卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ: ラケット

 卓球に興味がでてから間もないため、ワルドナーという選手についてほとんど知らず、よってそのプレーに憧れて購入したわけでは無い。商品説明を読むと
「JOシェイプが拡げる打球コースの鋭さ、最大限のコントロールを引き出す打球感、そして打球時に緩急をつけやすいスピードの自由性を合わせ持ちます」
  と書いてあり、コントロールの良さと緩急が付けやすいスピードの自由性というところに惹かれたのと、JOシェイプとはどのようなものか、興味があり購入した。
 板厚は5.6mmと薄く、重さは驚異の78g。軽い。これならどんな重量級ラバーも選び放題だ。
 上板と2枚目は薄く心材が厚い。上板以外はエバンホルツと同じ素材に見える。
 これだけで硬い上板で弾くタイプだと想像できる。エバンホルツやバーンOFFのような感じか。
 スウェーデンクラシックの様な芯があるタイプを想像していたがどうやら違うらしい。 
 ドニックの性能表示でスピード9 コントロール8+となっているが、スピードがあってコントロールもあるというのはどういう方向の性能なのか。メモリアルラケットなので少し数値を調整しているのかも。

・・・感想・・・
フォア面 ラザントパワーグリップ
バック面 リズムテック

身の程知らずにもスポンジ硬度50の硬いラバーを貼ってしまったためか、垂直方向に弾みが強くコントロールしにくい。
回転をかけようとしても食いこまないので飛んで行ってしまう。
カンカンと高い音がして、バーンOFFやエバンホルツと似たような打球感だが、もう少しおとなしめか。
パワーグリップはあまり弾まない印象だがテンションラバーなのでフラットに当てれば結構なスピードが出る。私が使うにはもう少し軟らかくて食いこみやすいラバーと組み合わせた方が良さそうである。
粘着テンションを貼ってしまいそうだが、もう少し我慢してパワーグリップを使うか、あきらめて他のラバーにするか検討中。JOシェイプなのでラバーの使い回しが出来ないのが難か。 
 ワルドナー

 WRMのGWセールで特価¥3980で購入。
 前から欲しかったわけではないが、 手持ちの使えなかった粘着ラバーが使えそうな雰囲気の動画を見てちょっと気にはなっていた。
 B品ということだが、少し縁が傷ついているだけで全く気にならない。
 数少ないレビューにあるとおりブレードのデザインは今ひとつだがグリップは嫌いではない。
 重さ93gは平均重量より少し軽いか。

 とりあえず手持ちのLightningDSとキョウヒョウNEO2を貼ってみたが、再利用のため上手く貼れずデコボコしてしまって嫌になりすぐに剥がしてしまった。
 ラバーを貼らずに球突きをするとなるほど特殊素材の音がする。
 感想は後ほど。
 火山岩7 

 以前バルサプラスディフェンシブで弾まないラケットの良さがわかった話は書いた。
 考えてみると手持ちのラケットの中にオールラウンド用ラケットがない。
 初級者から中級者まで使えるコントロールに優れたラケットというあれだ。
 とんがった性能に憧れて購入したけれど持て余している高性能ラバーを使うためにぴったりなのでは。
 もはや何が目的なのか解らなくなってきているが、まあいいだろう。
 いわゆる初級者用ラケットはセクションを持っているが、所有する楽しみはゼロのラケットなので、そのあたりも考慮してこちらを購入した。スウェーデン製という言葉に惹かれてしまったのは内緒だ。
 パッケージは卓球のラケットらしからぬスウェーデンのイメージを前面に押し出したパッケージで正直あまりかっこうよくはない。
 ちなみにオンライン卓球ショップのたくつうで購入。いつも30%引きで今のところ送料無料なので一番安い。軽いのを希望したところ83gだったので軽くもないし重くもない個体といったところか。
 
・・・感想・・・
 感想を書けるほど使っていないが、なぜか最初は全く使えなかった。
 使ったラバーが粘着ラバーのNEO狂飈3 だったためかもしれないが、制御できず戸惑ってしまった。
 今まで狂飈は色々なラケットで試しては駄目の繰り返しだったが、このような感覚は初めてだ。
 硬くて飛ばないイメージの狂飈が普通の裏ソフトラバーのように扱えるのだが、 どうにもコントロールが定まらず、鉄板のカルテット+AIROCに持ち替えてしまった。
 打球感も初めての感覚で、表面の板ではなく芯の部分で打つ感じ。
 もしかしたらこれが普通なのかもしれない。
 同じ5枚合板でもエバンホルツとは全く違う。(当たり前か)

 練習の最後にもう一度使ってみたら、今度は普通に軽めのラリーができた。
 強いドライブ回転をかけやすいような気がしたので、もう一度試してみようかと思う。
 スウェーデンパッケージスウェーデン3スウェーデン2
  

