卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ:ラバー > 粘着

 淘宝内店舗 北京航天乒乓 鉄道乒乓にて購入。218元(3600円くらい)
 このほかにも 国狂8ブルースポンジ 许昕 特制-60号スポンジテンキョク 狂飈3-50の37度スポンジ版など興味を引かれるラバーを多数販売している。
 偽物にしては価格が高く、本物にしては安い。
 シリアルナンバー確認では紅双喜本物と判定。
 999や太陽プロ極薄ブルースポンジ、輝龍のように深い青色スポンジで、38度の為か軟らかい。
 シートはキョウヒョウ2と比べると微粘着くらいで、べとべとしているがピンポン球はあまりつかない。
 触った感じからして軽そうだったが、実際計量してもカット後重量45gと軽量。参考までにノーマルキョウヒョウ8が51g、ノーマルキョウヒョウ3の38度が45g。 
 軽く球突きをすると粘着特有の弾まない感じはするが、他のキョウヒョウと比べると軟らかく食い込んでいる感じがする。といっても狂飈3-50のフニャフニャ感とは全く別。

・・・感想・・・
使用ラケット Virtuoso offensive-
フォア面で使用

 軽打では予想通り弾まないが、粘着に頼らないグリップ力と軟らかめのスポンジから来る安定感がある。
 振れば振るほどスピードが増していくが、ノーマルキョウヒョウ8に感じた制御しにくさが全くない。
 軟らかくて扱いやすい粘着ラバーというとWRMのメイスプロブルースポンジが頭に浮かぶが、もっとテンションラバーに近い。勝手に弾まないスピン系テンションラバーという私にとって理想的なラバー。
 今までVirtuoso offensive-に貼ったキングプロ メイスプロ テナジー25FX ノーマルキョウヒョウ8 輝龍 などと比較すると一番ラケットとの相性が良い。
 スマッシュの時は板の反発力で飛ばし、手に響く適度な振動が中毒になる。
 サーブやツッツキは回転をかけやすく、多少無理な体勢で打っても棒球にはならず返球できるところは粘着っぽくない。
 弾く力が弱いのでフォアフリックは慣れるまで苦心する。表面で弾くのでは無く、しっかり板まで当てるようにして打てるとそこそこスピードが出るが、あくまで粘着ラバーらしい速度。
 
 私は粘着ラバーが好きだがスイングが粘着向けでは無く、一番お気に入りがテナジー25FXだということを念頭に入れて欲しいが、今まで数多くのそれこそピンからキリまで試した粘着ラバーの中で今回のキョウヒョウ8ブルースポンジが一番しっくりきた。
 何よりメインで使いたかったがラバーがなかなか決まらなかったVirtuoso offensive-に、最適なラバーが見つかったことが嬉しい。バック面は考慮の余地があるが、それさえ決まればアルバxテナジー25FXに続く殿堂入り決定である。
 ようやく満足のいく粘着ラバーに出会えた、そんな気分だ。
 キョウ8

 国際卓球高田馬場店でGWセールで購入。
 発売したときから気になっていたが、価格が安いのでいつでも買えると思い先送りしていた。
 新製品の輝龍より粘着ラバーとしての評価が一般的には高い。
 カット後重量49g

・・・感想・・・
使用ラケット Expert power allround
フォア面で使用

上板の硬いラケットと粘着ラバーの相乗効果なのか、球が割れているのかと思うような音がする。
好きな打球感では無い。
軽打でも弾むがテンションラバーの弾むのとは質が違う。強く振らなければ勝手に飛ぶことは無いので長短の自在性はあると思う。
軽く打っているときは食い込みがいいとは言えず、少しでも打点が落ちるとコントロールに不安が出る。
ネットより高い球を万全の態勢で打てればスピードも出る。上を擦るようにして打つとスピード、回転ともに満足のいく球が出る。
擦るのが苦手な私にとっては、ドライブよりスマッシュを打ちたくなるラバーで、何かに似てると思ったらキョウヒョウ8だ。私の打ち方では下回転サーブなどはあまり回転をかけられないところも似ている。
練習をしていて楽しいラバーでは無いが、試合形式になると強打を打ち込む楽しさはある。
今回は離れて打ち合ったりはしなかったので、前陣のみの感想。
 翔龍

 例によって色々なレビューに影響されたのと、ブルースポンジの格好良さで購入。
 使いこなせない粘着ラバーが使えるようになる夢を見る。
 Virtuosoに貼って球突きをすると、ターゲットブルーに似た感触がある。ラケットの影響が混じった打球感というか、軟らかいラバーに共通するあの感じ。本当は軟らかくないのかもしれぬが、そう感じてしまう。
 

