卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ:卓球日誌 > ユーウェルク卓球場

 記録的な台風が去った日の午後、4ヶ月ぶりのユーウェルク卓球場個人レッスンを受けてきた。
 フォアもバックも上手になったと言われたが、特にバックが上手になったと褒められた。
 そこは正直に高田馬場ルクールのコーチから教わったと答えた。
 ユーウェルク卓球場が人気がありすぎて予約が取れないので、あちこちの卓球教室をハシゴして武者修行をしていたのだった。
 そういえば色々な卓球場のコーチに挑戦して、勝ったら看板を奪うという卓球道場破りとかあったら面白いな。宮本武蔵みたいに。
 大熊コーチはラケットを元のガレイディアに戻したようだが、ラバーはディグニクスになっていた。
 テナジーと比べて寿命が長いと言っていたので、きっとそうなのだろう。
 どちらにしても高くて買えん。 

 最高気温37度の予報の中、2時間のレッスンは危険な気もするが、ユーウェルク卓球場は冷暖房完備なので熱中症で倒れる心配は低い。それでも大汗をかくのでヘアバンドは必須である。

 最近基本を見直そうとスワットに両面マークVXS(普通のマークVでは無いところが用具好きのいやらしさ) で頑張ってきたが、そろそろ飽きてきたので元のUltimateOffensive2 x Q5 x マントラSに戻す。
 この極端なぶれが下手の用具好きの特徴だと言える。 
 
 教わったことは箇条書きで
 ①フォアドライブ時にラケットの振り終わりを右こめかみ辺りにするつもりで
 ②体勢が不十分なときはストレートかミドルくらいを狙う。クロスは振り遅れていると無理
 ③なのでレシーブ時も、相手が振り遅れていたらこちらのバック側に来る確率が高い
 ④踏み込んでツッツキをした後は一度戻る。ここはサボってはダメ

 気がついたこと 思い出したこと
 ①フットワークの時、腹筋に力を入れて死ぬ気でやった方が疲れないぞ
 ②ドライブを打つときは下半分で打つと弾かず回転をかけやすい 

 バックドライブを褒められて、調子に乗って打ちまくっていたらラケットが重くてつりそうになってきた。重いラケットの方が良いと言っている人はよほどの力持ちであろう。
 私は非力を自覚しているのでしっかりと予備の軽量ラケットを持ち込んでいた。
 ワルドナーOFFにQ4 リズムテックである。
 ところがこいつに変えた途端自分でも威力が無いなと感じた。
 コーチからも回転スピード共に格段に落ちると言われるし、どちらにしても腕が疲れるのには変わりが無かったので、さっさと元に戻した。


 最後にサーブを教わる。
 ロングサーブを出した後、バック側でぼーっと立っているとフォア側を狙われるので、ちゃんと構え直す。当たり前か。
 
 2バウンドするナックルサーブを教わった。
 変に横回転がかかっていない方が次の球も打ちやすいし、ナックルと弱い下回転の組み合わせと、たまに速いロングサーブを混ぜていけば、 試合になりそうである。
 それから最後の最後でバックサーブを披露したら、とても良いと褒められた。
 優秀なコーチは褒め上手。
 これは間違いない。
 ますます卓球が楽しくなった。 

 先週教わった下回転打ちの続き。
 一度溜めた後、短いツッツキが来たときにドライブを打つ方法として、 打ち終わった後に右足が前にくる打ち方を教わった。
 ドライブを打った後、フォア側バック側に返ってきた球を打つところまでの練習なのだが、これが疲れる。たいてドライブを一度打った段階で力尽きていて、次の球に備えることが出来ない。
 今回動画を撮ってみたのだが、想像していたより遥かに間に合っていない。
 間に合わないので詰まって打っている。
 打ち終わった後にしっかり構え直していないので、ミスばかりしている。
 練習中にはもう少し入っているかと思ったが、全然ダメであった。
 なぜ構え直していないかというと、本当に疲れるのである。
 特にこの打ち方は疲れる。
 もう5分おきにギブアップして休憩を貰って、息が上がって喋ることすら出来ない。
 
 
 最後はレシーブ練習がしたいと申し出て、コーチのサーブを受けてみた。
 速い上に回転がかかっていて全く取れる気がしない。
 アドバイスとしては、通常の位置で低く構えていて、相手がサーブを打つくらいのタイミングで前に出て、 また低く構える。そうすることによりツッツキがやりやすくなる。
 実際試して見たらツッツキは出来るようになった。
 前に出て、打てそうならさっき教わったドライブを打つ。
 気をつけるのはテイクバックを大きくしないで、非常にコンパクトに打つこと。
 台の高さより少し低い位置からスイングを始める。
 これができるようになると良いなあ。


