卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ:ラバー > テンション

 結局スウェーデンクラシックにR47 V47を貼り、両面ラザンター使用に。
 重さ183gと予想通り。R47はジャスト50gで、V47は48g。

 感想
 R47をフォア面 V47をバック面で使用

R47

 かなり弾むラバーとのことだが、V>15Extraのように制御不能に陥ることも無く、以前ラクザXやテナジー05を使ったときのように身の丈に合わない感は感じない。
 これはかなり弾まない位置づけのラケットの影響が大きいのかもしれない。
 打った瞬間違和感を感じたがすぐに慣れた。シートの薄さのせいかもしれない
 打っていて硬さを感じることが無く、エアロックにも似た軟らかさを感じる。 
 もっと硬いラバーをイメージしていたので、これはシートの薄さが関係しているのかも。
 軽く打っても強く打っても台に収まり、スマッシュも打ちやすい。 
 短い下回転サーブも出せないことは無いが、やりやすいとは思わない。
 ツッツキは少し浮いてしまってやりにくいが、相手によって印象は変わるので断言できない。
 フリックは特別やりやすいともやりにくいとも思わない。
 
V47
 軽く振ればスピードが出て、尚かつ安定感もある。台から飛び出しそうな球も、 きちんと収まる。
 少し浮いた球を弾くと直線的でスピードのある球が出せるので気持ちが良い。
 ツッツキはやはり少し浮く。
 少しフォア面にして打ってみたが、打球感としてはR47よりこちらが好み。
 フリックは上手くいくと軽い力で速い球が出せる。これだけでも継続理由になる

全体の感想(R47 V47どちらとも言えない感想)
 ①R47よりV47の方が打っていて気持ちが良い。ターゲットアルティマに少し似ている気がする。フォア面V47にするか、R50でも良いのかも
 ②スウェーデンクラシックに貼ったためか非常に扱いやすいが、少しもの足りない。ヴィルトォーソやアルバに貼って試して見たい
 ③ どちらも掴む感覚はあるが、球持ちが良いのとは違う感じがする。
 ④スポンジは普段厚を使用していて、たまに特厚を買うと失敗したと思うのだが、ラザンターに関してはそうしたことも無く、他のラバーの厚のように扱いやすい。これもラケットの影響の可能性もある。 
 ⑤普段やらないような肘を伸ばして強打してもなぜか入る。台から出そうになるまで直線で飛び、最後に弧線を描いてバウンドする感じ。浅い 深い でいったら深い。
 ⑥継続使用したいか? ラケットを変更して試して見たい。扱いやすければそれで良いとは思うが、もう少し弾むラケットで試して見たい。結構高かったし・・

 以上

  

 ジャスポの45%引きセールで購入。
 スワットに貼ったエボリューションFX-Sの打球感がとても良く、その裏面に貼るラバーとして購入。
 そういえばエボリューションFX-Sのことも書いていなかった。
 最近安くて高性能なラバーが多く発売されていて嬉しい限りである。
 宣伝のせいかファクティブは発売前から気になっていて、必ず買おうと決めていた。
 カット後重量41g。
 とても軽い。
 シートを見ると粒が細くて間隔も空いているようなので、なんとなく性能が想像できる。
 参考までにピンぼけだが側面の写真を。

  ファクティブ





 上がファクティブ 下がエボリューションFX-Sである。こうしてみると結構違う。

・・・感想・・・
使用ラケット スワット
主にバック面で使用
エボリューションFX-Sと比べると、多少直線的な弾道で球足が速い。
短い時間の使用でなんとも言えないが、思っていたほどグリップ力は無いような気がする。
球自体は安定していて回転もかけやすいが、他と違う大きな特徴のような物は感じない。
最初の予想通りバック面向きな気がする。
私と同レベルの初級者で、私ほどあれこれ気が多い人間でなければ、バック面はこのラバーで固定しても良いのではなかろうか。
最新のラバーで扱いやすく、価格も安いとなれば文句は無いはずだ。
ファクティブ2





 カブリオレのバック面に貼ろうと購入。
 レガリスブルーと同様ショップに貼ってもらったので重量不明。
 安くて使い易そうで回転もかけやすいと言うことなので、いうこと無しだと思い購入。

