卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:リズムP

 スウェーデンクラシックにリズムPが良いのは分かった。
 問題はバック面をどうするかだ。
 アグリットは使い方と目的が明確なら良いラバーだと思うが、まだあれこれ迷いたいので、もう少し使い方の幅があるラバーを選びたい。
 もっとはっきり言えばバックドライブを打てるようになりたい。
 というわけで、前回Virtuoso offensive-に貼って高評価だったヴェンタススピードをバック面に貼って練習に臨んだ。
 
 最初はユーウェルク卓球場の個人レッスン。
 ここでバックドライブの基礎を教わる。 
 
 練習としてバックに来ると分かっていれば待ち構えていてバックドライブを打つ事は可能だ。
 そうしたときにこのヴェンタススピードはとても良い仕事をする。
 グイッと掴んでムギュっと回転をかけ、フォア打ちと変わらないようなスピードと回転になる。
 そうした効果を期待してこのラバーを選んだので、選択は正解だったわけだ。

 ただ、いかんせん習い始めなので、フォアとバックにランダムに振られると、ほぼできない。
 フォアの下回転打ちもままならないのに、バックドライブは無理かもと弱気になる。
 これだったら回り込んで打つ方が迷いが無くて良い気がしてきた。
 
 それでもきちんと一度教わって、練習を重ねればいつか出来るようになるに違いない。
 
 両ハンドって良く意味も分からず聞いていたが、フォアもバックも同じようにドライブを打てることなのだろうか?
 そうだとしたら、遠い道のりだ。

 現状の感想としては、バックドライブを覚えるためにはヴェンタススピードはとっても向いているラバーだと思われる。
 思いっきり振ることさえ出来れば。

 もしバックはツッツキ、ブロック、ミート打ちが主で、攻撃はフォアで行うのなら、ヴェンタススピードよりもっと軽くて扱いやすいラバーがいくらでもあると思う。
 マントラSとかラザンターV42とかヴェガアジアDFとか。

 弱気にならなければ継続。
 思うようにいかなくて迷うなら粘着ラバーで現実逃避。両面ゴールデンタンゴとかアポロ5とか。
 練習の間隔が空くと余計なことを考えたり、余計なこと(ラバーの総貼り替えとか)をし始めるので良くない。ファスタークG1ってどうなんだろう?


  

 先週に引き続きつじまる師匠と今度は2人での練習。
 みんなでわいわいやるのも楽しいが、club内練習だとリラックスできて良い。
 部員は2人だけですが。

 今回は技術練習をメインに考えていたが、バックの中には5本のラケットが・・。
 つじまる師匠の6本には敵わないが、まあいつも通りなのだ。
①スウェーデンクラシック リズムP ラザンターR42
②博 PF4 金弓8
③Virtuoso offensive- ヴェンタススピード プラクソン450
④カルテットLFC ラクザX  ターゲットプロGTM43
⑤キョウヒョウ301 ラザンターV47 マントラS

 技術練習はほとんど無しで用具検証にほとんどの時間を費やす。
 思いっきり打つ機会って相手もある事だし意外とないのと、きちんと返しやすくブロックしてくれる上手な人と練習できる機会もこれまた無いので、つじまる師匠との練習は貴重で有り楽しいのだ。
 ついつい自分ばかり打ち込んでしまうのだが、嫌な顔せずお付き合いして頂きありがたく思う。
 
 今回の成果は3点。

 1.スウェーデンクラシック リズムPはやはり良い。
あまり弾まないラケットなので、回転をかける感覚や、球を操る感覚を感じやすい。
リズムPは薄く捉えてループドライブを打てばとても回転がかかる。ここはちょっと粘着ラバーっぽい。弾みはしっかりあるのでミートすればスピードも出る。
安定感と威力の両立が出来ている。
そうはいっても欲張るのが人情。
もう少し弾むラケットに貼って試して見たい。

 2.博とPF4の組み合わせは気持ちが良い
やはり薄すぎない7枚合板が好きなようだ。
粘着ラバーのPF4を貼っても打球感が心地よい。
同じラバーをエバンホルツやグローリーなどのハードウッドラケットに貼ったら好きにならないと思われる。
スピードはもちろん出ないが、回転をかけやすくバウンド後の伸びもあり、粘着ラバーの楽しさを味わえる。


 3.ヴェンタススピードはフォアよりバックが良いかも
フォアで打った時はぴんとこなかったが、体が温まった練習後半でバック面で使用したとき、あまりの良さに驚く。
会話を楽しみながらラリーをしていたので、割と適当にバック打ちをしていたのだが、少し離れたところからそこそこの力で打ってみると、面白いように入る。
楽しくなってきて普段ならオーバーするくらい強く打っても、連続して台に入り続ける。
こんなに安定して尚かつ威力も出せるラバーってちょっと無いかも。
シートを触った感じだと弱そうに思えたのだが。

