卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

カテゴリ: 卓球日誌

 永遠に続くかと思われたじりじりと肌を刺すような夏の日差しも、どうやらやっと和らいできたようで、そうなってくるとどうしても美味しい餃子を食べたくなってきた。
 一度食べたいと思うと我慢できないのが私の良いところ。
 小食だが食い意地は張っている。
 早速いつものメンツに招集をかけた。 
 そう、月曜昼間餃子会のあの方々である。
 
 卓球漫談の ナルコさん
 リンの卓球物語の リンさん
 つじまる備忘録。の つじまるさん
 
 残念ながらつじまるさんは不参加となってしまったが、残りの3人で開催することとなった。
 
  今回持ち込んだラケットは三本
 ①UltimateOffensive2 Q5 マントラS
 ②檜単板シェーク ブルーストームZ1 クレア1枚
 ③フォーティノフォース キョウヒョウ3ターボオレンジ ヘキサーパワーグリップSFX

 ①以外はお遊びだが楽しみでもある。
 
 最初の1時間はリンさんとひたすら打ち合って、ナルコさんが登場してからはいつもの「まっぽっぽ戦 」(勝つと続けて負けると交代)

 連続2点とらないと交代なので、なかなか勝者側に行くことができない。
 三本のラケットをあれこれ試したが、なぜだか③が点を入れやすかった。
 粘着なのでツッツキが浮きにくいのと、それほど弾まないのである意味安定するためか。
 その代わり私のスイングでは、少しでも態勢が崩れるとドライブを打つのも難しく、 棒球連発であった。

 ②は予想通り全くダメで、とにかく色々ダメだった。
 ①はメインラケットなのだが、上手な人相手だとコントロールが難しくなり、こういう時用にもう少し扱いやすい組み合わせも持っていこうなどと非生産的な事を考えてしまった。

 用具の結論から言えば、①は継続利用 ②は一旦保管ケース行き ③はフォア面貼り替え メイスプロとかキングプロとか、久し振りのWRM特注も良いかな

 
 とにかく二人とも上手なのは確かで、私が得点をするとしたらサーブで取るか、一か八かのスマッシュ強打しか無い。つなげばつなぐほど不利になるし、そもそもそれほど続かない。
 ツッツキがしやすくてスマッシュが安定するラバーを研究するべきなのか?

 ナルコさんに多少なりとも有効なサーブはナックルロングサーブだが、普通のドライブサーブは待ってましたと返される。
 そしてリンさんにはナックルサーブは全く効かない。
 人によって得手不得手があるんだね。当たり前か。
 
 などなど毎回色々勉強になる素晴らしい練習会なのだ。

 3時間みっちり練習して、お楽しみの餃子屋さんへ。
 今回は私の独断と偏見で餃子の安亭へ。
 ここの餃子ダブル定食が、どうしても食べたかったのだ。
 安亭の餃子はしっかりとした食べ応えのある餃子で、がっつり食べたいときにはピッタリである。
 ビールと餃子を堪能しながら主に卓球ブログの話で盛り上がる。
 単なる卓球好きでも楽しいのに、3人ともブログを書いているので共通の話題も多い。
 参加できなかったつじまるさんには申し訳ないが、今回もとても楽しかった。

 もしこれが練習だけで、終わったら解散の集まりだったらこれほど楽しかったであろうか?
 やはり練習と食事とビールと卓球TALKがセットになっているからこそ魅力的な会になるのであろう。
 これを大人卓球4点セットとして布教していくことにしよう。

 

 卓球は余計な力が入ると良いことがない。
 ふわっと浮いたチャンスボールを、力んで打つと明後日の方向に飛んでいく。 
 ツッツキはグリップをギュッと握って打ったら当たりが強くてミスをする。