・・・感想・・・
使用ラケット カブリオレF
主にバック面で使用

普段ヴェガアジアDFをバック面で使用しているが、同じように扱いやすいと感じた。
ただやはりラケットの弾みが強すぎてよく分からず。
それでも打球感が良いような気がして2枚目を購入し単板ペンの双に貼ったので、気に入ったのかも。
 フライアットスピン

 書いていないラバーが溜まってきたのだが、全く参考にならないことがはっきりしているので書くのも申し訳ないくらいだが、記録として残しておく 

JUICのアウターカーボンラケット カブリオレに合いそうなラバーとして購入。
 購入の決め手は卓球王国のレビューで①食い込んでいるのがとても分かりやすいラバー②それほど弾まないので弾むラケットと合わせた方が良い というコメント。
 ショップで貼ってもらったので重量不明。

・・・感想・・・
仕様ラケット カブリオレF
フォア面で使用

 何しろラケットが弾むのでよく分からず。 
 硬さはそれほど感じず、軽打も打ちやすい印象。
 打球感そのものは安心感があり好きなタイプで、他のラケットに貼り替えて再度検証したい。
 レガリスブルー

半年に一度の卓球屋セールで4割引で購入。
購入の5分くらい前までは同じV>15でもLimberを買うはずだったのに、いつもの悪い癖でより上級者向けの方を選んでしまった。
以前買ったVICTASのラケット カルテットLFCに、同じVICTASのラバーを貼ったら良い感じ?
ちょっと丹羽選手の気分を味わえるかも。
高速カウンター卓球をしている自分を想像して楽しむ。

中にはこんなこじゃれた紙が入っている。
v15紙 







スポンジは気泡が見えず、スピン系というよりスピード系の面持ち。
カット後重量 48g

・・・感想・・・ 
使用ラケット カルテットLFC
フォア面で使用

最初に相手をしてくれたのがペン粒の方で、打つ球打つ球全てオーバー。たまに入るともの凄いスピード(当社比)だが、めったに入らず。いつものスイングだとまるで掴む感じがせず安心感が無い。
これは駄目だと一旦使用をあきらめた。
裏ソフト同士のラリーから始めないと全く感じがつかめそうにない。
 V>15 Extra

 ジャスポで¥800位で購入。他にもブリオスパークスポンジ T-REXハードスポンジ talent(粒高)をまとめて廃番セールで格安購入。
 手持ちのラバーはなぜかフォア向きは赤色ばかりなので、バック面に使えそうなラバーの黒色を購入した。
 ブリオは全く興味が無かったのだが、値段につられて買ってしまったのだ。
 重量43g。特厚でこの重さは軽いのではなかろうか。

・・・感想・・・
使用ラケット  J.O ワルドナーOFF

 最初はフォアで使用。
 やたらに軟らかく、そして弾まない。同じ弾まないのでも粘着ラバーとは違う弾まなさ加減。
 強く打つと「ぐにょり」と食い込み、飛ぶのかな?と思うとネット前にポテッと落ちる。
 バック面に貼っているリズムテックと比較すると違いは明らか。すっかり自分の感覚がテンションラバーに馴染んでいるということだろうか。
 バックで使うとフォアより多少はましだか、食い込む感覚が強すぎてどうにも気に入らぬ。
 そういえばマークV HPSソフトもこんな感じだった。
 今度は硬めのブリオスパークスポンジを試して見よう。
  ブリオ

 発売当初に450を買ったのを皮切りに350 525 ときて最後に400でプラクソン全硬度コンプリート。
 特別好きならバーでも無いが、価格が安いので目的によっては購入対象になりやすく、今回はバック面での使用を考えた際軽くて弾みが良いものということで選んだ。
 WRM高田馬場店で購入。
 カット後重量42g

