卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:アポロ5

 いつもの卓球教室と妻との1時間30分の練習を、ほぼこの組み合わせで通した。

 
 
 アポロ5(38度)
 フォアで使用

 良かった点
 ①ツッツキがとてもやりやすい。 シートで捉えて回転をかけて送り出す、この過程がしっかりわかる
 ②フォア打ちが安定する。球持ちが良いというのか、一瞬ラケットに張り付くのを感じた後、回転をかけたり、コースを考えたり、スピードを出したり、色々出来る、気がする。
 ③勝手に飛ばないので自分で打っているなあ、という気持ちになれる
 ④粘着ラバーは使っている内に粘着が無くなってきて滑る様になるが、アポロ5はシートのグリップがいいのか最後まで全く気にならない。
 ⑤強くミートするとバチンと大きな音がして、速い球が出たような気分になれる。実際十分速い
 ⑥回転がかかったときと失敗したときの違いがはっきり分かる
 ⑦回転をかけようとしなければナックル気味の球になる。慣れなければ返しにくい
 ⑧上手くドライブを打てると結構な回転量で、粘着の楽しさを味わえる
 ⑨擦り打ちだけでは無く、当てるようなドライブでも回転がかかる

 今ひとつの点
 ① しっかり振り切らないとネットを越えない
 ②なので緊張して当てるだけになったらまず入らない。
 

 以上はアポロ5の特徴と言うより、粘着ラバー共通の特徴かも。

 ラケットとの相性はとても良い。
  薄くて球持ちの良いラケットと粘着ラバーの相性が良いっていうのはこういうことなのかと納得。
 シートで捉えて擦って回転をかけたり、面で捉えて持った後に振り切って回転をかける事が出来る。

 他の粘着ラバーとの比較を試みたが、あまり意味が無いように思うので止めておく。
 いつものように好きか嫌いか、でいえば好き。
 また使いたい。

 ラザンターV42 
 バックで使用

 良かった点
 ①軽く打ってもスピードがある
 ②かといって勝手に飛ぶわけでは無く、掴んで離す感覚がある
 ③ツッツキが浮かず、安定して打てる
 ④適当に打っても大抵入る
 
 今ひとつな点
 今のところ無し

 私は技術レベルが低く、バックの方がまだマシな方なので、バックで得点することが多い。
 バックで攻撃したい人にはお勧め。
 


 追記
 練習中にラケットを強く台にぶつけてしまい、分厚いサイドテープでも衝撃を吸収できず、ブレードの表面が剥がれてしまった。
 ショックである。
 DSC04666DSC04667DSC04668 

 この購入履歴って書いてても面白くないし、きっと読んでても面白くないと思うんだよね。
 レビューならともかく、ただ買いましたって報告だからね。
 報告と言うより無駄遣い日記になっているからね。
 ラバーやラケットを買ったら書かなきゃいけない勝手なプレッシャーもあって、もう止めようかと思ったこともあるけれど、 今更止めるのも悔しいし、欲望が枯れるまでは続けることにするね。
 何で時たま変な文体になるのかって?
 こっちが地だから。
 いつものお堅い文体は、単にしろのたつみさんのブログを読んで影響を受けているだけだから。
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最近WRMで売り出し中の最新ラバー、銀河 アポロ5という粘着ラバーがある。
 このラバー、不思議なことに銀河のカタログには載っていない。
 カタログに掲載されているのはアポロ2、アポロ3のみであり、アポロ5の記載は無い。
 ちなみにアポロ2はバック面用テンション系、アポロ3はフォア面用粘着ラバーと説明書きがある。
 アポロ5は中国のネットショップでもほとんど取り扱いが無く、数少ない扱い店舗では日本向けラバーと紹介されており、WRMで買うより高い価格設定になっている。
 金色のパッケージが高級感を演出しているが、銀河ではPRO用とヨーロッパ向けラバーにはこのパッケージが使用されており、そういった意味では中国国内向けでは無く日本向けという意味なのだろう。
 
 もともとこのラバーを購入する意思はなかったのだが、WRM蘇我店で購入することになった顛末は既に述べたので、ここでは割愛する。

 シートの具合
 それほど強い粘着では無い。
 シートの表面はきれいで品質が良いと思われる。
 
 ラバーカット
 カッターで切りやすい。中国の粘着ラバーは大概カッターで切れる。

 カット後重量
 53g
 しっかり重い

 予想
 硬くて軽打ではスピードが出ず不安定
 サーブやツッツキは回転をかけやすい

 パッケージ写真
アポロ5 1











 
改めて見てみると品名無しのパッケージに後から商品名を印刷しており、他の金パッケージラバーとは異なる。

 ラバー表面
アポロ5 2







 ラバー断面
アポロ5 3




 粒が太くて低い
 スポンジは拡大してみると細かい気泡がある


  

このページのトップヘ