはもう少し硬いラバーの方が良いかもしれません。
 バックのマントラSはプラクソン450と比べると食い込みがよく、飛び出しが一瞬遅く感じます。
 コーチの受けた印象だと、プラクソン450の方が多少ポイントが外れても良い球が来るが、マントラSは上手く打てたときとそうで無いときではっきり違っていて、その代わり上手く打てたときの球質はマントラSの方が上とのことでした。バックドライブを使うか使わないかがポイントかもしれません。
 結局アルバ+ファスタークG1でほとんどの練習をしました。こちらの方が優れているというより、感覚が近いからです。対下回転に限ればテナジー25FXの方が打ちやすいですが、致命的にスピードが出ません。
 どれも一長一短があるので、さっさと決めてしまった方が良いのは間違いないでしょう。
  

 えー、新型コロナウィルスってのは恐ろしいもんですな。
 そろそろ収まってきたかなと思ってほいほい外出していたら、あっという間に感染者が増えて、自粛どころか外出禁止になってもおかしくない有様になってるじゃありませんか。
 卓球だって同じですよね。
 ちょっと前なら気軽に都心の教室に通えたんですけど、何となく行ってはいけないような雰囲気に、いつの間にやらなってるんですねえ。
 こういう時は地元の卓球場が頼りです。
 つまりユーウェルク卓球場の個人レッスンに、また行ってきたんですね。
 こんなに頻繁に個人レッスンに行くなんて贅沢なんですけど、背に腹は代えられません。
 まあ都心に行く交通費とかける時間と外食費を考えれば、遥かにリーズナブルなんですけどね。

 今回も今泉コーチのレッスンを受けてきましたよ。
 今泉さんはカットマンなので、直前までカット打ちも教わろうと思っていたんですが、卓球場に着いた瞬間忘れてしまいましてね、「前回の続きでお願いします」なんて言っちゃいました。
 前回の続きってことは対下回転打ちの練習って事です。
 テナジー25FXからファスタークG1にラバーを貼り替えていたんで、ファスタークG1ってどうなのか知りたかったんですよ。
 あ、ラケットは変わらずアルバです。
 
 練習を始めてすぐに手打ちを修正してもらって、その後はまあまあ対下回転打ちドライブができるようになりました。こういうアドバイスをちょいちょいもらうんですけど、ユーウェルク卓球場のコーチ陣は接客が上手なんで嫌な感じは全くしないんですよね。とこれは余計な事ですね。
 そうですねえ、テナジー25FXと比べるとファスタークG1はちょっと気を遣いますね。自分のスイングがそのまま反映されるので、失敗の原因が分かりやすい。
 今泉さんからは、ラケットの角度とスイング角度が一致していると良い球が出てると言われました。
 これは分かりやすいですね。スイング修正のイメージをしやすい。

 引っかかる感じが少ないのは、グリップ力がテナジー25FXより弱いのか打ち方のせいなのか。グリップ力とか偉そうなこと言ってますが良く分かってません。
 
 練習前に使っているラバーの話になりまして、それもあってのことなんですけど、ファスタークG1はあってるんじゃ無いかと言っていただけました。自分でもそう思います。
 G1って回転の影響があまり多くないのか自分の思うように打ちやすいですね。イメージ通りの球になります。スポンジが硬いんでシビアなところもありますけど、ブロックとかスマッシュ気味のドライブが気持ちよくて、上手になった気分になりますね。
 そしてバックに貼ったプラクソン450。
 スピード系テンションラバーだそうですが、今まで「さすがスピード系!」と感じたことはありませんでした。いやこれ本当にスピード系ですよ。軽くタイミングを合わせて打てばコーチもビックリのスピードボールになります。力みさえしなければ。
 プラクソンは何度も何度も何度も試して、あまり好きになれなかったんですけど、アルバとの組み合わせはベストマッチですね。
 ただしそれもミートの話でして、ドライブになるとちょっと難しい。
 最後に対下回転バックドライブの練習をしたんですけど、まあこれが上手くいきません。
 待ち構えていて打つ分には簡単なんですけど、サーブからやると全くダメ。
 下回転サーブを出してバック側につっつかれたら終わりでしょうな。
 スポンジ硬度45度とバックにしては硬めなので仕方が無いのかもしれませんけどね。
 バックドライブを考慮してプラクソン400にするか、ブロックやプッシュの威力を考えてプラクソン450にするか、はたまた全く違うラバーにするか、悩みますなあ。
 