 下回転打ちの後の5球目攻撃が結局出来ていないことが判明してしまった。
 そしてこの練習が大変きついことも判明してしまった。
 家に帰って昼ご飯を食べてシャワーを浴びて、こうしてパソコンに向かっている今ですら若干息切れしているほどに。

  

 かなり間が空いてしまったが、ようやくユーウェルク卓球場の個人レッスンを受けることが出来た。
 いつのまにやら店内に卓球ショップはオープンしているし、会議室だった4階オフィスも卓球台が置かれてレッスンルームになっているし、着々と上尾市卓球業界の覇権を狙って推し進めてきている。
 
 今回は1時間と短い時間だったので、最近怪しくなっていた下回転打ちを復習することに。
 まずはコーチに球出しして貰って下回転打ちドライブ。
 この辺りは問題ない。
 次は自分のサーブから、ツッツキ、ドライブ。
 途端に怪しくなるが、まあまあ出来ている。
 実戦を意識してサーブのコースと強弱を調整し、バック側にきた長めのツッツキを回り込んでドライブする練習をメインにすることになった。

 長めのツッツキを回り込んでドライブするときは、少し下がった位置から打つこと。
 その時の注意点としては、一発強打のドライブでは無く、回転を意識した遅めのドライブを打つこと。
 そうしないと体勢が整わないままフォア側に打たれて終わってしまう。

 次はそのまま5球目攻撃の練習。
 5球目攻撃、これは体力的にキツい。
 少し下がって回り込みドライブを打った後、フォア側に返ってきた球を打ち返すわけだが、打点を早くしようとするとスマッシュになって不安定にもなるので、さらに下がりながら若干打点を落としてドライブを打つ。ここでも一発強打というよりしっかり返すことを意識する。
 
 予想より短い球を打つときは左足を踏み込んで打つと当たりが強くなりすぎて弾いてしまうので、打ち終わりに右足が前になるように打つ。そして反動でまたニュートラルポジションに戻る。
 回り込みも同様。

 フォア側遠くの球を打つとき、ラケットを立てて打ってしまうので、しっか手首を寝かせて打つ。
 吉村真晴っぽく、とアドバイスを貰う。
 たぶんこんな感じ。  

 たった1時間だが、3球目攻撃、5球目攻撃の練習は本当に疲れる。
 そういえば、フットワークが良くなったとお褒めの言葉をいただいた。
 体力が衰えていて、続かないのが残念だが・・

 
  

 仕事の疲れも何のその、着々と卓球ビル化の進むユーウェルク卓球場へと向かった。
 今までは卓球場があるとは思えない殺風景なビルだったが、 「ユーウェルク卓球場」と大きく表示されるようになったおかげで、知らずに横を通り過ぎる恐れが無くなった。
  
 本日は1時間30分の個人レッスン。
 教えて貰う事は決めてあって、いつもの下回転サーブからのツッツキ打ちドライブに加えて、返ってきた球を打ち込むところまで教えて貰うのだ。
 たいてい3球目を打って安心してしまって、当然のように返球される球を打ち込むことができていない。
 ここをバチンと打って格好良く締めたい。

 上回転で返ってきた球を強くドライブで返す方法

 私の場合は平行足、または右足前になっているようで、どうしても詰まって打っていることが上手に打てない原因とのこと。 
 少し上回転のラリーをしましょうと言われ、教わったとおりに右足を引いて打ってみると、今までとは全く違う感覚で、力も入るし回転もかけやすい。
 こんな簡単なことで改善するなんて、個人レッスンって素晴らしい。

 スイングの修正

 インパクトの瞬間肘から先をパタンと倒す癖があるので、そのままシュッと振り抜くように教わる。
 多分文章を読んでも意味が分からないだろうが。
 これを意識すると回転がかかりやすくなるし、見た目も良くなる。
 素晴らしいことだ。

 この練習を少しやって気がついたのだが、とにかく疲れる。
 3球目攻撃の練習も大変だったが、さらに体力を消耗する。
 何しろ5球目を打つときには力尽きていてまともに打てないのだ。
 ラリーが続けば続くほど私のような体力の落ちたオッサンは不利なのでは無いだろうか。
 テレビで見た倪夏蓮の様にあまり動かない卓球が良いのだろうか、って倪夏蓮は私より遥かに体力も瞬発力もあるじゃん!
 
