卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:アルバ

 11:50分くらいから受け付け発券機の前でスタンバイ。
 並んでいるのは私とつじまるさんだけだが、油断は出来ない。
 そのうち後ろに2人並んだが、並んでいるとははっきり言えないくらいの緩い感じ。
 12:15受け付け開始のはずだが発券がスタートしない。
 2台あるうちの1台は開始になっていたようで、ふらふらしていた男性がさっさと購入した。

 この人並んでないよね。

 後ろの女性2人は回数券持ちらしく、こちらもさっさと受付。
 無事受付を済ませた我々は、エレベーターなど使わず3階まで階段をダッシュで駆け上る。
 午前中下見済みの小体育室に1番乗りして台を確保。
 総入れ替えのはずが、台をキープするラケットがすでに乗っている。

 まあいい。卓球が出来れば文句は無いのだ。

 前回は緊張していて広く感じた新宿スポーツセンターの小体育室も、慣れればそうでもない。
 早速準備運動して軽く打ち始めた我々に、横から注意する声が。
 12:30前には打ってはいけないとのことで、誰か1人でも守らないと全員部屋から追い出されるらしい。
 さすが公共施設・・・・色々言いたいがここでは多くは語らぬ。

 卓球が出来れば文句は無い。

 12:30になりすぐにスタート。
 ウォーミングアップをかねて軽くラリーをする。
 
 普段使っているスウェーデンクラシックではなく、いきなりアルバ+Q3を手にしたのは絶対良いはずだという確信があったからだ。

 何度も言っているが、レビューは書けぬ。
 日によって感じることも違うし、相手によっても印象が変わる。もちろん使うラケットにも影響されるし、打ち方を変えれば感じ方も変わる。

 それを念頭に置いて、本日の感想を記す。
 
①アルバ Q3 ヴェガアジアDF

それっぽい書き方を放棄して、外堀から埋めていく。

・普段ならあれこれラケットを試したくなるのだが、今回はずっとこれを使っていたいと感じた。
これは自分には珍しい。
・最近使ったラバーとの比較で言えば、オメガツアーDFのような勝手に飛ぶ感じでは無い。
厚さが1.9mmの所も関係しているかもしれないが、あくまで自分で打っている実感がある。
・ループドライブが楽しい。
・ミートも楽しい
・ブロックが最高に楽しい。勢いを殺すのも、伸ばすのも意のまま。がんがん打ってくれ状態。
・速い 回転がかかる 打球感が良い ブロックしやすい 飛びすぎない サーブ良し

すくなくとも基礎練習に限って言えば今まで使った中で最高の組み合わせ。
何よりブロックがやりやすい。
ヴェガアジアDFも久し振りに使ったが、良いラバーだ。
こちらは厚さマックスなので、バック強打も気持ちよい。
どこが良いとか上手く説明できないのはいつものことなので諦めて欲しい。

これはアルバの特性も大きく影響していると思われる。

②神龍木単板シェーク V>15Extra クレア
・ほとんどネタのようなラケットだが意外と実践的で、いつかこいつがメインになる日がくるかも
・10mm単板の破壊力で、何しろ初速が速い。V>15はスピード成分よりグリップ力が発揮される。
・回転系表ソフト1枚ラバーのクレアは普通に打つとナックルになって空気抵抗で変化する。
スポンジ無しで本来なら守備用だと思われるが、桧単板の威力で凶悪なスピードになる。
表面で擦れば回転もかかる。
・ぶっとい丸太でぶったたく卓球は豪快で楽しい

③ExpertPowerAllround(風林火山) アポロ5 ラザンターV42
・アポロ5と風林火山の相性がとても良く、これがメインでも良いと思わせる
・スピードは速くないがその分強弱と長短の自在性がある
・キョウヒョウ2が好きなのだが、このラバーはキョウヒョウに似た打球感で好み

 そのほかつじまるさんのラケットもお借りした。

 中ペンに貼ってあるアレスブルースポンジ(WRM特注)は、最初よく分からなかったがシェイク持ちで使ったら途端に印象が良くなった。
 スピードと回転のバランスが良い。
 粘着ラバーではかなり高性能なのではないだろうか。

 神龍木単板シェークはあまりのスピードに身の危険を感じた。実際体に当たるととても痛い。
 速い球がミドルに来ると胸トラップをする癖があるので、その都度痛くて敵わぬ。

 Q3はつじまるさんが打つと粘着ラバーの様な球筋で、なおかつスピードのあるやっかいな球が来る。
 評判通り粘着ラバーに似た側面があるのかもしれない。
 この辺はつじまる師匠のブログ待ちだ。