 今回も1時間の練習でしたけど、30分くらいから足がどうにも動かなくなって、そうなると途端に不安定になりましてね。いやあ、やっぱり下半身は大事です。
 断言しますけど、卓球も結局は体力ですよ。
 それではまた梅雨が明ける頃にお会いしましょう。
  

 雨の降る中自転車で行ってきましたユーウェルク卓球場。
 今回の最終目標は、下回転サーブ→ツッツキ→対下回転ドライブ→ブロックまたはカウンター→対上回転ドライブ またはブロック→ランダムでバックへ→バックもきちんとそれなりの球で返す
 
 という流れでお願いした。

 
1時間の練習の中で、あれこれ教わったことを思い出すと、全て今まで言われた基本的なことばかりで、相変わらず身についていないのが残念だ。
 
教わったこと
 その1:ツッツキ
たまに浮いてしまうのは、肘が伸びきった状態でつっついているから。

 その2:切り替え
 打ち終わった後ラケットがニュートラルへ戻っていない。

 その3:フォアが手打ちになる
足が動いていない。例えばツッツキの時1度踏み込む動作をすると、その次の動作も足を使える

 その4:フォア打ちがのけぞる
バックの時と同じように、前傾姿勢を意識して丁度良いくらい

 改めて書くのもはばかられるような、今まで教わったことばかりだ。


コーチについて
 いつもは大熊コーチに教わっているが、今回初めて今泉コーチに教わった。
 ユーウェルク卓球場の接客応対についてはべた褒めしてきたが、大熊コーチだけが素晴らしいのか、それともそれがユーウェルク卓球場品質なのか、ちょっと気にはなっていた。
 結論としては、ユーウェルク卓球場自体のスタッフレベルが高い事が分かったので、利用したいと考えている人は安心して欲しい。
 細かくは別の記事にしようと思っているのでここでは書かないが、初対面にも関わらず、最初の挨拶、練習中、練習後まで含めてリラックスして楽しい気分で過ごせ、また利用したいと思える卓球レッスンは実は貴重だ。
 

用具について
 アルバ フォアにテナジー25FXの組み合わせをずっと使っていて、バックは今回初めてプラクソン450を合わせてみた。
 球持ちの良いアルバには柔らかいラバーより45度くらいの硬さが合うような気がしたのだ。
 結果は良好で、軽く打ってもスピードが出るし、手に来る振動からして良い球を打っている気持ちになる。回転の影響が少ないためか、思った通りの球を打てるので安心して振れる。
 そして強打の心地よさ。
 バックの下回転打ちとかサーブは試していないが、少なくとも対上回転なら私の期待通りの性質を持っている。
 何年も前に買ったお古なので、新品を買おうかとも思ったが、買った直後に他のラケットに浮気するいつものパターンに陥りそうなので悩んでいるところだ。
 
  

 月曜日に続いて行ってきたぜ個人レッスン。
 中3日だから感覚が残っていてすぐに打てるようになったんだけど、体力がダメだわ。
 内容は前回とほぼ同じ。
 ちょっと下がった位置からドライブを打って、前へ動いて次を打つ。
 それのフォア版とバック版、そして派生形。
 最初は元気だったけど、5分後には汗と疲労の沼に沈んでいたね。
 新型コロナを思えば申し訳ないけど、卓球台が汗で水浸しで、ホント申し訳ない。

 今回の用具はラケット=アルバ フォア=テナジー25FX は変わらずで、バックは午前中iruiruで買ってきたブルーストームz3。
 アルバにテナジー25FXはとにかくしっかり掴む感覚があって、ループドライブが打ちやすい。
 ブルーストームz3は、打ち方が悪いんだけど、回転の影響を受けやすいのかオーバーが多い。
 やっぱマントラSかな。マントラ最高。
 ちょこっとビスカリア+スーパーヴェンタスも試したけど、さすがに球離れが早い。
 が、カツンと上手く打てるとキレイなドライブが打てる。
 打っている側としては、アルバはスピードそこそこでズシッと重い球。
 ビスカリアは軽快な感じ。
 マニュアルというと聞こえは良いけど、スピードを出すためには振り切らなきゃいかんので疲れる。
 フォアはともかくバックはキツい。
 
