卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:ハンドソウ

 卓球未経験者の息子に今までの経験を活かして卓球を教えるシリーズ、だったかな多分。
 相変わらず卓球場は封鎖されているので、ミニ卓球台でリビング卓球。
 4回目くらいになると思うが、フォア打ちバック打ちは安定して出来るようになったので、本日はフォアバックの切り替え、ツッツキ、下回転サーブ、下回転サーブからのツッツキ、さらにそこから対下回転打ちドライブと、未経験者とは思えない詰め込みすぎのスケジュールを組んだ。
 ちなみに息子はハンドソウ使い(仮)なので、教える側も色々試行錯誤しながら楽しんだ。

 自分も初心者なので、何故ミスをしたのか、その対処はどうすれば良いのか、手に取るように分かる。
 
 どの場面でも当てはまるが、練習中に力が入りすぎて手打ちになることが多い。
 そういう時は一度リセットするためにラケットに厚くゆったり当てて打たせる。
 きちんと垂直に当たると良い音が出るので、その音を目安にすれば良い。
 これを数回続けて、同じスイングのまま上方向のスイングスピードを上げさせるとドライブを打てる。
 バック打ちも同じ。

 最初ツッツキはシェイクと同じように打っていたが、そういえばハンドソウのグリップはペンに近かったなと思い、ペンのように縦の向きで打たせたら安定した。
 息子の場合フォアは短いツッツキ、バックは長くて直線的なツッツキになるので、場合によって使い分けが出来そうである。
 
 下回転サーブも教えたが、ソフトテニス部で3年間鍛えただけあって、1球目からきっちり下回転がかかっていた。
 フォームが固まっていないので安定しないが、最後の方にはそれなりに出来るようになっていた。
 失敗する時は①トスを上げてからラケットを引いている②トスの位置が体から遠い③打点が高い④回転をかけようとしすぎて叩きつけている などなど、相手の欠点は分かりやすい。

 何回か続けている内にツッツキも続くようになったので、オマケで対下回転打ちドライブを練習。
 下回転を意識しすぎて振り急ぐ気持ちは我が事のように分かる。
 ラケットを被さず、打点を落としてゆっくりでも良いので上方向に振り上げるように教える。
 恐らく次回辺りにはある程度出来そうだ。
 
 先に記したようにソフトテニスで回転をかける感覚を身につけているので覚えるのが早い。
 大学が始まったらやっている暇も無くなるかもしれないが、今の状態は残念ながらしばらく続きそうだ。
 せっかくなのでゆっくりじっくり教える方も楽しみながら焦らずやっていこうと思う。
 


 新型コロナウィルスの影響で、予定していた練習や卓球教室がことごとく中止になり、卓球をしたくても思うように出来ない日々が続いている。
 幸い我が家には進学が決まって暇を持て余している息子がいるので、練習相手になってもらった。
 息子は中学生ソフトテニス、高校生バドミントンと、卓球は未経験者で、たまに家族のつきあいでお遊び程度に打ったことがある程度だ。
 
 息子の興味を引くために持っていったハンドソウが気に入ったようで、シェークの方が簡単だと言ってもどうせ遊びだからと、ハンドソウでの練習に取り組むことになった。
 ちなみにハンドソウは限定販売していたベイオネット。
 素材入りで良く弾むこのラケットに、ターゲットプロGT-M43とラザンターR37が貼ってある。

 先週今週と2週続けての練習になった。 
 曲がりなりにもフォア打ち、バック打ちができればこちらの練習にもなるかなと、それのみをひたすら繰り返す。
 フォア打ちはすぐに出来るようになったが、バック打ちは苦戦していた。
 私もハンドソウのバック打ちが苦手で、重量があるこのラケットを振ると手首が痛くなるし、シェークより手から遠い位置で打球することにどうしても慣れず、結局観賞用となっていた。
 息子が打つのを見ていると、ラケットの先端を体に向けてから主に手首を返して打っている。
 ヘッドも下から上へ回るので、オーバーがとても多い。
 体と平行位置からスイングをスタートするようにアドバイスしても、思うように体が動かないようだ。
 特に遅くてほわん、とした球が苦手なようで、オーバーの連発である。
 逆に速い球を打つと安定した返球がくる。
 相手のスピードや回転があるほうが打ちやすいのだろうか。

 そういえば息子がハンドソウに興味を示したのは「少年ラケット(掛丸翔)」 に登場するビリーというハンドソウ使いの影響で、「ハンドソウはシェークより3cm長いんやで」、とかミルクケーキを咥えていることとか、ハンドソウはカーブドライブに向いているとか、私より詳しく覚えているようだ。
 そういった経緯も有り、カーブドライブの練習をさせたところ、何球かに一回は出来るようになった。
 強いドライブ回転をかける感覚が楽しいようで、その気持ちは良く分かる。 
 しばらくカーブドライブの練習をした後、普通のフォア打ちをさせた。
 すると軽く振っているにも関わらず、きちんとドライブになっている。
 私よりもよっぽど上手いので、悔しくなってしまったことを告白しておく。
 カーブドライブの練習が良い影響を与えたのだろうか。


