卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:エアロックM

 先日の練習会で卓log会のインデペ。さんにフォアドライブを教わった。
 擦り上げるドライブではなく、体を大きく使って打つドライブの方で、永遠の課題にしている打ち方だ。
 ドライブの入り口として、打点を落として打つ練習をしたのだが、その時貼っていたラウンデルは打ちやすくはあったものの、柔らかすぎて回転をかけている感覚に乏しかった。
 これはかかっていないと思いながら「回転かかっていたか」と聞いたら、「ラウンデルはスピード系なんですよね」とか曖昧なことを言っていたので、多分かかってない。

 別の台ではオール形式の練習をして、いつものQ5で試したのだが、こんどはシビアになりすぎて全く教わったことを再現できなかった。

 以上の経験を踏まえてドライブ練習用ラケットを作った。

 ①スウェーデンクラシック エアロックM テナジー64FX

 バックのテナジー64FXは貼ってあったのをそのまま流用しているので、違うのに貼り替え予定。 

 ②インナーフォースレイヤーALC.S ロゼナ ライガンスピン

 スワットにするべきだったが、手が滑ってインフォレSにしてしまった。



 本日の最初の練習に使ったのは②のインフォレS。
 ロゼナもライガンスピンも検証の必要も無い評価の高いラバーだが、思ったほどやりやすくは無かった。
 弾みを押さえて回転性能が高いのが売りのインフォレSだが、そこは素材ラケットで少しでも厚く当たると硬質なビリビリとした振動を感じる。あまり掴んでいる感覚が無く、反発ばかり感じて、スワットに貼った時のライガンスピンとは受ける感覚が大きく異なっていた。
 脇道に逸れるがインフォレSに限らず素材ラケットは、みっちりと硬いラバーの方が打球感が良い。
 
 練習途中で①のスウェーデンクラシックにチェンジ。
 明らかに飛び出しが遅くなり、柔らかい打球感も相まってしっかり掴んでいる感覚がある。
 スピードはそりゃ遅いだろうが、イメージとのギャップが少ないので問題ない。
 弧線を作りやすく、とっさの場合でもミートにならず回転をかける事が出来る。
 今になって冷静に考えてみると、回転量はラウンデルと大差ないかも・・・・

 ついでと言ってはなんだがバック面のテナジー64FXも好感触で、このままで良さそう。


 しばらくこの組み合わせで頑張ろう。

 この言葉、何回書いたことか・・・・
 
 
  

 STIGAのノスタルジックオールラウンドというラケットにマントラMを貼ったら、思ったより弾きが良すぎてもう少し落ち着いたラバーを探していた。
 そこで浮上してきたのが同じメーカーのエアロックM。
 今まで特殊素材ラケットに貼ったことはあった。
 弾みは申し分ないが、ツッツキや下回転サーブがポワンと浮いてしまってそこだけが不満だったこのラバー。 弾み控えめな純木5枚合板に貼れば、ラバー本来の性格が分かるかもしれない。

 というわけで
 ラケット:ノスタルジックオールラウンド
 フォア面:エアロックM
 バック面:マントラS
 をお試し。

 まずは軽くフォア打ち。
 ・・・・ベインベイン鳴って弾まない。
 間違えてマークVを貼ったかと心配になるくらい弾まない。
 練習相手の妻が粘着だろうと疑ったくらいだ。
 とにかくやりにくいと文句を言われるがこっちだって打ちにくい。
 エアロックMってこんなラバーだったんだ・・。
 
 お次はツッツキ
 引っかかると言うよりグニッと掴んで打ち出す感じだが安定して低く打てる。
 これはなかなか良い感じだ。
 回転はそれほどかかっていない気がするが、とにかく安定する。

 下回転サーブ
 これも良い。
 グッと回転をかける感触があって、しかも低い球を打てる。
 これも安定していて良い。

 ちょいと離れて対上回転のドライブ
 思いっきり打ってもスピードが出ない。
 何だろうこの感覚・・
 粘着が無くて軟らかいムニッとした中国ラバー?
 というより軟らかめの高弾性ラバー?
 
 特殊素材ラケットに貼ったとき不満だったところは全て解消され、良かったところが不満になるという逆転現象。

 これは好みでは無いなと諦めて、それでも一応最後に対下回転打ちドライブを試す。
 もともと得意では無いのでなんとも言えないが、特に打ちやすいとも言えない。
 打ち方が悪いのかとあれこれ試して見たところ、他のラケット(ラバー)ではオーバーしたりネットしたりしてしまう様な打ち方で打ったら低くて鋭いドライブが打てた。
 (脳内イメージ)一度ラケットを膝裏まで落とし、肘は直角に曲げたまま遠心力で振り上げ薄く擦り上げてフィニッシュは肘が目の前に来る打ち方。
 文章で書くのは無理がある。

 受けた妻によるとそれほど回転はかかっていないらしいが、打った側からすればループドライブの延長線上にあり、力を抜いた楽な打ち方。
 
 これは迷う。
 さっきまでダメだと思っていたが急に本命に浮上である。
 
 どうしよう エアロックM
 

 見栄えが良くて理にかなったフォームを身につけるために、実用的な組み合わせを試している。
 前回までエアロックMを使っていたのだが、サーブやツッツキ、ループドライブの時引っかかる感触が少ないので、回転がかかっているのかかかっていないのか良く分からず、そこが唯一不満だった。
 そこで今回同じスティガのマントラSを引っ張り出してきた。
 間抜けなことのにこのマントラSを最初に貼っていたのはこのラケットだったのだが、妻に使わせるために剥がしていたのだ。
 バックのアグリットは最近お気に入りのラバーで、軟らかいけれどふにゃふにゃでは無く、回転の影響も少ないこともあってなかなか使い勝っての良いラバーなのだ。軽いし。
 
