卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:スピンピップスブルー

 今回の練習も空いている台は一枠で、あと少し遅れたら待たされるところであった。
 アルバを使ってのフォア打ちは調子が良かったので早めに切り上げ、バック打ちの後本日の練習課題である下回転打ちをやり、その後は用具をあれこれ替えながらの試打と練習を繰り返すいつもの練習に。
 C17については前記事で書いたので他のをざっと記しておく

①Sword ビスカリア風福袋ラケットK&Nテスト版 x メイスプロブルースポンジ44度 x AK47青
 L.D.T.Tよりはまともな打球感のメイスプロブルースポンジ。
 それでもアウターカーボンの球離れの良さを感じる。
 これでも駄目なら何を使えば良いのか思いつかない。 
 スピードが出ないからといって硬い粘着ラバーは合わず、安定性が増すからといって軟らかいラバーにすると板で打っている感触が強くなる。
 カブリオレと同様にアウターカーボンラケットは扱いが難しい。
 これを扱えるのは結構な上級者では無かろうか。
 そうはいっても諦めたわけではないので、新たな組み合わせを探す事にする
 バック面のAK47ブルーはスポンジが軟らかいのかブレードで打つ感触が強く今ひとつ。

②バーンオフ x GFT48 x スピンピップスブルー、
 スピンピップスブルーは表ソフトとはいえ回転系らしく打とうと思えば裏ソフトのように打てる。
 むりやりナックルを出そうとしてもバック面では難しい。
 フォア面で打ったら好感触で、少し浮いた球を水平強打すると直線的で速い球が打てる。
 これはちょっと病みつきなりそうな予感。
 打っていて楽しいラバーである


③今一部で話題のタットル サウスポールをつじまるさんからお借りして試して見る。
 木材合板ラケットとの相性が良いのかスピード 回転 安定性 打球感、どれも高評価である。
 厚いシートが安定感を生み出している。
 ショートもやりやすく、誰でも威力のある球が打てそう。
 その分根っからの粘着使いの擦る打ち方だと回転性能が今ひとつ。これは普段テンションを使っている人向けであろう。
 
 バック面のノースポールは良さが今ひとつ分からず。
 たとえて言えばテナジー64FXのスピード遅い 回転少ないバージョン。
 直線的に飛ぶラバーである。

 ペン裏面での使用は難しそうであった


④今回もつじまる師匠から色々とお土産をもらった
 手作りサイドテープ
 ほぼ手作りミニラケット 
 ヒノキの球2つ

 手作りラケットは手のひらより小さいサイズながら、ちゃんとしたラバーが貼ってあり、実際に使えそうな雰囲気。
 早速ミニミニラケットでラリーをしてみる。
 ちなみに表面はKingを貼ってもらった。裏は粒高。

 隣の台の人に注目されながらミニミニラケットでのラリーをした。
 しっかり当てられればドライブも出来る。
 ただしサーブが難しく空振りばかりであった。

 ヒノキのボールは触って癒やされる系。

 サイドテープは師匠苦心の作で、もらうのが申し訳ないくらいだ。
 ミニミニラケット















 
 貴重な物を頂きましてありがとうございます。



 3時間の練習時間が終わる頃にはすっかり空腹に。
 お楽しみのビールを飲みながら卓球談義に花を咲かせるという至福の時を味わう。
 疲れていたはずがテンションが上がってむしろいつもより元気なくらい。
 帰りの電車で反動が来てぐっすり熟睡。
 今回は技術 用具共に収穫が多く、次の練習が楽しみである。
 
 

 
 
  

 妻からバック表を試したいという要望が有り、出番の無さそうなDONIC バーンオフにほとんど未使用のGFT48と買ってすぐ剥がされたスピンピップスブルーを貼ってみた。
 バーンオフは軽く打つと表面が硬くて中が空洞の物体で打っている音がする。
 コーン コーンというかポカンポカンというか、弱そうな音がする。
 特厚を貼っているのに一枚ラバーのような打球音だ。
 フォア面のGFT48は妻が打ったのを受けた感想だが、下から上に引っかけるように打つ妻の打ち方だと一瞬上に上がって落ちてくるのがはっきりと見える球が来る。
 弧線の頂点がかなり手前で浅い。普段のカブリオレ+エボリューションMX-Pとは全く違って、軟らかいラバーで打っているかのように見える。
 その分回転がしっかりかかっていて安定した球筋だ。