・・・感想・・・
使用ラケット Virtuoso offensive-
フォア面で使用

 初めての使用でいきなり初対面の人と打つという事をやってしまい、全く扱えず。緊張していて当てるだけになってしまうと弾みすぎてオーバーしてしまう。かといって軽く打つとラケットが弾むのかコントロールが難しい。 
 バック面で使用すれば良かったかと後悔するが、有料の卓球教室で相手がいることもあり、最後まで扱えないかもしれない可能性を考えると、練習開始前のウォーミングアップでメインラケットにチェンジしてしまった。
 
 もう一度リラックスできる環境で試したい。
 輝龍 

 2017年WRM正月セールで購入。
 価格が高いので買う予定では無かったが、混雑からくる焦りでつい買ってしまった。
 テナジーとほとんど変わらない価格だが、手に入りにくさから来るプレミア価格であろうか。
 カット後 重量51g
 粘着はかなりあり、ピンポン球をつけると5秒くらい落ちてこない

・・・感想・・・
使用ラケット OSP Virtuoso offensive-
フォア面で使用

 初めて使うラケットなので、感じたことがラケットに対することなのか、ラバーに対することなのか判別できない。
 今まで使った粘着ラバーの中で一番弾む。
 弾むと言われている粘着ラバーでも球突きをするとほとんど弾まないが、キョウヒョウ8は弾む。
 軽いラリーをしていてもネットを越えてすぐに落ちることも無いので、相手が粘着ラバーだと気がついていない。

 良い点①下回転打ちがやりやすい。打点が落ちても持ち上げられる
 良い点②スマッシュが速くて打球感も気持ちが良い。
 良い点③速いサーブが出しやすい。サイドスピンサーブや高速ナックルサーブ(自分なりの)が出せる。
 良い点④ドライブを打つと弧線を描くので安定する
 良い点⑤ブロックがとても安定する。これはラケットの性能かもしれない。

 使いこなせていない点①短い下回転サーブの時回転が上手くかけられない。かかるとネットを越えない
 使いこなせていない点②粘着の特徴だがただ当てるだけだと飛ばない
 使いこなせていない点③ツッツキの回転が上手くかけられない

 つまり、粘着ラバーに慣れている人が使うラバーで、粘着ラバーで回転をかけることが上手く出来ない人はこのラバーを使ってもやっぱりかけられない。
 それでもスピードがあるので粘着ラバーの副次的性能(回転をかけることが主要性能として)を上手く活用すれば、使う価値はあるのかもしれない。
 今まで様々な価格帯の様々な粘着ラバーを使用してきたが、粘着ラバーとしての打球感がありながら違和感なく使えた初めての粘着ラバーである。
 ネックは価格と重量。
キョウヒョウ8


  

 WRM創業祭セールにて購入。
 卓球三昧で練習した後当然のようにWRMへ立ち寄り、1時間ほどおしゃべりをした後購入。
 セール期間中とはいえ1枚買う分にはいつもと同じ価格だが、何か買おうと決心していたので前から気になっていたこのラバーに決定。¥5000でアンドロの良さげなラケットもあったが、今回は見送り。
 持参したグローリーに貼ってもらう。
 重量52g。
 球突きをしても粘着なので弾まないが、キョウヒョウなどと比べれば軟らかく扱いやすそう。

・・・感想・・・
使用ラケット グローリー

 最初はもちろんフォア面で使用。軽くラリーをする分にはあまり特徴が無く、いかにも粘着テンションという感じ。 粘着特有のひっつくような感覚はなく、やわらかいテンションラバーの弾まない版?
 引っ掛かりはあるので下回転サーブなどは回転をかけやすい。
 ただ、ラケットの影響か打球感が好みでは無い。ライズやレガリスレッド、狂飈3-50のようなスポンジが軟らかいラバーに似ている。
 ドライブで真価を発揮するのかもしれないが、良さが分からなかった。
 
 バック面で使用していたプラクソン400がどうにも頼りないので、試しにターゲットをバック面で使用してみる。
 ツッツキがとてもやりやすい。シートがしっかりしているのかしっかり掴む感覚がある。
 継続使用するならバック面ということになりそうだ。
ターゲット 