 ジャスポのセールで¥1120にて購入(プラス送料¥840)
 カットマンではないが弾まないラケットというのはどれくらい弾まないのか興味があったのと、元値から見た価格が激安だったので購入
 重量73gと非常に軽い
 ブレードに威力を吸収するメカニズムを説明するイラストが描いてある
 
 粒高を貼って試してみる予定
 5
 
 

 先日の全日本選手権で購入
 重量83g
 厚さ7mmくらい
 ブレードの表面に金のロゴが描かれており、今まで購入したラケットの中でも一番かっこいい
 表板に硬い木材のマホガニーを使用を使用
 いい音が出て気持ちのいい打感
 

 中ペンが欲しかったことはなかったが、購入した途端むくむくとイメージが沸き上がる。
 丁度ペンのフォアドライブのかっこよさに惹かれ始めていたのと、裏面打法に再び挑戦しようと思っていたタイミングでもあった。一度は断念したはずの裏面打法が今なら出来る気がする。
 すでに反転式のを持っているにもかかわらず購入したのは、日ペンと中ペンの違いにも興味があったこともある。もしかしたら自分の打ち方は中ペンに向いているのかもしれないではないか。
 可能性はゼロではない。
  
・・・感想・・・
フォア面 SWORD NANO
バック面 Palio 酔龍

 特徴はとにかくスピードが速いこと。手持ちのラケットの中ではナルカスに似ているが、表板が堅いためかさらに速い。貼ったのが粘着ラバーで、それほどスピードが出るラバーではないと思われるが、ラバーの力ではなくラケットの力でスピードを出していると思われる。
 これがプレイスタイルOFFということなのか。
 軽く打っても飛んでいくので、ブロックとかカウンターに向いているのではなかろうか。あるいは表ソフトとか。粘着で回転をかけたり、ラリーで粘るプレイには適していないのでは。
 カルテットの時と同じように軟らかく弾みすぎないスポンジのラバーが合うパターンか。やはりAIROCなのか。
 その辺のことはあちこちの詳しい人の説明を見れば解りきったことなのだろうが、自分で試したくなる性分なので仕方が無い。
 というより初級者が扱えるラケットではないのかも・・。しかも中ペン。
 ラケットそのものはとても気に入ったので、シェイク持ちして使おうか考え中。DONIC BURN


  

 卓球屋の4割引で購入。粘着ラバーを使って回転をかけることに挑戦する上で、一番粘着ラバーに合いそうと言うことで購入。もっとお手頃で使い易いラケットもたくさんあったが、どうせ最後には一番いいラケットが欲しくなるだろうと言うことで選択。
 ラケット表面は想像と違って光沢がない。もっとつやつやしている物だと思っていたがくすんでいた。
 重量97gはずいぶん重い。片面に粘着や最新のラバーを貼ったらもう片面は相当軽いラバーでないと重くなりすぎてしまいそう。
 説明通りラケットコートを塗る。2回塗ったらまだらになってしまった。
 嬉しくて箱も捨てられない。

 1日使った感想

 フォア面 NEOキョウヒョウ3
 バック面 RISE

  打球音がとても良い。うっていて気持ちがいい音と感触がある。病みつきになりそう。
 グリップは細めだが気にはならい。ただ指に当たる部分のエッジが鋭くすこし痛い。削る必要があるのかもしれない。
 P_20151201_213140 (1) 

 一番最初に買ったラケットだが 単独で記していないことに気がつく

 このラケットは評判が良いのか、7枚合板の紹介記事があれば必ずといっていいほど記載される。

 実際 SWATしか持っていないときは比較できず、どのラケットでも同じなのかと思っていたが、他のラケットも使うようになると良さがわかってきた。

 グリップが自分にあっているとか ボールをしっかり持つ感触があるとか、理由はいろいろある。

 ただ 一番の理由はスイートスポットの広さによる打球感の良さ ではないだろうか。

 他のラケットでは真芯にあてないと得られない心地よい打球感が SWATだと多少外しても同じように得られる。

 良い球かどうかは目で見て判断するのではなく 打球感で判断している思われる

 そうすると良い球が出せたと思う回数が多いラケットほど、良いラケットと認識している可能性があるのだ

 実際他のラケットではイマイチぱっとしなかったラバーも、SWATに貼ると途端に良く思えるのである

 思い返してみれば 妻や娘に色々なラバーを打たせて感想を聞くと 必ずSWATに貼ったラバーが高評価であった。

 あれはラバーがではなくラケットが良かったのだなあ

 という訳で妻と娘もSWATを購入。

 せっかく家に3本も同じラケットがあるので重量を計測。すると驚いたことに新しい2本は93gと全く同じ重さ。自分のSWATは というと83g。結構違う。

 重さによる違いはあるのだろうか

 これから色々試してみようかと思う

 DSCF1041
 
 