・・・感想・・・
使用ラケット グローリー
バック面で使用

 ラケットの上板が硬いのでどうも扱いにくい。そういえばエバンホルツの時もそうだったが、軟らかいラバーだと板の打球感が強調されてむしろ硬く感じる。スピードは速いが返球する球がかなり左右にぶれる。どうもこの組み合わせは上手くないようだ。
 落ち着いて掴むことを意識して打てばコントロールは向上するが神経を使う。スピード系テンションは回転の影響を受けにくいから使い易いだろうというのは、表が同様の理由で使い易いというのと似た理論に感じる。
 ラケットを変えて再度試して見るべきかも。

プラクソン400 

 色々楽しげなラバー ラケットの取り扱いで物欲を心地よく刺激してくれるMASAKI様でまさかのラバープレゼント企画。早速申し込みましたとも。
 本日届いたので詳細を気にしている86人の方向けにパッケージ写真だけでも紹介しよう。
 LIONというメーカーの点球成金 XA900 厚さ2.2mmくらい。テンションラバーと書いてあるので粘着では無いらしい。
 表には大きく日本製高級スポンジを使用と書いてある。
 裏面の説明(英語)を見ると、軟らかくて軽いテンションラバーで、前陣向けだが中後陣の攻撃選手にも向いているらしい。
 臭いはタイヤのゴムのような臭い。
 粒形状は細くて間隔が広くグリップ力は弱めな感じなので、シートに食い込ませるタイプか。スポンジは気泡の無いフラットな感じで、私の感覚では硬く感じる。
 こうしてみてみるとバック面に向いているような気がしてきた。
 先日購入した中ペンの皇神(まだ紹介していない)の裏面に貼ってみようかな。
 点球

 アルバのバック面に貼ったターゲットアルティマ47.5mmが、直線的な弾道で不安定な気がして軟らかく使い易そうなラバーを探していた。
 いつもシリーズの中で一番高性能なラバーか、WRMで紹介されている粘着ラバーを買ってしまうせいで、ほどよい性能のラバーを所持していない。
 引っ掛かりがある程度有るが回転の影響は受けすぎず、スピードはそこそこ、弧線を描くが飛びすぎないラバー。弾くより食い込ませてコントロールできる軟らかめで新しいラバー。
  結局決め手になるのはいつものように卓球王国のレビュー。個性は少ないが使い易そうである。
 大宮卓球で購入。大宮卓球はなぜかXIOMは15%と割引率が低い。 
 カット後重量44g。クタッとしているしんなり系ラバー。

・・・感想・・・
使用ラケット アルバ
バック面で使用

 購入前の想像通り、癖の無いラバー。
 ターゲットアルティマ47.5と比較すると、弾いたときのスピードやツッツキ サーブの威力に劣るが、強弱のコントロールはつけやすい。
 なんだか頼りない打球感だがライズやレガリスレッドとは異なり自分で打っている感はある。
 軽い打球感はラケットもラバーも軽く総重量175gと軽量なことも影響しているかも。
 
ヴェガアジアdf
  

 スウェーデンクラシックのフォア面に貼ったターゲットアルティマ50が調子よく、いっそバック面もターゲットアルティマにしようかと購入。
 WRMのネット販売では品切れになっており、高田馬場店へ足を運んだ。
 求めていた厚はなく、在庫数もずいぶん少なくなっていて、仕方なく特厚を購入した。
 結局スウェーデンクラシックにはラザントグリップを貼って満足してしまい、宙に浮いてしまう。
 今になって思えばターゲットシリーズはWRMの販売ラインアップから消えてしまう商品で、そういえば先日WRM高田馬場店へ行ったときは在庫全く無しで場所も無くなっていた。
 どんなに良いラバーだったとしても、これから継続購入できないとわかると興味が半減である。
 
 最近になってダーカーのアルバを購入し、フォア面はテナジー25FXに決めていたのでターゲットアルティマ47.5をバック面に。 なにしろアルバはラケット形状によってラバーの使い回しが出来ないのだ。

・・・感想・・・
 バックに使うにはスポンジが硬いような気がする。
 弾くには良いが下回転を持ち上げるのが難しい。
 そのかわりサーブやツッツキは回転のかかった速い球が出せる。ひっかかりは良い。
 バックサーブや攻撃的なツッツキで攻めるなら良いラバーかも。
 どちらにしてももう販売していないので詳しく説明する気がおきぬ。

ターゲット4751

このページのトップヘ