卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

タグ:卓球に取り憑かれた人々

 数年前のことだ。
 同じ卓球教室に通っていた少し先輩の女性、ここではKさんとする、がいた。
 私と同じように40歳過ぎてから卓球を始めたそうで、それなりに上手だったが、あくまで大人卓球初心者の範疇であった。
 そのうち卓球教室は辞めてしまったが、卓球は続けていたようで、たまに地域の卓球場に行くと練習している姿を見かけることもあった。
 私は妻や娘と練習しているのだが、Kさんは1人で練習していた。
 1人で卓球台を用意して、自前の球出しマシンをセッティングし、集球ネットを張って、黙々と多球練習をしている。
 一緒にやろうと声をかけて、3人で順番に練習することもあったが、基本的には1人で練習している。
 聞けばここで4時間くらい練習した後別の場所に移り、そこでは先生の指導を受けながら練習しているらしかった。
 毎日の様にマシン練習とレッスンを受け、月に何度か試合にも出ているが、なかなか勝てないと嘆いていた。
 Kさんの先生は厳しい方らしく、フォア打ちのフォームを駄目出しされて、 会う度にフォームの修正をしていた。十分上手なのだから他の練習をすれば良いのにとか妻と話していたものだ。
 1度か2度だが2人で練習したときもあった。
 Kさんは体力があって、4時間くらいならほとんど休み無しで付き合ってくれるので、定期的に練習相手になって欲しいと思っていたが、今よりさらに下手くそだった私の相手では、ほとんど練習にならなかったに違いない。

 最後にお会いしたのはいつだったか。
 まだ何時間か練習時間が残っているにも関わらず、疲れたと言って引き上げてしまった時があった。
 何だか憑きものが落ちたような顔をしていた。
 卓球から離れるのかな、と寂しい気持ちになった。
 それ以来Kさんの気配が消えてしまって、2度と会うことは無かった。
 卓球に注いだであろう熱量を考えるとき、すっかり足を洗ってしまったとは信じ難い。
 今でもどこかでラケットを振っているに違いないと、そう考えることにしている。


  

 高校時の同級生でO君という人がいる。
 文化系クラブ所属のO君は、下ネタが好きで返答に困る冗談を連発する愉快な人だが、真面目な人柄のせいか同じ下ネタでも下品にならない人徳の持ち主でもあった。
 彼がどういういきさつか、卓球に並々ならぬ情熱を注ぎ始めたのは2年生の頃だったか。
 全く卓球に興味がなかった私を含めた数人の暇そうな連中を集め、昼休みや自習時間(1日の半分は自習という酷い高校だった)に大きなテーブルのある教室で練習を始めた。
 ラケットはどこから調達してきたのか複数所持しており、そのラケットを使用して練習をするわけである。
 O君は卓球経験者では無いので彼から教わるわけでは無いが、 試合形式で何度も打ち合う打ちに興味が出てきた私は、書店に出向いて卓球入門書を買い求め(私はのめり込むとすぐに入門書を買う。ボーリング入門 ゴルフ入門 テニス入門などなど)、基本的なフォームやドライブサーブの出し方を家で素振りをして研究した。
 
 そのうちO君はもっと本格的にやろうと思ったのか、埼玉卓球会館という大袋駅近くに今もある卓球場に皆を集め、本物の卓球台を使用して練習を始めた。
 そこまで情熱を傾けていながらO君は卓球部員ではないのである。 
 彼はなぜあそこまで卓球に対して真剣に取り組んでいたのか。当時の私たちには理解できなかったが、大人になって改めて卓球を始めてみた身としては、あのころの彼の気持ちが今なら理解できるような気がするのである。
 今では年賀状のやりとりだけになってしまったが、元気でいるだろうか。
 O君が今でも卓球を続けていることを願う。 

このページのトップヘ