卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:ツッツキ

 フリーの練習時間がほとんどだったので、相手に合わせてツッツキの練習をすることが多かった。
 上手くい出来ない人に多いのが
 ①切ろう切ろうとしすぎて横に振っている
 ②回転をかけているようでかかっていない。押し出していてナックルまたは上回転になっている

 ①の人はすぐに改善できそう。
 自分の打ちたい方向に向けてラケットを送ることを考えて、切ろう切ろうとしない方が良い。

 ②の人はちょっと難しそう。
 サーブからして下回転がかかっていないので、いつもの感覚でツッツキをしようとすると浮いてしまう。こちらもラケットを立てて対応すれば良いのだろうが、瞬時に判断して角度を変えるほど上手くは無いし。
 こちらがある程度切れた下回転サーブを出すと、ネットしている。多分何故ネットしているか分かっていない。
  ツッツキ練習と言いつつ、普通に打てば入るので2球目から上回転のラリーになってしまう。
 下回転に見せかけて相手の浮いたツッツキを誘い、浮いた球を強打するのがこの方の得意パターンのようで、バック面はしっかり表ソフトを使用している。
 こうなると別に無理して切れた下回転サーブを出す必要も無いし、ツッツキも切れてなくてもいいのかもしれないなと、逆に感心してしまった。

 ツッツキの練習にはならないけれどね。 

 もしツッツキで回転をかける感覚を身につけたいなら、今お勧めの動画を参考に。
 
 WRMの動画になります。

 

 つぎはとりあえずツッツキ。
 ここはさらっと終わったが一応メモをしておく。
 ①打ちたい方向にラケットを動かす。切ろうと思って横に振らない。
 ②低い体勢はここも維持

 ここにWRM蘇我店にて石川さんから教わったことを加えると完璧。

 ツッツキは割と上手く出来ているようだ 

このページのトップヘ