卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ:卓球日誌 > 打ち方

 つじまる師匠に練習のお相手をして頂いているのだが、ペン+粘着ならではの擦り上げるドライブは、頂点まで上がった後急激に落下し、いかにも回転がかかった弾道で、正に理想とするドライブなのだ。
 同じように打とうと思っても力を回転の方に向けられず、ドライブだかスマッシュだか分からない球しか打てない。
 自分ではいくら振っても遅い球しかでないキョウヒョウ2もターゲットブルースポンジも、つじまるさんが打つとスピードと回転の載った勢いのある球が来る。特にターゲットブルースポンジなど本当にうねるような球なのだ。これはやはり打ち方の問題なのであろう。今まで自分の中で評価の低かったこのラバー、一気に高評価へと変わる。
 ペンはインパクトの瞬間スナップをきかせやすく、その結果ドライブ時に回転をかけやすいのだろう。
 シェークと平行してペンも練習中なのでよく分かる。
 
 そこでためしにシェークでもスナップをきかせて打ってみた。
 今まで試してみなかったのは、なんとなく手首を使ってはいけないような気がしていたからなのだが、具体的にはっきりと言われたわけで無い。打球時に手首をあれこれ動かすと不安定になるとは言われたかもしれない。
 バックスイング時に手首を小指側に溜めてインパクトの瞬間親指側に振り上げる。
 擦るってこういうことか!
 そうするだけで回転のかかったドライブが出来る。
 今まで回転をかけることに関しては評価の低かった粘着ラバーも、えらい良い球が出る。
 保管ファイルに封印された粘着ラバーを再評価したくなってきた。
 3時間弱の練習の中で、このことが分かっただけでも大収穫である。

 帰りの途中駅で卓球王国を買う。
 偶然にも「徹底解剖!強者のスーパーテク」コーナーで上田仁選手のフォアドライブの打ち方を解説しており、まさに手首の使い方でフォアドライブの質を上げるという内容であった。
 コンパクトなスイングで威力を出す為には、手首を使ってボールを掴み回転とスピードを出すという内容なのだが、詳しくは買って読んでほしい。

 肩甲骨打法と手首を使ったドライブが、自分なりのドライブ最終目標かもしれない。

 今までドライブを打つ瞬間に手首を使うと教えてもらったことは無く、アドバイスされたことも無く、入門書でも見た覚えも無い。本当はあったのかもしれないが覚えていない。
 出来る人には当たり前のこと過ぎて、あえて説明しない類いかもしれない。
 こういうことは頻繁にある。
 初心者、初級者が何を分かっていないのか、どこに躓いているのか、そのことを経験者や指導する立場の人に分かって欲しい。
 私がブログを書いている理由の一つがそれである。
  

 卓球三昧にてツッツキ打ちドライブの次に教わった。
 ちなみに卓球三昧の「レベル問わず教室」は定員6名で受講者同士練習し、1時間30分のなかで3回くらいコーチから1対1で教わることが出来る。その時何を教わりたいかリクエストできる仕組みだ。
 最近フォアフリックばかり練習していて、バックフリックを忘れてしまったので良い機会と思い教わることにした。

 ①擦り上げるのと前に押し込むのを同時にする

 ②最初は強く打とうとせず、ラケットを6時から初めて9時まで回して球に回転を加え、山なりにネットを越えさせる。12時まで回すとやり過ぎ。

 ③肘を少し上げて打つと良い

 初めてフリックが出来るようになったときはこれが出来ていたのだが、強く打つことに意識がいきすぎていて、基本がおろそかになっていた。 
 どうもフリックは人によって解釈が異なるのか、色々な種類があるのに総称してフリックと呼ばれるためなのか、これこそがフリックだ、という見本が無い。卓球入門書にもフリックはほとんど記載されていない気がする。
 色々な種類があるというより、技術の習熟レベルに応じて段階があるのかもしれない。 

卓球三昧にて、またまたツッツキ打ちドライブを教わってきたのでメモとして残しておく。
①腰を落とすが右膝だけ曲げて落とすのでは無く、まっすぐ下に落とす。屈伸では無い。
BlogPaint
②上腕だけでは無く肩も使ってスイングする

③下に落とした重心を上に引き上げるのと連動して腕も上に振る。
 自分は腰を下に落としながら腕を上に振っていたようである。少なくともこの時は。

④打点は頂点かその少し後。打点を落としすぎると打つとき重く感じると言われた。
 これはなかなか治らない。

⑤台から離れすぎない。
 ラケットが台に当たりそうで少し離れてしまうが、そのせいで打点が遅くなるらしい。
 これもすぐに忘れて離れてしまう。

⑥最後まで振り切る

2回目の指導の時、来るコースが分かっていて待ち構えていれば打てるが、少しでもそれて移動して打つと上手く打てないと相談。

①移動に意識がいってスイングが途中で止まっている。
 ちゃんと最後まで振り切る。

 スイングが途中で止まるのはよく言われる。自分でも分かっているがなかなか治らない。
最後まで振り切ると必要以上に強い球になってしまう気がする。これを完全に矯正するには毎日素振りをするとかして無理矢理体に教え込まなくてはいけないと思うが、そんな気力も時間も体力も無い。
  意識するしかないのかな。