 バック面のスピンピップスブルーは興味があったのでしばらく借りて打ってみた。
 表ソフトだと意識せず、表面で弾かないで硬いスポンジに食い込ませて打つイメージで打つと、スピードと威力のある球を打てた。
 回転もしっかりかかり裏ソフトと比べて遜色ない気がする。
 軽く打つとあまりスピードも無く、こんなものかとがっかりするが、強く打つと見違えるような球になる。ラケットとの相性も良く感じた。
 強打の時はバーンオフも変な音がしないのが不思議だ。
 強打専門のラケットと分類しよう。
  

 どうしても粘着ラバーを使いたくなる時がたまにある。
 というか結構ある。
 その時用に組んだラケットだが、バック面が決まっていない。
 前回貼ったエアロックSは貼り替えを繰り返して劣化しており、気分的に新しいのに変更したかった。
 ぐっちぃ氏のブログで火山岩は表ソフトにも相性が良いと言っていたのを思い出し、急遽スピンピップスブルーを貼ることに。
 狂飈2はさすがにツッツキがやりやすい。
 全く弾まないので打ち込まれてもとりあえず当てれば返球できる。これはブロックしやすいと言って良いのか?
 やってみて分かったのだが、フリックには向かない。少なくともいくら弾いても私の技術ではスピードが出ない。相手にとって打ち頃の球が出るばかりだ。
 スピードを出そうと力を入れると逆効果で、 何ともやりにくい。
 相手に球出しをするのだが、これまたえらく遅く打ちにくいと言われてしまった。 
 確かにワンバウンドの下回転を出すのだが、台に付く前に相当失速している。
 キョウヒョウ2には他のラバーには無い特徴が有り、使いこなせば面白い卓球が出来そうだ。どうも自分はその辺の路線に進みそうである。

 バック面の表ソフト、スピンピップスブルーはフリックがやりやすかろうと思ったのだが、練習もせずいきなり出来るわけも無く、思うように打てない。それでもまれに良い球が出たので、きちんと練習すれば打てるようになるかと思われる。

 バック面は貼り替えかな。
 最初の予定通りAK47にしてオール中国製にしよう。


  

 普段裏ソフトを使っているが、たまに表ソフトを使いたくなるときがある。
 理由は様々だが、卓球王国の記事だったり誰かのレビューだったり、まあ発作のような物で長続きしないのは重々承知。今回はつじまる師匠との練習で使わせてもらった表ソフトが楽しかったのと、そういえば回転系表ソフトって使ったことが無かったな、という理由から。
 卓球屋の45%引きセールで購入。
 パッケージから出して現物を見ると、非常に美しい。
 何か感動して何枚も写真を撮ってしまった。

・・・初期感想・・・
使用ラケット スワット
バック面で使用

 下回転サーブを試しにやってみると、粒の表面で引っかけて結構な回転がかかる。とりあえず自分が良くやるネットを越えて戻ってくるサーブはできる。
 バックバックの練習をしてみると、やっぱり表ソフトは繊細で、どうも上手く台に収まらない。
 ラリーくらいはそれほど違和感なく出来るが、相手も特にやりにくさは感じないとのこと。
 プッシュの真似事もしてみたが、ネットミスが多い。
 しばらく試して諦めてしまったのだが、家に帰ってから思いつく。
 もしかしてフォア面向きのラバーだったのかなと。
 レガリスブルーとレガリスレッドの関係のように、スポンジ硬度の低いスピンピップスレッドがバック向きだったのかも。
 今度はフォア面で試して見ようかと思う。

 
 スピンピップスブルースピンピップスブルー2

このページのトップヘ