 こうしたことは意識して練習を重ねていくにつれ、力の抜き加減が分かってきて程よく打てるようになるものだが、私の場合フォアの下回転打ちだけはどうしても力んでしまう。

 バックだとそうでもない。
 ふんわりと球の表面を撫でるようにして打つのがコツで、そこからスピードを上げていくことにより威力が増す道筋が見える。
 それがフォアだと構えてしまうのか、全身に力が入ってしまい、まずまともに返せない。
 必要が無いのに大きなスイングになってしまい、無駄に動いてしまうので、多球練習ともなると息が切れて仕方が無い。

 今日の練習ではとにかく力を抜くことを意識した。
 どれくらい抜くかというと、姿勢を維持する力だけを入れて、腕や肩はほとんど脱力状態。
 そこからスイングを始めて最後まで脱力。
 インパクトの瞬間でも、球に当たる感覚が無いくらいふんわりと柔らかく持ち上げる。
 もちろん威力など無いので、あとはそこから調整をしていく。
 今まで全身の筋肉をギリギリと絞り上げるようにして打っていた下回転打ちと、脱力して打った下回転打ちを比較しても、スピードにおいてはそれほど変わらない。
 力が入っていないので戻りも早いし、何回打っても疲れない。
 引きつけすぎて打点を下げることも無いので、コンパクトな卓球になる。
 
 問題なのは、多分次の練習時には全くこの感覚を覚えていない事。
 まるで今回新発見をしたかのように書いているが、妻によると今まで何度も同じ話を聞いているらしい。
 確かに似たようなことをこのブログでも書いたことがあるような無いような・・・

 
 
  

 初心者に贈る、初級者ならではの怪しさ満載技術記事。 
 なにしろ本人も修行中なので、信じるか信じないかは貴方次第。

 毎週シニア向け卓球教室に通っているが、バックをうまく打てない人がほとんど。
 こちらが強く打てばちゃんと返ってくるが、緩く打つと飛んでこないか叩きつけてネット直行。
 フォアはスイングになっているのに、バックは当てるだけになっている。
 そういう人のラケットは、構えから打ち終わりまで終始立っていて、動かす距離も短い。
ラケットの動かし方その1


























 
 卓球教室でもほんの一握りの人はきちんとラケットを引いて、打球方向に向けて振ることが出来る。
 このようなスイングで打てると、自分の力で打てるので、ちゃんとラリーになる。
 動きからして経験者っぽいので、多分学生時代に部活でやっていた人で、そういう人と試合をするとたいてい私が負ける。

ラケットの動かし方その2



























 そしてラケットの先を腹(胸?)の方まで引いて、しっかり回転をかけて打てる人はほとんどいない。
 絶対とは言えないが、健康卓球教室では見たことが無い。
 これが出来る人は下回転打ちのドライブも打てるはず。
 ラケットの動かし方その3


























 習熟度別に並べたわけだが、別の視点から言えば、バックを打つときの態勢別になっているとも言える。
 Aは、相手の球が速かったり、しっかりとした態勢で打てないとき
 Bは、ピッチの速いラリーや、コースをつくとき
 Cは、万全の態勢でバック強打を打つときや、下回転など相手の球のスピードが遅いとき

 Aしか出来ないと、バックを攻められている限りこちらのチャンスにはなかなかならないので、せめてBのように打てるようになったら、もっと楽しくなると思うのだが、なかなか難しいようである。

  

 記録的な台風とそれに続く強烈な雷雨をやり過ごし、無事練習会を開くことが出来た。
 つじまる師匠との練習は結構久し振りで、楽しみにしていたので良かった。
 列車の遅延で遅れてしまったが、何とか10:00前には体育館へ到着できた。
 例によって台がいっぱいだが、いつものことなので、色々近況報告。
 そのうち台が空いてようやく練習開始となる。