 とにもかくにも楽しく充実した1時間30分であった。
 一応メモ代わりに動画を残しておく。
 大熊コーチの「良いですね」コールを参考にまとめた。
   

 一昨日に引き続きユーウェルク卓球場の個人レッスンを受けてきた。
 午前中はいつもの卓球教室で2時間練習し、午後から個人レッスン2時間というお楽しみ企画。
 
 前回の続きからということで、下回転打ちを教わる。

 すぐに忘れてしまうので、動画で残しておく。

 個人レッスンはこんな感じで優しく楽しく具体的に教えてもらえるので、受けようかどうか迷っている人は参考にして欲しい。


 ①バック側からサーブを出してフォア側につっついてもらい、それをドライブで返す。
 右足が着地した後、すぐに左足を少し寄せることにより、タメと体重移動がしやすくなり、動きも素早くなる。ついでに、肘が上がって横打ちになることが多いので注意。録画してみたら結構多い。

 

 ②回り込んで打つとき右足を前に出してしまうので、左足を前に踏み込む。


 
 
  
 ③サーブを打った後台の中央で構えてしまうので、もっとバックよりでサーブを出す。(フォア主戦の場合。)
 最初の練習としては、サーブを出してステップバックした後回り込む動作(あるいは気持ち)のあと、相手の返球を見てフォアなら飛びついて打つ。バック側ならそのまま回り込む。

 


   

 そして本日の成果
 

 最後はコーチに打ち返してもらっての練習もしたが、動画を撮り忘れた。
 強く返球されると防戦一方になって、ブロックばかりになっていつかは打ち込まれて終わり。
 次はこの辺の練習もしたいが、その頃には教わったことの大半を忘れてしまっているんだよなあ。
 




 

 上尾市で人気のユーウェルク卓球場個人レッスンを受けてきた。
 本日は3連休&卓球強化3連戦の初日。
 仕事の疲れで午前中はうつらうつらしていたが、卓球となれば元気も出ようというもの。

 そういえばちょうど1年前は大雪で、雪道を歩いてユーウェルク卓球場まで行ったっけ。 
 立野Bさんと一緒にレッスンを受けたっけなあ。
 懐かしいような、つい昨日のことのような・・

 今回の使用用具
 ピュアカーボン テナジー05  ロゼナ

 今回のテーマ
 最近また下回転打ちが上手く出来なくなっていたので、下回転打ちのドライブ。
 それもできたら食い込ませて打ち抜くようなドライブを打てるようになりたい。 
 サーブを出してからだと上手く打てないのでなんとかしたい。

 
 食い込ませるドライブを最初に教わって、多少は打てるようになったのだが、これは連続して打つと非常にきつい。
 なので早々にあきらめて、ループドライブをきっちり教わることにした。
 
 教わった大事なことを箇条書きにメモメモ。
 ①サーブの後台に近すぎるので普段のフォア打ちの距離にステップバックして構える
 ②短い球がくると焦って前傾姿勢になるのでむしろ少し上体を反らすくらいで
 ③台の近くで胸を寄せて打つとき、腰を回すと言うより上体を回して打つ
 ④バックやミドルの球が来ても打てるように、回り込む意識は常に持っていて、フォアに行ったら飛びつく


 とにかく全体的に足腰を鍛えなければ始まらない感じ。
 1時間だけだが息は上がるし汗は大量に出るしで、結構疲れたが充実感が素晴らしい。

 練習後にちょっとした会話も楽しめるのも良いところ。
 テナジーは食い込ませてこそ真価を発揮するのでループドライブだとあまり意味が無いのかなあ(私)、とかテナジーは貼って3日くらいはとても弾むがやがて落ち着いてくる(コーチ)、とか。
 持ち込んだ11枚合板のピュアカーボンを見て貰ったり、教室に置いてあったゴリラ(ラバーの名前よ)の貼ってある日ペンを打たせてもらったり。