 結局メインのはずのスウェーデンクラシックは一度も使わなかった。


 1時間30分の練習だったが、色々収穫も有り、またつじまるさんが上手に相手をしてくれるのでとても楽しく練習を終えることが出来た。こういうときは1日楽しい気分で、ますます卓球が好きになる。
 練習後のビールは今回お預けだったが、脳から分泌された何かで十分酔えたので良しとする。
 Q3パッケージ
 

  

 バック面を長らく使用したヴェガアジアDFからヴァルモに替えて2度目の練習。
 相手によって印象は変わるのを前提としての感想。
 
 多少なりとも速い球が来ると、ヴェガアジアDFよりコントロールが定まらないが、全く駄目という感じでは無く慣れれば大丈夫そう。
 軽く当てるよりしっかり振った方が安定する。
 様々な人の練習相手としてはヴェガアジアDFの方が強弱も付けやすくコントロールも良いため向いている。
 回転の影響はそれほど受けていないと思うのだが、上へ上へと飛んでしまいオーバーが多くなる。
 ツッツキも何故かオーバーかネットが多く(練習相手のラバーを見せてもらったらエルフラークだったのでそのせいかも・・・)やっぱりヴェガアジアDFかな、と弱気になったが・・・

 練習後半のオール形式になると評価は変わる。
 相手の打ちやすい球など出す必要がなくなるからだ。
 私はバック面をスナップだけで弾くような打ち方をしてしまうのだが、 最初は直線的で最後は台に収まるようなスピードのある球が出せる。
 
 練習が終わった直後はヴェガアジアDFに戻すか、プラクソン450に貼り替えようか誘惑にかられたが、冷静に考えてみると問題は無いと思われるのでもうしばらく試してみることにする
  

 長らくメインラケットのバック面で使用していたヴェガアジアDFは一旦退場して頂いて、新たならバーを探すことにした。
 ヴェガアジアDFは安定した良いラバーで寿命も長く、私と同じレベルの方にはおすすめのラバーである。 
 変更するにあたり重視したのは
①ヴェガアジアDFより弾きの強いラバー(強すぎるのは不可)
②回転の影響はあまり受けないが、引っかかる感触も欲しい
③長短 強弱をつけやすい
④強打に負けない腰の強さ でも強すぎるとコントロールが難しい

 今回試したのはヤサカのヴァルモ。
 檜単板日ペンと7枚合板 紅双喜博で経験済み。
 単板ペンでは良い感触だが、博では弾みが強すぎる印象。
 アルバは単板に似た打球感を追求したモデルで、ヴァルモはきっと合うはず。

 ウォーミングアップのバック対バックの時、今までと同じ感覚で打つと上方向に飛び出すので焦る。
 3,4球打つとすぐに慣れた。
 ヴェガアジアDFは相手のスピードを利用して速度を出したが、ヴァルモは自分から打てる。

 ツッツキはとても良い。
 低くてスピードのあるツッツキが出来る。ある程度硬いラバーで打つのと同じ感覚。軟らかいラバーのようにポワンとする事は無い。

 今回は上手な人との練習が無かったので、強い球を受けたときの安定感までは分からない。本当はこれが自分にとって重要なのだが。
 
 気に入らないラバーだと練習中に変更したくなるのだが、ヴァルモは全くそういうことは無く、第一印象としては十分及第点。
 Virtuoso offensive-のプラクソン450に続くDSC04484 (1)バック面用ラバーとして固定できるかもしれない。
  

 本日もつじまる師匠ご指導の下、実り多い練習であった。
 用意したラケットは5本。
 ①アルバ テナジー25FX(貼ったばっかり) ヴェガアジアDF
 ②Virtuoso offensive- テナジー25FX(お古) テナジー64FX
 ③火山岩7 キョウヒョウ2 エアロックS
 ④神龍木8mm単板ペン ヴァルモ T-Rexハードスポンジ
 ⑤スワット ブレイクプロブルースポンジ エボリューションFX-S

 重量的に5本が限界なのである。今回はあまり新しい用具は無く、今までの確認がメイン。
 唯一新顔は先日購入してイマイチだったブレイクプロブルースポンジ。私は擦る打ち方が出来ないのでつじまるさんに使ってもらって評価が変わるか試すために持って行った。
 
 試したこと①  テナジー64FXがバック面で扱えなかった事の再確認
 結果 やはり飛びすぎる。普通に振っても台に収まらない。
回転の影響も受けやすい。
フォア面のテナジー25FXはアルバよりも弾んで良い感じ。
バック面は貼り替えを検討する。

