卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:ザルト

 スワットのバック面に貼って良さげだったザルトをエバンホルツに貼って試してみた。
 エバンホルツが97g、999が49gと重いのでバック面ラバーを選ぶのに苦労する。
 結果186gとベスト重量。
 今日の卓球教室はフォアとバックの基礎打ちをやっただけなので、軽打のみの感想となる。
 999は中国製粘着ラバーだが今まで使ったどの粘着ラバーとも違って、フラットに当ててもパチパチしない。軟らかめの粘着テンションと違って弾みも無い。同じように弾まないキョウヒョウネオのように硬くなく、もっちりとした打球感である。そのうえ弾まない。粘着はかなりあるが打っているときにはあまり感じない。軟らかくて弾まない粘着ラバー?
 飛ばすのはラケットの力でラバーはコントロールと回転という感じ。強く打ってもまずオーバーはしないので本当に飛ばない。肝心の回転性能だが例によって粘着ラバーの打ち方をしないとかからないので、本来私が使うべきラバーではない。
 バック面に貼ったザルトは軟らかくて弾む。最初軽いラバー特有のふんわりとした打球感にコントロールのしにくさを感じたが、きちんと掴まえてから送り出すようにすると安定した。
 ツッツキやドライブ サーブ練習もしていないが、重量を考えると組み合わせとしては良しとする。
 本当は999を両面に貼りたいが重量がネックである。思い返してみると999はマークVやスレイバーに似ている様な気がする。硬めの高弾性ラバーを試してみるべきなのであろうか。
 

国際卓球で購入。
 弾みすぎず回転をかける練習に適したラバーとして紹介される。
 エアロックの弾みを落としたようなラバーとも説明を受けた。
 卓球を始めた頃気になっていたらラバーで、いつかは買おうと思っていたのだが、もっと早い段階で買っておけば良かったかも。
 カット後重量40g

・・・感想・・・
使用ラケット スワット
バック面で使用

 タキネスドライブより弾んで軟らかすぎることもない。
 タキネスドライブは高品質なコントロール系ラバーのような感じだが、ザルトはもう少ししっかりした打球感のラバーで、初心者のフォア面に良さそうである。
 ツッツキは軟らかいラバーに共通した少しポワンとした感じ。
 とにかくラリーが続くのでタキネスドライブともども初心者が使って楽しいラバーなのでは。
 相手の回転の影響もあまり受けないようでレシーブもやりやすい。
 重量も軽いので小学生女子でも扱える。
 スワットにタキネスドライブ ザルトを貼って165gって軽すぎでしょう。
 価格も安いし初心者にお勧め。
ザルト


  

このページのトップヘ