卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:テンション

 書いていないラバーが溜まってきたのだが、全く参考にならないことがはっきりしているので書くのも申し訳ないくらいだが、記録として残しておく 

JUICのアウターカーボンラケット カブリオレに合いそうなラバーとして購入。
 購入の決め手は卓球王国のレビューで①食い込んでいるのがとても分かりやすいラバー②それほど弾まないので弾むラケットと合わせた方が良い というコメント。
 ショップで貼ってもらったので重量不明。

・・・感想・・・
仕様ラケット カブリオレF
フォア面で使用

 何しろラケットが弾むのでよく分からず。 
 硬さはそれほど感じず、軽打も打ちやすい印象。
 打球感そのものは安心感があり好きなタイプで、他のラケットに貼り替えて再度検証したい。
 レガリスブルー

半年に一度の卓球屋セールで4割引で購入。
購入の5分くらい前までは同じV>15でもLimberを買うはずだったのに、いつもの悪い癖でより上級者向けの方を選んでしまった。
以前買ったVICTASのラケット カルテットLFCに、同じVICTASのラバーを貼ったら良い感じ?
ちょっと丹羽選手の気分を味わえるかも。
高速カウンター卓球をしている自分を想像して楽しむ。

中にはこんなこじゃれた紙が入っている。
v15紙 







スポンジは気泡が見えず、スピン系というよりスピード系の面持ち。
カット後重量 48g

・・・感想・・・ 
使用ラケット カルテットLFC
フォア面で使用

最初に相手をしてくれたのがペン粒の方で、打つ球打つ球全てオーバー。たまに入るともの凄いスピード(当社比)だが、めったに入らず。いつものスイングだとまるで掴む感じがせず安心感が無い。
これは駄目だと一旦使用をあきらめた。
裏ソフト同士のラリーから始めないと全く感じがつかめそうにない。
 V>15 Extra

 ジャスポで¥800位で購入。他にもブリオスパークスポンジ T-REXハードスポンジ talent(粒高)をまとめて廃番セールで格安購入。
 手持ちのラバーはなぜかフォア向きは赤色ばかりなので、バック面に使えそうなラバーの黒色を購入した。
 ブリオは全く興味が無かったのだが、値段につられて買ってしまったのだ。
 重量43g。特厚でこの重さは軽いのではなかろうか。

・・・感想・・・
使用ラケット  J.O ワルドナーOFF

 最初はフォアで使用。
 やたらに軟らかく、そして弾まない。同じ弾まないのでも粘着ラバーとは違う弾まなさ加減。
 強く打つと「ぐにょり」と食い込み、飛ぶのかな?と思うとネット前にポテッと落ちる。
 バック面に貼っているリズムテックと比較すると違いは明らか。すっかり自分の感覚がテンションラバーに馴染んでいるということだろうか。
 バックで使うとフォアより多少はましだか、食い込む感覚が強すぎてどうにも気に入らぬ。
 そういえばマークV HPSソフトもこんな感じだった。
 今度は硬めのブリオスパークスポンジを試して見よう。
  ブリオ

 アルバのバック面に貼ったターゲットアルティマ47.5mmが、直線的な弾道で不安定な気がして軟らかく使い易そうなラバーを探していた。
 いつもシリーズの中で一番高性能なラバーか、WRMで紹介されている粘着ラバーを買ってしまうせいで、ほどよい性能のラバーを所持していない。
 引っ掛かりがある程度有るが回転の影響は受けすぎず、スピードはそこそこ、弧線を描くが飛びすぎないラバー。弾くより食い込ませてコントロールできる軟らかめで新しいラバー。
  結局決め手になるのはいつものように卓球王国のレビュー。個性は少ないが使い易そうである。
 大宮卓球で購入。大宮卓球はなぜかXIOMは15%と割引率が低い。 
 カット後重量44g。クタッとしているしんなり系ラバー。

・・・感想・・・
使用ラケット アルバ
バック面で使用

 購入前の想像通り、癖の無いラバー。
 ターゲットアルティマ47.5と比較すると、弾いたときのスピードやツッツキ サーブの威力に劣るが、強弱のコントロールはつけやすい。
 なんだか頼りない打球感だがライズやレガリスレッドとは異なり自分で打っている感はある。
 軽い打球感はラケットもラバーも軽く総重量175gと軽量なことも影響しているかも。
 