 試したこと② 新品テナジー25FXの使い心地
 結果 半年以上使った同ラバーと打球感が違う。
下回転が簡単に持ち上がるし、何より弾みが違う。
テナジー25FXが弾まないと思っていたのは、
当初よりテンションが落ちていたのか。
正直言って同じラバーとは思えない。

 試したこと③ 火山岩7のバック面にエアロックSは合うのか
 結果 前回はヴェガプロを貼って不安手だったが、エアロックSは丁度良い弾み。
特殊素材の打球感をマイルドにしてくれる。
上に上がる傾向があるが、弾みすぎないので扱いやすい。
フォア面のキョウヒョウ2は、使えば使うほど良い。
弾まないラバーなので自分で緩急を付けやすい。
擦る打ち方を練習中なのだが、感覚を磨くのに適している。

 試したこと④ ヴァルモの性能再確認
 結果 慣れてくると本当に使い易い。
ある程度強く打つと食い込んで安定する。
そして軽く打つと軽快に連打ができる。
単板との相性が良いのではと感じる。

 試したこと⑤ ブレイクプロブルースポンジは真価を発揮するのか?
 結果 つじまるさんに使ってもらったが、特筆すべき事が無い。
スピードも回転も感じない。
つじまるさんの所有するブレイクと比べるとシートの輝きが違う。
何より2回目の使用なのに全く粘着が無い。
不良品なのかな。

 その他
 つじまるさん所有の郭躍華+729FX郭躍華を使わせてもらったがとても扱いやすい。
 今まで使った中ペンの中で一番好感触。
 スピードも回転もそれほど無いが、薄くて軽くて取り回しが楽。安定してラリーが出来る。
 不慣れな中ペンと言うことも忘れて、ずっと使っていたくなった。

 3時間近い練習もあっという間に終わり、その後飲んだビールは格別であった。


 

 Virtuoso offensive-にフォア面テナジー25FX バック面テナジー64FXを貼ってみた。
 結論から言うとフォア面テナジー25FXは問題なく、バック面テナジー64FXはオーバースペックだった。
 Virtuoso offensive-は軽く打っても良い音が出るラケットで、 適度なフィードバックがあり気持ちが良い。アルバと違いがはっきり分かるのはフリックのスピードで、イメージ通りのスピードが出る。アルバは軽く弾いただけでは飛ばないので、つい力を入れすぎてしまうがVirtuoso offensive-ではそのようなことにはならない。
 アルバは球持ちが良いのかドライブをかけたくなるが、Virtuoso offensive-はドライブよりもスマッシュを打ちたくなる。思ったよりも球離れが早いのでアルバのようにのんびり回転をかけている時間は無い。
 
 練習相手が少し上手な男性で、バックバックのラリー練習でもスピードと回転の載った球を出してくる。
 テナジー64FXで受けるとかなり被せてもオーバーしてしまう。そして当てるだけでもスピードが速い。
 自分から常に打っていけるなら良いが、守勢に回ると途端に手に余る。
 アルバ+ヴェガアジアDFなら回転の影響をあまり受けず、弾く力も弱いのでとりあえず受けることは出来る。何しろ台に納めるのが最優先の訳だからヴェガアジアDFの方が自分には合っているのだろう。
 かといってヴェガアジアDFをもう一枚買ってVirtuoso offensive-に貼るのもつまらない。
 先日WRMで買ったスピード系テンションのプラクソン450なら、バックフリックのスピードとブロック系技術のしやすさを兼ね備えているのではなかろうか。価格も安いし。
 テナジーを剥がすのも勿体ないが、Virtuoso offensive-はメインで使いたいラケットなので、ここは妥協せず試すことにしよう。
  

 卓球教室の最終日。
 1台に1人先生がいるという贅沢システム。 
 主にバック打ちの練習をした。
 女性でペンの先生で、私からしたら結構早い球が最初から来る。
 バックのヴェガアジアDFはぐっと掴む感覚が強く、上方向へ飛ぶ。
 面を被せていないとオーバーしてしまうが、そこさえ気をつければ安定して打てる。 
 緩急もつけやすく、早くアップテンポのラリーの最中にスピードを殺した球を打つことも、相手の勢いを利用して手首のスナップだけで速い球を打つこともできる。
 これはラケットのアルバの性能が影響している可能性もある。
 ただしターゲットアルティマ47.5と比較するとスピードは遅く、山なりになる。
 今日の練習のようにワンコースの練習だと物足りないが、試合形式になれば また違った印象を持つだろう。ツッツキの練習もしたが、少し食い込むのを意識すれば早く直線的な弾道のツッツキを打てる。
 普段これほどピッチの速いバックラリーはしないので、ヴェガアジアDFがキンキンといい音を出すことに初めて気がついた。ミートすると気持ちが良く、ドライブもやりやすい。
 これから様々な技術を習得したいなら、ヴェガアジアDFはおすすめである。
 

