卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:ノスタルジックオールラウンド

 先日いただいたアドバイスから、弾みすぎる用具より弾みを抑えた用具でドライブ練習をするために、こんな用具を組んでみた。
 軽くて弾みを抑えたオールラウンドラケット、 昨日使わせて貰って好感触だった木星2ブルー。
 これなら文句ないだろうという組み合わせ。
 
 早速練習に持ち込み軽くフォア打ち。
 すぐに気がついたのだが、この組み合わせはあまり良くない。
 木星2ブルーの前に貼っていてダメだったエアロックMと同様にもっさりした打球感。
 スポンジ硬度が36度と軟らかいのもまずかったかもしれない。
 何というか手に響くものが全くなく、打ったんだか擦ったんだか伝わって来ない。
 球もボヨーンと飛んでいくので気持ちが悪い。

 一方バック面のマントラSは絶好調。
 軟らかいスポンジの為かしっかり持つ感覚が有り、尚かつスピードも出るので、コントロール+威力の両立ができている。
 バック面は非常に満足。
 
 肝心のフォア面がなあ。

 やっぱり当初の予定通りヘキサーパワーグリップを貼るべきだったか。
 いやいやそれではそもそも弾みを抑えた用具で練習しようという目的から外れている。

 うーん、難しい。 

 STIGAのノスタルジックオールラウンドというラケットにマントラMを貼ったら、思ったより弾きが良すぎてもう少し落ち着いたラバーを探していた。
 そこで浮上してきたのが同じメーカーのエアロックM。
 今まで特殊素材ラケットに貼ったことはあった。
 弾みは申し分ないが、ツッツキや下回転サーブがポワンと浮いてしまってそこだけが不満だったこのラバー。 弾み控えめな純木5枚合板に貼れば、ラバー本来の性格が分かるかもしれない。

 というわけで
 ラケット:ノスタルジックオールラウンド
 フォア面:エアロックM
 バック面:マントラS
 をお試し。

 まずは軽くフォア打ち。
 ・・・・ベインベイン鳴って弾まない。
 間違えてマークVを貼ったかと心配になるくらい弾まない。
 練習相手の妻が粘着だろうと疑ったくらいだ。
 とにかくやりにくいと文句を言われるがこっちだって打ちにくい。
 エアロックMってこんなラバーだったんだ・・。
 
 お次はツッツキ
 引っかかると言うよりグニッと掴んで打ち出す感じだが安定して低く打てる。
 これはなかなか良い感じだ。
 回転はそれほどかかっていない気がするが、とにかく安定する。

 下回転サーブ
 これも良い。
 グッと回転をかける感触があって、しかも低い球を打てる。
 これも安定していて良い。

 ちょいと離れて対上回転のドライブ
 思いっきり打ってもスピードが出ない。
 何だろうこの感覚・・
 粘着が無くて軟らかいムニッとした中国ラバー?
 というより軟らかめの高弾性ラバー?
 
 特殊素材ラケットに貼ったとき不満だったところは全て解消され、良かったところが不満になるという逆転現象。

 これは好みでは無いなと諦めて、それでも一応最後に対下回転打ちドライブを試す。
 もともと得意では無いのでなんとも言えないが、特に打ちやすいとも言えない。
 打ち方が悪いのかとあれこれ試して見たところ、他のラケット(ラバー)ではオーバーしたりネットしたりしてしまう様な打ち方で打ったら低くて鋭いドライブが打てた。
 (脳内イメージ)一度ラケットを膝裏まで落とし、肘は直角に曲げたまま遠心力で振り上げ薄く擦り上げてフィニッシュは肘が目の前に来る打ち方。
 文章で書くのは無理がある。

 受けた妻によるとそれほど回転はかかっていないらしいが、打った側からすればループドライブの延長線上にあり、力を抜いた楽な打ち方。
 
 これは迷う。
 さっきまでダメだと思っていたが急に本命に浮上である。
 
 どうしよう エアロックM
 

 練習会と言うより試打会だよなあ。
 それとも美味しくビールを飲むためにひたすら全力で打ち合う新ジャンルスポーツ?
 楽しくてストレス発散、体を動かしてストレス発散、ビールと飯と卓球トークでストレス発散、帰りの電車はぐっすり熟睡帰宅。
 