 最初はメインのUltimateOffensive2 Q5 マントラSで真面目に練習。
 2本目はフォーティノフォース Q3 ヘキサーパワーグリップSFX。
 Q3も良かったが、ヘキサーパワーグリップSFXの方が程よい感じで、私くらいのレベルだとスピードと回転を出しやすい。
 フォーティノフォースを使うなら、フォア面をヘキサーパワーグリップSFXにして、バック面をマントラSあたりにした方がよさそうである。
 ハイブリッドK1Jは、スワットに貼って最後のチャレンジ。
 軽く当てると上へ上へと飛ぶので、この辺りはゴールデンタンゴと似ている。
 硬い粘着ラバーだが打球感はテンションそのもので、打っていてあまり楽しくない。
 ハイブリッドK1Jは無し。
 つじまる師匠に買ってもらったキョウヒョウネオ2を火山岩7に貼ったのだが、これは何度も使った組み合わせなので間違いない。
 キョウヒョウネオ2はPF4と同様に粒が低くて密集しているのだが、シートが若干薄いのかPF4よりは反発力もあり、無理に力を入れるといったことも無く、打っていて楽しいラバーである。
 
 つじまる師匠のラケットもお借りした。
 ワルドナーウルトラカーボンに翔龍はとても良い組み合わせだった。
 翔龍は粘着っぽさをあまり感じないラバーだが、打点を落としても安心して持ち上げられるのは良い。
 基本的に直線的な弾道で、スピードもそこそこある。
 打球感が良くて、打ち続けていたいラケットだった。

 今回の目玉の一つである「つじまる特注コバルトブルースポンジ」は、1枚ラバーに市販のブルースポンジを貼り合わせたもので、手作りとは思えない綺麗な仕上がりだった。
 つじまる師匠は器用な方なのだ。
 スマッシュ気味に打つとホップするようにぶっ飛んでいくところは、柔らかいスポンジの変化系表に似ている。
 力を抜いてソフトに回転をかけるように心がけるとドライブも打てる。
 回転はそれなりであろうが、見た目は落差の激しい弧線で、他には無い独特な弾道である。
 これでドライブ練習をすれば、裏ソフトでも簡単にできる、かもしれない。

 そういえば先ほどのワルドナーウルトラカーボンはシェークのストレートグリップで、普段は中ペンのつじまる師匠にとっては慣れないグリップなのだが、普通に打ってたのは流石である。

 最後はフットワーク練習と、フォア前サーブからの4球目攻撃の練習をして、終了。
 後はお待ちかねのビールである。
 いつものファミレスでジョッキ片手にボーイズトーク。
 子供が小さいと自由な時間が少ないので大変なのだ。
 楽しい時間はあっという間に過ぎて、お開きの時間となる。
 
 いつものように電車の中で爆睡しながら帰路についたのであった。
 
  

 記録的な台風が去った日の午後、4ヶ月ぶりのユーウェルク卓球場個人レッスンを受けてきた。
 フォアもバックも上手になったと言われたが、特にバックが上手になったと褒められた。
 そこは正直に高田馬場ルクールのコーチから教わったと答えた。
 ユーウェルク卓球場が人気がありすぎて予約が取れないので、あちこちの卓球教室をハシゴして武者修行をしていたのだった。
 そういえば色々な卓球場のコーチに挑戦して、勝ったら看板を奪うという卓球道場破りとかあったら面白いな。宮本武蔵みたいに。
 大熊コーチはラケットを元のガレイディアに戻したようだが、ラバーはディグニクスになっていた。
 テナジーと比べて寿命が長いと言っていたので、きっとそうなのだろう。
 どちらにしても高くて買えん。 

 最高気温37度の予報の中、2時間のレッスンは危険な気もするが、ユーウェルク卓球場は冷暖房完備なので熱中症で倒れる心配は低い。それでも大汗をかくのでヘアバンドは必須である。

 最近基本を見直そうとスワットに両面マークVXS(普通のマークVでは無いところが用具好きのいやらしさ) で頑張ってきたが、そろそろ飽きてきたので元のUltimateOffensive2 x Q5 x マントラSに戻す。
 この極端なぶれが下手の用具好きの特徴だと言える。 
 