 これで1時間2500円なら休日の過ごし方としては最高でしょう。
 実は明後日も予約しているので、楽しみ楽しみ。 

 ますます人気が出てきてすぐに予約で一杯になってしまう超人気のユーウェルク卓球場、やっとの思いで個人レッスンの予約が取れたので行ってきた。
 おとといの練習を踏まえて、教えて貰おうと決めていたことは2つ。
 岸本さんに教えて貰った打ち方を、体の動きと連動させて自分のモノとすること。
 もう一つはオールになるとワヤクチャになるので、ランダム練習をすること。

 ちなみに使用したラケットは朝組んだUltimateOffensive2 エアロックM アグリット。
 気に入ったデザインと打球感のラケットと、安定重視で背伸びしないラバーというコンセプト。
 用具の話は別記事で書く予定。

 次の練習でやろうと思うので、練習内容を書いておこう。 
 ①バックのラリーから、時々フォアに飛んでくる
 ②ミドルから始まり、バックとフォアがランダムで、間に必ずミドルを経由するラリー
 ③フォア前をツッツキ バックの深いツッツキ から回り込んで下回転打ち

 色々アドバイスをもらったがダメだ思い出せない。
 新しく教わったと言うより今までの復習なので、前回までの記事を読み返せば書いてあるはず。
 とにかく共通しているのは手によるテイクバックは不要で、体のひねりがテイクバックになり、フォロースルーを大きくとること。これはみんなに言われるのだがなかなか修正できない。
 何でこのような癖がついているのかと考えたが、長年やっていたテニスに原因があるとしか思えない。
 テニスもたいして上手くないのに、なんでこういう時だけ影響を及ぼすのか。

 教わったおかげで手による回転をかける感覚は身についてきたのだが、下半身や体との連携が上手く出来ず、さらに足の動きも入るとなるとお手上げである。
 
 ツッツキのラリーから攻撃するタイミングについて。
 深くて速い攻撃的なツッツキが成功すると、浮いた球が返ってくる場合が多いので、回り込んで打ち込む。

 強く打ちたい場合は低く構えていた方が打ちやすい。

 肩から先は力を入れずだらんとしていて、下半身から来る力を伝えるだけにした方が回転もスピードも出る。こうなると多少重いラケットで遠心力で打つくらいの方が良いのかもしれない。
 振り終わった後肩が目の前にある事を意識すると良い。
 威力を出す為に体重移動が必要になるが、自分の場合は引っ張ることを思い出すことが大事。
 引っ張っると思っているよりスイングが上まで上がっていないので、そこは修正が必要。
 
 とにかく少しでも忘れないよう、急いで書いた。
 初めて動画を撮ったので、後でゆっくり見ることとする。

  

 本日はTリーグの開幕戦という記念すべき日だが、いつかTリーグ15部くらいに出場予定の私としては観戦している場合ではないのだ。
 先週に引き続きユーウェルク卓球場にて個人レッスンを受ける。
 
 コーチ「今日は何をしますか?」
 私「強い人と打つときそれっぽく出来るようにしたい」
 コーチ「どういうときに上手く出来ないのですか?」
 私「相手のサーブを上手くレシーブできず、その後も力が入りすぎたりスムーズに出来ない。」
 私「猫パンチだといつも言われます」
 コーチ「相手の人のサーブはショートが多いですか?ロングが多いですか?」
 私「ショートかな」
 コーチ「ではフリックの練習をしましょう」

 てな感じで始まり、横下 横上のバック前サーブをフリックで返球する練習をした。
 
 どのタイミングで打つかにより、ストレートとクロスの打ち分けが出来ることを教わった。
 ストレートに打つときはラケットを回す最後の方のタイミングで打つと良いらしい。
 野球で言えば流し打ち?
 斜め上に擦りあげる感じだったかな?
 すでに曖昧になってきている。 

 真下の強い回転の場合は、ラケット先端を下からスタートさせ、肘支点で思っているよりも強く前腕を回転させる。


 フリックがある程度出来るようになったので、次はフリック後のラリー。
 前陣に張り付いていると間に合わないので、少し下がるのがポイント。
 少し下がることによりピッチが上がりすぎるのを防ぎ、強打も出来るようになる。


