卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:ターゲットアルティマ

 中国ラバー専門店MASAKIで購入。
 中ペンにバルサの出っぱりが付いている恐らく特注品。
 ペンが諦めきれず思い出したように使っていたのだが、上手く出来ない理由を分析した結果こちらを購入。
 ①裏面打法もやってみたいが、単板は厚いので裏面を貼ると厚くなりすぎて操作性が悪いので薄いの希望
 ②慣れないバックショートは自分から力をいれにくいので弾みの良い特殊素材がよい
 ③バックショートの時中ペンだと安定性に欠けるのでグリップは日ペンの方が良い
 ④価格はなるべく安い方が良い

 この全てを満たしていたのが¥3500送料込みのこのラケット。

 重量81g。
 MASAKIで買い物をしていると中国メーカーの中ではTuttleはわりとちゃんとしているイメージではあるが、普通に考えれば日本では知らない人の方が多いであろう。
 送料無料なので封筒にプチプチで来るんで送られてくるかと思いきや、立派な箱入りであった。
 仕上げはきれいとは言えないが価格を考えれば文句の良いようも無い。

・・・感想・・・
 使用ラバー
 表面 ターゲットアルティマ47.5
 裏面 太陽プロ極薄皮付き

 初めてフォアもバックも安定してラリーが出来た。
 ペンを使いたくてしょうが無いのに入り口で躓いていたのでとても嬉しい。
 フォア打ちは親指と中指で握ると打ちやすいので、板の薄さが役に立っている。
 バックショートはバルサの出っぱりがあるので面を作りやすい。
 特殊素材はあまり感じないが(内側特殊素材?)その分扱いやすい。
 裏面の太陽プロ極薄皮付きは案の定使いにくい。不慣れな裏面打法は硬いラーは安定しない。これは何度もやっているので想定内。ラバーくじで購入したまま眠らせていたらバーなので、こういうときしか出番が無かったので使っただけなのだ。 
 フォアもバックも初めてペンで上手く打てたのでこのラケットを購入して良かったと思う。
 課題は切り替えが全く出来ないこと。
 私の打ち方だとフォアとバックでグリップが大きく変わってしまうのが原因なのだが、練習をすれば克服できそうである。
  
 興味の無い人には迷惑であろうが、嬉しかったので写真を4枚も貼っておく。
 皇神1 (1)皇神2皇神3皇神4 

 約一ヶ月ぶりに練習をした。
 左手はギプスをしたままだが、打つのは右手なので何とかなるのである。
 使用したのはアルバにフォア面テナジー25FX バック面ヴェガアジアDF。
 思ったより感覚が失われていない。というより元々失うほどの感覚は無かったのか。
 娘を相手に難しいことは言わず好きに打ち合ったのだが、 何となくラケットとラバーの特性が分かってきたので記しておこう。
 テナジー25FXはとてもドライブが打ちやすい。強打の場合、スマッシュよりもドライブの方が威力があるような気がする。スポンジが軟らかいせいか、水平打ちをすると思ったよりスピードが出ない。これはラケットの打球感が影響しているのかもしれない。
 スマッシュ練習に多くの時間をとった中で、最後はスウェーデンクラシックxターゲットアルティマ50x ラザントグリップ を使用したのだが、思った通りスピードが出る。ラケットも芯がある打球感なのでいかにも打っている感じで心地よい。
 ドライブ中心ならテナジー25FX ミート打ち中心ならターゲットアルティマ そんな感じであろうか。

 とりあえず久し振りに練習が出来て嬉しかった。 

 ダーカーのラケットが欲しくて購入したアルバ。
 前陣向けで高性能、軟らかめのスポンジで扱いやすいテナジー25FX。
 どちらの性能か分からないが、説明通り軽く打ったときにはそれほど弾まない。
 バックに貼ったヴェガアジアDFも回転の影響を受けすぎないためか、ブロックが今までの中でやりやすく、勢いを殺して返球できる。
 軽打のラリーはスピードが出すぎずコントロールしやすい。
 下回転サーブは一瞬グリップする感じが強く、回転をかけやすい。これも今までで一番回転がかかる。
 アルバは芯がある打球感でも、表面で弾く打球感でもなく、かといってスカスカでもない。カンッ でも コンッ でもなく テンッ という感じ。ラバーが軟らかい影響かも。
 フォア面は下回転を持ち上げやすく、 擦り上げてのループドライブもスピードドライブも今までで一番ネットしにくい。というより強く打っても不思議なくらい持ち上がる。
 
 最初にバック面に貼っていたターゲットアルティマ47.5は、スポンジが硬いせいかツッツキやサーブがやりやすく回転もかけやすい。軽く合わせるだけでよく弾むので、バック面がミート中心のプレイスタイルならお勧めであるが廃番ではどうにもならぬ。
 スポンジが硬いせいか、フォア面の打球感もほどよく硬くなりテナジー25FXとの組み合わせはいい。欠点は万全の態勢で無いとコントロール性能が著しく低下するのと、50g超えの重量。

 次にバック面に貼ったのはヴェガアアジアDF。
 こちらは打って変わって軟らかくて軽い。フォア面の打球感まで軽くなり、あまりよろしくない。
 リズムテックもそうだが、癖がないので説明しにくい。アルバにはもう少し硬めのラバーでも良いかも。
 ヴェガアジアDFとターゲットアルティマ47.5のどちらがバック面に良いかというと、好き嫌いならターゲットであるが、実用性ならヴェガの方であろうか。
 ヴェガアジアDFならもう少し硬い方が良い。
 ターゲットが47.5度 ヴェガアジアが42度なので45度?
 最初から最近お気に入りのラザントグリップにすれば良かったのか? 

 番外編
 ①今回2度目の使用でテナジー25FXの端が欠けて剥がれた。ぶつけた記憶も無いのにショックである。高かったのに・・・・・。

 ②妻のお気に入り、エボリューションMX-Pとスワットを借りて打ってみた。
 単板に貼っていたときにはよく分からなかったが、スワットに貼ったエボリューションMX-Pはとても良い。硬いラバーのはずだが球を持つ感覚に優れ、 振りながら打つ方向や強弱をコントロールできる。安心感のあるラバー で通じるだろうか?ラザントグリップの弾みをさらに落としたような感じ。最後まで振り切れるので力を載せた球を打てる。
 スワットのポコポコした打球感が無くなりラケットとラバーがしっかりマッチしている。
 手持ちのスワットにエボリューションMX-Pを貼ろうか。そんな誘惑に囚われた。
 

このページのトップヘ