卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:ドライブ

 前回に引き続きツッツキ打ちドライブの練習をした。
 使用用具 スウェーデンクラシック リズムP アグリット

 短く低いツッツキが来た場合の打ち方
 ①台に思いっきり近づき、足は台の下に入るくらい
 ②しっかり腰を回して振り抜く 
 ③台に密着しているので振り終わった後少し後ろに下がり、ラリーに備える

 この③が出来ない場合は、ブロックまたはカウンターで返す。
 
 カウンターで返すときの注意点
 ①テイクバックはあまり取らない
 ②当てないで擦るように回転をかけて返す

 この練習をしている時、新しい発見があった。
 コンパクトなスイングで回転とスピードとコントロールを向上させるグリップだ。
 今まで回転をかけるときは親指と人差し指に力を入れていた。
 今回分かったのは、ほぼ小指と薬指だけで握り、上の方は遊びが大きく握る。
 そうするとインパクトの瞬間ラケットが遠心力で進行方向に少し動く。
 この動きが回転に加わるのと、余計な力が抜けるので伸びのある回転がかかったドライブが打てる。
 この打ち方で打ったとき、コーチから良い球と言われたので、きっとそうなのだろう。
 これは前陣でコンパクトなスイングの時には全て使える。

 下回転サーブ→ツッツキ→ドライブ→の後に、台の側にいると5球目に間に合わない。
 少しずつ後方に下がっていくとよいと教わる。
 自分の一番打ちやすい場所が、手を伸ばして台に突くか突かないかくらいかなので、そこまで下がる。
 そうすると、今までと違ってラリーが続く。
 
 今まで早いドライブを打った後、前に張り付いたままだったので、早い返球が来ると防戦一方になっていた。そこを少し下がることを意識すると、次も強打できる。
 
 ここで大事なのは、振り抜くスイングをしたときも次の球に備えて戻りを早くすること。
 振り抜いて余韻に浸っているとまず間に合わない。

 またフォアで連打していると、だんだんラケットの位置がフォア側に寄っていくので、バックに来ると全く返せない。
 常にバックのことも意識しなくてはならない。

 切り替えのアドバイス
 打ち終わった後ラケットがフォア側に寄っているので、バックを打とうとすると下側に半円を描くようにラケットを回しているらしい。
 そうではなくニュートラルの位置に戻り、そこでバックの面を作ればすぐに対応が出来る。
 これは練習したが出来なかった。
 大抵間に合わず詰まってしまった。

 ドライブが出来るようになると、自分のバック打ちが貧弱に思えてくる。
 ラリーの最中は当てるので精一杯。
 もちろんコーチの球が速いからというのもあるが、とてもじゃないがバックで攻撃は出来そうもない。
 
 



 2時間の個人レッスンが終わるとかなりの疲労感。
 その後妻と2時間みっちり練習。
 最後は足もがくがくしてきましたよ。

 ユーウェルク卓球場は来月から本格稼働する計画らしい。
 定期的な卓球教室も考えているようなので、楽しみである。
 今後も月に1度くらいは個人レッスンを受けたい。
 
  

 下回転をループドライブである程度返せるようになったので、もっとスピードのある返し方を教えてもらうことにした。
 
 その前に、忘れないこと→自分 

 ①低い体勢を維持
 ②あくまで下回転打ちなので、バックスイングは後ろでは無く下
 ③力を抜く これができるとスピードが出る
 ④打つ瞬間ラケットを立ててしまうので、力を抜いて自然なラケット角度にする

 ①ができていると、サーブから3球目の間に時間が取れて、何を打つか見極めてからスイングに移れる
 ②が出来ていないとネットばかり。あくまで下回転打ちなので下から振る
 

 教えてもらったこと
 1・スイング
 ループドライブもパワードライブもスイング自体は同じ意識で、速く打つためには左足を踏み込んで打つ。これだけでスピードが出る

 2・レシーブ回転量の見極め
 BlogPaint

















 ①と②はナックルなので、下から始めたスイングを上方に修正し、普通に強打。これを下から打つとオーバーしてしまう
 ③はしっかり回転がかかっているので、下回転打ちで対応

 

 3・レシーブ長短によるスイングの修正
 ①頂点で打つ時、ネットより高い位置ならパワードライブ
 ②打つタイミングでネットより低ければループドライブ
 ③無理な体勢で打つときはループドライブ 5球目に備える


 
 
  