 本日午前中は卓球教室に参加。
 スマッシュを主に教わった。
 忘れないようにメモとして残しておく。

 ポイント①目線の高さで打つ。上がっているとき、落ちているときどちらでも良い。
 ポイント②フリーハンドを目線の高さに上げる。
   ラケットも下方では無くフリーハンドと同じくらいの高さに上げる。 
 ポイント③右足で溜める。
 ポイント④振り始めの位置は通常より高いが、叩きつけたり持ち上げたりせず前へ振る
 ポイント⑤最後まで視線をそらさない。遠くを見てしまうと外す。
 ポイント⑥すぐに体勢を戻して返球に備える

 スマッシュはアルバより火山岩+キョウヒョウ2の方が打っていて楽しい。
 パチンと弾けていかにもスマッシュを打っている気分になる。
 これがアルバ+テナジー25FXだと、フラットに当てるより少しドライブを混ぜた方が良い球になる。
  

 めざせ!オリンピアン という番組で平野早矢香さんが小学生に指導した内容がとても参考になったので、早速本日の練習で試してみた。
 ①フォアハンドの際、左膝が流れないように壁を作る感じで
 ②常に100%の力で打つと、緩急に対応できない。力を調節して打つ

 ①を意識することによってスイング後の戻りが早くなる
 ②を意識することによって力みすぎを防げる

 両方意識することによって、フォア打ちフットワーク練習の時とても安定する。

 オールになると途端に出来なくなるが、すぐに身につくものでも無いだろうから、意識だけでも忘れずに実践していこう。
 
 

 本日卓球三昧高田馬場にて「レベルを問わず教室」参加した。
 今回はマックス8人での教室だったのでコーチに教えて貰えたのは2回だけだったが、非常に為になったので忘れないように書いておくことにする。

 ①長いツッツキに対するドライブ
 コーチに伝えたこと・・下回転打ちをするとき下から擦りあげることを意識するあまり打点が遅くなり、おかしなフォームになっているので、早い打点で打つ方法を教えて欲しい。スマッシュでも良い。

 コーチの回答・・女子なら球の威力も少ないので下回転をスマッシュで返せるが男子では難しい。やはりドライブで返す方が良い。打点が遅いのは大きく引きすぎているから

 その後、2~3球実際に打ち、とりあえず大きなところで2つの問題点を提示される
 課題1・・下半身を使っていないで上半身だけで打っている
 
   教わったこと・・上半身のひねりに合わせて腰と膝を入れる。腰を入れて戻す反動を使う

 課題2・・肘から先で打とうとしている

   教わったこと・・肩 肩甲骨を使う。肩を支点に回す。テイクバックは小さく、フォローは大きく前に回し、打ち終わった後ラケットは左耳の方まで行き、肩が体前方まで来る。

 

 結果・・今までと全く違う打球になった。スピードも違うが、音も違う。音だけ聞くとスマッシュのようだが回転もかかり、低いが弧線も描いている。これは気持ちが良い。

 ②台から出るか出ないかの下回転に対するドライブの打ち方

 教わったこと1・・・台の上で打ってはいけない。台から出てから打つ
 教わったこと2・・・真上に擦りあげるようにして打つ。ただし上に擦りすぎるとオーバーしてしまうので短く台に沿って擦りあげる。これは先日練習したフリックの打ち方と同じ感触なので、分かっていればすぐにできるようになった。


 難しいのは台から大きく出るか、ギリギリ出るか、出ないのでツッツキで返すか、その見極めをすることだが、練習するしかないとのこと。当たり前か。

 その後生徒同士での練習で早速試す。
 ②の台ギリギリの球に対するドライブを教わったことは実践に役に立つ。苦手だった下回転打ちが苦にならなくなるかも。球は遅いのでフォア側に返すとスマッシュされるのでバック側に返すことを心がける。
 ①はついテイクバックを大きくしてしまうので、小さく引いて大きく振ることを意識しないと打点が遅くなる。これは対下回転だけの話ではなくて、通常のドライブも同じとのこと。
 
 改めて考えて見ると対下回転が苦手だったのは、丁度いい高さで球が返ってくることは滅多になく、思ったより短い球が来たときどうしていいか分からなかったからだと気がつく。
 
 知っている人には当たり前かもしれないが、私にとってはとっても参考になったので、実に有意義であった。感動して何度もお礼を言ってしまったよ。 
 そういえばコーチの名前を聞いてなかった。たぶん根田コーチかな?