 未経験者と練習して気がついたこと
 ①素材ラケットに柔らかいラバーを貼ると軽打で良く弾むので、力の加減が難しい
 ②ハンドソウは重いのでヘッドが回りやすく、バック打ちも前進回転をかけやすい
 ③最初は台に近い位置で打ちがちなので、意識的に台から離れて打つ練習と交互にするとスイングが縮こまらない
 ④ ハンドソウはミドルの処理が難しそう
 ⑤軟らかいラバーは相手のスピードや回転が有った方が打ちやすそう 
 ⑥強く打とうとすると横殴りになる 
 ⑦フォア打ちバック打ちが出来る→フォアバックの切り替えが出来る には大きな差がある 

 3/2に注文し、5/1頃発送予定だった840ショップ発売のガンブレード型ラケット Bayonetをようやく受け取ることが出来た。
 いわゆるハンドソウラケットは身近にリンさんというコアなユーザーがいるので当然お試し済みだが、いざ自分で購入しようとしても怪しげな中国製ラケットを個人輸入するか、割高な中古品を手に入れるしかない状況が続いていた。
 そういった中で卓球屋840での発売が決定し、プロモーションが始まるにつれ購入意欲がむくむくと立ち上り、限定100本に焦りながらいつの間にやら購入していたというわけだ。
  
 リンさんの所有するハンドソウを使わせて貰った感じだとちょっと扱いにくく、最初はまともに打つことも難しかったので、それほど期待せずむしろ何も貼らないで飾っておこうかくらいに悠長に構えていた。 
 当然多少の納期遅れなど気にもならず、 そういえばあれはどうなったかなとたまに思い出す程度の期待感だった。
 
 ところが実際届いたラケットを手にしてみたら、仕上がりの良さと良い、グリップを握ったときの自然な感じと良い、これは使ってみたいと思わせるラケットだった。

 問題はラケットの重さ。
 重量108gもあり、仮に両面50g貼ったら208g、両面45gなら198gと明らかに許容範囲を超える。

 最初の計画ではフォア面水星2ブルースポンジか2018、バック面GTT40だったのだが、直前で気が変わり、フォア面はCornilleauのターゲットプロGT-M43、バック面は計画通りGTT40を貼ることにした。
 バック面のGTT40が35gと極端に軽い事もあり、総重量186gと理想的な重さになった。

 早速月曜日の妻との練習に使用。
 午前中の卓球教室には人目が気になって持って行けない。
 これもしかしてハンドソウの弱点は、ある程度使いこなせない内は人の前で打つのが恥ずかしく、恥ずかしがっていたらいつまでたっても上達せず、いったいどこで練習したら良いのか難しいところではなかろうか。
 幸い私は身内に練習相手がいるのでいくらでも恥をかける。

 練習開始と同時にBayonetを取り出す私。
 上手く打てないかなと思ったが、結構普通に打てる。ちょっと中ペンで打つときの感覚に似ている。
 フォア面は問題無さそう。
 バック面はどうだろうか。
 うーん、ここで躓いてしまった。
 どうも上手いこと打てない。弾く感覚がないというか、中ペンで裏面打ちをしている時のような不安な打ち方で、今ひとつ冴えない。
 ツッツキはどうだろう。
 形状とグリップ的にはシェークのようなツッツキも、ペンのような先端から入るようなツッツキもどちらでも出来そうである。
 とりあえず慣れているシェークタイプのツッツキをしてみた所、何とか出来ない事もないというレベル。
 やはり慣れが必要なのか。

 バック打ちが上手く出来ない事に気落ちして、途中でメインラケットに交換し、しばしBayonetはお休み。

 下回転打ちの練習の際、そういえばツッツキ打ちドライブはどうだろうと思い立ち、再びbayonetを手にしたところ、なんだかシェークよりも打ちやすい気がする。
 調子に乗ってカーブドライブをやろうと思ったが、そもそもカーブドライブなど出来ない事に気がついてすぐにとりやめ。
 最後にもう一度バック打ちを試す。
 今度は上手く打てるようになっている。
 原因は何てことない。
 さっきまで妻はバック粒で打っていたのだ。
 普通に裏ソフトで打ってもらえばとっても返球しやすく、シェークと遜色ない。

 このタイプのラケットのメリットは何なのかと考えた場合、フォアでもバックでも面を出しやすいことではないかと思う。
 相手の打球に合わせてとっさに面を変えるときイメージ通りに素早く出来る。おかげで打球が安定しコントロールが良くなる。威力を求めるラケットと言うより、安定重視のラケットかもしれない。
 
 ラバーについても書いておこう。
 バック面のGTT40はラケットと相性が良いのか固定でよさそう。
 フォア面のターゲットプロはスピードが遅くて物足りないが、このラバーだからこそ扱えている可能性もあり、貼り替えたいがどうしようかと迷っているところ。

 さて一体自分はハンドソウに乗り換えるのか、シェークとハンドソウの両刀遣いでいくのか。
 遊びでやっているのでシェーク、ペン、ハンドソウの3刀流でいくことにしよう。

 IMG_20180620_181014809

 
  

このページのトップヘ