 約一ヶ月ぶりのつじまる師匠との不定期練習会。
 疲労で倒れんばかりだった私だが、卓球ともなれば不死鳥のごとく蘇る。
 不死鳥である。
 ゾンビでは無い。

 今日に備えて練習と用具のテーマを決めてある。
 練習編はこれだ。
 「下回転打ちドライブ」
 何度も物にしたと思って喜んで、やっぱり駄目の繰り返し。
 そんな中でとても良い動画を見つけてしまった。
 
 【卓球動画】Lili Ping Pong Channnel で投稿されていた 
 「卓球動画 インパクトでブチ切れ下回転を打ち抜く 」
 という動画である。
 色々為になるポイントがあり、詳しくは動画を見て欲しいのだが、一番参考になったのは
 「肘を曲げずにラケットを膝裏まで下げ、ループなら上に、スピードドライブなら斜め前に振る」
 というところ。
 特に肘を曲げずに肩支点で打つところが、下回転打ちだけではなくドライブ全般に良さそうなのだ。

 
 
 事前脳内練習はばっちり。
 練習開始前から出来る気満々である。
 最初のフォア打ちから早速試して見たのだが、いつもより安定している上に球を持つ感覚が明瞭になり、打球ポイントを含めて力を入れやすく、肘の運動を意識から外すことにより肩からラケットまでを一個の物体として扱える。
 ここまで書いて何かを思い出す。
 あれだ。
 卓球王国で買ったDVDと電子書籍。
 「高島規郎の勝つための近代打法」
 少し引用する。
 
 [バックスイング]
 肩甲骨でラケットを引く
 従来は、腕や肩をほとんど使わず腰の回転でバックスイングをとっていたので、どうしてもバックスイングの終点でスイングが止まっていた。肩甲骨を使って肘からラケットを引くようにすると、腕・肩がまわってから腰が回転するようになり、威力のあるボールが打てるようになる。さらにねじれの反動でスイングが止まらないようになる。

 以上 引用終わり

 その後下回転打ちの練習をさせてもらった。
 ループドライブもスピードドライブも、いつもより理想とするイメージに近い形で打てた。
 今まで細々と積み上げてきた下回転打ちが、また少し前進したわけだ。
 おまけに普段のスイングまで安定して打てるようになり、テンションがだいぶ上がってしまった。

 スピードドライブ打ち終わり
 スピードドライブ

 









ループドライブ
ループドライブ
 

 
  

 つじまる師匠に練習のお相手をして頂いているのだが、ペン+粘着ならではの擦り上げるドライブは、頂点まで上がった後急激に落下し、いかにも回転がかかった弾道で、正に理想とするドライブなのだ。
 同じように打とうと思っても力を回転の方に向けられず、ドライブだかスマッシュだか分からない球しか打てない。
 自分ではいくら振っても遅い球しかでないキョウヒョウ2もターゲットブルースポンジも、つじまるさんが打つとスピードと回転の載った勢いのある球が来る。特にターゲットブルースポンジなど本当にうねるような球なのだ。これはやはり打ち方の問題なのであろう。今まで自分の中で評価の低かったこのラバー、一気に高評価へと変わる。
 ペンはインパクトの瞬間スナップをきかせやすく、その結果ドライブ時に回転をかけやすいのだろう。
 シェークと平行してペンも練習中なのでよく分かる。
 
 そこでためしにシェークでもスナップをきかせて打ってみた。
 今まで試してみなかったのは、なんとなく手首を使ってはいけないような気がしていたからなのだが、具体的にはっきりと言われたわけで無い。打球時に手首をあれこれ動かすと不安定になるとは言われたかもしれない。
 バックスイング時に手首を小指側に溜めてインパクトの瞬間親指側に振り上げる。
 擦るってこういうことか!
 そうするだけで回転のかかったドライブが出来る。
 今まで回転をかけることに関しては評価の低かった粘着ラバーも、えらい良い球が出る。
 保管ファイルに封印された粘着ラバーを再評価したくなってきた。
 3時間弱の練習の中で、このことが分かっただけでも大収穫である。

 帰りの途中駅で卓球王国を買う。
 偶然にも「徹底解剖!強者のスーパーテク」コーナーで上田仁選手のフォアドライブの打ち方を解説しており、まさに手首の使い方でフォアドライブの質を上げるという内容であった。
 コンパクトなスイングで威力を出す為には、手首を使ってボールを掴み回転とスピードを出すという内容なのだが、詳しくは買って読んでほしい。

