本日は朝9:30から11:30まで卓球教室の後、13:00から17:00まで妻と練習という一日卓球漬けの日。
 相変わらずフォアで下回転打ちが出来ずに嫌になったが、卓球が思う存分出来て楽しい。
 色々用具も試せたので備忘録として残しておこう。

 最初に使ったのは新入りの風林火山(OSP Expert power allround)xエボリューションEL-S x ラザンターR42という王道的組み合わせ。
  風林火山は初めて使用したが、強打するとビーンビーンと手に響く。薄くて上板が硬いせいだろうか。
 ラバーの特性かもしれぬが弾く力は弱く扱いやすい。軽く打ってスピードが出るタイプでは無い。
 EL-Sは軟らかい打球感だが実際は球離れはそれなりに早く、自分としては厚く当てたくなるタイプ。
 サーブの回転はかけやすいが粘着ラバーほどでは無い。 
 ラザンターR42は扱いやすく威力もだせるバックには良いラバー。ちょっと違うラケットで試したい。
 ラケットは苦手な感触かも。同じOSPならVirtuoso offensive-の方が好きだ。

 パリオC17は10枚合板7層カーボンだが軟らかい打球感で、グリップも持ちやすい形状だ。
 サンダーLMも729-08も粘着だが普通に打てる。どちらかといえばサンダーLMの方が扱いやすい。
 妻もC17は好感触だったらしい。

 久し振りのエバンホルツNCTVxキョウヒョウNEO3xレガリスレッド。
 キョウヒョウは定期的に使いたくなるが、相変わらず使いこなせない。
 意外だったのはレガリスレッドが好感触だったこと。バック面でブロックもドライブもやりやすい。こんんなに良いラバーだったんだと再認識。他のラケットに貼ってみたい。

 神龍木はやはり重くて厚い。細かい技などできそうもない。フォア面のエボリューションMX-P特厚をもっと薄くて軽いラバーに替えた方がよさそうだ。

 アルバ テナジー25FX ヴェガアジアDFはやはり良い。弾みすぎず自分で打っている気がする。
 一緒に練習した人に打ってもらったが、弾くラケットが好きな人には不評なことが本日分かった。

 とにかく練習して最後はへろへろになったが、良き日であった。