 どうも目の前には一つのラインがあって、そのラインを超えるためにはフットワークなどの地道な反復練習が必要らしいのだ。
 ラインの前で引き返すかどうか、そろそろ考えなきゃいけない時期かもなあ。

  

 実に2ヶ月ぶりの練習が今回の個人レッスンとなった。
 あまりにも間が空きすぎて、卓球道を踏み外して迷子になりかけていた。
 挨拶もそこそこにフォア打ちバック打ちで感覚を調べる。
 思いの外上手に打てた気がする。
 アルバのフォアに貼ったテナジー25FXはイメージ通りの球を打てるのが良い。
 問題なのはむしろ体力の低下。
 あっという間に右腕が張ってきて、ラケットが重く感じてきた。
 総重量を量り忘れたが、きっと190gくらいあるに違いない。
 
 前回教わったように高めの球はシュート回転気味に打っていたのだが、もっとしっかり回転をかけるためには薄く当てるようアドバイスをもらった。高い球も上部を捉えれば前進回転を加えられる。
 感覚としてはカーブドライブのような感じで、もともとの打ち方に近いのですぐできた。
 
 前後の動きについて教わった。
 後方で打った後浮いたチャンスボールが来たら、軽く左足を前に出し、スキップのように足を運んで、左足を台に寄せて決め球を打つ。
 速かったり低い球が来たら、最後の重心を右足に残して溜めてから打つ。
 後方に下がるときは右足から動かす。
 
 バックの前後の動きも教わった。
 後方でバックドライブを打った後、前方に動くときは、左足から動かした方が動きやすい。

 とにかくバタバタしているだけでとても上手く出来そうに無い。
 こういう動きこそ反復練習が大事だ。
 
 ツッツキも教わった。
 ツッツキをして右足を踏み込んだら反動で足を戻し、そのタイミングでラケットも戻す。
 そうすると時間の余裕が出来る。

 今回教わったことはどれも大事なことだが、反復練習無しには身につかない。
 そしてとても疲れる。
 とても、疲れるんだよ。
 
 そういえば最後の10分くらいバンダを試した。
 弾き出しはちょい強めで安定感がある、というどうとでもとれる感想しかないが、好感触だった。

 1時間の練習だったが横っ腹は痛くなるし息が上がるし、体力の低下が感じられて危機感を覚えた。
 そして極めつけは、自宅に帰ってからアルバの重量を量ったとき。
 190g有るに違いないと思っていたが、175gしかなかった。
 175gが重く感じるようでは・・・・
 好きな卓球を楽しむためには、もっと体力と筋力が必要だ。
 必要なんだよ。


 メモ:
 バックドライブをちょっと下がって打つ練習をした。
 今までこういう練習をしたことがなかったので、新しい発見があった。
 バックって遠くに飛ばすのが難しい。
 というかスピードと回転を載せながら飛距離を出すのが難しい。
 少し下がってバックドライブをガンガン打ちたいなら、弾みの良い素材ラケットを選択肢に入れて良いのかもしれない。
 
 

 
 
  

 実に4ヶ月ぶりとなったユーウェルク卓球場個人レッスン。
 コロナウィルスが原因で卓球自体2週間ぶりだ。
 聞けば普段は空いていることの多い貸し台も、今はフル回転だそうで、どうりですんなり取れない訳だ。
 コーチも終始マスクをしていて、仕事とは言え大変なことだと思う。

 今回はひたすら前陣フォアドライブを教わった。
 安定してきたバックに比べてフォアは未だに自信が無い。
 一球目は何とか打てても返ってきた球を打つと詰まってしまう。
 そのことをコーチに伝えて練習開始。
 
 以下教わったこと

 ①打点が高い場合は手首を巻かずに開いてシュートドライブっぽく打つ

 低い打点の時や離れて打つ時は巻いて打っても良いが、近い場合はシュートっぽく打つと安定して連打できる。
 そういえばずっと前にWRMのやっすんの動画で見たような気もする。
 