 教わったことは箇条書きで
 ①フォアドライブ時にラケットの振り終わりを右こめかみ辺りにするつもりで
 ②体勢が不十分なときはストレートかミドルくらいを狙う。クロスは振り遅れていると無理
 ③なのでレシーブ時も、相手が振り遅れていたらこちらのバック側に来る確率が高い
 ④踏み込んでツッツキをした後は一度戻る。ここはサボってはダメ

 気がついたこと 思い出したこと
 ①フットワークの時、腹筋に力を入れて死ぬ気でやった方が疲れないぞ
 ②ドライブを打つときは下半分で打つと弾かず回転をかけやすい 

 バックドライブを褒められて、調子に乗って打ちまくっていたらラケットが重くてつりそうになってきた。重いラケットの方が良いと言っている人はよほどの力持ちであろう。
 私は非力を自覚しているのでしっかりと予備の軽量ラケットを持ち込んでいた。
 ワルドナーOFFにQ4 リズムテックである。
 ところがこいつに変えた途端自分でも威力が無いなと感じた。
 コーチからも回転スピード共に格段に落ちると言われるし、どちらにしても腕が疲れるのには変わりが無かったので、さっさと元に戻した。


 最後にサーブを教わる。
 ロングサーブを出した後、バック側でぼーっと立っているとフォア側を狙われるので、ちゃんと構え直す。当たり前か。
 
 2バウンドするナックルサーブを教わった。
 変に横回転がかかっていない方が次の球も打ちやすいし、ナックルと弱い下回転の組み合わせと、たまに速いロングサーブを混ぜていけば、 試合になりそうである。
 それから最後の最後でバックサーブを披露したら、とても良いと褒められた。
 優秀なコーチは褒め上手。
 これは間違いない。
 ますます卓球が楽しくなった。 

 午前中怒濤のごとく練習&餃子&ビールをエンジョイした後は、当初の予定通りリンさんと練習だ。
 思い返してみると卓log会のメンバーで良く一緒に練習するのは、同じチームのつじまる師匠は別格としても、ナルコさん、リンさんと3人とも月曜昼間餃子会のメンバーで、この3人が私のような若輩者のお相手をしてくれる心優しき男達だということであろう。
 高田馬場から東西線に乗って三鷹まで移動し、目的の体育館では30分ほど順番待ち。
 上の階でやっていた中学生の大会を見学したり、ベンチに座って卓球話。
 アルコールの影響を心配したが問題無さそうである。
 3時頃ようやく台が空いたので、午後の部スタート。
 いつものようにバックバックの展開から後は適当に打ち合う。
 ハンドソウ使いのリンさんは、裏裏と裏表の2本立てで、途中から裏表になった途端レシーブが難しくなった。
 粒高や半粒ではない単なる表ソフトでも、打ち慣れていない身としては十分効果がある。
 特に今回使用したマークVやライズのようなラバーだと、ナックルに対して自分から回転をかけ返すのが難しく、こういう状況になるとマントラSが恋しくなった。
  残り1時間ほどはサーブ2本交代のよくあるオールというやつ。
 リンさんとは良く練習するのでどちらかというと慣れているが、地力が違うのでまともにやっては勝ち目は無い。
 それでも色々サーブを試せるのは良い練習になる。
  短いサーブよりもロングサーブの方が返されても返球しやすいなとか、短いフォア前下回転サーブは回転数が足りないと狙い撃ちされるなとか、横回転サーブは簡単に強打されるし回転が残って面倒だなとか。
 初級者に向いているのはナックルロングとかドライブサーブのようなシンプルなサーブかもしれない。

 何度かチャンスボールに見える浮いた球が来たが、そういう時に限って力が入りまくって失敗ばかり。
 フォア打ちをもっと上手になりたい。

 とにもかくにも3時間びっちり練習して、最後の方になるといつものように「うおー」とか「おりゃー」とかお互い奇声を発しながら、精神力のみで打ち合う。
 一体何の修行をしているのやら・・・