 

  

 近所のブックオフのワゴンにあったのは少し前から気になっていた

 バタフライ SK7αの箱に入っていて 箱には封がしてあった

 ラケットは裏返しで入っていてラケット名は見えない状態であった

 SK7αというラケットをネットで調べてみると中古でも¥2980 は非常にお買い得のようなので

 3回来店して購入。

 自宅に帰って グリップをきれいにしようと一式用意して箱を開けてみたら

 入っていたのがこのラケットであった。

 騙されたと思わず この状況を楽しむことにしようと考えた。

  NARCUSってなんだ そもそもどのように読むのかもわからない

 カタログには載っていないし ネットで調べてもほとんど情報が無い 

 何かを語りたくなるようなラケットではないのだろう。

 古いカタログをダウンロードできるサイトから

 2010年度のカタログに掲載されているのを見つけ出した

 20100830nittaku



DSCF1038












・・・感想・・・
表面 MazeProブルースポンジ
裏面 PANAMERA

感想を書けるほど使っていないが
軽いのは間違いない

娘に貸しているが 今までのラケットより使い易いと言っているので
セクションよりは良いのでは

今更このラケットの情報を知りたい人がいるとも思えないのでこの辺で終了







 TSP主催の卓球教室に参加したとき、まだペンホルダー一筋でいくつもりだった私は、双にマークVを貼って参加した。
 相変わらず不安定な打ち方で、下から数えて何番目かの下手さ加減であった。

 休憩時間の時試打用に何本か用意してあり、試しに使ったのがカルテットLFCにVEGAヨーロッパが貼ってあったもの。
 ペンから急にシェークに持ち替えたので、しどろもどろなスイングであったが、台にきちんと収まる。また カンという硬い感触がとても気持ちよく、急速にペンからこのシェークラケットに心が傾きだした。
 側にいたショップのコーチの人に、この気持ちよく感じた感覚は、ラケットかラバー どちらによるものか質問したところ、おそらくラケットの方だろうと判断できた。

 その後自宅でネットを使いこのラケットの情報を集めたが、発売して間もないためか、人気が無いのかわからないが、全くレビューがない
 特殊素材のラケットに興味はあったので結局悩んだ末に、卓球屋の40%引きセールに合わせて購入した。

 ・・・感想・・・
 ラバー フォア面VEGAプロ バック面ΩVヨーロ

 特殊素材のラケットなので、木材と比べると弾く感覚が強く、球持ちは良くないのではないかと思う
 RASANT やMAZEproブルースポンジを貼ると良さを打ち消し合って、ラバーの性能が発揮されない
 同じラバーをSWATに貼ると、ぐっと持つ感じがして安定して強い球が打てる
 例えばRASANTを最初にカルテットに貼ったとき飛びすぎて上手く打てなく失敗したと思ったが
 SWATに貼ったら扱いやすくなった 
 もしかしたら強く打てないとラインカーボンの特性が現れないのかも
 
 今のところVEGAプロが一番相性が良く、強い球を気持ち良く打て、台にも収まる感じ
 強めの前進回転をかけると低くバウンドして相手が受けにくそうにしていた
 今度VEGAプロを他のラケットに貼って試してみよう
 ラバーが良いのかラケットが良いのかはっきりさせるために

 強く響くカーボンの感覚が私は好きなようで、このラケットに合うラバーを探す事にしようと考える
 VEGAプロにしておけば良いのだが、もっと合うラバーがあるかもしれないと思うと我慢できない
 現在キョウヒョウ3-50を貼って試している途中
 キョウヒョウとΩヨーロを貼って195gなので丁度良いかちょっと重い

 価格も高かったのでこのラケットをメインに使おうと思う

 DSCF1008

 


 

 今のところ所持している唯一のペンラケット
 ニッタクと新井卓将氏 共同開発とか、日ペンと中ペンの反転式とか、桧単板とか、マルチファンクショングリップとか、にわかペンフォルダーファンとしては惹かれる要素がたくさんあった。

 ・・・感想・・・

 マルチファンクショングリップ が一つの売りにもかかわらず、説明が全くないのでどのように使うのか、利点は何なのか 今もって不明。中ペン側で持つと出っぱりが邪魔で上手く持てないのは握り方が悪いのであろう。
 配色や質感はとてもスタイリッシュで所有する楽しみがある。
 日ペン側で握っている際、裏面の指が当たる位置にコルクではなくラバーがあるので、材質によっては汗で滑りやすい。
 他に単板ラケットを使ったことがないので比較対象がないのだが、軽くソフトな打球感でボールを自分で操作している感覚がわかるような気がした
 
本当にレビューではなく感想なのだがご容赦願いたい

 また使いたくなる日は確実に来るので、その時追加修正する予定

 

このページのトップヘ