 ②短く浮いた球を打つときは左足を踏み込んで打つ 

 ロングサーブで相手の返球が浮いてきた場合にチャンスボールだと思って打つと必ずミスする。
 短い球が来たら左足を踏み込み重心を乗せて、素早くスイングして弾くとスマッシュになって上手く打てる。
 この時振り下ろすと球がホップするので、打ち下ろすスイングにならないように注意。
 肘を伸ばしすぎてもダメなので脇は締めて回転をかけるイメージ。
 長い球なら右足に重心を乗せて普通に打てば良い。
 下回転でも上回転でもスイングスピードを速くして弾くと同じように打てる。
 どちらにしても動き出しが早すぎると詰まってしまうので、一呼吸開けるのが大事。
 そいうえばよく相手にこれをやられる。

 今回は1時間だけだったのでとにかく対上回転のドライブばかり練習した。
 開いて打つドライブをとっさに出来るようにしたいのだが、身につくまで時間がかかりそうだ。
 

 今回使用したのはスワットにヘキサーグリップ マントラS だったのだが、万能タイプの扱いやすい組み合わせで、技術を身につけるのに向いている気がする。
 途中でアルバ DNAproHも打ったが、スピードがかなり速く、まずはスワットの方で練習する事を進められた。スワットでも弾みすぎで、もっと弾まない柔らかいラケットの方が良いとコーチは思っているようである。そうなるとスウェーデンクラシックあたりかな。
 

 練習終了後は階下のショップでコーチとラバーの話をした。
 こぢんまりとした店内だがよく考えられた品揃えで、必要な物は大抵売っている。
 丁度決算セールで店頭価格からさらに10%引きをやっていた。
 本当は大会などでチラシを配りたかったそうだが、大会自体が中止になってそれも出来なかったとのこと。
 スーパーヴェンタスやロゼナを狙ったが、欲しい色と厚さが無かったので、今まで一度も使ったことの無いラバーを購入した。
 何のラバーを買ったのか、それはまた次の機会へ。
 
  

 今回は3部構成

ユーウェルク卓球場について

 私もあちこちの卓球教室に通っているのだが、やはりユーウェルク卓球場は他とは違うなと感じる。
 コーチ=教える人 
 という、ある意味当たり前の所を徹底している。
 数多の卓球教室で見られるように、ただ技術レベルの高い人は、コーチとして現場に出ることも許されない。
 社会人としての基本的所作、接客業としてのスキルは最低限必要なので、コーチ候補として入社してもそのままコーチになれるとは限らない。
 客のあらゆる質問に対して具体的かつ実践的な道筋を示し、満足してもらう。
 高圧的だったり押しつけがましいところは無く、あくまで客の求める内容+ちょっとお得なプラスアルファを提示して、レッスンが終わる頃には上達したような気分を味わえる。
 そして何より練習前、練習中、練習後まで含めて嫌な思いをすることが無い行き届いた接客!
 練習が終わって支払いを済ませた客を、出口まで送ってドアを開けて一礼する個人レッスン、他には無さそうである。
 金を払って嫌な思いをする教室なんて、行きたくないでしょ。
 この基準はユーウェルク卓球場としての基準なようなので、今後は他のコーチのレッスンも受けてみたいものだ、と書こうとしたが、大熊コーチは私の主治医みたいなものなので、他の人では代えがたいんだよなあ。
 

本日教わったこと

 ①ツッツキの時の右足の位置

 Q:ツッツキをするとき、条件反射的に右足を前に出すと、チャンスボールになり得る長いツッツキが来ても、間に合わずにツッツキで返してしまう。
 
 A:短い場合のみ右足を前に出し、長い場合は平行足を維持してツッツキをする。
 そうすることによって、チャンスボールが来たときにはフォア打ちをする余裕が出来る

 ②フォア打ちの打点=タイミング

 Q:少し浮いたチャンスボールがきても、決めることが出来ない。

 A:頂点付近を打とうとするあまり、打点が遅れてつまっている。
 バウンド直後の一番普通の打点で打てば余計な力もいらず打てる。
 その際強く当てるのでは無く、被せて転がす様に打てば十分回転がかかる。
 私の感覚では、ラケットの下部に当てるイメージ。