 疲れ果てた2人は卓球場を後にして、2階のラウンジでしばしの休憩。
 腹が減ってたまらぬが、このあとに控えるイベントこそが本日のメインイベント。
 ここで食べてしまっては全てが台無しである。
 ぐっと我慢してコーヒー牛乳とドーナツのみを頬張るのであった・・・

 続く・・・
 

 急遽決まった月曜日午前中の練習に参加した。
 場所は高田馬場ル・クール。
 なんと3週連続の訪問である。
 しろやさんとゆうさんの練習に、私とリンさんが合流した形だ。

 今回私は一つの野望を持って参加していた。
 それは「myお勧め中国粘着ラバー」を、卓球用具界のご意見番がどのように評価するのかという、どうしてもやってみたかった企画なのだ。
 ちなみにそのラバーはこちら
 TB2YcerpH9YBuNjy0FgXXcxcXXa_!!1115196468









 
 729のバトル2省用である。
 
 このラバーをエヴァンホルツVに貼って持参した。

 練習の合間の休憩時間に恐る恐るラケットを取り出し、評価をお願いした。
 結果から言うと良い評価は頂けなかったが、ぶしつけなお願いにも関わらずとても丁寧に説明&実例を見せてくれて、なるほどこういう判断基準なのかと実に納得できた。
 少なくとも卓球に関することには真摯な方なのだ。

 想像より真面目な練習会で、自分のような初級者が参加して申し訳ない気もしたが、申し訳ない態度でいてはもっと申し訳ないので、そこはいつものように図々しく色々教わった。
 ゆうさんからブロックとサーブの出し方を手取り足取り腰取り教えてもらえるなんて、なかなかできない経験だ。

 冷房が効いているにも関わらず大汗をかいた後は月曜昼間餃子会お勧めの石庫門へ。
 中華料理屋だが半個室の様な場所があり、昼間にも関わらず居酒屋気分も味わえる。
 大皿の餃子と生ビールをパクつきながら、卓球TALKを楽しむ。
IMG_20190826_121641107









 ついつい調子に乗って生ビールを追加注文してしまい後から後悔することになるが、楽しかったから良しとするのだ。

 

 フォアドライブを打つと、たいてい同じ事を指摘される。
 手打ちになっている。
 脇が空いてきて蓋をするように振っている。
 体を使っていない。
 タメがない。
 
 などなど。
 教わった当初はそれなりに打てるようになっても、時間が経つにつれて曖昧になっていき、特に下回転打ちになると手足がばらばらの動きになって、酷い有様になる。

 今回の練習もそんな感じでダメダメだったのだが、ふと練習中に思い出したのがこちらの動画。 
 以前も紹介したような気もするが、何度も同じ失敗を繰り返すのが当ブログの醍醐味と言うことでお許し願う。
 一つ目はこちら


 そしてもう一つはこちら


 どちらも T-DESIGN卓球クラブ  代表  藤原 久さんの公開している動画で、私にはとても理解しやすい。
 
 特に最初の動画を思い出して、股関節を意識すると一瞬のタメが作れて、力を球に伝えて打つことが出来る。
 途端に安定性とスピードが飛躍的に増して、自分の球では無いように感じたほどだ。
 マークVXSなのに。

 初級者は、ちょっとしたヒントで上達する可能性があるが、大抵身につかないうちに忘れてしまう。
 めげずに頑張ろうっと。

 昼からビールを飲んですっかり良い気分のまま卓log練習会へ。
 定期練習会の参加は久し振りなので、半年以上リアルではあっていないメンバーがほとんど。
 ネットでは毎日のようにやりとりしてるのだけどね。
 
