下回転をループドライブである程度返せるようになったので、もっとスピードのある返し方を教えてもらうことにした。
 
 その前に、忘れないこと→自分 

 ①低い体勢を維持
 ②あくまで下回転打ちなので、バックスイングは後ろでは無く下
 ③力を抜く これができるとスピードが出る
 ④打つ瞬間ラケットを立ててしまうので、力を抜いて自然なラケット角度にする

 ①ができていると、サーブから3球目の間に時間が取れて、何を打つか見極めてからスイングに移れる
 ②が出来ていないとネットばかり。あくまで下回転打ちなので下から振る
 

 教えてもらったこと
 1・スイング
 ループドライブもパワードライブもスイング自体は同じ意識で、速く打つためには左足を踏み込んで打つ。これだけでスピードが出る

 2・レシーブ回転量の見極め
 BlogPaint

















 ①と②はナックルなので、下から始めたスイングを上方に修正し、普通に強打。これを下から打つとオーバーしてしまう
 ③はしっかり回転がかかっているので、下回転打ちで対応

 

 3・レシーブ長短によるスイングの修正
 ①頂点で打つ時、ネットより高い位置ならパワードライブ
 ②打つタイミングでネットより低ければループドライブ
 ③無理な体勢で打つときはループドライブ 5球目に備える