 
 最後に教わったフットワーク練習の様な切り替え練習は楽しくて、もう少しでビールが飲めると思うと尚更張り切ってやってしまった。
 冬だというのにしっかり汗をかき、いつものファミリーレストランでジョッキを片手に卓球マニアックトークを堪能。
 今年最後の練習会は無事終了したのであった。
 

 本日は午前中健康卓球教室、午後から妻と計4時間の練習。
 ほぼスウェーデンクラシックで通した。 
 前回の個人レッスンで、ちょっと粘着ラバーから離れる気分なのだ。
 
 リズムPはミート打ちが気持ちよいと思っていたが、自分のフォームが安定してくるにつれて、ドライブもかけやすいことが判明。
 ラケットが弾まないオールラウンドタイプなので、スピードは必要以上に出ないが、その分そこそこのスピードで連打が出来る。
 多少打点を落としても弧線を描いてネットを越えてくれるので、安心して強打できる。
 ツッツキや下回転サーブは、やはり粘着ラバーには回転量では劣るので、そこは残念だが仕方の無いところ。

 前回使用時には、裏面のアグリットに対してあまり良い事を書かなかったが、少し修正したい。
 球離れが早いと思っていたがそうでもなく、安定して打てるラバーだ。
 引っ掛かりも結構あって、リズムPより下回転サーブはやりやすい。
 相手の回転の影響を受けないためか、下回転サーブからの展開で3球目をドライブ、返ってきた球をバックでコースを突いて返球、などがやりやすい。
 バックドライブも試してみた。威力は不明だが簡単にできる。
 弾みが垂直方向に特化しているのか、被せてドライブを打つとあまりスピードも出ず、回転もイマイチ。
 ここが不満に思うかどうかが評価の分かれ目かも。 
 
 アグリットが軽いせいで、総重量169gと超軽量ラケット。
 何が良いって、フォアバックの切り替えしやスイングの細かい調整がしやすいこと。
 今まで185gが丁度良いと思っていたが、軽いのも魅力に感じてきた。

 アグリット、結構良いラバーかもしれない。

 

 実は今回の個人レッスンには悩んだ末に2本のラケットを用意した。
 ①キョウヒョウ301 ゴールデンタンゴ マントラS
 ②スウェーデンクラシック リズムP アグリット

 2時間の練習の内、1時間45分は①だったのだが、少しよろしくないことがあった。
 下回転サーブがどうもうまくできない。
 回転がかかっている気がしないし、ネットミスも多い。
 擦り上げて、ネット際に落ちてまた戻ってくるような短いデモンストレーション的なサーブはとてもよくできるのだが、台で2バウンドするようなサーブがうまくできない。
 ドライブの感触も今ひとつ。

 コーチとそんな話をして、試しに前回と同じスウェーデンクラシックで打ってみることに。
 下回転打ちをするとこちらの方が回転がかかってますよ、とのこと。
 ブロックも安定するし、下回転サーブも回転をかけやすい。
 スピードもあるし、なんだやっぱりこっちがいいのかと、残念なようなほっとしたような。
 ただアグリットはやっぱり不満。
 
 ちなみにマントラSはかなり伏せてバックドライブを打つと、回転スピード安定具合どれも優れていてなるほど最新ラバーだなと感心した。アグリットはどれも今ひとつ。

 今考えているのは
 ①スウェーデンクラシック リズムP マントラS
 ②スウェーデンクラシック 両面リズムP
 ③Virtuoso offensive- リズムP プラクソン450
 ④アルバ リズムP ヴェガアジアDF
 ⑤キョウヒョウ301 リズムP マントラS

 どれも良さそう。
 こうしてみるとやっぱり粘着は合わないのかと、結構残念。
 アポロ5くらいになるとまた違うんだけどね。
  

 本日の個人レッスンで使用。
 リズムPは何回目かの使用で、アグリットはほとんど初めて。
 
 リズムPとスウェーデンクラシックは良い組み合わせである。
 ①ループドライブのとき引っかかる感覚が判別しやすい
 ②フラットに打つととても良い音が出る。打球感が良い。芯で打っている感じが好み
 ③サーブやツッツキの時回転をかけやすく、回転量も豊富
 ④ コントロールも良く強弱も付けやすい。
 ⑤軽打でも強打でもスピードが出る
 ⑥下回転を持ち上げるのも楽