 フォア打ち、ツッツキ、全く問題なし。
 サーブも自分のイメージに近い球を打てる。
 下回転打ちもやりやすい。
 下回転打ちのドライブはどうしてもループドライブになってしまうので、ループドライブをやりやすいのはありがたいことだ。
 軟らかく弾みが良いので、回転はそれほどかかっていないが、それはスキルの問題でもあるのでなんとも言えない。もちろん硬いテンションラバーや粘着ラバーと比べればキュッと擦りあげる感覚に乏しいが、そこは無い物ねだりであろう。
 ミート打ちは軟らかいなりにスピードが出るが、スマッシュの気持ちよさは硬いラバーの方が数段上だろう。これはラバー固有の話では無く一般的な特徴になるので仕方が無いことだが。
 本日の練習においては強打をするとオーバーばかりしていたので、エアロックほどの安心感はないかもしれない。エアロックはとにかく台に収めることに関しては比類無きラバーの様に思う。
 下回転サーブやツッツキの切れ味、ループドライブのやりやすさを重視してマントラSにするか、試合形式での安定性を求めてエアロックMにするか。結構本気で迷ってしまう。

 バック面のアグリットは必要十分なラバーだ。
 軟らかいのでバックドライブやブロックがやりやすく、不思議とツッツキもやりやすい。
 ミートの時それほどスピードは無いが、そこまでラバーのせいにはできない。
 
 ラケットとラバーのバランスも良く、打球感も良い。
 現時点での自分の能力を考えると最適な組み合わせかもしれない。 
 
 スゴい回転やスゴいスピードの球が打てるわけでは無い。
 それでも物足りなさは感じない。
 むしろフォアのマントラSは弾みすぎるくらいだ。
 私くらいの技術レベルの人にはお勧めの組み合わせであろう。
 ラケット以外は価格も安いし。
  

 長年卓球という名の迷宮を彷徨っていると、用具に対する嗅覚が否応なしに発達してくる。
 技術的に上級者では無くとも、いやむしろ上級者では無いからこそ分かることもある。
 例えば地下深く潜りすぎて一度地上に戻りたいとき、どのような用具を選択するべきか。
 扱いやすければ良いというわけではない。
 扱いやすさと楽しさ、どちらがかけてもダメなのだ。

 今回こちらの用具を選んだのは、ドライブの新しい打ち方を身につけるためだ。
 ループドライブは何とか出来るようになったが、そろそろ次のステップにいくときが来たのだ。
 食い込ませて打つドライブ。
 これには名前があるのだろうか。
 パワードライブ?スピードドライブ?
 良く分からないが、皆さんが普通にやっているドライブだ。

 ユーウェルク卓球場の個人レッスンで、2時間みっちりドライブを打ち続けた結果、エアロックMの特性がようやく分かってきた。
 最初に使ってから結構な年数がたっている上に、他の方のレビューや専門誌などで散々書かれていたことなので今更なのだが。

 これがエアロックMだ!
 ①引っ掛かりがあまり強くないのか、薄く擦ると思ったほど下回転が持ち上がらない。ネットは越えるがイメージよりも浅い
 ②ループドライブから少し前方向へ力を加えると、途端に回転数が上がる。そして食い込んでいる感覚が良く分かる
 ③軽打ではあまり弾まないのでツッツキなどやりやすい
 ④体勢が崩れまくっても台に入れることだけはできる

 ついでにこれがアグリット! かもしれない
 ①ツッツキは低くて深いのが出せる。回転数は良く分からない
 ②バックドライブの習得に適している。なぜなら軟らかいので掴んでいる感覚が分かりやすいから
 ③ドライブは強く打ってもそれほど速くない。すくなくともブライスハイスピードより遅い
 ④体勢が崩れまくっても台に入れることだけは出来る 


 そして楽しさ担当はOSP  UltimateOffensive2!
 ①見た目が格好いい
 ②日本で持っている人が少ない
 ③「疾風迅雷」の文字を掘って貰ったので愛着がある
 ④木材の打球感と特殊素材の弾みを両立した高性能ラケット だと思う
 

 以上。 

 表板にマホガニーを使用したドニックのバーンOFFは、かなりスピードの出るラケットで扱いやすいとは言いがたい。見た目も格好いいし音もいいのだが、中ペンの時もなかなか合うラバーが無かった。硬いラバーは合わないことが分かっていたので最初から両面エアロックでお試し。
 
 打つのが非常に楽。飛ばそうとか入れようとか回転をかけようとか抑えようとか、そういう色気を出さずにラケットを信じて軽く当てれば良い感じで台に収まる。回転もかけやすく下回転サーブも短く出せる。少なくともカルテットLFCよりかは扱いやすい組み合わせだ。
 エアロックは本当に素晴らしいラバーだ。高性能すぎるラケットを初級者でも扱えるようにしてくれる。
 もうこれでいいのかも。なによりリラックスしたフォームで打ち続けられるのが気持ちいい。
 粘着ラバーを使うと何が何でも回転をかけたくなるし、スピン系テンションを使うとできもしない中陣の引き合いをしたくなる。スピード系テンションを使うとブロックをしたくなるし、表ソフトを使うとスマッシュをしなくてはいけない気がしてくる。
 エアロックを使っているときは卓球に集中できる。これが初級者には大事。

 本日は自宅卓球台でポンコツ球出しロボ相手だったのではっきりとは言えないが、今度の練習時にもうちょっと使い込んでみて、ツッツキやブロック 下回転打ちなど試してみよう。
 

このページのトップヘ