卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:エボリューションFX-S

 狂飙301もゴールデンタンゴも初打ち。
 どちらも期待が大きい。
 バック面はとりあえず手持ちの空きラバー(という言葉は無いか)の中からバック面向きっぽいエボリューションFX-Sにしたが、 メインはあくまでフォア面のゴールデンタンゴである。

 ラケットに期待していたこと
 ①打球感は木材で、強く打つとカーボンの弾み
 ②軟らかい打球感
 ③威力よりも扱いやすさ重視だが、やっぱり威力も欲しいわがままラケット

 ラバーに期待していたこと
 ①粘着ラバーに期待する全てのことを満たした上で、テンションの弾み
 具体的には
 ②ツッツキ サーブの切れ味 ループドライブの感触(上手く表現できない)
 ③軽打でも浅くならず、普通に打てる 

 感想 
 大変良い

 本当は次の一言だけで良いと思うのだが・・・
 テンションラバーと同じように打てる粘着ラバー

 フォアの軽打から違和感なく打てる。
 今まで試した弾む粘着ラバーは、結局どれも粘着の打球感だったが、この組み合わせでのゴールデンタンゴは本当にテンションラバーの感覚で打てる。
 打っている内に粘着ラバーであることを忘れてしまうほどだ。
 浅く入ることも無く、当ててナックルになることも無く、粘着だから擦らなくてはとか回転をかけなくてはとか、余計な力をいれなくても普通に良い球が打てる。
 そして粘着の打ち方をすると、しっかり粘着らしい感触が有り、それっぽい球が出せる。
 硬いスポンジのはずが全く硬さを感じず、むしろ軟らかく感じる。
 この軟らかさはラケットから来るのかもしれない。

 ラケットも期待以上。
 性能表記のOFF++に恐れをなしていたが、弾きが強いラケットでは無いようで、むしろ軟らかく優しい打球感だった。
 そして強打時にはカーボンの音がして、スピードが上乗せされる感じ。
 インナーカーボンラケットはこうあって欲しいと願っていた通りの感覚である。

 おまけのバック面エボリューションFX-Sも扱いやすいラバーであった。
 弾くような打ち方には向いていないようだが、しっかり掴んで打つ打ち方にはぴったりで、回転をかけやすくスピードにも不満が無い。
 敢えて言えば貼り直しなので隙間が気になることくらい。
 
 私のような初級者には、性能云々よりも打球感が好みかどうか、その用具に思い入れがあるかどうかが大事なのだ。
 メインラケットとしてしばらく試して見たい。
 
 
 

  

 特殊素材ラケットのカルテットLFCに貼ったV>15Extraが速くて使いこなせず、たいていのラバーを受け入れてくれるスワットに貼り替えた。
 カルテットの時は軽打の時から飛び出しの速かったV>15も、スワットに貼ると普通のラバーになり、扱いにくさが緩和されている。
 ツッツキが浮くことも無く、低い弾道で回転もかかる。
 下回転サーブもきっちり回転がかかり、制御できないと言うことは無い。
 裏面に貼ったエボリューションFX-Sも、おおざっぱに言えばヴェガアジアDFに似ていて、食い込ませてコントロールしやすく、回転もスピードも申し分ない。
 
 ただし、下回転打ちになるとラバーの硬さが顔を出し、私の力では上手く打ち返せない。これに関してはターゲットアルティマ50に似ている。弾いてしまってネット直撃かオーバーを連発。
 あきらめて表面と裏面を入れ替えて、エボリューションFX-Sで打ってみる。
 すると面白いように入る。
 少なくとも下回転打ちに関して言えば、ラザントグリップ、テナジー25FXと似た系列に感じる。
 打ち方の問題なのであろうが、私には軟らかめのラバーの方が適しているようだ。

 久し振りにスワットを使用して気がついたのだが、打感がトランポリンに似ている。
 球を受け止めると一度力を吸収してから復元する力で弾き返す。
 特殊素材は硬い板のイメージで、どこに当たっても吸収せずそのまま反発する。

 強打の時はまた違った感想になるとは思うが、 スワットの扱いやすさを再認識した。

前回扱えなかったVICTASのV>15Extraに再度挑戦。

最初はいつものように軽いラリーから始めると・・・普通に打てる。
ただしラケットのせいなのか球足が速い。
軽く打ってもすっ飛んでいくので、楽と言えば楽だが用具に振り回されている感がありあり。

下回転を持ち上げるとき、打点を落としてしまう癖があるので、修正しようと早い打点で角度打ちの練習をする。 
自分の中では少し面を上に向けて載せて弾くイメージなのだが、思ったより上手く打てる。相手の球にあまり回転がかかっていないせいかもしれないが、決まると嬉しい。
そしてとにかくスピードがある。当然相手の返球も速い。まるでラリーが続かない。バック面のエボリューションFX-Sはそれほど速度のあるラバーではないと思うのだが、ラケットの影響かこちらも初速があって速度のコントロールができない。

ツッツキの練習をしたのだが、これがまた上手くいかぬ。
上方に弾いてしまって台に収まらない。決まれば高速ツッツキとなり威力があるのかもしれないが、慣れないせいかやりにくくて仕方が無い。

カルテットLFCに弾むラバーや硬いラバーを貼ってしまうと扱えないことは、様々な経験から分かっているはずなのに、またやってしまった。

喉元過ぎれば熱さを忘れる である。

このページのトップヘ