ヴェガアジアdf
  

 スウェーデンクラシックにフォア面ターゲットアルティマ50がとても調子が良いので、バック面さえ固まればもう完璧 とか思い始めてこちらを購入。いつもWRMに引きずられて粘着ラバーを買ってしまったり、極端なラバーに走って高硬度の上級者用を買ったりしてしまうので、中間硬度のテンション ラザントグリップにした(やっぱりWRMの影響から離れられない・・・・)
 カット後重量46g
 1.7mmでこの重さなので結構重いが、46gなら色々な組み合わせで使える。50gとかだと非常に制限される。

・・・感想・・・
使用ラケット スウェーデンクラシック
主にバック面で使用

1時間ほど使ったが、好感触。ラケットも軟らかいので非常にソフトな打球感。
うたい文句通りグリップ力が感じられる。
ツッツキは早くて深いツッツキがだせる。

本日は会議の後直行したのでまるで駄目な日だったが、短い下回転をバックでドライブ気味に返すとき、全く落ちる気がせず安定して返せた。練習相手も初級者なので回転はほとんどかかっていないにせよ、ぐっと掴む感じは体感できた。
今のところバック面として良い感触。というかとっても良い。フォアだと軟らかすぎる気がしたのでやっぱりバック面向きかも。
いくら何でも気が引けるほど短時間の使用なので、詳細はもっと使ってから。


  r

 何度か書いているが私にはペンへの憧れがある。ペンの方がサーブやツッツキがやりやすいし回転もかけやすい。シェークと比べてドライブの時に、より擦る感覚がある。表面を使ったバックショートと裏面打法の切り替えも興味がある。
 問題なのは練習の一番最初によくやるフォアとバックの軽打が上手く出来ない事だ。
 一番基本的なことが出来ないのではどうにもならない。(どうも高い打点で無理に打とうとしていることが原因なのかもと今日思い始めた。シェークとペンではラケットの角度が違うので、シェークと同じ打点で打とうとするのが無理なのかもしれない。 )
 シェークでは初級者だがペンでは初心者だ。
 
 上手く打てないのをラバーのせいにして、マークVから始まり色々 迷走して最後はスレイバーELまで一巡したのだが、このラバーを貼って上手くいかなければしばらくペンは諦めようと決めたのが表題のエアロックアストロSだ。(前振りが長い)

・・・感想・・・
使用ラケット 双
表面で使用

 不慣れなペンなので本当に感想のみ。
 フラットに当てるととても良い音がする。パキュンッという高い音が響き渡って非常に気持ちが良い。何度もこの音と感触を味わっていたくなる。練習相手が一体何の音かと不審がるほどの音である。これがラバーの音なのかラケットとの相乗効果なのかよくわからないが、今まで双に貼ったラバーの中でダントツの気持ちよさ。スピードも速い。
 ドライブをかけてみると良く回転がかかる。
 
 残念ながら今のところ書くことの出来るのはここまでである。
 続きはもうちょっと練習してから

 エアロックアストロSアストロS
  

 国際卓球のGWセールで購入。
 androのラザントグリップ スティガのエアロックアストロM など色々迷ったが、未知のラバーであるラクザに興味があったのと、いつもandroばかりに偏っているのでこちらを購入。
 黒にすれば良かったとかソフトにすれば良かったとか、後からちょっと思った。
 弾まないラケットに高性能なラバーを貼ってみようシリーズ(今つけた)の一環で、スウェーデンクラシックに貼るつもりである。
 現在使用しているコニヨールのターゲットアルティマ50も非常に気に入っているのだが、 WRMなどの紹介によると回転をかける前に飛んで行ってしまうラバーらしいので、では回転をしっかりかけられるラバーはどれほどの物かと興味があり、その中でWRMの性能表や卓球グッズ2015を見ながら選んだ。
 ラバー自体は反ったりせずクタッとしている部類で貼りやすい。
 カッターでは切りにくいのでハサミで切るタイプ。
 カット後の重量49gと重くも軽くもない感じ。
 球突きをすると、弾む。今までトップクラスの弾み。粘着ラバーとはえらい違う。これでスピード-1(WRM性能表)なのかと不安になる。
 感想は次の記事で。
  ラクザXラクザ2

このページのトップヘ