 ③フォア打ちのラケットの高さ

 Q:対下回転ドライブの時どうしても下から振ってしまう

 A:膝を曲げて腰を落とせば腕をおろさなくなる


おまけに用具のことも質問した。

 結構真面目に。
 今回の練習はアルバに両面ロゼナだったのだが、試合形式になると粘着ラバーの方が勝ちやすい気がするので見てもらった。
 スワットに両面キョウヒョウ3だったのだが、バックは食い込ませて回転をかける感覚があるのだからテンションの方が良いのでは、とのこと。
 フォアは粘着でも良いかもと言われた。
 試しにもう1本持っていった(笑)テナジー05も受けてもらったが、あくまで試合に勝ちたいなら、という括弧書きで、キョウヒョウ3の方が良いかも、と。
 テナジー05の方がスピードはあるが返球しやすいそうで、やっぱりそうなんだなあと、納得した。
 ちなみにアルバにロゼナは、フォアは良いけどバックはキツかった。
 パシッと打ちたいのにグニュッと掴んでしまって、感覚とのギャップが大きくて気持ち悪い。
 ロゼナを使うのならそのままVirtuoso offensive-を使っておけば良かったとちょい反省。
 マントラSに慣れてしまっているのかも。


 

 記録的な台風が去った日の午後、4ヶ月ぶりのユーウェルク卓球場個人レッスンを受けてきた。
 フォアもバックも上手になったと言われたが、特にバックが上手になったと褒められた。
 そこは正直に高田馬場ルクールのコーチから教わったと答えた。
 ユーウェルク卓球場が人気がありすぎて予約が取れないので、あちこちの卓球教室をハシゴして武者修行をしていたのだった。
 そういえば色々な卓球場のコーチに挑戦して、勝ったら看板を奪うという卓球道場破りとかあったら面白いな。宮本武蔵みたいに。
 大熊コーチはラケットを元のガレイディアに戻したようだが、ラバーはディグニクスになっていた。
 テナジーと比べて寿命が長いと言っていたので、きっとそうなのだろう。
 どちらにしても高くて買えん。 

 最高気温37度の予報の中、2時間のレッスンは危険な気もするが、ユーウェルク卓球場は冷暖房完備なので熱中症で倒れる心配は低い。それでも大汗をかくのでヘアバンドは必須である。

 最近基本を見直そうとスワットに両面マークVXS(普通のマークVでは無いところが用具好きのいやらしさ) で頑張ってきたが、そろそろ飽きてきたので元のUltimateOffensive2 x Q5 x マントラSに戻す。
 この極端なぶれが下手の用具好きの特徴だと言える。 
 
 教わったことは箇条書きで
 ①フォアドライブ時にラケットの振り終わりを右こめかみ辺りにするつもりで
 ②体勢が不十分なときはストレートかミドルくらいを狙う。クロスは振り遅れていると無理
 ③なのでレシーブ時も、相手が振り遅れていたらこちらのバック側に来る確率が高い
 ④踏み込んでツッツキをした後は一度戻る。ここはサボってはダメ

 気がついたこと 思い出したこと
 ①フットワークの時、腹筋に力を入れて死ぬ気でやった方が疲れないぞ
 ②ドライブを打つときは下半分で打つと弾かず回転をかけやすい 

 バックドライブを褒められて、調子に乗って打ちまくっていたらラケットが重くてつりそうになってきた。重いラケットの方が良いと言っている人はよほどの力持ちであろう。
 私は非力を自覚しているのでしっかりと予備の軽量ラケットを持ち込んでいた。
 ワルドナーOFFにQ4 リズムテックである。
 ところがこいつに変えた途端自分でも威力が無いなと感じた。
 コーチからも回転スピード共に格段に落ちると言われるし、どちらにしても腕が疲れるのには変わりが無かったので、さっさと元に戻した。


 最後にサーブを教わる。
 ロングサーブを出した後、バック側でぼーっと立っているとフォア側を狙われるので、ちゃんと構え直す。当たり前か。
 
 2バウンドするナックルサーブを教わった。
 変に横回転がかかっていない方が次の球も打ちやすいし、ナックルと弱い下回転の組み合わせと、たまに速いロングサーブを混ぜていけば、 試合になりそうである。
 それから最後の最後でバックサーブを披露したら、とても良いと褒められた。
 優秀なコーチは褒め上手。
 これは間違いない。
 ますます卓球が楽しくなった。 

