卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:レガリスレッド

 本日は久し振りにスウェーデンクラシックを引っ張り出してきた。
 使うラケットを選ぶ時、自分なりの理由が一応あって、硬めでしっかりとしていて粘着では無いグリップ力のあるラバーを使いたくなったのだ。
 前回は不安定だったフォア打ちも、今回は身内での練習でリラックスしていたせいか問題なく使える。 
 リズムPのボールを掴まえる安心感は結構なレベルで、多少打点を落としても打てる。
 ラケットと相性が良いのか強弱も付けやすく、コントロールも付けやすい。
  横回転サーブやロングサーブはスピードが出て、下回転もしっかりかかる。
 スピードと回転、安定性のバランスが良く、下回転打ち、ドライブの打ち合い、ツッツキ、スマッシュ、フリックなど楽しく練習できる。
 バック面のレガリスレッドは本日は今ひとつで、ミートしたとき板で打っている感触が強く、打ち方に合っていない気がした。パチン、と弾ける音がしてコントロールが出来ていない感じ。

 日々不安定な卓球なので、感想もその時によってまちまちである。
 バック面を変更したくなったが、オメガVツアーDFのバック面を決めるのが先なので少し後回しになりそうである。
  

 実は前回の記事は今回の前振りだったのだ。
 本日の卓球教室でスウェーデンクラシックにリズムP レガリスレッドを使用して、大変良い組み合わせで練習も楽しかった。
 リズムPを買ったのは半年くらい前、レガリスレッドに至っては1年以上も前に購入していた。
 どちらも恥ずかしながら今回初めてまともに使用したのだがとても好感触で、特にリズムPはスウェーデンクラシックと組み合わせると、フラットに打ったときの打球感と音が好みで、下回転もしっかりグリップしてドライブで返しやすく、ツッツキは短くするのは難しいが早くて低く出せる。短い下回転サーブも出しやすく、よく練習でやるネットを越えて自陣に戻ってくるサーブもできる。
 レガリスレッドはとにかく当てさえすれば相手コートに鋭く返球でき、ラリーを続けることが出来る。軟らかいラバーだがツッツキも安定して出しやすい。

 これほど気に入ったにもかかわらず、頭の中では新しいラバーやラケットを買ったり、手持ちの中で貼り替えることを考えてしまうのだ。
 練習中にも他のラケットに替えようとする欲求を絶えず感じていた。

 今回2時間ほどの練習を1本のラケットで通したのだが、これくらい使うと多少なりとも用具の特徴も分かる。
 技術レベルの向上を考えるのなら、練習の間にラケットを替えない方が良いことも分かる。
 
 それでも練習したいと思う気持ちと、さまざまな用具を試したいという欲求が、ほぼ半々にある私にとって、どちらかに徹することができないのだ。
 水谷選手がその著作「負ける人は無駄な用具変更をする」 で書いていた通りだ(違う人だったか?)

 そういう訳で練習を終えた後、用具志向の欲求を満たすためにラバー貼りをしようと思ったら、肝心の接着剤が無かったのである。 

 本日の卓球教室に持ち込んだのはスウェーデンクラシック。
 バック面はレガリスレッドに貼り替えた。
 ほぼ初めて打つ相手との練習からスタート。
 緊張しているのか上手くフォア打ちが入らない。
 打たせてくれるのでスマッシュを打つとなかなか安定して速い球が入る。
 ただ、練習相手には腰が回っていないので球が遅いと言われる。それはその通りだと思う。
 バック面のレガリスレッドはとても良い。
 私にとって良いラバーは、自分では駄目かなと思っても台に収まるラバーだ。
 それもちゃんとスピードと回転の載った球が出る。
 価格が安く重量も軽く性能も良いレガリスレッドは、何枚かバック面用にストックしておきたいくらいだ。
 肝心のリズムPは攻撃力があり打球感も良い。
 ただ、まだ使い慣れていないので感覚がつかめない。
 少しでも打点が落ちると自信を持って打てないのでたいていミスをする。
 もっとこのラケットで練習する必要があると思った。

 本日は朝9:30から11:30まで卓球教室の後、13:00から17:00まで妻と練習という一日卓球漬けの日。
 相変わらずフォアで下回転打ちが出来ずに嫌になったが、卓球が思う存分出来て楽しい。
 色々用具も試せたので備忘録として残しておこう。

 最初に使ったのは新入りの風林火山(OSP Expert power allround)xエボリューションEL-S x ラザンターR42という王道的組み合わせ。
  風林火山は初めて使用したが、強打するとビーンビーンと手に響く。薄くて上板が硬いせいだろうか。
 ラバーの特性かもしれぬが弾く力は弱く扱いやすい。軽く打ってスピードが出るタイプでは無い。
 EL-Sは軟らかい打球感だが実際は球離れはそれなりに早く、自分としては厚く当てたくなるタイプ。
 サーブの回転はかけやすいが粘着ラバーほどでは無い。 
 ラザンターR42は扱いやすく威力もだせるバックには良いラバー。ちょっと違うラケットで試したい。
 ラケットは苦手な感触かも。同じOSPならVirtuoso offensive-の方が好きだ。

 パリオC17は10枚合板7層カーボンだが軟らかい打球感で、グリップも持ちやすい形状だ。
 サンダーLMも729-08も粘着だが普通に打てる。どちらかといえばサンダーLMの方が扱いやすい。
 妻もC17は好感触だったらしい。

 久し振りのエバンホルツNCTVxキョウヒョウNEO3xレガリスレッド。
 キョウヒョウは定期的に使いたくなるが、相変わらず使いこなせない。
 意外だったのはレガリスレッドが好感触だったこと。バック面でブロックもドライブもやりやすい。こんんなに良いラバーだったんだと再認識。他のラケットに貼ってみたい。

 神龍木はやはり重くて厚い。細かい技などできそうもない。フォア面のエボリューションMX-P特厚をもっと薄くて軽いラバーに替えた方がよさそうだ。

 アルバ テナジー25FX ヴェガアジアDFはやはり良い。弾みすぎず自分で打っている気がする。
 一緒に練習した人に打ってもらったが、弾くラケットが好きな人には不評なことが本日分かった。

 とにかく練習して最後はへろへろになったが、良き日であった。
  

 フォア面の999はとにかく見た目が美しいラバーで、何とかこのラバーをメインで使えるようになりたいものだと考えていた。
 今まで使用した数々の粘着ラバーの中でも弾まない部類なのだが、慣れてきたのか普通に打てるようになった。粘着の性能を活かす技術はないので、打ち出される球も普通なのが残念である。
 このラバーのいいところは、相手が速い球を打ってきても勢いを殺して短く返したり、スピードの緩急が付けられるところである。
 ラケットが弾むためか強く振れば速い球は出せる。ただし食い込む感覚はあまりない。
 短く打つのは容易なのでツッツキは得意分野であろう。
 今回の練習では999使用に光明が見えた気がする。

 反対に上手く打てなかったのがバック面のレガリスレッドで、弾むラバーに弾むラケットという組み合わせの為か、技術習得中の初級者のバック面としてはオーバースペックであった。
 
  

このページのトップヘ