卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:ブロック

 埼玉県上尾市にあるユーウェルク卓球場にて2度目の個人レッスンを受けた。
 ここのコーチは終始笑顔で丁寧に教えてくれる爽やかな青年なので、リラックスして練習を受けられる。

 前回駆け足で終わったブロックを教わる。
 フォアブロックは前回教わったとおりで割と上手くできる。
 バックブロックは、ラケットを立てる方法と立てない方法のどちらをやりたいか聞かれ、立てない方を選択した。立てた方が安定するが、立てない方が今後色々応用できるらしい。

 最初はどうもうまくいかない。
 スピードや回転に押されてオーバーすることが多く、 あれこれ教えてもらい、最後にもらったアドバイスが私には有効だったので忘れずに書いておく。
 ①不安定なのは体から近い距離で打っているため
 ②ニュートラルの自然に構えた位置でバックの面を作り、後はあまりラケットの面をかえない
 ③つまり思っているより体から離れた位置で打つ
 ④面を被せた状態で待ち、打つ瞬間少しだけ面を起こす意識で打つ事も言われたが、これはできなかった

 ちなみにこれは普通のバック打ちにも共通して言えることで、今まで私は体から近すぎる位置で打球していた。これを少し前方に離した位置で打つと、力も入るしあれこれ自由がきく。
 これは良いことを教わった

  

 最後にブロックを少し教わる。
 
 フォアのブロック 
 基本姿勢
 低い体勢で肘をかなり曲げて顔の側で打球する。


    ①速くて回転の少ない場合は垂直気味に当てる
 ②ループドライブの様に遅くて回転がかかっている場合はラケットを被せる 
 


 バックのブロック
 ①手首を曲げず肘からラケットまで一直線(多分)
 ②脇を締めてラケットを立てる
 ③インパクトの瞬間下に下げる癖があるので、下げない
 ④打球位置は顔の正面あたり だったような

 ブロックは最後駆け足だったので、次回きちっと教わりたい

 ここまでで2時間。
 とても収穫があったことがおわかりかと思う。
 台風の向かい風の中を自転車で30分かけて行った甲斐があった。
 
 とても丁寧かつ的確な指導で、11月から正規の値段になっても是非教わりたいと思う。
 

このページのトップヘ