 肩甲骨打法と手首を使ったドライブが、自分なりのドライブ最終目標かもしれない。

 今までドライブを打つ瞬間に手首を使うと教えてもらったことは無く、アドバイスされたことも無く、入門書でも見た覚えも無い。本当はあったのかもしれないが覚えていない。
 出来る人には当たり前のこと過ぎて、あえて説明しない類いかもしれない。
 こういうことは頻繁にある。
 初心者、初級者が何を分かっていないのか、どこに躓いているのか、そのことを経験者や指導する立場の人に分かって欲しい。
 私がブログを書いている理由の一つがそれである。
  

 本日卓球三昧高田馬場にて「レベルを問わず教室」参加した。
 今回はマックス8人での教室だったのでコーチに教えて貰えたのは2回だけだったが、非常に為になったので忘れないように書いておくことにする。

 ①長いツッツキに対するドライブ
 コーチに伝えたこと・・下回転打ちをするとき下から擦りあげることを意識するあまり打点が遅くなり、おかしなフォームになっているので、早い打点で打つ方法を教えて欲しい。スマッシュでも良い。

 コーチの回答・・女子なら球の威力も少ないので下回転をスマッシュで返せるが男子では難しい。やはりドライブで返す方が良い。打点が遅いのは大きく引きすぎているから

 その後、2~3球実際に打ち、とりあえず大きなところで2つの問題点を提示される
 課題1・・下半身を使っていないで上半身だけで打っている
 
   教わったこと・・上半身のひねりに合わせて腰と膝を入れる。腰を入れて戻す反動を使う

 課題2・・肘から先で打とうとしている

   教わったこと・・肩 肩甲骨を使う。肩を支点に回す。テイクバックは小さく、フォローは大きく前に回し、打ち終わった後ラケットは左耳の方まで行き、肩が体前方まで来る。

 

 結果・・今までと全く違う打球になった。スピードも違うが、音も違う。音だけ聞くとスマッシュのようだが回転もかかり、低いが弧線も描いている。これは気持ちが良い。

 ②台から出るか出ないかの下回転に対するドライブの打ち方

 教わったこと1・・・台の上で打ってはいけない。台から出てから打つ
 教わったこと2・・・真上に擦りあげるようにして打つ。ただし上に擦りすぎるとオーバーしてしまうので短く台に沿って擦りあげる。これは先日練習したフリックの打ち方と同じ感触なので、分かっていればすぐにできるようになった。


 難しいのは台から大きく出るか、ギリギリ出るか、出ないのでツッツキで返すか、その見極めをすることだが、練習するしかないとのこと。当たり前か。

 その後生徒同士での練習で早速試す。
 ②の台ギリギリの球に対するドライブを教わったことは実践に役に立つ。苦手だった下回転打ちが苦にならなくなるかも。球は遅いのでフォア側に返すとスマッシュされるのでバック側に返すことを心がける。
 ①はついテイクバックを大きくしてしまうので、小さく引いて大きく振ることを意識しないと打点が遅くなる。これは対下回転だけの話ではなくて、通常のドライブも同じとのこと。
 
 改めて考えて見ると対下回転が苦手だったのは、丁度いい高さで球が返ってくることは滅多になく、思ったより短い球が来たときどうしていいか分からなかったからだと気がつく。
 
 知っている人には当たり前かもしれないが、私にとってはとっても参考になったので、実に有意義であった。感動して何度もお礼を言ってしまったよ。 
 そういえばコーチの名前を聞いてなかった。たぶん根田コーチかな?

 下回転に対するドライブができずいい加減嫌になっていたが、とても簡単なコツを掴んだのでメモ代わりに記しておく。これは例によって勘違いの可能性も高い。(打ち方を変えたからできたのか、用具の力なのか判別しにくい)
 これはあれこれ試してどうしても出来ない人に多少なりともヒントになればと思う。

 まずループドライブでの返球はこの動画を見たら急に簡単にできるようになった。 スイング後ラケットを頭の後ろに来るように真上に振ると、回転がかかった山なりの返球が出来る。(細かい所は省略している)
 その後いつもの様に45度くらいの角度で力を入れて打つと、ネットしたりオーバーしたりする。
 試しに腰を思い切り落とし、目線の高さが台の高さになるつもりで構える。
 そのままいつもの様に打つと、ほぼ100%台に収まるようになった。
 腰が低いと打球ポイントが頭の近くの高さになる事が良かったのか。理屈は分からないが効果はある。
 重心を落としているためか連打しても体勢が崩れないのも良い。欠点は疲れることくらい。
 下回転打ちでネットしてしまう人は、重心を落として悪いことはないので試しても良いかも。
  

このページのトップヘ