 そんな練習会も一月くらい空いてしまい、、試したい用具も随分溜まってしまった。

 お互い仕事が続いてやっとの休みなので結構へろへろである。
 つじまる師匠もちょっとお疲れの様子で、失礼ながら顔がむくんでいらっしゃったが、練習が進むにつれてシュッとしてきたので一安心である。
 
 仕事の時よりも早起きして2時間近くかけて三鷹に到着。
 珍しく台が空いていたので、すぐに練習開始と相成った。
 
 最初は買ったばかりのノスタルジックオールラウンド
 フォア面 マントラM バック面 マントラS。
 球突きすらしていない正真正銘の初使用。
 軽くフォア打ちをして打球感の確認。
 当たり前だが今まで使ったどのラケットとも異なる。
 芯で打っているとか表面で打っているとかそう言うのではなく、全体が芯のような打球感。
 そして手にほとんど響かないのが不思議。
 かなり強く打ってもあまり自分で打っている気がしない。
 
 マントラMは弾きの強さと引っ掛かりが特徴的で、ドライブもミートもやりたい人向けかな。
 想像以上に弾むので、当初の目的である基本的技術の習得用ラケットにはそぐわなかったかも。
 マントラSは何度か使用しているが、やはり扱いやすさと威力を両立した良いラバー。
 
 次はにオメガV ツアーDF フライアットスピン。
 オメガVツアーDFは、気に入っているのに出番が少ない。良いのが分かっているので敢えて試すこともないかと思ってしまうのが原因。
 今回の収穫その①はフライアットスピン。
 オメガのようなラバーによるサポートが無いので、1から10まで自分で打っている感じが心地よい。
 それでいてひっかかりもあり、スピードもそこそこ出る。
 評価が急上昇である。
 フォアでもバックでも行ける気がする。
 ラケットとの相性が良かったのかもしれない。
 
 次は火山岩7 キョウヒョウ2 と エバンホルツ テンキョク2。
 どうしても粘着を打ちたくなる時ってあるでしょ?
 

 今回の収穫その②はつじまるさんのラケットに貼ってあった銀河の北斗。
 見かけもブルースポンジで格好いいが、性能?も良いのである。
 ムニッとしたスポンジが球を持って、そのあと投げるように球を放る。
 欲しくなってきたぞ。
 水星2ブルースポンジとの違いも気になる。
 
 最後の30分くらいはお互いやりたい練習をやって、最後に5分くらいオール。
 試合形式になると、全く練習の成果が出せず本能の命ずるままに全力スイング、またはヘナチョコツッツキ。
 そんなこんなで3時間みっちり練習して、ハイテンションのままファミレスで祝杯をあげる。
 喋りすぎてノドが痛くなったらそろそろお開きの時間。
 楽しゅうございましたなあ。
 
 
  

 先日行われた試打会で気に入ってしまったこのラケット、しばらくラケットは購入しないと決めていたのだが、たくつうのスティガ42%引きセールに理性を失い、ついつい購入してしまった。
 IMG_20181003_170143285_HDR








 重量81gとかなり軽量なラケットなので、ラバーの選択には困らなそう。
 弾みも控えめなはずなので、高性能ラバーを貼って回転性能に寄ったラケットを組むことも出来る。

 とりあえずラケットコートを塗り込みツヤを出す、のが目的ではなくブレード面の強化が目的。
 TSPのラケットコート廃番はイタい。ちびちび塗るニッタクのラケットプロテクトはどうにもまだるっこしい。

 

 貼るラバーは既に決まっていて、試打会と同じマントラMとマントラSを用意してある。
 ていうかもう貼った。

 IMG_20181003_224610256








 マントラはくたっとしているラバーで、特にSは反りもなく素直そうなラバーである。
 
 両面貼って172g。
 軽い!
 個人レッスンのようなひたすら打ちまくる練習には軽い方が良いので、これはありがたい。

 球突きをしたいが夜は禁止されているので、眺めたり臭いを嗅いだりするくらいしかできない。
 次の練習は1週間後。
 まだまだ先である。

 

 

このページのトップヘ