 前から気になっていた卓球三昧高田馬場店の卓球教室初体験。
 ネットで予約できるのが素晴らしい。 
 朝の地震のせいでダイヤが乱れて慌てたが結局は時間通りに到着する。
 
 生徒6人に対してコーチが1人。ローテーションしながら順番にコーチに教えてもらう仕組みであった。
 とりあえずフォアとバック打ちを確認してもらい、その後ドライブの打ち方を教わる。
 緊張していたためか教えてもらったことを思い出せないが、おおむね出来ているようだ。
 最後にバックドライブを教わる。左腰の横からスイングを始め、インパクトの瞬間からラケットを寝かしていき回転をかけていく。体の正面で打つのだがタイミングが遅れがちで、相談すると頂点付近で打つことを意識すると良いらしい。

 他の時間は生徒同士でお互いやりたいことを順番に練習する。
 サーブを出すからレシーブして欲しい、などなど。 
 課題を持って望むことが必要なようだ。
 自分があまり上手では無いので申し訳ない気もするが、露骨に嫌な顔をされることも無く、楽しく練習できたのは良かった。


 普段強い回転をかける人が練習相手にいないので、 サーブで強い横回転をかけられると明後日の方向へ飛んで行ってしまう。次の機会があったらその練習にしようかと思う。

 使用した用具
 ラケット アルバ
 フォア テナジー25FX
 バック ヴェガアジアDF

 練習相手が強い場合に非常に安定して使える組み合わせだ。実践向きというかコントロールがしやすくツッツキも低く早く狙ったところに打てる。
 試しにフリックをやってみたら急に出来るようになっていた。用具のおかげかもしれない。
 

 帰りに当然のようにワールドラバーマーケットに立ち寄る。その話はまた後日することとしよう。 

 大宮卓球主催の講習会に参加してきた。
 妻が申し込んでくれたので内容も確認しなかったのだが、講師の方はニッタクのカタログ最終ページで契約コーチとして紹介されている鄭 慧萍さんであった。
 福原愛選手の専任コーチもしていたという有名な方である。
 
 鄭さんはこうした講習会の経験が豊富なようで、ユーモアのある親しみやすい話でとても魅力的であった。 

 講習会なので鄭さんの話とお手本実演がメインで、あとは参加者どうしで実技である。
 基本的なフォア打ちとバックショートがメインで、最後に少しフットワークをやったが、参加者が多いので細かい実技指導があるわけでは無く、参加者が打っている中を鄭さんが見て回り、一言二言声をかけていくという流れであった。
 私の所はフォア打ちをしているところに回ってきてくれたが、「上手に打ててるね 」と言われた様な気がする。もう少し見て欲しかったが100人くらいの参加者とあっては無理な相談か。
 
 講習会で覚えている事は腰の落とし方。
 いきなり腰を落とすのでは無く、お辞儀のような体勢をとってから腰を落とすと良い前傾姿勢になるとのこと。
 打ち方などは人によって違うのが当たり前というスタンスのようだ。
 フットワークはボクシングの様に構えるとか、大縄跳びで飛ぶタイミングを合わせている時の構えが良いのでは、などなど。

 質問コーナーもあって初中級者は細かい技術指導を期待しがちだが、鄭さんほどのコーチになると一回りして当たり障りの無い回答が多かった。
 肩の力を抜いて卓球を楽しみましょうと言われているような気がした。 

 卓球教室でバックラリーをしているときに教えてもらったことを記しておく。
 私はバックで打つとき腕を横に振っていると指摘された。打ち終わった後に胸が開いて右足に重心が残っているイメージだ。
 教わったのは腕は前に振り、前に出した左足にむかって重心を移していくこと。
 どうも文章で書くと伝わりにくいが、おそらく皆さんが普通にやっている打ち方であろう。
 これをやってみると確かに安定する上にスピードも出る。
 強く打つときは最終的にグリップエンドが自分の方を向くのが良いそうである。
 こんど試してみよう。
  

 ループドライブを打とうとしても、なぜか弾いてしまう。
 そんな時、肘を曲げたまま下方に引き下ろし、そのままの肘の角度で上に擦り上げると良い感じに回転がかかることが分かった。
 ただ、その時のラケットとボールの位置関係なのだが、下図の様に球が通過していくのだと思う

BlogPaint







 私の場合は違っていて
 BlogPaint







 このように縦に転がすと良く回転がかかるのである。
 卓球書を見るまでもなく、自分でもこれは違っているだろうというのは分かる。
 もう少し検証して、通常のループドライブができるまでの一過程にするか、自分のオリジナル技として追求していくか考えたい。





このページのトップヘ