 バック面のアグリットは実践向きだが基本技術の習得には向かない感じ
 ①軽く弾いてもスピードが出る。速くて軽快
 ②しっとりとした打球感では無く乾いた感じ
 ③掴む感覚に乏しい。食い込んでいるがすぐに飛び出す
 ④最近のラバーになれていると結構違和感がある。
 ⑤思ったより軟らかい打球感では無い
 ⑥しっかり回転をかける余裕が無い

 
 リズムPがとても良いだけに、バック面を変更すればメイン使用に耐えうる。
 レガリスレッドは軟らかすぎる気がするので、もうちょっとモッチリしているのが好みかも。
 結局ヴェガアジアDFかプラクソン450になるのか。
 エクステンドGPってどうなんだろう。
 意外とバック面向きラバーって掘り下げられていない気がする。
 金弓5を追加注文しておけば良かったかな。

  

 本日は久し振りにスウェーデンクラシックを引っ張り出してきた。
 使うラケットを選ぶ時、自分なりの理由が一応あって、硬めでしっかりとしていて粘着では無いグリップ力のあるラバーを使いたくなったのだ。
 前回は不安定だったフォア打ちも、今回は身内での練習でリラックスしていたせいか問題なく使える。 
 リズムPのボールを掴まえる安心感は結構なレベルで、多少打点を落としても打てる。
 ラケットと相性が良いのか強弱も付けやすく、コントロールも付けやすい。
  横回転サーブやロングサーブはスピードが出て、下回転もしっかりかかる。
 スピードと回転、安定性のバランスが良く、下回転打ち、ドライブの打ち合い、ツッツキ、スマッシュ、フリックなど楽しく練習できる。
 バック面のレガリスレッドは本日は今ひとつで、ミートしたとき板で打っている感触が強く、打ち方に合っていない気がした。パチン、と弾ける音がしてコントロールが出来ていない感じ。

 日々不安定な卓球なので、感想もその時によってまちまちである。
 バック面を変更したくなったが、オメガVツアーDFのバック面を決めるのが先なので少し後回しになりそうである。
  

 実は前回の記事は今回の前振りだったのだ。
 本日の卓球教室でスウェーデンクラシックにリズムP レガリスレッドを使用して、大変良い組み合わせで練習も楽しかった。
 リズムPを買ったのは半年くらい前、レガリスレッドに至っては1年以上も前に購入していた。
 どちらも恥ずかしながら今回初めてまともに使用したのだがとても好感触で、特にリズムPはスウェーデンクラシックと組み合わせると、フラットに打ったときの打球感と音が好みで、下回転もしっかりグリップしてドライブで返しやすく、ツッツキは短くするのは難しいが早くて低く出せる。短い下回転サーブも出しやすく、よく練習でやるネットを越えて自陣に戻ってくるサーブもできる。
 レガリスレッドはとにかく当てさえすれば相手コートに鋭く返球でき、ラリーを続けることが出来る。軟らかいラバーだがツッツキも安定して出しやすい。

 これほど気に入ったにもかかわらず、頭の中では新しいラバーやラケットを買ったり、手持ちの中で貼り替えることを考えてしまうのだ。
 練習中にも他のラケットに替えようとする欲求を絶えず感じていた。

 今回2時間ほどの練習を1本のラケットで通したのだが、これくらい使うと多少なりとも用具の特徴も分かる。
 技術レベルの向上を考えるのなら、練習の間にラケットを替えない方が良いことも分かる。
 
 それでも練習したいと思う気持ちと、さまざまな用具を試したいという欲求が、ほぼ半々にある私にとって、どちらかに徹することができないのだ。
 水谷選手がその著作「負ける人は無駄な用具変更をする」 で書いていた通りだ(違う人だったか?)

 そういう訳で練習を終えた後、用具志向の欲求を満たすためにラバー貼りをしようと思ったら、肝心の接着剤が無かったのである。 

 本日の卓球教室に持ち込んだのはスウェーデンクラシック。
 バック面はレガリスレッドに貼り替えた。
 ほぼ初めて打つ相手との練習からスタート。
 緊張しているのか上手くフォア打ちが入らない。
 打たせてくれるのでスマッシュを打つとなかなか安定して速い球が入る。
 ただ、練習相手には腰が回っていないので球が遅いと言われる。それはその通りだと思う。
 バック面のレガリスレッドはとても良い。
 私にとって良いラバーは、自分では駄目かなと思っても台に収まるラバーだ。
 それもちゃんとスピードと回転の載った球が出る。
 価格が安く重量も軽く性能も良いレガリスレッドは、何枚かバック面用にストックしておきたいくらいだ。
 肝心のリズムPは攻撃力があり打球感も良い。
 ただ、まだ使い慣れていないので感覚がつかめない。
 少しでも打点が落ちると自信を持って打てないのでたいていミスをする。
 もっとこのラケットで練習する必要があると思った。

このページのトップヘ