 先週教わった下回転打ちの続き。
 一度溜めた後、短いツッツキが来たときにドライブを打つ方法として、 打ち終わった後に右足が前にくる打ち方を教わった。
 ドライブを打った後、フォア側バック側に返ってきた球を打つところまでの練習なのだが、これが疲れる。たいてドライブを一度打った段階で力尽きていて、次の球に備えることが出来ない。
 今回動画を撮ってみたのだが、想像していたより遥かに間に合っていない。
 間に合わないので詰まって打っている。
 打ち終わった後にしっかり構え直していないので、ミスばかりしている。
 練習中にはもう少し入っているかと思ったが、全然ダメであった。
 なぜ構え直していないかというと、本当に疲れるのである。
 特にこの打ち方は疲れる。
 もう5分おきにギブアップして休憩を貰って、息が上がって喋ることすら出来ない。
 
 
 最後はレシーブ練習がしたいと申し出て、コーチのサーブを受けてみた。
 速い上に回転がかかっていて全く取れる気がしない。
 アドバイスとしては、通常の位置で低く構えていて、相手がサーブを打つくらいのタイミングで前に出て、 また低く構える。そうすることによりツッツキがやりやすくなる。
 実際試して見たらツッツキは出来るようになった。
 前に出て、打てそうならさっき教わったドライブを打つ。
 気をつけるのはテイクバックを大きくしないで、非常にコンパクトに打つこと。
 台の高さより少し低い位置からスイングを始める。
 これができるようになると良いなあ。


 下回転打ちの後の5球目攻撃が結局出来ていないことが判明してしまった。
 そしてこの練習が大変きついことも判明してしまった。
 家に帰って昼ご飯を食べてシャワーを浴びて、こうしてパソコンに向かっている今ですら若干息切れしているほどに。

  

 かなり間が空いてしまったが、ようやくユーウェルク卓球場の個人レッスンを受けることが出来た。
 いつのまにやら店内に卓球ショップはオープンしているし、会議室だった4階オフィスも卓球台が置かれてレッスンルームになっているし、着々と上尾市卓球業界の覇権を狙って推し進めてきている。
 
 今回は1時間と短い時間だったので、最近怪しくなっていた下回転打ちを復習することに。
 まずはコーチに球出しして貰って下回転打ちドライブ。
 この辺りは問題ない。
 次は自分のサーブから、ツッツキ、ドライブ。
 途端に怪しくなるが、まあまあ出来ている。
 実戦を意識してサーブのコースと強弱を調整し、バック側にきた長めのツッツキを回り込んでドライブする練習をメインにすることになった。

 長めのツッツキを回り込んでドライブするときは、少し下がった位置から打つこと。
 その時の注意点としては、一発強打のドライブでは無く、回転を意識した遅めのドライブを打つこと。
 そうしないと体勢が整わないままフォア側に打たれて終わってしまう。

 次はそのまま5球目攻撃の練習。
 5球目攻撃、これは体力的にキツい。
 少し下がって回り込みドライブを打った後、フォア側に返ってきた球を打ち返すわけだが、打点を早くしようとするとスマッシュになって不安定にもなるので、さらに下がりながら若干打点を落としてドライブを打つ。ここでも一発強打というよりしっかり返すことを意識する。
 
 予想より短い球を打つときは左足を踏み込んで打つと当たりが強くなりすぎて弾いてしまうので、打ち終わりに右足が前になるように打つ。そして反動でまたニュートラルポジションに戻る。
 回り込みも同様。

 フォア側遠くの球を打つとき、ラケットを立てて打ってしまうので、しっか手首を寝かせて打つ。
 吉村真晴っぽく、とアドバイスを貰う。
 たぶんこんな感じ。  

 たった1時間だが、3球目攻撃、5球目攻撃の練習は本当に疲れる。
 そういえば、フットワークが良くなったとお褒めの言葉をいただいた。
 体力が衰えていて、続かないのが残念だが・・

 
  

このページのトップヘ