 ボーナスで購入第1弾。火山岩7のフォア面用にどうしても欲しくなり電車で高田馬場店へ赴き購入。
 キョウヒョウ3でとても良かったのだが、欲が出てもう少しスピードが欲しくなりこちらを選択。
 以前購入したメイスプロブルースポンジ46度も、MASAKIの福袋に入っていたメイスも使い易かったので好みのラバーだということは分かっていた。掴みやすく飛びすぎない軟らかい粘着というイメージ。
 キョウヒョウの代わりなので硬いタイプを選択した。

・・・感想・・・
使用ラケット 火山岩7
フォア面で使用

あたりまえだが思ったよりも硬い打球感。 包み込むような安心感は無い。キョウヒョウ3の時は感じなかった火山岩の特殊素材の硬さを感じる。
メイスプロとキングプロは似たようなイメージがあったが、同時に裏表に貼ってみるとメイスプロ48度はどちらかというとナルワンオレンジのようなパチパチ弾くような打球感であった。
硬めの粘着ラバーは早い展開になると間に合わなくなり厚く当ててしまうので、擦ると言うより弾くことになりコントロールが難しくなる。
このラバーは木材の方が合うような気がする。
メイス
 

 MASAKIで先行販売時に¥2000で購入。
 国狂スポンジかも?との説明だったがシートがSTARWOODでスポンジは紅双喜ということなのかよく分からない。
 かなり薄いシートで粒が透けて見える。粘着ラバーとのことだが、すぐに粘着はなくなった。
 球突きをするとノーマルキョウヒョウ3よりは弾む。
 カット後重量47g。

・・・感想・・・
使用ラケット 火山岩7
バック面で使用

自宅卓球台でマシン相手に使用。
思ったより硬い打球感に感じる。パチンと弾きやすくスピードも出る。もうちょっと軟らかくむにっとしているのを想像していた。火山岩7には合わない気がした。
下回転サーブは飛びすぎず短く抑えることが出来る。
スポンジがしっかりしているようで安定感がある。
バック面よりフォア面向きかも。
ナルワン

 WRM決算セールで購入。
 以前購入したラケット火山岩7は、弾まない粘着ラバーも使えるようになるラケットと紹介されていたので試してみたくなりノーマルキョウヒョウ3を選択。
 カット後重量45gはNEOと比較すると大幅に軽い。
 粘着は球をつけるとしばらく落ちてこないくらい強い。
 球突きをしても全く弾まずラケットに吸い込まれるようにしてとまる。

・・・感想・・・
使用ラケット 火山岩7
フォア面で使用

以前NEO2やNEO3を使用したときと比較するとラケットのせいなのか結構弾む。 
普通に打てば普通にネットを越える。
ラケットもラバーも球持ちが良いらしいのでどちらの性能か分からないが、回転をかけやすい。
軽く当てるだけだと弾まないので、相手の強打もとりあえず当てるだけで返球はできる。
今日の練習では薄く擦ることがあまり出来なかったが、 ドライブはやりやすいように感じた。
もちろん粘着ラバーなのでしっかり打たないと棒球ばかりになる。
ツッツキは浮くことも無くやりやすい。

今までドライブサーブで上にラケットをくっと引き上げて回転をかけるという感覚がよく分からなかったが、このラバーではじめて分かった。 今まで使用したラバーの中でグリップ力が優れている部類だ。

このラケットとラバーの組み合わせは想像以上に良い。 継続使用を考えている。
 キョウヒョウ3

 あまり弾まず回転をかける練習に適したラバーとしてショップで提案され購入。
 カット後重量 41g
 パッケージに粘着性ラバーと記載されているが全く粘着を感じない。

・・・感想・・・
使用ラケット スワット
フォア面で使用

 とても軟らかい打球感で扱いやすい。
 かなり速い球でも勢いを吸収する感じで自分の球として返球できる。
 そのかわりスピード感がないが、安定感は抜群である。
 軟らかいので食いこんでいるのは解るがシートでぐっと持つような感覚が無い。
 ツッツキも硬いラバーの様にはやりやすくない。
 卓球を始めて最初のラバーとしてよさそう。
タキネスドライブ
 
 

 WRMのワンコインラバーくじの中の一枚。
 パッケージが豪華なので当たり感あり。
 テンキョクは欲しかったラバーだが、この新しいタイプでない方が良かったかも。
 レビューを見る限り軟らかいスポンジで球離れが速く、スピードは出るが前陣向きといったところか。
 迷ったが火山岩7に貼ることに。
 カット後重量49gとちょっと重い。
 粘着は結構あって球はくっつく
  テンキョク3-60テンキョク

このページのトップヘ