 午前中2時間 午後2時間練習。体力が落ちているので最後は集中力が無くなるが、練習したい欲望の塊のような物は昇華して軽い気持ちになった。

 今回はそれぞれに分けて記す。

 ①アルバ

 軽く打っただけでは弾まない。ラバーのせいかもしれないがスピードが遅く感じる。不思議に思っていたがあることを思い出す。それはこのラケットの宣伝文句である「弱いインパクトでは弱く反発し、強いインパクトでは強く反発する 性能の対称性」という言葉だ。つまり私くらいのスイングではアルバから見たら弱いインパクトなので弱く反発していたのである。いつも感じていた、性能の上限を見ていないのではないか、もっと高性能なのに使い切れていないのでは無いのか、そういった疑問がなんとなく解決してすっきり。確かにブロックは短く止めたり長短のコントロールがしやすく、ドライブも擦ると言うより球の縁に沿って被せるようにして打つと回転がかかる。多少強い球でも押されることも無く余裕を持って返せる。打球感は芯が無い感じであまり好きでは無いが、性能的には申し分ない。

 ②テナジー25FX

 とにかく扱いやすい。硬すぎず軟らかすぎず程よい打球感、しっかりもってくれる安心感、下回転の持ち上げやすさ。他のラバーは使えなくなるが、価格が高いのが難点。

 ③ ヴェガアジアDF

  反発力が弱いのか飛ばない。バック面で使用しているが、ラリーをしているとき弾くだけでは飛んでいかず、しっかり振らないと相手コートに届かない。
 しっかり掴んで打つ感覚が強いので、バックドライブなどやりやすい。回転もかけやすく扱いやすい。ミート主体には向かないが、ブロックで相手の勢いを殺したり、コントロールに優れている様な気がする。

 あくまで個人の感想です。 

 約一ヶ月ぶりに練習をした。
 左手はギプスをしたままだが、打つのは右手なので何とかなるのである。
 使用したのはアルバにフォア面テナジー25FX バック面ヴェガアジアDF。
 思ったより感覚が失われていない。というより元々失うほどの感覚は無かったのか。
 娘を相手に難しいことは言わず好きに打ち合ったのだが、 何となくラケットとラバーの特性が分かってきたので記しておこう。
 テナジー25FXはとてもドライブが打ちやすい。強打の場合、スマッシュよりもドライブの方が威力があるような気がする。スポンジが軟らかいせいか、水平打ちをすると思ったよりスピードが出ない。これはラケットの打球感が影響しているのかもしれない。
 スマッシュ練習に多くの時間をとった中で、最後はスウェーデンクラシックxターゲットアルティマ50x ラザントグリップ を使用したのだが、思った通りスピードが出る。ラケットも芯がある打球感なのでいかにも打っている感じで心地よい。
 ドライブ中心ならテナジー25FX ミート打ち中心ならターゲットアルティマ そんな感じであろうか。

 とりあえず久し振りに練習が出来て嬉しかった。 

 よくラバーのレビューを見ていると、弧線を描くとか上へ上へと飛んでいくとか、弧線を描くけれど浅いとか深いとか書いてあるが、正直言ってよく解っていなかった。
 確かにターゲットアルティマ47.5をバック面で使用していると、回転もかかるし威力もあるがネットしたりオーバーしたりしてコントロールが難しい。 かといってラバーの力によって勝手に上へ上がってネットを越えたり、オーバーするはずの球が台に収まったりする何てこと、本当にあるのだろうか。
 
