手打ちになっているとの指摘から、弾まないラバーで体を使って打つ練習をしようと考えた。
 火山岩とキョウヒョウが重いため、バック面は軽いラバーの中で選択。
 もともと火山岩を買った理由というのが、WRMの動画で昔ながらの粘着ラバーを使うのに良さそうな宣伝だったからということなのだが、今回の趣旨に合っているかどうかは分からない。
 こういった組み合わせは軽く打っただけでは良さが分からないことは学習済みで、今回は珍しく2時間ラケットを替えずに使用した。
 とにかく速くスイングすれば速い球、軽くあてるだけなら遅くて短い球が出せるので、ラリーをしながらピッチのコントロールが出来るのがメリット。
 サーブやツッツキは思ったほどにはやりやすくない。曲がりなりにも特殊素材ラケットだからなのか、腕の問題なのか。
 バック面のタキファイアドライブは薄なので本当に弾まない。きちんと奥まで運ぶ意識で振らないとネットを越えないのである。ここはやはりレガリスレッドの出番であろうか。

 手打ちを直すために色々とアドバイスをもらい、腕と腰の回転を連動させるような打ち方で練習したところ、少し離れたところから打つ分には感覚を少し掴んだ気がした。上手く打てたときには特に擦る意識が無くともドライブ回転になり、この延長線上に求める物がありそうである。