 参加メンバーは以下の通り。
 しろや リン 東山 シュン 立野B タメモト キロ 
 つじまるさんから託されたダーカーの試作ラケット? を試し打ちしたり、しろや会長からご指導を受けたりしたあとは、エレベーター戦へと突入。
 勝てば上へ上がり、負ければ下へ下がっていくエレベーターだが、私は下がるだけの一方通行。
 そもそも最初から一番底のポジションなので、つまりは固定である。
 ここより下は無いぞと脅しをかけて、精神的動揺を誘うのだ。

 しろやさんは私の持って行ったフォーティノフォースにハイブリッドK1Jで相手をしてくれた。
 ハイブリッドK1Jは、使いにくそうであった。
 ゴールデンタンゴ使いの東山さんは、あまりにも私が下手なせいで実力が発揮できなかったようだ。
 リンさんとは毎月のように練習しているが、そういえば今回はあまり話せなかった。
 タメモトさんは、普段大人しそうな姿からは想像できないような卓球をするが、これまた私相手ではやりにくそうであった。
 シュンさんはラケットを忘れて取りに帰ってしまった。

 皆優しいのか、私に対しては難しいサーブは出さないし、それほど打ち込んでも来ないのだが、まあてんで相手にならない。
 アルコールが足りなかったか・・・・
 それでも以前ほどぼろ負けでも無くなったので、 多少なりとも成長しているのだと考えよう。
 
 それにしても同時期に始めたはずの立野Bさんが、普通に強くて最上階で何度も防衛しているので、始めた時期とか年齢を言い訳にすることも出来ないのは困った。

 さすがに疲れてしまったが、練習が終わると途端に元気になり、楽しみにしていた飲み会へと向かう。
 いんでぺ はつし 両君と合流し、総勢9名の賑やかな会となった。

 色々用具の話にもなるのだが、前に座った実力者のSHUNさんがテナジーの良さを語るので、やはりテナジーではないとダメだ!となるのもいつものこと。

 楽しかった記憶はあるのだが、何の話をしたかはあまり覚えていない。
 あっという間に終電の時間となり、名残惜しいが店を出る。
 また参加したいものだ。
 
 

 本日は卓log会の定期練習会。
 その前に立野Bさんと昼から練習することに。
 我々のように40すぎてから卓球を始めたおじさんは、練習も大事だがそれ以外も大事。
 つまりは現地でウマイものを食べたり飲んだりすることが楽しみなのだ。
 今回の練習場所である深川は立野Bさんの本拠地なので、店のチョイスはお任せ。
 まずは練習前に軽く食べましょうということで、ラーメン屋を目指す。
 向かった先は支那そば しんば。
 八幡祭りで賑わう通りを歩き、神輿の水掛けや屋台を横目に見ながら観光気分を味わう。
 IMG_20190812_120813765








 普段は並んで当たり前の人気店らしいが、さすがはお盆と言うことか、我々以外の客はいない。
 冷房の効いた薄暗い店内から外の賑わいを眺めるのも乙なものだ。
IMG_20190812_121059124









 卓球談義を楽しみながら、ウマイラーメンをすする。
 これ、最高。
IMG_20190812_121724200









 
 当然練習もちゃんとやる。
 3時間ほど真面目に打ち合うと、汗でぐっしょり。
 シャワーを浴びてすっきりさっぱりしたあとは、巾着に財布を入れて、ぶらり町歩き。
 まるで温泉に入った後、温泉街を歩いているような気分である。
 適当な唐揚げ屋で栄養と水分補給。

 またまた卓球談義をしながら唐揚げのみをつまみにジョッキでグイグイ。
 これ、最高。
IMG_20190812_163935826










 すっかり良い気分になった我々は、この後控えるメインの練習会に行くか、このまま酒を飲み続けるか真剣に検討した結果、練習をサボるわけにはいかんだろうと再びスポーツセンターへと向かう。
 こうして卓球の内容は一切無いが、これぞまさに大人卓球と言うべきだろう。
 
 後半へ続く。


  

このページのトップヘ