 練習の合間にカーブドライブやシュートドライブの打ち方を教わり、これも楽しかった。
 
 1時間30分はあっという間に過ぎ、合間合間に会話を楽しみ、実に充実&楽しい練習であった。
 また来月辺り受けたいものだ。 

 卓球強化週間4日目はユーウェルク卓球場で個人レッスン2時間受講。
 ちなみに3日目はいつも通りの卓球教室なので特に記さず。

 メインのレッスン前にモヤモヤの解決をすることに。

 ①月曜日のクニヒロ卓球教室で出来なかった事の復習
「下回転打ちの後、ドライブ強打をされたときの返球」
・ツッツキをフォアドライブで持ち上げた後に強打されたとき、振りが大きくなって全てオーバーしてしまう
・打ち終わった後ブロックの位置でラケットを構え、基本ブロックで返す
・勢いがある場合ラケットを立てる
・少し回転を加えるとカウンターになるが、そこまでは出来ず

 ②火曜日の卓log会練習で出来なかったことの復習
「ループドライブをバックブロックすると回転の影響でオーバーしてしまう」
・横にしたラケットの下半分でボールを捉え、ボールの上部を擦るように返球する

 そしてここからメインレッスン
 本日はバックの打ち方を教わった。
 ①倒した上体を起こす力で打つ
 ②親指は横をつける。指の腹を付けるよりグリップの可動域が広がる
 ③ミドル側に来た球を打つ場合 右斜め上に向かって打つようなイメージ
 ④フォア側に流れた場合は球の左側を打つ 
 ⑤左足を前方に出して重心を載せる癖があるので、フォア側を打つときも左足を前ではなく横に出す
 ⑥球の後ろを打つのではなく上部をラバーに引っかけて打つとドライブになる
 ⑦下回転を打つときもラケットを下から出すのではなく ①のようにして打つ
 ⑧打ち終わった後、そのままバック打ちの位置に戻すのではなく、フォアに備えてニュートラルを経由
 ⑨高く上がった球を打つのは難しいのでバウンド直後を打つと打ちやすい
 ⑩高い位置を打つには構える位置を高くする。胸の位置から振るとか


 文字だと分かりにくいが、少しでも記憶に残るように書いておく。

 追記①悩んで色々ラケットを持っていったがアルバ Q3 ヴェガアジアDFで最後まで固定
Q3の引っ掛かりは安心感がある ヴェガアジアDFはバランスが良い
何度も書いているが、本来悩む必要は無いのかも

 追記②通い始めた最初の頃は大熊コーチもそれほど用具に興味が無さそうだったが、最近は会う度に変わっていて、本日はフォア キョウヒョウ3 バック ターゲットプロだった。
  色々試行錯誤をしている途中らしい。
教え子がコントロールラバーからステップアップする際、価格も考慮して何のラバーを薦めるか、難しいらしい。高すぎると保護者の了承を得られず。3000円近辺であればということ。フライアットスピンをお勧めしておいた。後ヘキサーグリップ。


 

 

 ようやく取れたユーウェルク卓球場の個人レッスン。
 とにかく人気があるのでかなり早い内に予約を入れないと、個人レッスンを受けられないのだ。 
 私はもちろん関係者ではないのだが、貴重な地元の卓球場であるのと、よくある偉そうな態度でこっちが緊張してしまうコーチと違って、優しく尚かつ的確に教えてくれるコーチの存在によって、どうしても応援したくなってしまうのだ。
 
 今回どうしても身につけたかったのは格好いいフォームで威力のあるドライブを打つこと。
 自分のスイングがかっこ悪くて嫌なので、 なんとかしてイカしたフォームを身につけたいのだ。

 教わったことを忘れないために箇条書き

①バック打ち・・振り終わりを体の前面ではなく半円を描くように回して右側にくるようにする。
そうすることによりフォア側への備えになるのと、回転がかかるようになる。
なるべく肘支点で
②グリップ・・ 被せるようなグリップになっているので、フォアバック真ん中のグリップにする
フォア打ちの時被せる癖があるのでこれで矯正
③振り終わり・・振り終わりを肩口ではなく頭の上を目指す。
肩口だと腰を横に回すことになるのでスイングが前方向になる。
頭の上にすると回転をかける方向に力がかかる
④スプリットステップ
打ち終わった後すぐに次の球を打とうとしないで、一度ニュートラルにもどす。
これをやると次の動作に移るのがとてもやりやすい。
っていうかこのことは何度も教わり、自分でブログに書いているのに忘れている

 
 今回ラケットはスウェーデンクラシックにテナジー25 レガリスレッド。
 コーチも用具が変わっていて、ラケットもラバーもTIBHARで、ラケットがサムソノフの何か。ラバーは両面エボリューションMX-Pだった。 
 
 新しく加入したカットマンのコーチは土日のみらしく今回はお会いできず。

  

このページのトップヘ