 今回ヴェガアジアDFというラバーをアルバのバック面で使用したのだが、色々気がつくことがあった。
 ノーマルのヴェガアジアがどのようなラバーかは知らないが、少なくともこのヴェガアジアDFはかなり軟らかいラバーで、反発力が強いタイプでは無い。スナップをきかせるだけではほとんど飛ばず、しっかり振らないとネットしてしまう。引っ掛かりはあると思うがツッツキは硬いラバーと比べれば浮きやすく頼りない。使ったことのあるラバーの中ではプラクソン350に似ている。
 さて本日の卓球教室でバックショートのラリーをしたのだが、いつも通りに振っているのに球が上へ上へと上がる。かといってオーバーするわけでも無く台に収まる。当たり前のことを言っていると言われそうだが、本当に勝手に上に上がるラバーってあるのだと少し興奮してしまった。
 そして掴んで投げるような感覚が非常にある。 これらは軟らかいラバーの特性なのかもしれないが、スポンジと言うよりシートの粒形状が影響しているように思う。
 そもそもターゲットアルティマ47.5から貼り替えた理由は、下回転をバックドライブで持ち上げたときの安定性向上、チキータ 台上バックドライブ フリックの練習 だったのだが、まさに求めていた性能だった。
 オールをしてみるとレシーブ時に少々無茶なバックドライブを振ってもしっかりネットを越えてくれる。チキータとは言わないが、ラリー中に横回転をかけたりするのもやりやすい。そのかわりスピードは遅い。ミート打ちはしなかったので平行方向の反発力しか解らないが、かなりゆっくりとしている。

 上手くなった気がするが、強くなった気はしないラバー。それがヴェガアジアDFである。 

 好きか嫌いかでいえばあまり好きなラバーでは無い。ターゲットアルティマ47.5の方が好きである。私のような「基本技術を習得中の初級者」にはヴェガアジアDFを継続して使うべきとは頭で理解しているのだ。きちんとバック面の技術を身につけてから好きなラバーに貼り替えるとしよう。
 ヴェガアジアDFをもう少し硬くして弾みを上げたラバーがあれば・・。それってラザントグリップ?
 

 ダーカーのラケットが欲しくて購入したアルバ。
 前陣向けで高性能、軟らかめのスポンジで扱いやすいテナジー25FX。
 どちらの性能か分からないが、説明通り軽く打ったときにはそれほど弾まない。
 バックに貼ったヴェガアジアDFも回転の影響を受けすぎないためか、ブロックが今までの中でやりやすく、勢いを殺して返球できる。
 軽打のラリーはスピードが出すぎずコントロールしやすい。
 下回転サーブは一瞬グリップする感じが強く、回転をかけやすい。これも今までで一番回転がかかる。
 アルバは芯がある打球感でも、表面で弾く打球感でもなく、かといってスカスカでもない。カンッ でも コンッ でもなく テンッ という感じ。ラバーが軟らかい影響かも。
 フォア面は下回転を持ち上げやすく、 擦り上げてのループドライブもスピードドライブも今までで一番ネットしにくい。というより強く打っても不思議なくらい持ち上がる。
 
 最初にバック面に貼っていたターゲットアルティマ47.5は、スポンジが硬いせいかツッツキやサーブがやりやすく回転もかけやすい。軽く合わせるだけでよく弾むので、バック面がミート中心のプレイスタイルならお勧めであるが廃番ではどうにもならぬ。
 スポンジが硬いせいか、フォア面の打球感もほどよく硬くなりテナジー25FXとの組み合わせはいい。欠点は万全の態勢で無いとコントロール性能が著しく低下するのと、50g超えの重量。

 次にバック面に貼ったのはヴェガアアジアDF。
 こちらは打って変わって軟らかくて軽い。フォア面の打球感まで軽くなり、あまりよろしくない。
 リズムテックもそうだが、癖がないので説明しにくい。アルバにはもう少し硬めのラバーでも良いかも。
 ヴェガアジアDFとターゲットアルティマ47.5のどちらがバック面に良いかというと、好き嫌いならターゲットであるが、実用性ならヴェガの方であろうか。
 ヴェガアジアDFならもう少し硬い方が良い。
 ターゲットが47.5度 ヴェガアジアが42度なので45度?
 最初から最近お気に入りのラザントグリップにすれば良かったのか? 

 番外編
 ①今回2度目の使用でテナジー25FXの端が欠けて剥がれた。ぶつけた記憶も無いのにショックである。高かったのに・・・・・。

 ②妻のお気に入り、エボリューションMX-Pとスワットを借りて打ってみた。
 単板に貼っていたときにはよく分からなかったが、スワットに貼ったエボリューションMX-Pはとても良い。硬いラバーのはずだが球を持つ感覚に優れ、 振りながら打つ方向や強弱をコントロールできる。安心感のあるラバー で通じるだろうか?ラザントグリップの弾みをさらに落としたような感じ。最後まで振り切れるので力を載せた球を打てる。
 スワットのポコポコした打球感が無くなりラケットとラバーがしっかりマッチしている。
 手持ちのスワットにエボリューションMX-Pを貼ろうか。そんな誘惑に囚われた。
 

このページのトップヘ